競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 毎日王冠追い切り。

<<   作成日時 : 2009/10/09 00:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

アプレザンレーヴって、なんであんなにアッサリ引退なの?しかも乗馬だし。怪我は結構重そうだったけど、結構良血のはずなのに乗馬になっても引退せにゃならんほどだったの?帰ってくる頃には池江パパ厩舎が無くなってるから?


ウオッカ<90>
武豊(CW) 66.3−52.1−38.4−11.5 末仕掛け
1000万ダノンプログラマーとナイトフッドの最内へ入る。追走し直線入り口で並びかけたが、格が違うと言わんばかりに持ったまま抜け出して先着。抜け出してから軽く促されていたが、ムキになることなくいつも以上に馬に落ち着きがあって精神面で安定したところを見せる。普段はクビを上下させて前向きさを表す馬が、今回は比較的ムダの少ない動きで、Goサインが出るまでリラックスして走れていたし、それでいて仕掛けられるとすぐスイッチが入って四肢を大きく伸ばした雄大なフットワークに切り替わった。対象馬の名前を考えるとメチャクチャ良い動きと褒められるほどではないが、あまりに不安な点が無いことが逆に心配。大きな落とし穴が待ってるような気が。

ヤマニンキングリー<88>
助手(CW) 83.9−67.2−52.4−38.3−11.8 末一杯
500万キングスデライトの外に併せ、相手が先に仕掛けるのを待って残り100mで追い出すと、力強い伸び脚で一気に抜け出してきた。追われてから頭が高い点や、終始外を向いて口向きの悪さを見せていたことなど気になる点もあるが、走りに勢いがあっていかにも伸び盛りの4歳牡馬って感じ。輸送で体が減らなければ今回も状態に関しては不安なくレースに臨めそう。

アドマイヤフジ<87>
助手(坂路) 53.4−38.9−25.7−13.0 末一杯
いつものように外ラチ沿いを単走で追われる。この馬らしい重心が低くて滑らかな動きを見せていた。終いちょっと甘くなるのはいつものことなので心配なし。最後まで活気ある動きで心身ともに休み明けとしては仕上がっている。年齢を重ねただけに大きく変わることもないだろうが、いつものような走りはできそう。古馬になってからはあまり体調の変動がなく、レースぶりも安定。着順は相手のレベルで決まる。

スマイルジャック<86>
助手(W)84.7−68.9−54.0−40.1−13.4 馬なり
外ラチ沿いを単走で。直線半ばでハミを掛け直して仕掛けるかという場面はあったが、行きっぷりが上々で脚色も衰えなかったため軽く促す程度に留める。行きっぷりは良いが若い頃のようにムキになって走っているところはなく、最後も数字以上に素軽い。好調キープ。

サンライズマックス<86>
助手(CW) 84.0−68.6−53.6−39.3−12.2 末一杯
ちょっと動きに硬さが見られリキんでいるような走りだったが、活気の表れとも受け取れる。硬さのために数字ほどの伸びは感じられなかったが、どこか不満の残るところがあるわけではなく、走れる態勢には仕上がっている。府中1800mは重賞勝ちを持ち出すまでもなくベストだと思えるので、相手強化に対応できるかどうかだけ。

カンパニー<86>
生野(坂路) 52.5−38.7−25.6−12.9 末一杯
この馬にしては時計が出たことを評価されているようだが、最近何度も書いているようにこの秋の栗東坂路は1秒半ほど時計が速いので、時計そのものは過信できず。むしろゴール前は余裕がなく、もう少し素軽さを維持してほしかった印象もある。ただ道中の行きっぷりなどは悪くなく、最後も止まったわけではないので上々の動きと見て良いだろう。小柄な馬で本来は休み明けでも走れるはず。

マッハヴェロシティ<85>
柴田善(W) 66.8−52.1−38.2−12.3 末一杯
1600万アドバンスウェイを追走し内へ。追走したこともあるし馬のタイプの違いもあると思うが、ガッチリ手綱を絞ったままの相手に対し、直線で仕掛けて叩いての同入。動きが重苦しいとか終いバテたわけではなく、最後まで前向きに相手に食らいついていたので問題ない動きではあるが、叩いての反応には乏しく、使ってガラッと変わったとは言い難い。

ハイアーゲーム
<85>
助手(坂路) 56.4−エラー−24.9−12.4 抑え
OPトウショウシロッコと1000万トウショウデザートの間に入って3頭併せ。内のシロッコは手綱を絞ったままだったが、外のデザートが強めに追うのを引っ張りきりのまま併走し同入。特に変わった感じはしないが、キビキビした活気ある動きで状態は良い意味で平行線。

ナムラクレセント<85>
助手(CW) 84.2−66.7−52.4−38.9−12.2 馬なり
頭が高くて多少フワフワした走りだが、クビを使ってリズムをとり動き自体は軽快そのもの。それほど力強さや重厚さを感じさせなくても推進力があるということは、それだけ体調が良いということだろう。さらなる上積みは疑問も高いレベルで安定。あとは相手強化される中での1800mへの対応だろう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
スローペースを嫌いウオッカが逃げれば・・・ヤマニンキングリーorナムラクレセント辺りが台頭しないかな〜、開幕週で先行馬同士での決着はいやだ!と言ってみるヽ(`д´)ノ
うっかりかさご
2009/10/09 18:22
「大きな落とし穴」って鞍上...

アドマイヤフジの3着付けで狙ってみたいです。
ながせ
2009/10/09 22:06
>うっかりかさごさん
確かに少頭数で逃げ馬不在ですね。これならウオッカ逃げるかも...でもキングリーもナムラも瞬発力勝負タイプじゃないですからねぇ。じゃぁどれだよって難しいところです。

>ながせさん
あ、同じ同じ(笑)基本は3着狙いですが、
フジが逃げて極端な瞬発力勝負に落とさなければ、ウオッカ→フジなんてのも面白いかも。
hiro
2009/10/10 12:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
毎日王冠追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる