競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌記念追い切り。

<<   作成日時 : 2010/08/21 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ぶっちゃけ、いつもと違うところで追い切ってますので、全く参考になりません。読まなくてエエよ。

ロジユニヴァース<89>
横山典(札幌ダ) 78.1−63.9−50.3−36.8−12.4 馬なり
気合の乗った行きっぷりでこの馬らしい力強い動き。直線はむしろ抑えめに流したので平凡な動きだが、道中の動きの良さから一時の不振は脱しているように思う。もともと迫力ある馬体で動きも目立つタイプだけに、追い切りの動きの良さに騙されてはいけないが、頭の高さやフットワークの硬さは今に始まったことではなく、稽古の動きとレースが比較的直結する。それでも洋芝でも良馬場なら「復調の兆しを見せる」程度で終わると思っていたが、恵みの雨で少しでも馬場が緩くなれば侮れないかも。逆にここで見せ場も無く凡走するようだと、いよいよ立ち直りは難しくなりそう。

ヒルノダムール<88>
藤田(札幌芝) 77.4−62.3−48.8−35.1−11.3 末仕掛け
単走でサッと流す。相変わらず頭が高くて少し窮屈な走りだが、時計が示す通りスピード感があってフットワークにキレも感じさせる。体は少し余裕があるようにも見えたが、先のある馬だし成長分もあるので大きく体重が増えていても見た目に問題無ければOKだろう。春シーズンから再三書いてきたが、この馬は小回りでピリッとした脚を使うレースのほうが向いている。しかもキャラ的にGU大将となる可能性十分なだけに、初の古馬相手で秋を見据えた一戦でもチャンスはある。

アーネストリー<88>
佐藤哲(函館W) 70.8−54.5−40.7−12.2 末仕掛け
かなりユッタリ回ってきて直線だけ気合をつけて伸ばす内容。上がり重点なので直線の動きが良く見えるのは当然だが、頭を前に突き出す感じで重心の低い力強い動きだった。パンパンの良でも結果は出しているが、本質はパワータイプで洋芝は合う。ちょっと太そうに見えたので体重には気をつけたい。

シャドウゲイト<87>
田中勝(札幌芝) 64.0−49.1−35.3−11.6 馬なり
3歳未勝利ジェラルドエビスを追走し外へ。相手が気持ち良く先導したようで好時計をマークしたし、手応えに余裕もタップリ。年齢が年齢だけに喜び勇んで走るような前向さはないが、活気はあって動きはマズマズだった。これも道悪大歓迎の先行馬でチャンスだと思うが、シンガポールでのアクシデントも含め、最近ゲートや序盤の行きっぷりが不安定な時が目立つだけに、あまり信用するのもどうかと。

マイネルスターリー<87>
三浦(札幌ダ) 68.4−53.8−38.7−12.9 馬なり
引っ張り気味に流しただけなので時計は平凡だが、クビを使って弾むような活気ある走り。脚もよく動いてかつ力強さがあり、好調キープが伝わってくる。強いて言えば少し太く見える点がどうかだが、もともと太めに見せる馬なので、極端に増えていなければ問題なしと見たい。けど、この乗り替わりは5割引ぐらいじゃないの。

ドリームサンデー<86>
助手(札幌ダ) 65.6−51.2−38.4−12.2 末仕掛け
3歳未勝利メイショウオリビアを追走し外へ。目標にしていただけで馬体が併さることもなく、4角では既に交わす。終いは相手は馬なりで流し、こちらは仕掛けたので先着は当然だが、格下相手でしかも併せ馬とは言えないような内容なので先着は参考外。ただフットワークの力強さや自らハミを取って前向きさを見せており、近走の好調をキープしていると思う。さらなる上積みは疑問もデキに関して不安なし。道悪不問の先行馬で、今回も条件は合っている。

マンハッタンスカイ<86↑>
助手(函館ダ) 71.6−56.4−41.0−12.3 末一杯
直線だけの映像だし、時計を見ても上がり重点だったんだろう。一応大型馬らしく四肢を伸ばした大きな動きを見せて伸びは感じられたし、この馬にしては重心が低くて安定していた点も好感が持てる。掴みどころのないキャラでいつ走るかわからん面はあるが、ひとつ言えることは連続して好走することはないってこと。逆に言うと人気と着順が反比例してきて臨む今回は怖い頃だが、道悪はサッパリだけに天気がカギ。

ジャミール<85>
安藤勝(函館W) 66.6−51.8−38.1−13.1 馬なり
500万ラヴインザダークを大きく追走し直線は内へ。追いかけている時は集中した走りだったし、抜け出すと遊ぶ癖も見られなかった。終いもう少し時計を詰めて欲しかった気はするが、函館Wならこんなもんで十分か。勝ち負けする能力は十分にあり、500万勝ちがこの舞台だったようにコース実績もあるが、重賞でこの舞台だとどうしても前走のような不器用さを出す怖さも残る。人気も必至だろうし押さえ評価で臨みたいところ。

エアジパング<85↑>
調教師(札幌芝) 66.0−51.7−36.7−11.4 末仕掛け
新馬ウイントゥルーラヴの外に併せる。格下相手に先行していながら、4角で内に潜り込んできた相手が仕掛けつつ並びかけると、手応えに余裕はあったとは言え煽られ気味になったが、さすがに終い軽く仕掛けるとグイッと伸びて先着。行きっぷりもこの馬にしては軽快だし、脚を一杯に前に伸ばして大きなフットワークを見せており、逆に前回得意距離で凡走した理由がわからない。デキ落ちは無くむしろ叩かれつつ上向いているとすら思えるのだが、今度は2000mだからねぇ。

サクラオリオン<85↑↑>
四位(札幌ダ) 81.7−66.8−52.2−38.6−12.4 末一杯
1000万メジロラフィキを追走し外へ。先週はレースで惨敗したヒカルアマランサスに遊ばれていたが、稽古では動かない前提で見たほうが良い馬。今週も相手の行きっぷりの良さばかりが目立ち、直線へ向いた時点でもかなり追いかける形で、これじゃ全く並べないと思ったら、追われると力強い伸びを見せて最後は追いついてきた。相手も目一杯に追っていなかったので間に合ったとも言えるが、この馬にしてはビックリするほど動いたと思う。だからレースでも好走期待できると言えないのが辛いところだが、少なくとも叩いた上積みはあるはず。何と言っても着外なしの札幌で雨予報。買い材料だけは満載。

エイシンドーバー<85↑>
藤岡佑(札幌ダ) 84.8−68.3−53.2−39.7−12.4 末一杯
ユッタリ流して終い1Fだけ追われる。一応仕掛けて反応していたが、どうも良かった頃の活気に欠ける。フットワークには素軽さもあり、終いの伸びも数字以上の鋭さがあったと思うんだけど、重賞で好走していた頃はもっと力強くて沈み込むような走りができていたような記憶が。少しずつ良くなってるとは思うが一変はどうか。この期に及んで距離延長で活路を見出そうとしていること自体が苦しい現状を物語ってるのでは?

ペルモントルパン<85>
助手(函館W) 68.1−54.1−38.6−12.7 一杯
500万ザクリエイションの外に併せる。と言っても映像は既に抜け出して目一杯に追われている残り100mだけだったので、道中の位置関係などがわからず。映像の範囲内では重心の安定した動きと力強い伸び脚が目立って好感が持てるものの、一発やらかす期待感を持てるほどでもなかった。

フィールドベアー<85>
秋山(函館W) 69.8−54.4−39.9−12.6 馬なり
直線半ばでムチは抜かれたが、結局使わず馬なりで流す。行きっぷりやフットワークなど、どこと言って気になる点は無いが、強調材料にも欠ける。力は出せる仕上がりなので外枠に泣いた函館2戦からの巻き返しも可能だが、同じ北海道なら、より時計のかかる函館向きって気が。雨のアシストでどこまで。

アクシオン<84>
助手(函館芝) 62.1−48.7−35.8−12.1 末仕掛け
1000万レンディルの外に併せる。手応えで上回って並んで直線へ向くと、終いは格の違いを見せて楽に先着。少し口向きの悪いところを見せていたが大したことは無く、時計も速い。ただかなりビッシリ汗をかいていて、体も少し緩く映る。このひと追いでどこまで締まってくるか。道悪で時計掛かれば浮上。

マイネルキッツ<84>
松岡(札幌芝) 66.1−51.4−36.3−11.6 末強め
1000万バシレウスを追走し外へ。2頭ともユッタリ流して直線へ向いたが、4角で外から並びかけてくるところまでは勢いが良かったものの、残り1Fで並んでから抜き去ろうとしてもなかなか出られず。ゴールでは先着となったが、持ったまま流している相手に少し気合をつけてのもの。ここまでの調整過程が違うのかもしれないが、相手の軽快さに比べて見劣った印象は否めない。あまり稽古で動くほうでは無いので許容範囲とは言えるものの、キレとか素軽さでもうひとつ。札幌実績のあるうまでキャラ的にも洋芝はOKだが、今となっては2000mは忙しい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
…そうですか、アクシオン!ここがメイチ勝負だと思ってましたが…岩田騎手には頑張って欲しい〜(T_T)
うっかりかさご
2010/08/21 09:29
>この乗り替わりは5割引ぐらいじゃないの。

追い打ちを掛けるようにわしの◎予定なので、さらに4割引きか、、、、うわ〜ん。
はずれっち
2010/08/21 12:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
札幌記念追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる