競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪杯追い切り。

<<   作成日時 : 2010/04/01 23:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

また今週もあと少しで完成と言うところで全部消してしまいました。誤操作するワシが悪いんだけど、そんな書いたもの全部消すなんて通常ありえない操作なんだから、せめて実行する前に「本当に消しますか?」って聞いてくれてもイイじゃんかよ。


ドリームジャーニー<A>
池添(CW) 67.5−52.9−39.1−12.2 末一杯
いつもと同じく単走で終い一杯に伸ばされる。相変わらずのキビキビした動きで活気や集中力十分。本音のところ、この馬にしてはちょっと手先の運びが重たい気もしたし、体もガッチリしすぎている印象は受けたのだが、これだめ新聞で褒めちぎられているんだからそうなんでしょう。この馬に関してはもはや基準軸を失っているので、ケチをつけるとロクなことがない。勝って当然、こんな相手に負けてる場合じゃないでしょ。

テイエムアンコール<B>
浜中(CW) 80.3−65.0−51.2−38.1−12.5 馬なり
体重よりも小さくまとまった印象がする馬体だが、四肢を大きく伸ばしたフットワークで掻き込みもシッカリした走り。最後まで持ったままだったのでビュッと伸びるところは無かったが、集中して力強い動きだった。前走は馬場や流れに恵まれた感は否めないが、追い切りを見る限りデキは通常時に戻っている。今回も1頭除けば格負けするような相手もおらず、展開次第。

タスカータソルテ<B+>
松田(P) 81.3−64.5−49.5−36.2−11.5 末一杯
クビを使えず頭の高い走りだが、回転の早いフットワークで活気に溢れる走り。時計はOP馬としては水準レベルだが、前走時よりも走りに勢いが出て、推進力を感じさせる動きだった。叩いての上積みは十分。

エアシャトゥーシュ<B+>
鮫島(P) 81.9−64.6−50.3−37.1−11.4 末一杯
500万ロードラテアートと3歳500万マジェスティバイオを追走し最内へ。外の3歳馬が脱落し直線半ばからは2頭併せになったがそれも一瞬で、追い出される相手を持ったまま抜き去ると、終い1F追われて突き離した。ドッシリ安定した重心と四肢を大きく伸ばした走りは迫力があり、いずれ重賞でも通用しそう。阪神2戦が5,6着(ただし1回はマイル戦)で平坦を主戦場としてきただけに、坂への対応もカギ。後輪駆動でいかにも平坦向きって走りをしてるからなぁ。

ショウナンライジン<B>
助手(坂路) 54.2−36.6−24.3−12.6 馬なり
未勝利馬の外に併せる。格下相手とあって終始威圧するような走りで、直線では仕掛ける相手を馬なりでも自分から走る気を見せつつ僅かに先着。キビキビしたフットワークで活気があり、気持ちの前向きさや集中力も上々。前走が奇襲による逃げ切り勝ちだけにこの相手でどうかって問題はあるが、状態自体は良さそう。

ゴールデンダリア<B>
田中勝(W) 78.8−64.3−50.9−37.7−13.4 馬なり
500万エイブルベガを追走し内に入り、ゴール前で追われる相手にガッチリ抑えたまま先着。いつも稽古は良く見せる馬だが、今回も活気ある動きで前向きさも見せており、良い意味で平行線をキープと言ったところ。終い13秒台半ばというのは最近の美浦Wコースの状態を考えると遅めだが、長めから速い時計をマークし最後は抑えていたので何ら問題ない。

ヤマニンキングリー<C>
助手(P) 81.3−65.5−51.1−37.4−11.7 末一杯
500万サンライズコアの外に併せる。直線向いて多少口向きの悪そうなところは見せていたが、先に追い出された相手を持ったまま余裕タップリに追走し、残り1Fで仕掛けると一気に突き離し先着。良かった頃にCWで見せていた重心が沈み込むような力強さが見られないのは割り引き材料だが、ジックリ乗り込んで調整されこれだけ動いていれば出走態勢は整っているはず。小回り2000mで見直しが必要か。

ホッコーパドゥシャ<C++>
鮫島(坂路) 56.3−41.0−27.0−13.3 抑え
抑えっぱなしの超軽めに留めたので時計は参考外。馬は自分からグイグイ行くところを見せており、前走で見せた復調気配の延長線上にある。冬場はもうひとつ動きにも活気がなかったが、暖かくなるにつれ身のこなしも軽くなってきた。内容が軽めなのでC評価に留めるが、状態は確実にアップ。

フィールドベアー<C+>
秋山(CW) 83.6−67.7−52.4−38.5−12.1 馬なり
相変わらずゴール前で重心が浮くが、素軽さは増してきて上昇気配はある。けど、折り合いが難しくなったからって短い距離を使ってたんじゃなかったっけ?ここで走られると扱いに困るんですけど。

サクラオリオン<C>
助手(P) 80.4−63.2−48.9−36.4−11.8 末一杯
1600万ヤマニンウイスカーの外に併せて遅れる。Pコース追いになっていくらかマシになっているが、もともと稽古では動かない馬で遅れは心配なし。若干動きが小さくまとまりすぎている印象もあるが、馬からは走る気が感じられる。ガラッと良くなってはいないが、まずまずの状態。

シェーンヴァルト<D>
北村友(坂路) 55.0−40.1−26.1−13.0 馬なり
馬場の荒れた遅い時間に貸し切り状態で単走追い。最近は以前ほど稽古でモタモタしなくなっていたが、今回は馬場に1頭だけで追い切ったせいか、重心の高い伸びあがった走りで蛇行するようなところも見られた。ただ、馬が行く気になっているのをガッチリ抑えていたからという面もあり、最後まで集中力は持続していた。稽古ではあまり状態の良し悪しは測れないタイプで、これだけ走る気マンマンなところを見せていれば、D評価でも好調と見て良いだろう。

サンライズベガ<D>
和田(P) 78.1−63.3−49.7−37.0−12.3 末一杯
500万トゥリオンファーレの外に併せたが、先行していたにもかかわらず直線入り口で並びかけられたあたりから手応えが怪しくなってアッサリ突き離されたばかりか、ゴール前ではフットワークが小さくなって重心が浮いていた。バッサリ消したくなるような動きだが、休み明けで好走した前走でも追い切りはそれほどピリッとしておらず、稽古はあまり目立たないのかも。二走ボケの懸念をしつつ、この段階で消しとは言わずにおこう。


好調馬が多く、状態の変化が窺える馬も多い。A〜D評価だけでなく、それぞれの評価の中での順番や+、−にも注目したい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
過去10年で、4歳馬が馬券に絡まなかったのは一度だけ。って馬柱見ると該当はシェーンヴァルトだけ、う〜んドリジャ頭のシェーンヴァルト2、3着付けで狙ってみますか。でもあまりつかないんだろうな。
ながせ
2010/04/02 21:38
>せめて実行する前に「本当に消しますか?」って聞いてくれてもイイじゃんかよ。

だって、そこでも、師匠「はい」をクリックしちゃうでしょ。
一緒じゃんかよ。

はずれっち
2010/04/02 22:56
「本当に本当なんですね!」
って再々度聞いてくれたら大丈夫です。
それでダメなら脳が逝ってる。
あきボン
2010/04/02 23:16
>ながせさん
シェーンヴァルトの隣に入ったことで、ドリジャの好走は確定でしょうか(笑)

>はずれっちさん
さすが。鋭すぎる指摘(汗)。
最近何もかも絶好調ですな。

>あきボン
逝くのはアソコだけでいいです(爆)
hiro
2010/04/03 13:50
>hiroさん
そういえばありましたね「シェーンヴァルトの隣が馬券圏内に入る法則」ドリジャは確定っと(笑)これでゴールデンダリア来たら神ですね。土曜日の芝2000の血統傾向見てみるND系来ていますから、ゴールデンダリアの目も無いことはない?因みにグレイソブリン系は来ていないので、タスカータとシェーンとエアは苦戦必至?当日の血統傾向要チェックです。
ながせ
2010/04/03 20:25
皆さん、お早うございます。オカルト界では「シェーン把瑠都」が大人気のようで・・・(苦笑)井崎センセまで新聞のコラムで本命に取り上げているし。しかし把瑠都は白鵬にはかなわなかったわけで、やはりここはドリジャへの2着付けがオカルト的には正しいのかな。
ながせ
2010/04/04 08:23
○スポでひっとつも印付いてないサクラを買ってみようw
8−9のワイドにドン!
はずれっち
2010/04/04 11:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪杯追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる