競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都記念追い切り。

<<   作成日時 : 2009/02/19 23:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

今週土曜は京都突撃。やっぱりテンション上がるが、この財政状況で競馬場へ突撃すると言うことは、過去最大級の危機を迎える可能性もあるということだ。


チョウサンデイ<87>
太宰(DW) 84.6−66.8−51.9−38.3−11.9 馬なり
500万マルノパイオニアの内に併せる。といっても格下相手に内を回って先行していたので、結局相手は一度も並ぶところなくフェードアウトし、実質はほぼ単走での追い切りとなった。とても終い11秒台とは思えないスピード感だったが、決して重苦しさはなく、最後まで集中してシッカリした力強いフットワーク。重心が浮くことも無く、連勝で地力強化したことをアピールするような内容は好感。思えば秋の京都出陣の際に逆転の口火を切ってくれた功労馬。自身もその後トントン拍子で出世してくれてこちらも嬉しい限り。ここは御恩に感謝し応援したいところだが、さてこのメンバーでどうかなぁ。

タスカータソルテ<87>
助手(B) 84.6−68.2−52.7−38.4−11.3 末仕掛け
折り合いは付きつつ軽快な行きっぷりを見せ、直線へ向いてから軽く仕掛けると、アタマの高さは気になるがそれを補って余りあるキレ味鋭いフットワークで素軽い伸びを見せた。適度な前向きさで体に太め感も無く、仕上がりは良い。が、軽快な走りが身上の馬だけに最終週で雨の影響も残りそうな馬場は大きな割引。

サクラメガワンダー<86>
福永(坂路) 52.5−38.7−25.6−13.0 末仕掛け
直前の今回は先週以上に控え目な内容で、ゴール前で少し気合いを付けた程度。もちろん馬はいつものように力強いフットワークで元気一杯。ただ抑えていたため上に飛び跳ねるような走りでいつもに比べて重心が高い。その点は多少気になるものの、それだけ元気があって仕上がりは良好。あとは1週前追い切りで触れたように今回の条件でどこまで地力強化を示せるかだろう。馬券的妙味を考えても軸にするのはナンセンス。

トウカイルナ<86>
助手(CW) 84.5−66.6−51.0−37.7−12.3 一杯
追われての反応はもうひとつだったが、終始重心が低くてキビキビした活気ある動き。使い込まれているが疲れは見られず、牝馬にしては好調を長く維持している。GUで牡馬相手になり条件的には分が悪いが、使われている強みと数頭を除いて大したこと無い牡馬陣だけに食い込む余地はあるとは思うのだが、基本的にこのレースはGT級の牡馬じゃないと差し込むのは厳しい傾向。

カワカミプリンセス<85>
助手(DW) 83.5−67.3−52.5−38.6−12.5 強め
1600万フミノサチヒメを追走する形だが、道中から少し馬体を離し4角も外ラチ沿いを回ったために、直線入り口ではむしろ差が広がっていたが、残り1F手前から徐々に加速し相手を捉えると、最後は軽く仕掛けて突き離す。いつものようにゴール前はアタマが高くなって自分から止めるようなところはあるが、動きにこの馬らしい力強さがあって良い意味で平行線。雨で緩い馬場は何とも言えないが、本質的にパンパン馬場で上がりの鋭さを求められるよりも、適度に力を要して上がりのかかる馬場が向く。

アドマイヤオーラ<85>
高田(DW) 84.6−68.6−54.3−40.5−12.4 末一杯
いつものように残り1Fまではダラッと流し、残り1Fだけ一杯に追われる。マズマズの伸び脚を見せ合格点だが、強いて言えば馬場状態が多少重そうだったとは言え、先週ほどの反応の鋭さやキレは見られず。昨年も似たような馬場を豪快に伸びて差し切っているだけに杞憂だと思うが、予想される馬場や臨戦過程を考えると若干気になる動きではあった。

マンハッタンスカイ<85>
助手(DW) 80.8−65.1−50.8−38.3−12.5 一杯
大型馬で見た目には時計ほどのスピード感も鋭さも感じられなかったが、反面最後まで大きなフットワークで力強い動き。馬場状態を考えれば時計も優秀な部類では無いだろうか。太め感も無ければ細くなった印象もせず、良い意味で前走のデキは維持していると思う。

ヴィクトリー<84>
川田(坂路) エラー−39.3−26.2−13.4 末一杯
3歳500万トシザワイルドと併せる。早々に手が動く相手を尻目に残り1Fまで我慢して追い出されたが、追われてからもあまり走りは変わらず。若いころのように気難しさも見せず、集中力があって道中の走りは悪くないのだが、先週に続いて今週も終いの動きがもうひとつ。デキが悪いとも思えないが、闘争心に欠けているような気もする。かと言ってレースで燃えると行っちゃうからなぁ。

アサクサキングス<84>
四位(DW) 85.4−68.6−53.6−39.8−12.0 末仕掛け
500万ブルーアースを追走し外へ。先週同様に直線へ向いてもスッとスピードに乗りきれず、相手が後ろを振り返って待っているのになかなか追いつけず、ようやくゴール前はエンジンかかって僅かに先着したが、こちらがスピードに乗って並びかけたのに対してブルーアースは抑えて待っていたために勢いが違っていたことで先着できたとも言える。良かった頃はもっと動きに力強さがあって、鋭いギアチェンジでは無くてももう少しスッと反応して最後までジリジリ伸びていたように思うのだが。4角先頭から粘り込みを図る馬が好走する傾向が強いレースだけに、この馬のレースパターンに合うと思うんだが、肝心の状態は良化スロー。

カネトシツヨシオー<82>
和田(CW) 81.5−66.4−52.3−38.9−12.9 一杯
稽古駆けタイプらしく軽快な行きっぷりを見せていたが、追ってからの動きは案外。まだ体を持て余しているような走りで、動き全体がバラバラの感じ。良かった頃はBコースとは言え上がり1Fを11秒台前半でキレる馬だけに、まだ本調子には及ばない。

トウショウパワーズ
助手(坂路) 53.9−40.0−26.9−13.9 末強め
馬場の内めを回って最後だけ気合いをつけられたが、まったく無反応。真っ直ぐ駆け上がってきたように復帰当初に比べれば動きに力強さも出て徐々に良化はしていると思うが、これだけギアの変わらない走りを見せられると復調は当分先になりそう。
⇒回避。そりゃこの動きではねぇ...

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都記念追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる