競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都牝馬S追い切り。

<<   作成日時 : 2010/01/28 23:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

そー言えばちょっと古くなりますが、先週の週刊競馬ブックに「グリーンチャンネルの単独放送」に断固反対する投稿が載ってましたな。あれ書いた人、自分で何書いてるかわかってんのかね?”1チャンネルで放送したら情報量が減る”って、2チャンネルなら情報量が多いって発想が噴飯モノなんだけど。


ヒカルアマランサス<B>
助手(P) 81.8−64.7−50.3−37.1−11.8 馬なり
Pコースとしては平凡な時計だが、最後まで手綱を絞っていたので参考外としたい。抑えていたこともあって走る姿勢は高いが、フットワークはシッカリしておりこれも許容範囲。動きに関しては特にケチをつけるところは無いが、相変わらず体は細く見える。細いなりに張りはあるので体調面で問題は無さそうだが、もっと腹回りがフックラしてほしいところ。

サンレイジャスパー<B>
難波(CW) 80.5−65.5−51.5−38.1−12.5 馬なり
金杯で大抜擢して大恥かいたが、ほとんど持ったままでこの時計が出ているんだからデキが悪いとか急激に能力が衰えたとも思えないんだけどなぁ。確かに高齢になって動きに伸びやかさは欠けるが、決して時計が出る馬場とは言えない中でこの動きなんだから見限るには忍びないんだけど。

ブラボーデイジー<C>
福永(坂路) 52.1−38.2−25.2−12.7 末一杯
取り消し明けになるが、動きを見る限り影響は無さそうに思う。良くも悪くも平行線。むしろ昨年暮れよりは重心の上下動が小さく気持ちが前に向いていたようにすら思える。

ザレマ<C>
安藤勝(坂路) 52.3−37.8−25.2−13.0 末一杯
今の坂路を考えれば時計は水準級。終いは重心が浮いて伸びはイマイチだったが、まぁ概ねこんな走りの馬。最近稽古でも終いまでシッカリ走っていたので見劣り感もあるが、割引するほどのものではない。近走程度の仕上がりにはある。

レジネッタ<C>
助手(坂路) 58.4−42.9−27.6−12.6 抑え
クラシックホースとは思えないほど使い込まれているので軽めの調整に留め、引っ張りきりで終い1Fだけ手綱を緩められた。ただ馬のほうは制止を振り切ろうとするほど活気があり、手綱を緩めるとギアがスッと変わってキビキビした動き。フットワークが硬いのは今に始まったことじゃなく、デキは平行線。ここ2走は中山マイルが合わなかっただけであり、いつ巻き返されてもおかしくない状態にはある。

ベストロケーション<C>
木幡(坂路) 52.8−38.8−25.6−13.1 抑え
未勝利馬相手で先着は当然。時計が平凡なのは相手に合わせて抑えていたからで、力強い掻き込みと集中した走りは及第点だが、この動きからはマイルへの距離延長は歓迎材料とは言えない。

レインダンス<C+>
藤岡康(P) 68.3−52.4−38.9−11.8 馬なり
馬に任せてサラッとやった程度だが、硬めの動きながら活気は感じさせる。昨秋などと比べると前脚の出もスムーズで、一貫して安定した走り。とりあえず近況からは京都マイルしか走れないのでここも要注意。

マイティースルー<C>
助手(坂路) 54.5−エラー−24.3−12.5 抑え
1000万でソコソコやれているエーシントゥルボー相手に必死に抑えながら先着。元気があってよろしい...と言えなくもないが、チューリップ賞で遠征した際にはパドックでパニックになってレースどころでは無かった馬。これだけやる気満々だとまた輸送に泣くかも。パドックは要注意。

ワンカラット<C+>
藤岡佑(CW) 82.3−66.3−51.9−38.4−12.2 末仕掛け
2頭を追走し4角を意図的に外へ回すことで直線でも追走する形。持ったまま並びかけるとそのままの勢いで抜け出し最後に軽く仕掛けて先着。最近の中では一番動いたと思うが、相変わらずスピードに乗ると頭が高くなって伸び上がるような走り。毎度この馬の動きを評価する新聞があるのだが、そんなに稽古で良く見せているとは思えないんだけどなぁ。

チェレブリタ<C+>
高橋亮(P) 64.0−50.4−37.7−11.2 馬なり
抑え気味で上がり11秒2は目立つが、Pコースで上がり重点ということを考えると過大評価はできない。活気や集中力があって叩きつつ良化しているところは窺わせる。昨年の覇者だが馬場状態がちょっと昨年とは違うような気が。

ショウナンラノビア<C->
助手(坂路) 55.1−40.1−25.7−12.6 馬なり
サラッと流しただけで時計は平凡だが、多少フワフワするところを見せつつも、最後まで前向きな走り。一応走れる態勢は整ったと見るが、もうひとつピリッとした印象に欠けたので休み明けの割り引きは必要かも。逃げ馬だけに気で走っちゃうかもしれないが。

クラウンプリンセス<C->
太宰(坂路) 53.2−38.9−25.6−12.8 末仕掛け
若干ヤネの手は動いていたが、ほとんど馬なりで淡々と走っていた。内容を考えれば時計も許容範囲だし、動きもスムーズだったが、良かった頃に比べるといくらか活気が落ちてきたような印象もある。

プリマフォルツァ<C>
助手(W) 69.4−53.7−39.6−13.4 馬なり
格下相手に先行して内を回ってきたが、最後まで追うところもなかったためかゴールでは並びかけられた。直線向くところで一旦引き離す際にはグッと重心が低くなって集中力も増していたが、徐々に頭が高くなってスピードが落ちてしまった、バテたんではなく気を抜いたからだと思うが、もう少しスピードを持続して素軽いところを見せて欲しかった印象は否めず。デキ云々じゃないので評価は下がらないが、食指が動くほどでもない。

マイネレーツェル<D>
和田(坂路) エラー 一杯
時計はエラーだし映像は終い1Fだけ。判断する材料に乏しくてノーコメントとしたいところだが、映像があった部分の動きについて言えば、馬場に泣いて苦しがっているような印象も受けた。小柄でもキビキビしてパワー不足を感じさせない馬だったことを思うと物足りないが、なにぶん時計すら無いのでそこまでの内容がわからない。D評価まで落とす必要も無かったかな。

あまり良く見せる馬がいなかった反面、D評価のマイネレーツェルも含め「これはちょっと...?」みたいな馬もいなかった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
過去の結果を見ると、1〜6番人気くらいまでが満遍なく来ていて、それだけどれもアテにならないってことなんでしょうね。「サッカーくじ」みたいに勘で塗り潰すしかないのかも。ザレマを3着にでも固定しないと、買い目が絞れそうにないです。そこにサンレイジャスパー、クラウンプリンセスあたりを絡め、10万超え狙いに徹っしようかなとも。
優一郎
2010/01/29 06:27
>1チャンネルで放送したら情報量が減る
そもそも情報なんて無いよね〜くだらんダジャレとか、アホな解説者とか〜1チャンネルはほんとヒット!
しかし、なんか最近、安勝影薄いな・・
あきボン
2010/01/29 09:48
hiroさん書かれているように「帯に短し...」のメンバーに見えます。このような時に頼れるのは「ルメール」「デムーロ」(苦笑)この2頭軸でパラパラと。穴ではマイティースルーと思っていたのですが「パドック要注意!」了解しました。
ながせ
2010/01/29 21:47
>しかし、なんか最近、安勝影薄いな・・

ふ〜きっちり仕事してますがな〜
あきボン
2010/01/30 19:23
京都の女の娘の心中はカオス!もうだれも愛さない
◎マイネレーツェル⇔上がり3ハロンが優秀なこのウマが鬼脚を発揮する舞台は整った!?
連下もブラボー、ベスロケ、ザレマ・・・コジンマリトですよ!コジンマリト
うっかりかさご(女心は任せなさい)
2010/01/30 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都牝馬S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる