競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スプリングS追い切り。

<<   作成日時 : 2009/03/20 11:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

意図的に点数に差をつける方針を掲げているので点差がついてますが、各馬そんなにデキに開きがあるとも思いません。人気が無さそうな馬を優先して上位に取り上げたスケベ心の入った評価なので、その点は考慮くだされ。


イグゼキュティヴ<90>
伊藤直(W) 82.0−68.0−54.0−40.0−12.8 末一杯
1000万ビッグスワンを追走し内へ。大きなフットワークなので一見すると緩慢に見えるが、馬体の迫力は目を惹くし、四肢が良く伸びて力強さは抜群。ちょっと口向きの悪さも見せかけたが、全般に重心が低くて馬の前向きさも感じさせる。キレとか軽いスピードとは無縁の走りなので、良馬場でスピードを活かした馬が前残りするような馬場では厳しいが、雨のアシストでパワーを求められる馬場にでもなれば大きく浮上する。

レッドスパーダ<90>
横山典(坂路) 53.6−38.8−24.6−12.3 馬なり
3頭併せの大外。鞍上は抑えていたが、馬が抜群の前向きさを見せて力強さ満点のフットワークで先着。時計が遅いのはこういった内容なので全く問題なく、動きの良さには注目できる。体はもうひと絞りできそうにも映るし、フットワークからしてノメるような馬場になった場合に不安も残るが、かと言ってスパッとキレる印象も無く、扱いが難しいところ。黒光りする体でデキの良さには惹かれるものがあるが...

メイショウダグザ<90>
和田(CW) 79.8−65.2−51.3−38.1−12.4 一杯
500万マルサンチーフと1000万キクノプログレッソの併せ馬を追走。結果ゴールでは遅れたが、内の2頭が4角で馬場の真ん中より内めを回ったのに対し、外ラチ沿いを回ってむしろ差を広げられながら直線で1馬身差まで詰めたのだからむしろ評価できる。時計も通ったコースを考えればかなり優秀。ゴール前でもうひと伸びあれな言うことなしだが、最後まで集中力があって重心が浮いたりするところも無く、持てるポテンシャルは結構高いのではないか。ちょっと手先の運びに重たさが残るので芝がどうかって感じもあるが...

フィフスペトル<88>
助手(坂路) 49.2−36.7−24.4−12.3 抑え
1600万ステラディクオーレの内に併せる。弾むような軽快なフットワークで抑えっぱなしながら好時計をマーク。馬に活気は十分で太め感も無く、仕上がりは良さそう。マイルまでがベストだと思うが、この時期なら完成度で1800mを克服しても何ら不思議では無い。ただこの映像からは逆にあまり馬体の成長が感じられず、もともと牡馬にしては小柄だけに道悪の内回り1800mで肉弾戦になると厳しいかも。将来的にカンパニーっぽい馬になりそうな気がする。函館の重賞勝ちで重たい芝も問題ないはずだが、本質的には軽い走りでシュッとしたキレ勝負のタイプだと思う。

アンライバルド<86>
助手(CW) 80.1−65.2−51.0−37.9−12.7 強め
前を行く2頭(1000万シングライクバード、未勝利ダノンフィーバー)の併せ馬を追いかけ、直線は内へ潜り込む。かなり追走しての先着は一応の評価ができるが、4角でかなり内を回って差を詰めており、言われているほど好評価も禁物。やや重心の高い走りだが高いなりに安定しており、あまりフワッとした印象は無かった。走っている映像でよくわからなかったが、蹄に道悪の巧拙がハッキリ判別できそうな特徴があるように見えたのでパドックで注目したい。ひと息入っても体に太め感は無いが、気持ち緩さが残っているようにも思った。

キタサンガイセン<86>
助手(DW) 90.0−73.8−57.8−42.4−11.9 末一杯
前を行く2頭の併せ馬を追走。この厩舎らしく残り1Fまでは馬なりだったので前との差はちょっとあったが、追われるとグイグイ伸びて豪快に差し切り最先着。仕掛けての反応の良さや末の伸びの鋭さは一応評価できるが、直線向くまでこれだけ余力残しで回ってくれば末がこのぐらい伸びて当然。評価を落とすところは無いが、既に新聞各紙で評されているようにゴール前だけ見て注目するのは避けたい。渋ってもOKの走りはしていた。

メイショウドンタク<85>
藤田(DW) 83.8−68.3−54.0−40.2−12.1 末強め
残り1Fまで馬なりで流し、最後だけ気合いをつけられる。極端な上がり偏重のタイムになっていないように、道中の行きっぷりも良く、終い仕掛けてはいたが重たいDWコースとしてはLAPのバランスも良い。仕上がりには問題ないが、まだスピードに乗っても重心が後ろに残るような走りで、本当に良くなるのはもう少し先の印象。道悪は何とも言えないが、極端に下手ということは無いと思う。

ツクバホクトオー<85>
吉田隼(坂路) 54.6−40.0−26.1−12.3 馬なり
馬なりでサラッと流した程度。まだ若干重苦しさを感じさせるが、もともと馬力型でパワフルなフットワークをしており、これでも休み明け初戦に比べればずっと素軽さは増している。叩かれつつ確実に上向いてきているが、さらに1F延びるのは歓迎材料とは思えない。得意の道悪でかつ前残り馬場の傾向が続けば、何とか粘り込むケースも無しとはしないが、積極的には手を出しづらい。ロスを少なくするためにも内枠がベター。

サンカルロ<85>
吉田豊(坂路) 55.3−37.7−エラー−11.6 抑え
未勝利トウショウデザートを追走し外へ。鞍上は抑えていたが、馬は行く気マンマン。直線半ばから相手は仕掛けていたが、引っ張ったままゴールでは並びかけた。動きに素軽さはあるし道悪が得意そうなフットワークをしている点は魅力だが、今回も抑えていたにしても口向きが悪くて操縦しにくそうな印象は否めない。当然今回は結果が出ていない右回りが課題となるが、府中でも再三内にササる面を見せており、回りに関係なく乗り難しさはあるタイプではないか。毎年思うことだが、この時期の吉田兄さんは大きなマスクをして辛そう。

リスペクトキャット<85>
田中勝(W) 83.1−67.1−52.5−38.4−13.1 末強め
未勝利クリールエイトを追走し外へ。ちょっと遅れて直線へ向いたが、馬なりのまま並びかけると、ゴール前で軽く仕掛けて同入。前向きさと集中力があり、新馬2着が示すとおり芝が全くダメとは思えないフットワーク。やや体に余裕がありそうに見えたので、このひと追いでスッキリした体になってくれば芝での割引は不要。あとは能力の問題。ダートで先行してきた馬の芝替わりは今開催のトレンドだが、ダートでも決め手不足だっただけに。

マイネルエルフ<85>
増沢(W) 69.4−54.1−39.4−12.8 抑え
OPレッドヴァンクールを追走し内へ。道中から口を割って完全にマッキーが持って行かれ、直線も目一杯引っ張っているのに馬がドンドン走ってしまった姿に多少折り合いの不安は覚えるが、それだけ馬に活気があると見たい。もちろん直線で頭を上げていたのは引っ張っていたからで問題なし。決して精神的に舞い上がっているような様子はなく、むしろキビキビしたフットワークで叩いた上積みを見込める。道悪は向きそうな気性とフットワーク。イレ込み無ければだが馬場が渋れば重たいマークが必要。

セイクリッドバレー<84>
助手(坂路) 51.7−36.4−24.2−12.6 一杯
500万マイスターキングとキングスタイムを追走し大外へ。コーナーの出口手前から既にムチを入れられ、直線は目一杯に追われて最先着。キビキビした動きではあるものの、お世辞にも鋭く伸びたとは言えず、手応えからはむしろ物足りなさすら覚えるが、勝った前走時もこんな感じだったので稽古でもスパッと伸びる馬では無いのだろう。中山経験の豊富さは大きなプラスだし、今回は距離短縮で少しでも折り合いが楽になればさらに評価は上がる。ナゼかこの馬は外めの枠ばかりを引いて、いつも外から差し込む競馬をしてきたので、内枠でも引いて揉まれた際には不安もある。

トップクリフォード<84>
助手(坂路) 55.6−40.4−27.1−14.0 抑え
1600万トップジャイアンツと併せる。時計がやたら遅いのは、追われて一杯になっている相手に合わせて引っ張りきりだったから。この馬自身は軽快な動きを見せており、何ら心配ない。力強さには欠けるが重心のブレが小さく地面をシッカリ掴んで走るので、道悪への対応力もあると思う。先行して粘っこい脚質は警戒必要だが、前走ほど楽な競馬ができるかどうか。

セイクリムズン<84>
幸(坂路) 53.0−38.2−25.1−12.6 強め
外ラチ沿いを単走で、直線はずっと軽く仕掛けられながらゴールまで真っ直ぐ駆け上がってきた。ややメリハリに欠ける印象もするが、リズミカルで軽快な走り。時計もなかなかのものをマークしている。もう少し力強さがあれば良いのだが、脚を前に投げ出さず掻き込むフットワークは道悪への対応力を思わせる。距離は別に大丈夫だと思う。

サイオン<82>
三浦(W) 52.7−38.1−13.1 末一杯
内に3歳500万ユニヴァースガイ、外に未勝利グレゴリオの真ん中に併せる。外のグレゴリオに続く形で、ちょっと離れた後ろからユニヴァースガイが追いかけてくる内容だったが、直線向いて3頭並んでからの追い比べでは遅れかけるのを懸命に追われて何とか同入。外のグレゴリオとは互角だったが相手は未勝利馬、内のユニヴァースガイは持ったままで明らかに手応え見劣った。芝でも走れそうな動きで、この馬自身だけを見ているとそう悪い印象は持たないが、上述の内容からはかなり物足りなさが残る。


で、GCさんねぇ、リクエストソングの追い切りぐらいちゃんとフォローしてくださいよ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スプリングS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる