競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オーシャンS追い切り。

<<   作成日時 : 2010/03/04 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

まともに収まった記憶がないレース。今年も道悪で何が起きてもおかしくない。大本命に推されそうな馬が道悪ヘタだもんねぇ。


キンシャサンキセキ<A>
助手(W) 51.7−37.6−12.9 末仕掛け
格下を追走する形だったが、この馬らしい頭をグッと下げた走りで行きっぷり抜群。4角では既に内から交わし去って直線は独走。以前はこうしてリキみ気味の追い切りの際はレースでも燃えすぎて凡走することが多かったが、最近はこういう追い切りでも巧くレースでは折り合いがついている。今回の追い切りにしても1頭になってからはイキり立つことなくスムーズに走っており、気性の成長も窺える。状態に関しては高いレベルで平行線だが、道悪は全然ダメなので今回は危険な人気馬っぽい。でも本来こういう気の勝ったタイプは道悪走るはずだし、ここんとこの充実ぶりだと結果を出しちゃうかもねぇ。無印は危険か?

ショウナンカザン<A>
助手(P) 63.8−49.1−36.7−12.3 末一杯
単走ながら行きっぷり良く内めを回り、直線は目一杯に追われる。もともと稽古駆けタイプだし、Pコースでそういった内容なら時計は速くなって当然だが、それにしても出色の好タイム。前走は逃げたが好位もマスターし大崩れ無く走っているように、馬の充実ぶりは目立つ。スピードで押すタイプなので平坦ベストだが、中山阪神でもバタッと止まっていない。道悪がどうかだけ。

サンクスノート<B>
木幡(W) 67.7−52.6−38.2−13.3 末仕掛け
500万アストレーションを追走し内からゴール前で並んで同入。直線は前に別の3頭併せがいてコース取りが窮屈になったが、軽く仕掛けただけで縫うようにして伸び、数字以上の鋭さを感じさせた。休み明けでいくらか重く映るが、動きは軽快で反応も良く、マズマズ仕上がった印象。道悪をこなす力強さもありそうだが、スナップの利いたフットワークだけにノメるような馬場だとどうか。あと調整過程が少し急仕上げっぽいのだが...

アイルラヴァゲイン<B+>
助手(坂路) 50.5−36.5−24.2−12.3 馬なり
いつも通りに硬めの動きながら、ものすごい行きっぷりで活気あるところが目立ち、最後まで軽快な走り。稽古で時計の出るタイプなので数字は参考にならないが、状態は上がってきているように思う。昨年前半は大不振に陥ったが、スプリンターズSで悶絶するような4着と激走すると以後は軽い相手ながら掲示板を確保。持ち直してきたんか?硬いフットワークの馬力型なので道悪は向くはず。昨年はやや重で惨敗だが今年のデキなら。

シンボリグラン<C>
柴田未(坂路) 49.9−37.0−24.3−12.1 末強め
持って行かれ気味になるほどグイグイ自分から行こうとする面が見られた反面、相変わらず口向きの悪いところを見せたし、最後は肩ムチにも反応せずワンペースの走り。ただ止まったわけではないので合格点は与えられる。一時期不振に陥っていた時には妙に追い切りでも折り合いがついて優等生になっており、この馬はこのぐらい気性の不安定さを見せている時のほうが走る印象がある。重馬場が得意というわけではないが、速い時計の決着よりはいくらか渋って時計がかかったほうが走れる。いつもボソボソ話す畠山先生が妙に明るくハキハキしゃべってたのは何で?

エーシンビーセルズ<C>
助手(坂路) 57.0−40.5−26.0−12.6 抑え
年明け既に3戦、先月に2戦しているので抑えっきりに留めたが、馬のほうは頭を下げてやる気満々。ゴール前では鞍上が必死で引っ張っているのにグイグイ伸びるところすら見せた。気性的な心配のほうが先立つくらいの内容だが、それだけ元気はある。道悪だとノメりそうなのと、好走が概ね平坦コースである点がどうか。

アーバニティ<C+>
土谷(W) 66.7−51.5−38.6−13.1 馬なり
OPレオマイスターを追走し内に併せて同入。お互い余裕残しのため印象は地味だが、ちょうど良い前向きさを見せて動きも素軽さアップ。昨年後半よりは状態は良いのではないか。

シャウトライン<C>
浜中(B) 78.1−63.3−49.6−36.4−11.5 末仕掛け
Bコースなので時計は速くて当然。頭の高い走りで直線の伸び脚はお世辞にもシャープとは言い難かったが、活気ある動きでデキ落ちは無い。輸送で絞れてくれればと思うが、追い切り段階ではあんまり絞れた印象はしない。

ピサノパテック<C+>
田面木(坂路) エラー−エラー−25.1−12.4 馬なり
時計はエラーだが行く気十分なところを見せる。もともと叩いて良くなるタイプで、前走なんであんなに人気していたのか不思議で仕方ない。確実に良化していると思うが、軽いキレが身上の馬で道悪は割引。

プレミアムボックス<C>
助手(W) 65.7−50.3−37.7−13.2 末一杯
いつものように行きっぷり良く直線へ向き、頭の高い走りで終いは伸びあぐねる。最近は良くも悪くもずっと同じような稽古の動きをしており、そういう意味で安定している。追い込み一辺倒にしては最近成績も安定しており、あまり状態の上下動は無いと見たい。

グランプリエンゼル<D>
小林慎(坂路) 54.9−40.2−26.1−12.4 末一杯
500万クイックメールと併せて同入。相手が馬なりだったので仕掛けて同入では見劣りは否めないが、この馬だけの動きを見ているとマズマズとも言える。それでも若干集中力に欠けるような走りだし、仕掛けてからの伸び脚は物足りない。そんなに悪いとも思わないが、差をつけるためにも敢えてD評価。

ファイングレイン<E>
助手(CW) 81.4−65.8−52.4−39.2−13.5 末一杯
最近のCWは時計が出やすいのでまだ見られた数字になっているが、ゴール前はバッタバタ。まだ太く見えるし、動きもボロボロでゴール前では苦しくなったのか口向きの悪さも見せていた。概ね休み明けはこんな感じで重苦しい追い切りを消化し、レースでもモタモタして見せ場無く惨敗することが多い。今回もいつもと同じ休み明けって感じ。急坂コースも苦手で今回は出走してないと思ってOK。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
雨で馬場が渋れば◎アイルラヴァゲイン!
雨の日の恋は長続きしないらしいですが・・・ショボン (`д´)ノ
もう5回目なんだってね、毎年、顔を出せばいいってもんでもないだろ?皆勤賞狙い?・・・アイル君!
えっ、もう誰も愛さない?そんな 
うっかりかさご(愛とは美しい誤解)
2010/03/06 07:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーシャンS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる