競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS マーチS追い切り。

<<   作成日時 : 2009/03/27 00:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

中山ダート1800mってどちらかと言えば好きな条件で相性も悪くないのだが、このレースは全く逆。昨年も当時イチオシだったナナヨーヒマワリが劇走したのに相手が拾えず泣きそうだった。


エスポワールシチー<91>
佐藤哲(坂路) 51.9−38.1−25.1−12.7 末一杯
キレのあるキビキビしたフットワークで前を走っていた馬を押しのける迫力ある動き。稽古駆けすることはここ数走でわかってきたので、この内容が特別良いとも言えないが、ゴール前ではまだ馬に余力があったようにGT後でも疲れは感じられない。かなり良い状態をキープしているが、今回は急坂の中山コース。脚抜きが良くなればスピードで押し切る可能性もあるが、乾いたパワー馬場になるとこの馬のステージでは無いだけに人気を裏切る可能性も。乗り替わりもちょっと心配だが、まぁそれは1度乗ってる松岡なんで。

サトノコクオー<87>
青木(坂路) 48.3−35.7−24.0−12.4 一杯
休み明けの前走でも稽古駆けしそうなところは見せていたが、ひと叩きされたことで行きっぷりがさらに良くなり、前向きさを見せた追走からキングストレイル相手に同入。相手は持ったきりだったが、この馬も48秒台で動いており叩いた上積みは顕著。美浦の坂路は、稽古駆けする馬が一杯に追えば少々デキに問題があっても50秒台ぐらい出てしまうが、さすがに48秒台はデキに不安がある馬では出ない。

エスケーカントリー<85>
助手(W) 66.7−53.0−40.2−12.5 末一杯
外ラチ沿いをユッタリ流し、残り1Fだけ一杯に追われた。仕掛けてもあまり走りが変わった印象は無かったが、全般に素軽くキビキビしたフットワークで、外ラチ沿いを回ってこの時計なら問題なし。大幅な良化は無くても、好調維持と判断しても良いだろう。休み明け2戦で右回りでも大丈夫なところは見せたが、今回は小回り急坂の中山1800m。京都や阪神とはチト違う点がどうか。

カフェオリンポス<85>
助手(坂路) 50.5−36.6−24.0−11.9 抑え
整備され綺麗な馬場ではあったが、持ったままで好時計。動きの素軽さや力強さ、気持ちの前向きさなど、どれをとっても高齢馬とは思えないもので、相変わらず稽古駆けする。買い時は明らかにアルデバランSだったので今さら狙えないが、この馬まだそんなに衰えていない。

ランザローテ<85>
助手(坂路) 52.3−38.2−25.5−13.2 一杯
500万ドマーニと併せる。確かドマーニは最近時計の速さに騙されて狙ったことがある気がするので稽古駆けするんだと思うが、今回も見た感じはドマーニのほうに目が行くような内容だった。そうは言っても、かなり追っ付け追っ付けながらそれと同入したんだから、こちらの動きも悪くは無い。柔軟さに欠ける身のこなしだがダートに使うんだからそう割り引きでもないだろうし。全く底を見せていないスピード馬で勢いは怖いが、今回は一気の相手強化。ハンデの恩恵も昇級馬としてはそれほど無く、試金石の一戦。

ブイチャレンジ<84>
武士沢(D) 66.7−52.0−38.6−12.8 一杯
集中力ある走りで行きっぷりも上々。重心も低い走りで及第点は与えられるが、絶好調と思われた昨秋に比べると終いの伸びがもうひとつかも。集中力や行きっぷりも道中のほうが良かった感じで、追われてからは多少気持ちの入りが鈍い気もした。ここを叩いてもう少し短めの距離へ出走した時が狙い?

マコトスパルビエロ<84>
助手(坂路) 43.1−39.3−26.1−13.3 一杯
動きとしてはそんなに悪くないのだが、前走時などに比べると、やや馬の前向きさとか素軽さに物足りなさは残る。特に割り引くほどでもないが、使いこまれて現状維持ってところか。毎回言うようにスピードを生かせる馬場のほうが向くタイプ。

ダイショウジェット<84>
助手(CW) 83.6−68.1−52.9−38.8−13.2 一杯
中1週になるが、直線は気を抜かないようシッカリ追われた。マズマズの動きをしていたが、やっぱり多少気を抜いたようにフワフワした感じもする印象。まぁ体の張りも悪くなく、良い意味で平行線だとは思う。近走は気を抜く面を補うように距離短縮で結果が出ている点がどうか。

キクノサリーレ<84>
助手(DW) 67.5−52.7−39.5−12.4 一杯
500万ニューイチトクの外に併せる。持ったままの格下に対して一杯に追われて何とか同入では見劣りは否めないが、稽古は走らない馬。このぐらい動けば十分。前走時より素軽さは増している。ただ1800mは気持ち長いかなぁという気がするし、ハンデもちょっと見込まれた印象。

ユウキタイティ<83>
助手(坂路) 57.1−42.2−27.6−13.7 一杯
未勝利戦出走馬でも消したくなるような時計だが、もともと稽古では全く動かない馬。むしろ今回初めて見ることを楽しみにしていたぐらい(笑)なるほどパッとしねぇなぁとは思うが、地味ながらも最後まで前向きで素軽さがあるフットワークはしていた。まぁいつもより時計が出やすかった坂路で4F57秒台なのに上がりがコレなんだから、「素軽い」ってのもどうかと思うが。京都よりも阪神に圧倒的良績を残すように、小回り急坂は合っているはず。

メイショウシャフト<82>
助手(CW) 82.6−66.9−53.2−39.9−13.3 一杯
未勝利クィーンワルツの外に併せる。仕掛けて仕掛けて何とか直線半ばまでついていったが、相手が軽く仕掛けたところで置いて行かれる。未勝利馬に何だそりゃって話だが、この馬は気が悪くて稽古と実戦が全く結びつかない。これだけビシッと追えて最後までマズマズ集中力もあったので問題ないだろう。いずれにしても追い切りでとやかく言える馬では無い。

アロンダイト<82>
助手(坂路) 53.7−40.3−26.8−13.5 一杯
もともとキビキビした動きをする馬では無いのだが、まだまだ動きに重苦しさがあるし、この中間もそれほど感覚があるわけではないが軽めに終始しており、ガラッと良くなった印象は無い。もう少し時間がかかると見たい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マーチS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる