競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 女王杯1週前追い切り。

<<   作成日時 : 2010/11/07 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

牝馬GTですからね。1週前追い切りも重要。ってか今週は直前追い切りの更新ができない危険があるので。


イタリアンレッド
助手(坂路) 51.5−38.2−25.4−13.1 末強め
馬名がわからんけど、外に併せた相手が懸命にムチで叩いて追いすがるのを、ゴール前で仕掛けて捩じ伏せ先着。少し状態が浮き気味で伸びはもうひとつだったが、活気のある動きで時計も何とか許容範囲。直前も終い仕掛ける程度で済ませてくるものと思われる。1週前としては可もなく不可もなく。

アパパネ
助手(CW) 65.1−51.3−38.1−12.6 馬なり
牝馬三冠という大仕事を成し遂げた後だけに下降線に入るのが怖いが、長期に亘る栗東滞在で馬もすっかり慣れたのか、軽めでも素軽い走りで気分良さそう。稽古は抜群に良く見せる馬なのであまり褒めるわけにもいかないが、弾力あるフットワークとシッカリした掻き込みで疲れは感じられない。ただあくまでも1週前の状態であって、直前どんな調整をしてくるかは注目。来週もビシバシ追う必要は全くないが、あまり軽めだったりするとちょっと不安。それでなくても前走よりさらに状態アップは望みにくい状況。

アニメイトバイオ
助手(CW) 81.9−65.7−52.0−39.0−13.3 馬なり
前走の最終追い切りに続いて、今回も道中から気分良く行って終いは抑え気味。正直言って抑えていると言うよりバテ気味にしか見えないし、ラストは伸び上がるような走りで動きがギクシャクした感じなのだが、前走でもこんな感じでレースでは走ったのでこれで良いと言わざるを得ない。飛ばすぐらい元気があるんだから疲れはないんでしょっ。

ヒカルアマランサス
助手(P) 79.4−64.1−50.0−36.5−11.4 末一杯
500万ヴェラブランカの外に併せる。楽な感じでスピードに乗って直線へ向き、そのままスッと抜け出すのかと思いきや、残り1F手前で先に手が動きだすと、結局持ったままの相手に遅れる始末。ちょっと物足りなさが残る結果だが、相手は今週福島で快勝。ヒカルアマランサス自身の動きは最後まで重心の低さを保ち、伸びてはいないがバテずに踏ん張っていた。この映像をちゃんと見てればヴェラブランカ買いだよな。

サンレイジャスパー
難波(CW) 82.4−66.9−51.7−37.5−11.9 馬なり
いつものような80秒を切る時計では無く少しセーブした内容だが、今回も持ったままで終い11秒台。何度も書いているが稽古の動きは全盛期とそれほど変わらない。これでも結果が出ないのだから衰えを認めざるを得ないし、控えめな内容だからかもしれないが、夏場2戦の頃のようなシャープさは無かった。

メイショウベルーガ
池添(CW) 79.8−65.2−51.6−38.8−12.3 末一杯
少し仕掛け気味の相手に一杯に追って遅れたが、追走したことを考えれば許容範囲。むしろ追ってからの頭の高さが気になったが、この馬らしい力強い掻き込みは健在。1週前にビシッと追ったことで、直前で素軽さが出てくれば万全。来週もこんな感じだと有力な1頭止まりか。

サンテミリオン
助手(W) 67.5−52.6−39.4−13.5 馬なり
シルクタイタンを追走し内へ。前走時よりも馬に前向きさが出て行きっぷりが良くなっているし、直線の動きも素軽さが増している。復調気配を濃く漂わせているのは認めるが、追走したとは言え引っ張りきりの相手に同入しただけでは春当時まで戻ったとも言い難い。直前追いに注目。

セラフィックロンプ
助手(W) 82.4−66.6−51.9−38.4−13.1 馬なり
重心の高い走りで力強さに欠けるのが特徴の馬にしては、今回は大きく柔らかなフットワークで数字以上にスピード感があり、重心の高さも気にならない。体も少し太く見えるぐらいにパンと張っていて、良い意味で「アレ?」と思えるほど。ムフフ。

プロヴィナージュ
助手(坂路) 50.7−37.4−24.5−12.4 末一杯
外ラチ沿いを通ったこともあるが、力強い動きで真っ直ぐ駆け上がってきた。稽古駆けするタイプとは言え活気溢れる動きで、終い追い出すとグイグイと伸びて先着。高いレベルで安定しており、前走からさらなる上積みすら感じられる。

ムードインディゴ
助手(坂路) 53.0−37.9−24.3−12.3 末一杯
この時期に調子を上げる馬らしく、最近記憶にないほどキビキビした走りで、普段の重心の高さが全く見られなかった。前向きさや集中力も最近に無いもので、結果に結びつくかはともかく動きは激変。来週もこんな動きだとちょっと面白くなりそう。

レジネッタ
幸(坂路) 55.5−39.2−25.4−12.5 抑え
最後までガッチリ抑えたままだったが、気の勝ったタイプらしく持って行かれ気味になるほどの行きっぷり。決して舞い上がっている走りでは無く、この馬にしては伸びやかさもある。このぐらいのテンションで収まっていればレースでも走れるし、ユッタリしたローテを組んだことで心身ともにリセットされた印象が強い。

テイエムオーロラ
助手(坂路) 51.5−36.5−23.7−12.0 馬なり
抑え気味だったにしても頭の高さは気になるが、キビキビしたフットワークと前向きさ全開の走りでスピード感は抜群。活気にも溢れ絶好調ぶりを示す動きと言える。ただあまりに調子が良すぎな印象と、ピッチ走法で忙しい走りからは、さらに距離が延びるのは課題になりそう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大逃げ打つ馬いるんでしょうか?
ベルーガとアパパネで良いような気がしますが・・
あきボン
2010/11/09 11:30
テイエムプリキュア出るの?
これにて引退か?
逃げ残って又現役か?
あきボン
2010/11/10 20:49
レーヴドリアンが疝痛悪化のため予後不良
って今知りました。
あきボン
2010/11/11 20:47
上2つのコメントはまだ返事がまとまりませんが、最後のコメはちょっとショックやな...
なんかこの血統、運がないよね。
hiro
2010/11/11 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
女王杯1週前追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる