競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シンザン記念追い切り。

<<   作成日時 : 2011/01/08 17:51   >>

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

あ、申し遅れましたが、いらんレースまで散々手を出して格闘していたオッズマスターグランプリは、めでたく最終週にジャンプアップして1687/99738位となりました。何もらおっかな。これでようやく落ち着いて午後のレースに専念できるわい。

さて、このレースは明け3歳になったばかりの1戦だが、稽古は古馬顔負けの動きが目立ち好調馬揃い。「追い切りによる割引なし」とする85点の馬でも見劣り感すらしてしまうほどです。

マルセリーナ<88>
助手(CW) 88.9−71.7−55.7−40.5−11.6 末一杯 
3歳500万アドマイヤクーガーの内に併せる。直線半ばからだけの映像、それも早い時間帯で暗がりだったのでよくわからんが、上がり重点で残り1Fからは激しい追い比べを制して僅かに先着。余力もこちらのほうがありそうだった。並んでからグッと頭が下がって抜かせない根性を見せ、走りも軽快かつ力強い。スローのキャリア1戦で牡馬相手と条件は厳しいが、それを跳ね返す素質があるかも。

アドマイヤサガス<88>
助手(坂路) 51.7−38.0−25.4−12.4 末一杯
未勝利レオパルドゥスと併せる。大差先着は格下相手に一杯に追ったもので参考外。前走時は軽快さを見せつつも仕掛けて外へヨレるような面を見せたが、今回は初めから外ラチ沿いを走らせたこともあり、最後までスムーズ。少し重心は高いのだが、体全体を使ってシッカリした動きをしているのでそれほど気にならない。時計も上々で、不利に泣いた前走からの巻き返しは十分可能。

ワイズリー<87>
助手(P) 61.8−47.9−36.2−12.0 末一杯
未勝利ライトレールと500万テンシノアスターを追走し大外へ。直線入り口で並びかけたが、さすがに先行2頭にも余力があったようで、内のライトレールが馬なりでスイスイ進むのを結局捕まえきれず。ただ時計が出やすいPコースとは言え、外を回ってこの時計は出色。まだ力強さに欠けるが、大きなフットワークで頭の位置も低く集中力も見られる。連勝の内容が流れも位置取りも全く異なるものでセンスの良さを感じさせるし、内枠から好位で折り合うと紛れ込みの可能性十分。

ツルマルレオン<87>
助手(坂路) 51.6−37.8−25.1−12.8 末一杯
未勝利レッドシェリフを追走。追いかけたことと相手にジョッキーが乗っていたこともあり遅れたが、時計的には十分すぎるほど。最後もまだ馬が本気になっていないようにも見えた。勝ち上がりに4戦を要したが、前走が好時計で圧勝したように相手に恵まれなかった面もある。使いつつ良化しているだけに、ハーツ派の私としてはディープ産駒に負けるなと言いたいんだが。

シゲルソウサイ<86>
助手(坂路) 52.6−38.1−24.4−12.2 末一杯
1000万シンコープリンスを追走。残り1Fで並んだところで仕掛けると力強く伸びて先着。ゴツさの目立つ馬体と掻き込み鋭いパワフルな走りで、やはりダートがベターじゃないかとは思うが、前走で芝に対応するスピードは見せて決してダートオンリーと言うほどの硬さや重さは感じない。距離的な心配はあるが、先行有利な今の京都でマイペースで行かせてもらえば。

ドナウブルー<86>
助手(坂路) 52.6−38.3−25.0−12.6 末強め
1000万ファルネーゼと併せる。直線半ばからはジョッキーが乗った相手の古馬のほうがついていくのに懸命に仕掛けるほどで、残り1Fまで待ったところでこちらも仕掛けると、手応えのわりにスパッとキレなかったが力強く前に出て先着。前走の勝ちっぷりからもっとスパーンと弾けるタイプかと思ってたが、あれは超スローだったからなのね。初戦はHペースで押し切っているし、「こうならないと好走できない」というわけでは無さそうだ(後々は知らんけど)。ただ、少しリキみが感じられるほど前向きだったので、パドックやレースでテンションが上がっていなければ良いが。

オルフェーヴル<86>
助手(坂路) 52.8−37.8−24.8−12.5 末一杯
1600万ロリンザーユーザーと併せる。これまであまり感じたことは無かったが、今回の走りは完歩の小さいピッチ走法でかなり兄に似ていた。兄よりも硬さがないのは好感で、追い比べで古馬準OPを退けたように動きも悪くなかったが、まだ少し口向きの不安定さを見せたりして成長の余地も大きそう。3戦連続でゲートが良くないので、今の京都で出遅れたりすると苦しい。

レッドデイヴィス<86>
浜中(坂路) 55.0−39.9−25.9−12.6 末仕掛け
終い1F少し促していたが、ほぼ馬なりで軽く流した程度。12月に2走しており軽めでも問題ない。前向きさと動きの軽快さは見られ、フットワークも掻き込みのシッカリした力強いものだった。ただ前走が降着となって痛い目に遭わされた恨みを持って見ているからか(笑)、少し気難しそうな印象も受ける。先行押し切りのレース運びは今の馬場に合っているが、信頼は置けないなぁ。

シャイニーホーク<85>
助手(坂路) 53.4−39.0−25.7−12.9 末仕掛け
未勝利アイアンセラヴィを追走。格下の相手が仕掛けて粘ろうとするところを大トビのフットワークで余力十分に並びかけ、そのまま抜き去って先着。最後も少し促した程度だった。トビが大きいのでスピード感には欠けるが、逆に力強さは目を引く。内外へフラフラする口向きの悪さも見せたが、軽く流しただけで馬が真剣に走っていなかったこともあろう。この走りでよく今まで京都阪神の内回り1400mを好走してきたなぁ。外回りに替わって距離延長はプラスだと思うので、問題は折り合いがつくか。

ドリームバロン<85>
和田(CW) 86.1−68.0−52.4−38.3−11.7 末一杯
馬場の大外を軽快に流し、残り1Fは和田騎手らしい豪快な仕掛けで一杯に追われる。頭は高いが力強いフットワークで推進力を感じさせた。動きは悪くないが、少し寸詰まりで丸い体型は、直線の長いコースでマイル戦という今回の舞台が向くとは言えないかも。

ヴィジャイ<85>
調教師(CW) 85.1−67.3−51.6−37.6−12.7 末強め
未勝利ハギノハートフルとマコトサンバギータを追走し大外へ。かなり外を回ったので直線半ばで並びかける形になったが、馬格の違いもあって内の2頭を圧倒するような威圧感を与える。それにしては抜け出しかけてからがもうひとつの印象はあるものの、キャラ的にスッとギアが替わるような馬じゃないので心配ないだろう。大柄大トビなのでノビノビ走らせたほうが良いだけに外枠は歓迎だが、ここまで外だと折り合い面とか距離ロスとかマイナス材料も小さくない。

シゲルシャチョウ<85>
助手(坂路) 52.2−38.0−24.9−12.5 末一杯
デビューからコンスタントに使い込まれ、直前はシッカリ追い切られたが前走後に緩めた時期がある。さすがに上積みは無いだろうし、動きも盛んに追われているわりにピリッとした脚は使えなかったが、極端に脚色が鈍ったりヨレたりすることなく淡々と駆け上がっており、疲れ云々は気にしなくて良いだろう。今回は重賞挑戦でさらに相手が強くなるだけに食い込みは難しそうだが、これまでも相手強化に対応して崩れず走ってきた馬。

トキノゲンジ<85>
安藤光(坂路) 51.4−37.2−24.8−12.8 一杯
前走のGT出走時はユッタリ行かせて終い重点だったが、今回はあまり手綱を抑えることなく馬任せに行かせる。そのぶん自己ベストとなる51秒台の好時計をマークし、さすがに追ってから弾けるところはなかったが、上がり重点だった前回でも終いの走りは似たようなもん。伸びこそ無かったが一杯になりかけながらも渋太くスピードは持続したって感じ。短距離戦で前が飛ばしてくれる流れを最後までスピードを持続して差し切る...そんな競馬が合っていそうで、マイルで息を入れながらだと目立った脚は使えそうにない。

マーベラスカイザー<84>
渡辺(坂路) 54.2−39.4−25.3−12.8 馬なり
夏のデビューからコンスタントに使い込まれており、馬なり単走に留められる。抑える鞍上に逆らうように相変わらず頭の高さが目立つほど馬には前向きさがあり、デキ落ちの印象は無いものの、逆に良くなったとは思えない。決め手が無いので流れに乗って力づくで捩じ伏せに行く形が良いが、マイル戦に対応するほどのスピードがあるか?

ギリギリヒーロー<83>
川島(坂路) 55.1−39.3−25.7−12.6 末強め
未勝利メイショウヨサクと併せる。ガッチリ手綱を引っ張りながら流し、並ばれてから最後の100mぐらい追われる。格下相手とあって先着したが、ムチを抜いたことに過剰に反応したのか外にヨレ、最後は手前を替えられずに苦しくなったのかモタレる面も見せていた。

ヒカリトリトン<82>
助手(坂路) 53.3−38.7−25.7−13.1 末一杯
キビキビしていて活気はある。が、仕掛けてヨレたし、重心が浮いてきて伸びを欠き、終い13秒台。遅めの時間帯だと思うが、今週の馬場状態を考えると物足りない。この時計で最後に脚が上がりかけるのでは距離延長にも不安が残る。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンザン記念追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる