競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪急杯追い切り。

<<   作成日時 : 2011/02/25 22:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 7

頭数が揃わないことが多い中山記念と違い、近年このレースは出るだけでもひと苦労。特に今年は距離こそ違えど本番も同じ阪神内回りなのだから当然か。


ショウナンカザン<87>
助手(P) 65.0−50.5−37.1−11.7 末一杯
前に3頭併せがいたこともあり、この馬の追い切りとしては外めのコースを回る。それでも直線で一杯に追われると、この馬らしい重心が低くて四肢を一杯に大きく伸ばした走りで、数字以上に目を見張る伸び。時計も動きも良い典型的な稽古駆けタイプだが、それを差し引いてもホレボレする内容だった。1→16着が示すように歯車が噛み合わないとサッパリだし、1400mもベストとは言えないが、今回は最内枠を活かしてスムーズな競馬ができれば少しは楽しめそう。逆に1400mだからと言って控えるようだと揉まれて惨敗でしょう。

ガルボ<87>
助手(P) 63.8−49.0−35.8−12.2 末仕掛け
逆手前だったので4角を変な格好で回ってきたが、そんなこと吹き飛ばすぐらいの活気の良さ。稽古駆けする馬で通ったコースも内めだったが、いつものように速い時計をマークし動きも伸びやか。Pコースなので力強かったとまでは言えないが、十分好調さをアピールする動きだった。ってかこれだけ遠征するなら、もう栗東へ来たら?

フラガラッハ<86>
四位(坂路) 52.6−エラー−24.8−12.2 末一杯
500万ミラノムーンと併せる。前向きさ全開で併走し、終いは追い比べでグイッと出て先着。少し気が出過ぎている印象もあるが、力強い掻き込みで迫力ある動きをしており、気負って最後止まったわけでもない。ちゃんと競馬ができればここでも見劣らないとは思うが、まだまだ精神面が子供で安定感を求めるのは酷。ハマって一発の魅力と脆さが同居しており扱いにくい。

サワノパンサー<86>
助手(CW) 76.4−61.6−48.6−36.4−13.1 一杯
6F76秒台の猛時計だけあって、直線の動きは余力ゼロでもがくようだったが、13秒1ほど踏ん張った印象はないものの、それなりに脚が動いて渋太さを見せていたし、何より精神的に切れなかった点は評価したい。ハードすぎる追い切りが裏目に出る怖さはあるし、阪神で勝ち鞍こそあるがどちらかと言えば同じ1400mでも京都向き。そのあたりを好調さでどこまでカバーしてくるか。

コスモセンサー<85>
助手(坂路) 51.8−37.7−25.1−13.0 一杯
手加減せずに目一杯に追われる。テンから飛ばしたので最後は一杯一杯だったが、何とか13秒0で踏ん張ったし、動きもそう見えるぐらい頑張っていた。デキ落ちは見られないのでこの条件なら巻き返しも。

サンカルロ<85>
吉田豊(坂路) 54.9−36.5−23.2−11.5 馬なり
1000万ファーストグロースを追走し外へ。大久保厩舎定番の、馬なりで上がり重点、終い手綱を緩めただけ。当然ゴール前は鋭く見えるが、そりゃ何の評価にもつながらない。ただこの馬の場合は気性的な問題からか、この調整内容が合っているようなので。動きには活気があって普通に仕上がっていると思う。

ケイアイデイジー<85>
助手(坂路) 53.0−38.8−25.1−12.5 末強め
500万ウインスカイハイを追走。余力十分に持ったまま直線半ばで並びかけ、終い1Fの追い比べでサッと抜け出したまでは良かった。シャドーロール着用も最後まで集中力があり、脚色が鈍ったわけでもないが、追い出すまでの手応えを考えるともう少し弾けて欲しかったところ。ピッチ気味のフットワークからも阪神よりは京都、1400mよりは1200mって印象が。まして今回は大外枠だし。

トシギャングスター<85>
助手(坂路) 52.2−38.2−25.2−13.0 末一杯
未勝利サトノモンスターと併せる。この馬らしい掻き込みの力強いフットワークで、重心の低さもあってパワフルさは目立つ。直線半ばからは一杯に追われる格下を尻目にグイグイと前向きさを見せつつ抜け出しかけたが、そこからもうひと伸びができずにゴールでは追いつかれた。もともとが溜めに溜めて一発というクチなので、こういう感じで馬任せに行かせると末脚の良さが活きないのかも。1400mも不安。

スプリングソング<85>
助手(坂路) 52.4−38.2−25.0−12.1 末仕掛け
坂路がごったがえす中で追い切られたので、こんなに軽めに留める予定だったのか少し不安もあるが、力強さに欠けるのはいつものことだし、マズマズの集中力や活気はあった。1400mも守備範囲で阪神コースはちょっと気になるが、揉まれ込むことがなければ能力は出せそう。

ビービーガルダン<85>
助手(CW) 83.7−65.7−50.7−37.0−11.5 末一杯
馬の活気や行きっぷりが戻り、全般としてはマズマズの動きと言える。ただ口向きと言うか精神的な不安定さが覗く動きとも言え、ちょっと油断するとガーッと行ったりする雰囲気も漂う。元気の良さがどちらに転ぶかは半信半疑だし、体型を考えても少し腹回りが緩い印象も。

ワンカラット<85↓>
調教師(CW) 80.5−65.1−50.1−36.4−12.5 末一杯
3歳500万タイキパーシヴァルの内に併せる。頭が高くて脚が前に出ない硬い走りは私の好みではないが、世間ではこれを稽古駆けタイプと評価しているようなのでそうなんでしょう。そんな私も動きを認めざるを得なかった昨夏に比べると、今回はいつも以上に伸びやかさに欠けた印象が強く、時計もちょっと地味じゃない?馬の前向きさと言う面でも、絶好調でGTを迎えた前走時に比べると少し物足りなさが残る。

ゼットフラッシュ<84>
助手(坂路) 54.2−38.5−24.6−12.1 末一杯
ハミを噛んで頭をグッと下げ真面目に一生懸命走っている。今回は末を伸ばす内容で意図通りに反応も良く、活気や素軽さも戻ってきた印象はある。ただいずれも近走の不振を覆すような変わり身とまでは言えない。

コパノオーシャンズ<84>
鮫島(坂路) 56.0−40.9−エラー−12.6 馬なり
ひと息入ったわりに超軽めの内容は気になる。重め感とかはなく馬も前向きなので牧場で乗り込んできたんだと思うが、パドック気配や体重には注意。馬券には絡めていないが近走は最後方から直線えげつない脚で飛んできており、どこかで一発ハマる魅力は十分。ただし坂のあるコースではサッパリなのでハマるのが今回ってことはない。

サワヤカラスカル<84>
岩崎(坂路) 52.4−37.2−エラー−11.8 末一杯
ガッチリ抑えて残り1Fを一杯に追う。追い出してからも頭が高くて再三口向きの悪さを見せており、終いも11秒台ほど鋭い伸びではなかった。デビューから京都<阪神傾向で、休み明けで快勝した前走と同じ舞台だが、動きはあまり感心しない。

マイネルレーニア<80>
助手(坂路) 52.0−37.8−25.4−13.1 末一杯
良かった頃はグラスワンダー産駒らしい大トビで凄い掻き込みで走って毎回高評価をしていた馬。最近は別馬のようで、今回も当時の動きは見る影もなく、終いはフットワークが縮こまってガタッとスピードが落ちていた。とても走れる状態には見えない。コスモセンサーもいるんだから使わなきゃいいのに。


中山記念はまた明日。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
>中山記念はまた明日。

全幅の信頼をおいて、待っております。
はずれっち
2011/02/25 23:29
↑ウソばっかし(笑)
hiro
2011/02/26 00:37
ほ、ほ、ほんとですよ〜、師匠。
気持ちだま、ぽち!
はずれっち
2011/02/26 10:40
お昼ございます!
ガルボ、サワパン、ビービーの3点じゃまずいですかねぇ〜
それにしても小向容疑者の胸は凄いとしか!
薬の効能なんでしょうかね!?

では私もキモタマをぽちっとな!
うっかり発言・・・
2011/02/26 11:52
まず目が行ったのは胸じゃなくて腹じゃないの?
hiro
2011/02/26 13:07
おさんじございます!
わしは、かおとむねとはらの区別がつかんかったよ。
サワパン?、、、○わやかパンティー?
わしもそれがいい! 断然それにする。
はずれっち
2011/02/26 14:39
どうしてもそう言う話題になるよね〜

好きですけど
あきボン
2011/02/26 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪急杯追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる