競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日CC追い切り。

<<   作成日時 : 2010/09/09 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

頭数も揃わんかったが、メンバーの質もかなり低い。


アドマイヤメジャー<88>
助手(CW) 80.7−65.3−50.6−36.9−12.1 末一杯
豪雨でコース全体が水煙に包まれるような中だったことを考えれば、時計は優秀だと思う。それ以上に評価したいのはキビキビした動きと、ゴールまであまりフワッとすることなく比較的安定した重心で走れていたこと。どちらかと言えばレースでも稽古でも、少し油断するとフワッと重心が浮いて止めようとする面があった馬だと記憶しているので、この動きには体質面気性面の成長を感じさせる。十分乗り込まれて時計的にも動いており、あとは昇級馬が苦戦のレース傾向を克服できるか。重賞と言ってもこのメンバーなら見劣らない印象だが。

キャプテントゥーレ<87>
小牧(坂路) 50.2−36.4−23.8−11.8 末強め
馬場の荒れていない早い時間帯だったこともあろうが好時計をマーク。稽古駆けタイプで時計は出る馬だが、この馬らしい力強い掻き込みと低い重心の走りで動きも良かった。特にいつもは終い少し余力がなくなってモタモタするのに、今回は最後まで素軽さを見せていた点が評価できる。昨年勝っているようにこのレースは向いているし、道悪も何ら心配のないフットワーク。相手に恵まれ連覇も可能性あり。

プロヴィナージュ<85>
佐藤哲(CW) 78.7−65.1−52.0−39.0−13.0 末仕掛け
1600万ハイオンを追走し外へ。重心の高さは気になるが、牝馬とは思えない馬格と力強いフットワーク。さすがに最後は伸びがなかったが、バッタリ止まったわけでもないし目一杯に追ってもいない。さらに上積みと言われるとどうかと思うが、前走程度の状態にはあるのではないか。牝馬劣勢のレースだが、今年の牡馬相手なら。

ドリームフライト<85>
助手(P) 84.5−68.0−53.4−39.0−12.2 末強め
外ラチ沿いを単走で。上がり重点なので直線の動きが良く見えたことに飛びつけないが、折り合いつけて最後まで安定した走りをしていた点は評価できる。休み明けでもありちょっと能力差からも厳しいとは思うが、人気薄の逃げ馬でキャプテントゥーレあたりが可愛がってくれるようだと。

エムエスワールド<85>
助手(坂路) 54.2−エラー−エラー−12.6 末強め
中1週で2度使った後なので上がり重点だが、良くも悪くもあまり変わってない。むしろ変わり身があるとすれば今回は距離を延ばしてくる点だろうが、追い込み一手だし基本的には速い決着が得意なタイプじゃない。かと言って緩い馬場は苦手で好走できる条件が限られるからねぇ。

ニルヴァーナ<85↓>
助手(P) 79.3−64.6−51.1−38.4−12.6 末一杯
1600万ドリームライナーの外に併せる。稽古駆けする相手が先に仕掛けたこともあって、残り1Fからはズルズル引き離されてベタ遅れ。この馬自身そう悪い動きとも思えなかったが、近走ほどの活気を感じなかった点は気になる。先週は好時計で動いたようだが、ちょっと上昇度で見劣るような。ま、もともと10Fでは終いの甘さが一層目立つだけに、距離延長の今回はちょっとねぇ。

ベストメンバー<84>
助手(坂路) 52.5−37.7−24.8−12.5 一杯
もともと頭が高くてフラフラ走り、坂路では見栄えしない馬なのに、馬の姿が見づらいほどの豪雨の中で追い切られたにしては上々の時計をマーク。もちろん走る姿は今回も見るに堪えないものだったが、これだけ時計が出るのだから追い切りとしてはそれなりに評価したい。あとは中身の問題。弱メン終結なので地力で何とかなっちゃうかもしれないが、この馬自身のデキも万全とは言えないだけに。

ベンチャーナイン<83>
助手(坂路) 54.4−39.6−25.4−12.5 末一杯
3歳未勝利ブリリアンレッドと併せる。激しい追い比べを制して先着はした。が、相手は未勝利馬。それと互角では評価できないし、最後もこの馬が伸びたというより相手が止まった感じ。ひと叩きではまだまだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日CC追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる