競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS フィリーズレビュー追い切り。

<<   作成日時 : 2009/03/13 02:30   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

ミクロコスモスが被るんやろねぇ。そんなに堅い?


アイアムカミノマゴ<90>
福永(DW) 69.7−53.8−39.3−11.7 末強め
1000万ゲバルトステイヤーを追走し外へ。直線へ向いた時点でも追走する形だったが、軽くGoサインを出すと反応鋭く加速し、直線半ばで追いついたところから追われるとグーンと伸びて突き離してきた。上がり重点のため11秒台は評価できないが、まだまだ余力タップリでこの動きなら上々。スンナリ先行して折り合えるようだと有力な1頭。

レディルージュ<87>
助手(坂路) 52.9−39.0−25.7−13.0 一杯
顔の横で見せムチをブンブン振られ、何発か叩かれていたが(顔をじゃないよ)、この馬らしい重心が低い走りでキビキビしたピッチ走法。ずっと左にモタレてたのは気になるが、動きとしては好感が持てる。渋った馬場は得意だと思うので、土曜の雨の影響が残れば評価を上げたいが、あまり後ろから行くようだと差し届かない可能性も。

ミクロコスモス<86>
武豊(CW) 68.0−53.8−39.3−12.0 末仕掛け
デルタブルース、インセンティブガイというOP古馬の最内に併せる。内を回ったこともあって手応えで優り、仕掛け気味の先輩に対して引っ張ったまま同入。1週延ばしたことで動きを見る限り遠征の疲れは無さそう。ちょっとテンションが上がってきているような印象もあり、パドックには気をつけたい。あと、暮れの2戦の印象が強いためかレースぶりが不器用な印象があり、今回もスッと先行して内で脚を溜めるような形にならないと馬場や展開に泣くかも。相手としては不可欠だが軸では買いたくない。ってことは▲決定か。こういうことやってるから▲の勝率や回収率が高くなるんだよ。

パールシャドウ<85>
助手(坂路) 54.6−38.8−25.0−12.3 仕掛け
終始鞍上が軽く手を動かしていたが、外ラチ沿いを気持ちよさそうに登板。多少硬さはあるが気にするほどでもなく、軽めの内容を考慮しても素軽さは目につく。クィーンCのレースぶりを見るとフェアリーSの直線で受けた不利の精神的な後遺症も気になるし、もともと気性的に不安定なところがある印象がするので、輸送をしてどうかは心配。

ショウナンカッサイ<85>
助手(坂路) 53.4−39.5−25.7−12.8 末一杯
残り1Fまで馬の真後ろにつけ、外へ持ち出して馬なりのまま並びかけ、相手が追い出すのを待って仕掛けるとジリジリながらシッカリ伸びて先着。仕掛けた時にフラついたり、重心が高かったりと頼りなさはあるのだが、終始前向きで集中力があり、動きとしては悪くない。追い切りの評価としては及第点程度だが、先行して粘っこいキャラは今の阪神に向く印象。よほどパドックで難が無ければ馬券には入れたいところ。

スイリンカ<85>
助手(DW) 69.7−52.5−38.8−12.7 強め
4角で勢い余って膨れ気味になるぐらい行きっぷりは良く、直線も鋭い伸びとは言えないまでもマズマズ力強いフットワークでスピードを維持。連勝しているがあまり人気を背負っていなかったし、揉まれてどうかなどまだ掴みどころのない馬だが、自分の競馬ができれば意外と能力が高くて渋太いタイプなのかも。稽古の動きからは人気薄で勝ったとバカにはできないものを感じさせる。もちろんここで化けの皮が剥がれる可能性もあるが。

ワンカラット<85>
藤岡佑(DW) 68.0−52.9−39.0−11.8 末仕掛け
新馬マイレボシューリョンを追走し内へ。直線入り口でもまだかなり後ろを追走していたが、馬なりのまま加速し追いつくと、激しく手が動く相手に対して軽く仕掛けてスッと抜け出し、1馬身ほど先着した。相手が新馬だけに先着は当然だし、上がり重点なので終い11秒台も過大評価はできないが、動きの素軽さは認められる。ただピッチ走法でやや小じんまりとした走りで、推進力と言う面では物足りなさも残る。悪い仕上がりでは無いが、それほど大きく強調できる動きとも言えないなぁ。

ラヴェリータ<84>
助手(DW) 67.5−53.2−40.5−13.2 一杯
かなり馬場が荒れて力が要る状態の中で追い切られたものと思われる。そのためスピード感がもうひとつだったことや、動きに余力や鋭さが無かったことは大目に見ることができる。ただ全般に力強さに欠ける硬いフットワークで、芝でメリハリの利いたレースができるかは疑問。確か以前この馬は芝はダメって評価を読んだことがあるような。ただ今の阪神の芝はかなり重くて先行馬有利なので、スッと先行できるようだとパワーに任せて踏ん張るかも。

コウエイハート<84>
武英(坂路) 56.1−39.5−25.1−12.4 末一杯
1600万トップジャイアンツと併せる。ゴール前の映像だけだったが、終いは目一杯に追われて大きく先着。動きに活気はあるのだが、大きく先着したのは相手がバテ気味になったこともあり、この馬自身もそれほど鋭く伸びた印象は無い。良い意味での平行線だとは思うが力強さに欠けるようなところもあり坂に不安が残る。

アディアフォーン<83>
小牧(坂路) 55.2−40.0−26.2−12.9 末強め
1000万ローザブランカと併せて同入。キビキビしたピッチ走法で馬に活気はあるが、前走時の追い切りの動きや過去のレースぶり同様、もうひとつ末の鋭さに欠ける。それほど良化した印象も無く、ここも大きな期待はかけにくい。混戦が予想されるレースなのでOP入りするまでの堅実さに注目する手もアリかと思うが、OP入り後はその堅実さのカケラも見られず、決め手不足を露呈しているだけに...

アイレンベルク<83>
植野(CW) 85.4−68.9−54.2−40.2−12.8 馬なり
未勝利ロッチドリーマーを追走し外から直線入り口で並びかける。直線半ばで口向きの悪さを見せてスムーズさを欠くところがあったが、立て直して軽く仕掛けてからは集中して走って同入。素軽いフットワークを見せていたが、重心の高い走りで、手前を変なところで替えたりと集中力にも課題が残る。ただこれまでも地味な稽古でもレースでは確実に脚を使ってきた馬で、完成度では見劣るがデキ落ちは無いだろう。先行有利な馬場傾向がカギ。

フキラウソング<82>
鮫島(DW) 88.9−70.0−54.8−40.7−12.5 馬なり
時計は遅いが、馬なりで上がりだけサーっと伸ばしただけなのでこれは問題ない。勝手に記憶していたイメージよりも柔らかい動きをしていたのは意外だったが、逆に力強さと言う点ではもうひとつ。ゴール前では前向きさを見せて大きな動きができており一応走れる状態だとは思うが、重心が安定せずフワフワした感じも残って、ひと息入れて急激に良くなってきた印象も無い。

チャームポット<82>
助手(坂路) 57.0−41.2−26.7−12.9 馬なり
1000万キクノプログレッソと併せて同入。馬に前向きさはあってマズマズの動きだが、蛇行して併せた相手にぶつかるなど頼りなさは否めない。重心も高くて力強さに欠け、軽めであることを考慮してもあまり惹かれる動きとは言えない。

アンジュアイル<82>
吉田隼(坂路) 55.6−エラー−エラー−13.1 仕掛け
終いだけ軽く仕掛ける内容だったこともあるのか、終始飛び跳ねるような重心の高い走り。馬場が荒れていたこともあるが、この時計で最後は失速気味の鋭さに欠ける動きで、まだまだ馬が若い印象は否めない。というかこれだけ使ってこの動きなのだから、こういうキャラなのかも。レースぶりの記憶がないので何とも言えないが、追い切りの動きからは惹かれるものはない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ワンカラット一変!!!に見えませんかそうですか ・・・Orz
うっかりかさご
2009/03/13 16:19
ワンカラット別に動きが悪いとは思いませんよ。前回よりは確実に良いです。
ただスピードに乗ると重心の高い走りで、一番上の評価をした馬に比べると伸びと言う点では物足りなく感じました。
hiro
2009/03/14 02:46
ワンカラット〜やってくれました〜ありがとうございます、管理人さん
うっかりかさご
2009/03/15 16:44
こちらこそご指摘いただいたおかげで、ワンカラットに無用なケンカを売らずに済みました。ありがとうございました。
hiro
2009/03/15 17:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィリーズレビュー追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる