競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都大賞典追い切り。

<<   作成日時 : 2009/10/09 00:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

そー言えば栗東にもPコースができたんですよね。まだ本追い切りで使う馬は少ないみたいだけど、今後どんな使われ方をしてどういう時計が出るんでしょう。栗東の先生方のことなので、美浦と同じような使い方はしないんじゃないかなぁ。

ジャガーメイル<87>
石橋脩(P) 51.5−36.8−12.0 
1000万ベルベットロード、2歳未勝利アビーロードを追走し4角で最内から並びかける。そのまま馬なりでスーッと抜け出し最先着は当然だし、堀厩舎特有の4F追いなので終いの素軽さも評価はできない。ただ馬の前向きさは十分でPコースにしては動きも力強く、キビキビしたフットワークと集中力には好感が持てる。もともと仕上げに手間取るタイプではないが、今回もキッチリ仕上がった。

スマートギア<87>
助手(坂路) 54.1−39.3−25.7−12.9 馬なり
比較的綺麗な馬場状態の中で54秒台だけに、終いもっとキレて欲しかった印象は否めないものの、重心が低くてシッカリした掻き込みの走りは数字以上に好感が持てる。GT挑戦後も2度使われただけに上がり目は疑問だが、逆に使われた強みを活かしても驚けない活気を感じさせる。

コスモプラチナ<86>
和田(CW) 80.3−64.9−51.2−37.9−12.0 末強め
いつものように単走だが、今年に入って稽古で良く見せることが続いており、今回も四肢を大きく伸ばした活気ある動き。もちろん行きっぷりは良く、走りに勢いを感じさせる。マーメイドS勝ち後は逃げ馬の宿命で惨敗続きだが、状態は重賞勝ちした頃と変わりないと思う。今回も強力同型との兼ね合いだけ。2頭で競り合って大逃げとかもまた一興。

オウケンブルースリ<85>
助手(坂路) 52.3−38.6−25.7−12.8 一杯
OPブラボーデイジーとの併せ馬。頭が高いのでフットワークの力強さのわりにフワフワした印象がある走りだが、3歳時や今春に比べれば推進力を感じさせ、ゴールまで伸びは持続していた。馬場の関係で時計面の評価はできないが、春よりは心身ともに成長の跡が窺える。ただGT馬として出走するだけに人気も見込まれることを考えると、そう抜けた存在と言えるような動きではない。まぁ稽古では以前からそうなんだけど。

テイエムプリキュア<85>
荻野琢(坂路) 52.0−37.8−25.2−12.8 馬なり
フットワークは硬いが、鞍上が持って行かれ気味になるほどの行きっぷりを見せ、馬なりのまま52秒ジャストをマーク。活気ある動きで行きっぷりの良さが目立ち、動きは良さそうに見せるが、時計のかかる坂路でも50秒を切ったりするほどの稽古駆けタイプ。動きが良いからと言って飛びつけない。もちろん京都2400mは唯一にしてベストのコースだが、今回は別定戦のうえ同型牝馬多数。ここも大逃げするのみでやることがハッキリしているぶん、他の逃げ馬よりも期待は持てるが、果たしてどこまで。

トーホウアラン<85>
鮫島(坂路) 55.2−40.7−26.5−12.5 末一杯
マズマズの動きを見せていたものの、ひと叩き必要かなぁと思わせていた前走で力のあるところを示した。当然叩いた今回は上積みに期待大だが、稽古の動き自体は多少素軽くなった程度。大トビでスピード感を与えない馬にしては、仕掛けての反応の良さや終いの鋭さはあったほうだが、55秒台の上がり重点を考えるとまだ物足りないし、舌を越したり真っ直ぐ前を見て走れていなかったりで、グンと良くなったとも言えず。まぁ前走から落ちたとも思えないが。

トーセンキャプテン<84>
助手(CW) 70.4−55.0−40.9−12.3 末仕掛け
新馬レッドステラーノ、バガボンドの外に併せる。さすがに新馬相手とあって余力残しで先着...かと思いきや、中のバガボンドに食い下がられてゴール前で仕掛けられていた。ただ稽古ではいつも手応えのわりに終い甘い馬で、残り100mあたりからスピードに乗るとグッと重心が下がって前向きさも見せており、使われている強みは感じさせる。あんまり京都2400mってイメージじゃないけど。

アルコセニョーラ<84>
小林淳(W) 84.9−68.5−54.1−39.9−13.3 馬なり
馬なりでサラッと。今回は仕掛けることもなかったので尻尾を振る悪癖も見せず、淡々と流してきた。身のこなしの硬さはいつも通りで軽快さは目につくが、さすがに上積みはどうかと思うし、牡馬相手の別定戦では厳しいのではないか。毎日王冠ではなく府中牝馬Sでもなくナゼここへ?という疑問も。

クィーンスプマンテ<83>
田中博(坂路) 54.0−40.1−26.1−13.1 末仕掛け
500万ベルウッドローツェを追走。相手が一杯に追うところを軽く促して先着だが、相手は格下。あまり見慣れない馬なのでいつもこうなのかもしれないが、動きに硬さがあって口向きもちょっと悪かった。この馬自身の絶対評価はともかく、ここ出走の他馬と比べると見劣る印象も。大逃げプリキュアちゃんを無視し、離れて先頭の形だと面白いのだが。

マイネルキッツ<83>
松岡(P) 65.8−50.6−37.1−12.8 一杯
OPマイネカンナを追走し外へ。動きに活気はあるし追走しての遅れでありそんなに問題視する必要はないのかもしれないが、GT馬で59kgでの出走となるだけに、持ったままの相手に並ぶことすらできなかったのはちょっと不満。前脚がもうひとつ出ていないような走りも懸念材料。このひと追いでどこまでピリッとしてくるか。半年前ならこの動きでも上々と評価するが、今では立場が違う。

モンテクリスエス<83>
安藤勝(坂路) 53.1−39.5−26.7−13.8 末一杯
1600万ザサンデーフサイチと併せる。もともと坂路では特に動きに重苦しさがあって伸びを欠く傾向だが、今回も相手に遊ばれるような内容でどっちが格上かわからんほど。この馬自体の動きとしては伸びは見られなかったものの最後まで集中して走れていたし、フットワークの力強さはマズマズだったが、稽古の内容としてはそう変わり映えしない。距離は向くが軽い芝でどうか。

ハギノジョイフル<82>
幸(坂路) 53.9−39.5−26.7−13.7 末強め
目一杯には追われなかったもののゴール前では余力なく、流すような感じだった。かなり馬場の荒れた時間帯だったし、もともと稽古で良く見せるタイプではないので今回割引とは言えないが、やや動きに力強さが欠けて印象は薄く、平行線程度か。この馬でも逃げるようなら、いよいよこの人も本物だと言えるのだが。

キングトップガン<82>
助手(坂路) 55.3−41.0−エラー−13.1 末一杯
正直言って書くことないなぁ。馬場が荒れていたので時計には目を瞑るが、動きに活気はあっても仕掛けて重心が高くなっていたし、あんまり変わった印象なし。


こうして見ると、ずいぶん小粒なメンバーやな。こりゃ最大の見どころは先行争いか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
先行馬で1頭、馬券に組み入れたいですね。クイーンスプマンテ狙ってみたいのですが。

スマートギア、最初はユタカ騎手鞍上で土曜の大原Sの予定が、馬主の要請で急遽重賞挑戦とのこと。これで勝っちゃたら立場ないですよね。
ながせ
2009/10/09 22:11
別定戦で厳しいところではありますが、広いコースの2400m戦は大逃げがハマりやすいイメージはありますもんね。
スマートギアは最近の武豊が唯一持ち味を活かせるタメて瞬発力勝負型ですが、武豊→福永の乗り替わりはむしろプラスなんじゃないかと(笑)
hiro
2009/10/10 12:19
へ〜、じゃスマートギアから買ぉ!
はずれっち
2009/10/10 17:02
スマートギア!1600万条件を勝てない馬が、昨)菊花賞馬や、春)天皇賞馬を差し置いて2番人気とは?では◎コスモプラチナをコソーリと・・・終わってみればジャガメかな!OTL
うっかりかさご
2009/10/10 19:41
スマートギア、買うのや〜めたw
(単純な奴w)
はずれっち
2009/10/10 21:32
はずれっちさんと、うっかりかさごさんへのレスは、予想エントリを以て代えさせていただきます。明日のお昼までにはアップします。
hiro
2009/10/10 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都大賞典追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる