競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジオNIKKEI賞追い切り。

<<   作成日時 : 2009/07/03 00:10   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

今週からBコースに替わる福島だが、天気や先週までの馬場状態を見ていると、日曜には外差しになっている可能性も低くない。ここは行く馬も多いからねぇ。


メイショウコウセイ<90>
松山(坂路) 52.1−38.3−25.1−12.4 末強め
チークピーシーズが利いているのかキビキビした集中力ある走り。重心が全く浮かず体重よりもずっとコンパクトに見えてしまうほど走りのバランスが良く感じた。体重が軽い松山クンが乗っていたこと踏まえても、この日の坂路としては時計も評価できるし、目一杯でないだけになおさら。府中の後方一気で連続好走しただけに、道悪福島への適性はどうかと思うが、追い切りの動きだけなら断然。

ストロングガルーダ<87>
調教師(W) 70.4−54.6−40.1−13.0 抑え
1000万フレンチノワール、3歳未勝利サウスクリヨンの真ん中に入って3頭併せ。微調整と言った感じで最後までガッチリ抑えたままだったが、自分からグイグイとハミを取って活気ある動きを見せた。欲を言えばもう少し力強さが欲しいところだが、集中力があって充実している感じ。デキは良い。

ストロングリターン<87>
内田博(W) 67.5−51.8−38.6−13.2 末一杯
1000万プロセッションを追走し内へ入る。直線入り口で並びかけると、そのまま抑えきれない手応えで相手を引き離しにかかる。前に出られてから相手が追い出したので再び追いつかれたが、そこでこちらが追い出すと力強く抜け出した。大型馬のため全般に動きが緩慢に映る点と、追われてからも頭が高い点、行きっぷりが良すぎる点など気になるところは多いが、反面一発の魅力もある。末のキレで勝負するタイプだが、走りからは道悪でも問題なさそう。むしろ道悪のほうが他が苦にするぶん有利かも。

ミッキーペトラ<87>
助手(坂路) 53.6−39.4−25.8−12.8 馬なり
と併せ馬。開いても重心が低くて前向きさ十分の好感持てる動きだったが、こちらもさすがに稽古良く見せるタイプだけに重心が低くて掻き込みの鋭い走りで見劣りせず。今回に関しては折り合いもスムーズで最後まで集中力があった。終い遅れたのは追わなかったからであり問題ないし、相変わらず稽古の点数だけは高くなる。掻き込む走りでハミに頼る面もそれほどないので下が緩くなっても影響のないタイプだと思う。

サニーサンデー<87>
助手(W) 67.5−51.7−38.1−12.9 馬なり
レースでも抑えて逃げても味の無い馬だが、稽古でも外ラチ沿いを軽快な行きっぷりですっ飛ばし、直線もそのままの勢いで余力十分。後脚の蹴りに力強さが感じられないので推進力はもうひとつだが、それをあまり感じさせないスピード感ある動きは評価できる。稽古でもこういう内容だし、レースでも小細工せずに平均以上のペースで引っ張るタイプ。この馬が出走する限りスローペースは考えにくく、馬場状態とも相まってこの馬のレースぶりが自身を含め逃げ先行勢にどう影響するか。

グローリールピナス<87>
助手(W) 67.3−51.7−38.2−12.7 末仕掛け
3歳未勝利ジャージデスマイルを追走し外へ。直線入り口でも2馬身ほど追走していたが、軽く促しながらグングン加速し、残り100mを切ったところで捕らえると余力十分に先着。集中力があるし重心も安定。四肢が良く動いて活気も窺わせる。ひと息入れて立て直されたが良い頃の動きはできており、力は出せると見る。軽い芝でスピードを活かしたほうが良いタイプなので馬場や展開が微妙だが、休養前のアネモネSでは道悪を差して4着というそれまでとは異なるレースぶり。あれが本物であればここも無碍に軽視できない。でもあの時はたまたまだと思うなぁ。フットワークを見ても道悪が良いタイプとは言えないはず。

モエレエキスパート<86↑>
石橋脩(W) 83.2−67.2−52.8−39.4−13.2 末強め
1000万オメガファルコンの内に併せる。追走していたが行き脚の違いと内外の差で、直線へ入るときには既に前へ出かけると、そのまま力強くジリジリ伸びて差を広げた。スパっとした鋭さには欠けるが、それでも春先に見ていたころに比べると体が絞れてフットワークの素軽さが目立ち、良化は一目瞭然。アクシデントでユニコーンSを回避したそうだが、その影響は全く感じられない。時計勝負の芝ならともかく、今の福島ならBコース替わりでも軽さを求められることは考えにくく、舞台は向いているはず。

マイネルエルフ<86>
水出(W) 69.0−53.7−39.1−12.8 強め
1000万ダイワマックワンを追走し内へ。抑えるのに必死の相手に仕掛けての同入と手応えでは見劣ったが、相手のダイワはとにかく稽古だけは重賞級に動く馬。この馬も直線は気を抜くことなく集中した走りで、やや前脚の捌きに硬さはあるもののこれもいつも通り。動きが悪いとは思えない。ただ稽古動く馬を道中から積極的に追いかけたために折り合いがついていたとも言え、こういう稽古を消化した後のレースで折り合って運べるかは心配がある。

サトノロマネ<86>
勝浦(坂路) 51.4−37.0−23.9−11.9 馬なり
キビキビしたフットワークで活気を窺わせる。直線向いて軽く肩ムチを入れGoサインを出すと、素軽い中にもシッカリ掻き込んだ力強さも見せていた。最後まで集中力もあり、立て直された効果は見られる。ハンデも恵まれ小回りも問題なく、馬場的に上がりがかかるのも望むところだけに面白い存在だが、過去の好走はスンナリ先行できたケースが多く、ここもそういった流れになるかどうか。逃げ先行勢が揃ったメンバー構成が悩ましいところ。

ケイアイドウソジン<86>
助手(P) 67.8−52.2−38.3−12.5 末一杯
3歳未勝利マスターハルバードを追走し外へ。ハミを掛け直しつつ残り1Fで並びかけ、そこから追われると数字上にスパッと伸びて大きく先着。上がり重点であることを考えるともっと上がりが速くても良いと思うが、動きは上々。道悪適性は何とも言えないなぁ。

イネオレオ<86>
助手(CW) 80.7−64.9−50.4−37.0−12.0 末一杯
500万ヴィジレの内に入って残り1Fで追い比べに入ったが、まさに脚力の違いを見せつけるといった感じでグイグイと力強く伸びて大差先着。まだ重心が高くて叩きつけるようなフットワークのため、エンジンのかかりに若干時間を要しているが、最後は尻尾を振ったり重心が浮いたりしながらも12秒0でまとめたあたりはそれなりに評価できる。小倉で未勝利勝ちし、阪神で道悪を勝っているが、福島でゴチャゴチャした流れになるとどうかは未知数だし、阪神の道悪と福島の道悪は全然違うからねぇ。

イコピコ<85>
酒井(坂路) 52.9−39.0−25.6−12.2 末一杯
単走だが追い切ったタイミングが悪かったと言うか、直線では前に馬がごった返して大渋滞。残り1Fを切ったあたりで何とか密集の内へ進路を見つけて一杯に追われた。見た印象は重心がフワフワして頭も高く、時計ほどのスピード感も鋭さも無かったが、フットワークは力強くて推進力を感じさせるし、こういう状況下での追い切りなのでむしろ終いよく反応したとも言える。デキは良い意味の平行線だが、問題は力が要りそうな馬場での57kg。実績十分で能力もあると思うが、そこまで抜けた存在か?

スーパーシズクン<85>
助手(坂路) 50.9−37.7−25.0−12.7 馬なり
新馬エフティフローラと併せる。行きっぷりは良いがリラックスした走りで折り合いがつき、最後まで馬なりで同入も軽快さは認められる。上積みは疑問だが前走時までの良い状態をキープ。この馬も遠慮なくスイスイ逃げるタイプなので馬場と展開が微妙。

シャイニーデザート<84>
助手(坂路) 50.2−36.3−24.3−12.6 強め
新馬セレスティアルと併せる。どのぐらい追走したのかわからんが、4角回って直線へ向くときには一応並びかけながらも既に手が動いており、結局外の新馬が馬なりのまま軽快な動きを見せたのに対し、大型馬ということもあって余計にモタモタした面が目立って、ゴールでは追われて何とか同入。おそらくあんまり稽古は動かないタイプじゃないかと思うし、時計はまぁまぁ許容範囲と言える。前走で道悪を差し切った点は魅力だが、稽古の動きからはあんまり推せない。

ドリームハッチ<84>
丹内(P) 65.3−51.1−38.6−13.5 馬なり
新馬テラボルト、トレモロを追走し最内へ。ゴールまでほとんど手を動かさずなので目立つ動きでは無いが、前向きさや集中力は十分伝わってくる。ただ抑えていたにしても上がりは物足りなさもあり、やや重苦しさのあるフットワークで芝がどうかってのは思う。道悪だとしてもそれがプラスに働くとは断言できないフットワークだし。

ワシャモノタリン<83>
助手(CW) 82.7−68.0−53.7−39.9−12.6 末一杯
頭の高い走りで追われても推進力は全く感じられないし、口向きが悪くてフラフラする面も見せた。最後はいくぶん集中して走っていたが、この内容ではワシャモノタリン。まだこれからの馬でしょ。


アドマイヤメジャー<85>
助手(CW) 77.9−64.1−51.1−38.6−13.5 末仕掛け
LAPを見るとテンから飛ばして上がりがかかった印象を受ける。実際直線の動きは何とか我慢した程度でパッとしなかったが、スピード感は無かったもののフットワークに素軽さはあってバッタリ止まった印象は無い。77秒台であることを考えるとむしろよく辛抱していたと思う。連勝が評価され過剰人気になる恐れはあるが、一味違うものを感じさせるのも確か。今回も勢いに乗って...といくかは別にして、この秋へ向けてちょっと注目したい1頭。
⇒残念ながら除外ですな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜ここは道祖神の招きにあいて◎ケイアイドウソジン&馬名でハンデが減った?らしいワシャモノタリンでこじんまりと勝負なんちゃって!!!
うっかりかさご
2009/07/04 23:11
わしゃ、師匠◎の同枠他馬から逝ってみまw
しかし師匠も凄いとこから来ましたな!

はずれっち
2009/07/05 07:42
>うっかりかさごさん
1枠2頭は面白いんですが、今週は内の馬場が悪いのが気になりますねぇ。

>はずれっちさん
◎理由はエントリ通りなので普通そっちです。ってか4枠人気無いから枠連?
hiro
2009/07/05 12:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジオNIKKEI賞追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる