競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スワンS追い切り。

<<   作成日時 : 2009/10/30 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

先週あぶく銭ができたのでこのレースもやってみようと思ってたけど、実力が認めてもアテにならない馬が多数参戦して難しい。他へ回すか...


ショウナンカザン<88>
助手(P) 66.3−50.9−36.9−12.8 馬なり
内めを回っただけにもう少し速い時計をマークしてほしかった面はあるが、頭をグッと下げて程よい気合乗りを見せ行きっぷり上々。直線へ向いてもいいフットワークで鋭い伸びを見せており、集中力も抜群。デキは良い。問題は1400m。今春の高尾特別で2着しており守備範囲だろうが、1200mを中心に使われてきたのでスムーズに競馬できるか。スプリンターに分があるレースだけに、人気次第では一考。

マイネルレーニア<87>
川島(CW) 80.5−65.2−50.4−36.3−12.0 一杯
調教横綱らしく、力強さと推進力溢れる動きでド迫力の伸び。時々そういったパワー系の要素ばかり目立つ時があるが、今回に関しては大きく伸びやかなフットワークで素軽さも十分。仕上がりは上々だと思う。ムラ駆けで展開や気分に左右されるので近2走の惨敗も致し方なく、スイスイ行ければ昨年同様大駆けも。

クラウンプリンセス<86>
助手(坂路) 53.0−39.2−26.0−13.2 末仕掛け
1600万ノットアローンと併せ馬。残り1Fから相手の鞍上がいろいろ忙しくなっているのを尻目に、こちらは持ったままスーッと抜け出し、最後は軽く仕掛けて余裕の先着。軽めなので時計は地味だが、動きも軽快で馬も気分良さそう。夏からの好調をキープしている。

フィフスペトル<86>
助手(坂路) 51.8−37.3−24.6−12.1 馬なり
500万ジョウノボヘミアンと併せ馬。相手に合わせるような感じで終いだけスピードアップしたが、直線向くまではユッタリ流せていたし、馬体が合うと瞬時に反応して一気にトップギアへ。稽古駆けタイプだがメリハリの利いた内容で動きに活気もある。仕上がりは問題ないと思うが、長距離輸送と直線の長い1400mへの対応がカギ。

スズカコーズウェイ<86>
助手(坂路) 51.4−38.2−25.5−13.1 末一杯
終い余裕がなくなって脚色鈍った点に不満はあるが、休み明けの前走でスプリント戦を使った影響か行きっぷりが良く、最後も脚色は鈍ったが重心が浮いたり集中力が切れたりすることは無かった。上積みは見込める。ベストの1400mで京都も相性良い。巻き返し警戒。

キンシャサノキセキ<85>
助手(W) 56.2−40.6−12.7 馬なり
未勝利リアルアヴェニューの外に併せる。今回も鼻面と前脚がぶつかるんじゃないかと思うぐらいに頭をグッと下げて前向きさを見せていたが、派手なブリンカーの効果か落ち着きはあった。「やる気を見せる=凡走」の図式からはもっと枯れた動きをしてほしいところだが、前走よりはマシだと思う。負けても負けても人気が落ちないので狙いにくい馬だが、当日も落ち着いていれば今回あたり巻き返し頃かも。

マルカフェニックス<85>
助手(坂路) 54.2−エラー−26.0−12.6 馬なり
サッと流しただけで正直強調材料に欠ける。ただフットワークに素軽さがあるし、弾むような身のこなしで活気もある。デキが落ちている印象はしないが、積極的に見直したくなる材料に乏しいので手をだしにくいし、重賞勝ちはこの1400mだがこの距離がベストなのかと言われると何とも言えない。となれば人気次第で...ってとこか。

ファイングレイン<85>
幸(P) 64.3−50.1−37.3−11.7 末強め
1600万スペルバインドの内に併せる。お互いジックリ溜め込んで残り1Fから追い比べ。手応え優勢に僅かに先着し、時計も見ての通り目立つものだが、見た目の印象はそんなスピード感も素軽さも無し。改めて”ポリトラックマジック”ってのがあるんだなぁと思う。見てなきゃ絶対飛びついちゃうよ(笑)最近の休み明けでは動いたほうだと思うが、もともとが叩き良化型。休み明けに良績が無いのは59kgに泣かされるGU戦が多いからって話もあるが、馬の個性もあると思うなぁ。

グラスキング<85>
助手(坂路) 51.6−37.0−24.2−12.2 末一杯
シッカリ追われてのものだけに時計は水準レベルだが、動きに活気があって素軽さや力強さは十分。追われて多少重心が浮き気味になるのが物足りないが、連勝中の勢いは感じさせる。好調さを活かしてどこまで食い込めるかって感じ。

ドラゴンウェルズ<85>
鮫島(坂路) 56.2−39.3−25.4−12.3 末一杯
時計が示す通り上がり重点で1Fだけサッと追われる。クビを使ってリズミカルな走りを見せ、一応合格点は与えられる動き。上がり重点だけに追われてからもっと鋭く反応してほしいのは確かだが、稽古ではあんまり良く見せない馬なのでこのぐらい動いていればデキに問題は無い。気分屋でいつ走るかわからんからねぇ。

プレミアムボックス<85>
助手(W) 65.3−49.9−37.0−13.1 末一杯
モコモコした動きで終いの伸びもひと息だが、前回が動き過ぎただけで普段はこんな感じの追い切り。行きっぷりは良いもののちょっと発汗も目立ち、ガラッと良くなった感じもしない。前走も上がりは最速だけに自分の競馬はできているが、1400mがどうかねぇ。

トレノジュビリー<84>
松田(P) 78.6−63.0−50.2−38.0−12.7 末一杯
舌を越していたし直線前半は何度も外へ立て直されるシーンがあった。外めを回って78秒台をマークしたため仕方ない面もあるが、終いはPコースにしてはかかって12秒台半ば。動きも重心が浮いて脚が出なくなり一杯一杯だった。本来はもっとドッシリ安定した走りをしていた記憶があるので正直言って期待外れ。ここのところ1200m中心に使われているが、連勝実績があるように本来京都1400mぐらいがベストで狙い目なのだが...

アーリーロブスト<84>
助手(CW) 82.7−66.3−52.3−39.5−13.1 末一杯
ダンツホウテイの外に併せる。遅れたのはこちらがかなり外を回ったこともあり気にならないが、この時計で終いヘロヘロになったのはちょっと不満。適舞台を探して模索が続くが、行きっぷりなんかを見ていると案外短めの距離が良さそうな気がする。ただいきなりここで結果が出るほどのスピードタイプとも思えないが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
相性の良いポートアイランド組からクラウンプリンセス軸で。活躍される前にスミヨン騎手で一儲けしたいところ。
ながせ
2009/10/30 17:52
クラウンプリンセス調子良さそうです。私も馬券には入れるつもりです。外国人騎手で勝った実績ありますしね。
hiro
2009/10/30 19:47
この人、短期免許かなんかできてるの?
はずれっち
2009/10/30 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
スワンS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる