競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京優駿追い切り。

<<   作成日時 : 2010/05/29 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

明日も出勤だぜベイベー。

エイシンフィラッシュ<A++>
鮫島(CW) 84.7−68.2−52.8−38.8−11.6 末仕掛け
1600万フィニステールを追走し内へ。どうもただ稽古駆けする馬って気もしてきたが、そう思わせるぐらい今週の動きも抜群。ガッチリ抑えていたこともあって少しムキになっているような頭の高さはあるが、仕掛ける相手を今週も持ったままで交わし去り、少し気合をつけるとグイグイ伸びて先着してきた。フットワークの大きさや柔らかさが印象的で、これ以上テンションが上がらなければデキに関しては言うことなし。

リルダヴァル<A>
福永(P) 76.1−61.0−47.5−35.1−11.8 抑え
トゥザグローリーを追走し外に併せる。結果は追走遅れだが、「先着させてあげた」と言った感じで、相手が目一杯に追われているのにこちらは長手綱で最後まで抑えていたから。ここ2走と同じく追い切りとしては好評価できる。キツいローテで使われてきたのにこれだけ動けるのも好感が持てるし、出走の望みが断たれたかと思ったら無抽選で出走で来た運も怖い。が、稽古駆けすることも判ってきたし、距離延長に対応できるような動きの柔らかさに欠ける印象もある。

ヴィクトワールピサ<B>
岩田(CW) 67.6−52.1−38.1−12.2 馬なり
3歳500万レッドバリオスと未勝利バガボンドの間に入って3頭併せ。先週の3頭併せでも程よい気合乗りと素軽さを見せていたが、今回も引っ張りきりのまま格の違いを見せつけて先着。少し重心が高い気もするが、それを補って余りある大きなフットワークで力強い動き。ゴール過ぎて気合付けのムチが一発入ったが、動きは高いレベルで安定。B評価だが評価を下げたのではなく、これより追い切りが良かった馬がいたためにAをつけられなかっただけ。

ルーラーシップ<B>
四位(CW) 71.6−55.7−40.7−12.6 馬なり
1000万ナイトフッドとOPトライアンフマーチとの3頭併せ。最内に入ったこともあるが、残り1Fから抑えたまま抜け出し先着した。上がり重点なので終いの動きが良く見えるのは当然だが、柔らかい動きでバネがありそうなところは窺える。さすが良血という動きを見せたことは認めるが、まだまだリキんで走っていて子供っぽさが目立つことは否めない。そんな状況でもこれだけの動きを見せるのを魅力と見るか、やたらと推す人がいて過剰人気と見るか。まともに走れば一発大金星の可能性もあるが、危なっかしさもあると思うなぁ。

ゲシュタルト<C>
池添(CW) 66.5−51.8−37.4−11.7 末強め
OPリトルアマポーラを大きく追走し外へ。相手が待ってくれていたとは言え、稽古駆けする姉さんに食い下がっての同入。頭の高い走りながら、終いは11秒台の数字通りの印象を与える力強い伸び脚だった。馬に良い意味での活気もあるが、少し細く見える点がどうか。

ヒルノダムール<C>
藤田(坂路) 55.3−39.5−25.3−12.1 末一杯
3歳500万オースミマリオンと併せ馬。追走したこともあって手応えは見劣ったが、追ってからも渋い伸び脚を見せて先着した。ちょっとフットワークがバラつき気味だったのは気になるが、まぁ動きとしては及第点。ただもともと坂路ではキビキビした動きで良く見せる馬だし、先週感じたほどパワーアップの印象はない。追って重心が高くなる点も気がかりで、府中のタフなコースと長い直線はどうかねぇ。基本的に”皐月賞で大外から差して2着した馬”ってのを全く信用しない人なので。このまま4人気なら喜んで消し。

コスモファントム<C>
助手(坂路) 54.4−39.7−25.7−12.8 末仕掛け
1600万メガリスと併せる。馬体を離して直線へ向き、残り1F手前から外にいた相手が寄ってきての併せ馬。前向きで集中力のある走りとキビキビした動きで活気はあるが、先着したとは言えて手応えとしては見劣った。フットワークの力強さにも少し欠ける感じ。デキ云々では叩いた効果も見られるが、スケール感としてはちょっと。

ペルーサ<C->
横山典(W) 67.4−53.1−40.1−13.3 馬なり
OPマチカネニホンバレを追走して外へ。最後まで手綱を引き気味で余力十分に同入。馬なり中心の調整は最終追い切りをコースで併せ馬をしたことで割引することもないはず。ただ動きに関してはもうひとつ迫力を欠く。実は前走時は併せ馬の内に入って見えなかったため、ちゃんと追い切りを見たのは今回が初めて。1週前に「少し細く見える」と書いたのに追い切り後の体重が増えていたように、私の勝手な思い込みが過ぎただけなのかもしれないが、弾むような動きで活気はある反面、とても500kgを超える馬体には見えないし、ゴール前で手前を替えてからは前脚の伸びやかさが物足りず加減しているような走り。稽古の動きとしては不安が残るが、まぁ初めて見たようなもんなので、これがこの馬の稽古の姿なのかも。

アリゼオ<C+>
ウィリアムズ(W) 52.6−38.4−13.2 馬なり
未勝利トゥルーマイハートを追走し内へ。予想通りと言うか、直前は4Fから軽めの内容。先週ポイントとして挙げた馬の落ち着きは正直言って微妙な感じの動きだが、名手の腕なのか折り合いはついていた。この騎手とは手が合いそうな感じはする。4F追いということもあってゴール前でも失速することなく前向きな走りと伸びを一応見せていた。気分良くレースを運んでこその条件付きだが、デキに関しては問題なさそう。ただ広いコースの2400m向きじゃない気がするなぁ。

サンディエゴシチー<C+>
浜中(CW) 83.0−67.3−52.5−38.5−11.7 末一杯
少し頭の高い走りで、直線は何度もフワッと重心が浮くところがあったのは気に入らないが、なかなかキビキビとした動きで活気を感じさせる。叩き3戦目となるがまだ上積みはありそう。ただ動きの柔らかさと言う点ではもうひとつで、距離が伸びることに対応できるかは不安もある。

トゥザグローリー<C>
助手(P) 77.4−61.8−48.3−35.5−11.8 末一杯
リルダヴァルと併せて一応先着。ただ先行してのものだし、抑え気味に流す相手に目一杯追ってのもの。メチャメチャ稽古駆けするリルダヴァルにジョッキー、こちらは助手さんという違いを考慮しても動きの比較では見劣ったのは否めない。動きの力強さや柔らかさは良血ぶりを示すものだが、頭の高さや体を持て余しているようなところも見受けられ、完成度と言う点で有力馬には見劣る。ただ前走もそんな印象ながら格好はつけており、血筋の良さで間に合わせる可能性もゼロとは言わない。私はゼロだと思ってますが。

ローズキングダム<C+>
後藤(坂路) 52.9−38.3−24.9−12.6 抑え
3歳500万ドレスアフェアーと併せ馬。残り100mまでお互い馬なりだったが、ゴール前では追われる相手に持ったまま先着。前向きさや集中力のある走りで持ち直し気配は感じられる。ただここへ来ての成長力に物足りなさは残る馬体で、追い切り後に10kg増えている体を維持して出てこられるかどうか。距離も疑問。

トーセンアレス<C>
江田照(P) 68.0−52.6−38.6−12.7 馬なり 
3歳500万トーセンチドリアシの外に併せる。ガッチリ抑えたままでもクビを低い位置で水平に保ち、前向きさの窺える走りで手先も素軽い。ただ伸びやかさ柔らかさと言う点でもうひとつの印象は否めず、芝適性に疑問なりと言う実績を覆す動きとは言えない。

メイショウウズシオ<C>
助手(坂路) 56.1−39.3−25.4−12.7 末仕掛け
キビキビした軽快な動きだが、頭が高くて動きも硬め。力強さにも欠けて迫力不足な印象は否めない。前走のメンバーで4着健闘、ここに入ると良くて1ケタをキープできるかどうかって感じ。

レーヴドリアン<D+>
助手(CW) 84.9−69.3−54.8−40.9−13.4 末一杯
OPアドマイヤオーラと3歳1000万アマファソンの外に併せる。例によってズブさ全開の動きだが、内の2頭がお付き合いしてくれたこともあってベタ遅れは回避。お世辞にも良く見える動きではないが、この馬としては動いているのではないか。痛恨のハナ差で出走権を逃したと思ったら無抽選でゲートイン。運の強さとおそらく序盤はレースに参加しないであろうキャラは魅力。基本的にマツパク厩舎は上がりだけの調教をしている馬よりも、この馬のようにビシバシ追われている馬のほうが大成する。アドマイヤドンもそんなタイプだった。

ハンソデバンド<D->
助手(W) 66.4−51.8−39.0−14.2 末一杯
3歳500万グラスサミットの内に併せる。リキんでいるわけではないが軽快な行きっぷりで、4角でも脚色の違いは歴然。直線向くとそのままスーッと差を広げる...かと思ったら、残り1Fを切って追い出すとむしろバタバタに。結局最後は渋太く伸びてきた格下に並ばれての同入。気性的な不安は拭えず。

シャイン<D>
助手(CW) 87.6−71.1−56.1−42.9−14.8 軽め
単走でサラッと。クビを水平に伸ばして素軽いフットワーク。ただねぇ。1週前にそれなりのところはやってきたし、直前軽めはこの馬のパターンだし、何でも強く追えばいいってもんじゃないんだけど、ダービーの直前追いがこれってのは...この調整で好走できるようなら今後に一石を投じることになると思うが。

ダノンシャンティ<C>
安藤勝(坂路) 53.3−38.8−25.3−12.6 馬なり
OPモンテクリスエスと併せ馬。1週前は軽めに留めたが、直前はこの厩舎らしく坂路でOP馬と併せてきた。しかも残り1F追われてフラフラする相手に対して、こちらは少し仕掛けたものの最後はガッチリ手綱を絞っての同入。前向きさや活気もあって悪くは無い。ただ、本来のマツクニ厩舎ならGT前はもっと負荷をかけてくるはず。ダビスタ調教師も学習したということなのかもしれないが、それでいて追い切り後の体重が前走時と同じ。この後に輸送を控えていることを考えると少し気になるところではある。と思ってたら骨折の情報。やっぱりまた馬を壊したか。絶好のカモだったのに。
↑ガセネタらしいっすな。真偽のほどを誰かご一報ください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
>明日も出勤だぜベイベー

ほほ〜、師匠はお○さんのことをそう呼んでいらっしゃるのでしか、、、。
はずれっち
2010/05/29 09:57
骨折かはわかりませんが、本当に取り消しになってますね。人気吸いとりして欲しかったのに…。
ぶるん
2010/05/29 10:20
>明日も出勤だぜベイベー
×出勤
○失禁
お...おかまバー?そんなこた〜ない!ですよね?
最近、化粧が、口紅の色も濃いような? 笑)

>はずれっちさん
ウマニティの予想が見られなくなって(有料化)・・・Orz

>ぶるんさん
同感!クラッシャー・マツクニ先生のところのウマはカワイソス!

うっかりかさご
2010/05/29 10:48
>うっかりかさごさん

酷いよね、ウマニティ。
なのでここで晒します。
東京6R
◎2 ○12 △4・7・8・13・14
東京12R
◎7 ○6 △2・5・8・9・13
京都5R
◎7 ○9 △3・6・8・12・13
京都9R
◎10 ○8 △2・4
京都10R
◎7 ○6 △1・2・4・9・13(無謀にも5と8は根拠なく消す)
京都12R
◎1 ○3 △4・6・8・9・11
見えないけど裏ではこうなってます(笑)
1つも当たらんだろうけど、、、。
はずれっち
2010/05/29 11:41
>はずれっちさん
ありがとうございます!あれではウマフレの予想もまったく見れなくて、なんのための予想大会かと!Orz

京都10R(金鯱賞)
2.タスカータソルテに食指が・・・ムズムズ
当たるといいですね、健闘を祈ります・・・
そろそろ樹海行きのバスが出ますんで 笑)
うっかりかさご
2010/05/29 11:52
わ〜い、当たったじょ〜。
はずれっち
2010/05/29 13:10
京都5R
◎7 ○9 △3・6・8・12・13
1〜7着まで独占!すごいですやん
カワリニ ワタシガ

ダービー予想もうPお願いしますね
うっかりかさご
2010/05/29 16:47
>うっかりかさごさん

ありがとうございます。
今回はリアルもちゃんと買ってましたw
ダービーは師匠に丸乗りしようかと、、、。
師匠はお○さんに上乗り?
はずれっち
2010/05/29 17:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京優駿追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる