競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィクトリアマイル追い切り。

<<   作成日時 : 2011/05/14 00:02   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

全レース予想するのも疲れてきたし、そろそろ後半のレースだけに絞ってブログ中心にしていきたいのですが、毎週何かしら障壁があって思うようになりません。今週も急遽土曜出勤となり、日曜すら怪しい雲行き。気力があれば今回は予想をアップしようと思ってますが。

ちなみに追い切り評価はひとひねりしたような順番になってますが、これでも人気2頭には実力差に敬意を表して甘く見たつもり。


エーシンリターンズ<88>
助手(坂路) 53.0−38.3−24.9−12.6 末仕掛け
3歳500万ホットサマーデイと併せる。頭を下げて前向きさや集中力は抜群。フットワークもキビキビしており、ゴール前で少し気を抜いて頭が高くなり緩慢になったものの、全般には活気溢れる動きだった。休み明けなのとヤネが割引材料だが、キッチリ仕上がっているものと見たい。

ディアアレトゥーサ<88>
柴田大(W) 82.2−66.2−51.6−37.9−12.8 末強め
大トビで力強い掻き込みはいつも通りだが、今回はこの馬にしてはフットワークが素軽く、数字以上のスピード感があった。やや重心の高いのが残念だが、それを補って余りある脚力を見せており好調持続。問題は速い脚が使えないことでしょう。どうしてもイメージは小回りの荒れ馬場向き。デキは良さそうだが狙い目としては?

スプリングサンダー<87>
四位(坂路) 54.6−38.9−25.0−12.6 馬なり
馬の行く気に任せて手綱は動かさなかったが、とにかく馬が前向き。自分からハミを取ってガンガン行くところを見せていたが、決してイキリ立って行こうとしているのではなく、頭が低くて良い意味での前向きさ。掻き込みも力強く、馬から活気を感じられる。ゴール前で少し口向きの悪さを見せたり脚色が鈍った点が残念だが、体全体を上手に使って走っており、全般の印象としては良い。今回はデビュー2戦以来の関東圏での競馬であり、マイル戦も2歳秋以来。そのあたりをどう克服してくるか。

コスモネモシン<87>
助手(P) 65.6−51.0−37.2−12.8 末仕掛け
稽古だけなら毎回非常に良く見せる馬。今回もPコースということもあって素軽い走りだし、残り1Fでグッと自分から加速した動きは概ね水準以上と言ってよいが、強いて言えば、いつもはゴールまで鋭く伸びる馬が今回は最後の50mぐらいからは馬自身が流しているようになってもうひと伸びせず。ゴールを過ぎてから尻尾を振る仕草も見せ、ちょっとこの日はご機嫌斜めだったか。ここ2走が長い直線での好走で、過去のキャラを変えつつあるが、それが本物なのか真価が問われる。基本的に瞬発力勝負は疑問。

アプリコットフィズ<87>
助手(芝) 63.9−49.3−35.5−11.4 馬なり
500万メイショウデューイを追走し外へ。行きたがって頭を上げていたし舌も越していたのは気に入らないが、気の悪さ丸出しながら直線の弾けっぷりは圧巻。大きく先着したのは相手も流していたからだが、この馬自身も直線へ向いて手綱を緩められると抜群の瞬発力で矢のような伸び。気の悪さはもちろん、華奢に映る馬体や硬いフットワークは今に始まったこっちゃなく、暴発する危険もかなり高いと言う注釈をつけつつもデキは良さそうと見る。

アパパネ<86>
蛯名(坂路) 49.1−36.6−24.9−12.9 末強め
500万サトノロマネと併せ馬。この馬らしい頭をグッと下げて前脚の掻き込みも力強い走り。残り1Fで追い出すまでは素軽さもあった。ただラスト追われてからがちょっと物足りない。抜け出して馬が気を抜いたか、少し先に別の馬が走っていて気を遣ったのか。大きく失速したわけじゃないし、水分を含んだ上に荒れ気味の馬場で49秒台なのだから悪い動きのはずもないが、おそらく各紙が「49秒台を叩き出して絶好調」と煽るほど目立つ動きではないと断言しておく。そりゃもちろん前走を叩いての上積みはありそうで、もう1頭の有力馬よりデキは良いでしょう。問題は能力的なもの。前走マイラーズCは休み明けの仕上がり途上ながら牡馬相手に健闘したことで、叩いた上積みが見込める今回は実力発揮と言えるが、前走もよく見ると詰まって脚が溜まったからの4着で、勝ち負けに全然参加してないからねぇ。むしろ流れに乗って最後タレたとかなら評価できたけど、あの内容を必要以上に評価するとまずいかも。

ショウリュウムーン<86>
助手(坂路) 53.4−39.1−25.3−12.6 末強め
ハロー明けで全く蹄鉄の跡が見られないような綺麗な馬場。残り1Fまではソロっと乗って、終いだけちょっと仕掛ける。仕掛けてもギアが替わらなかったのは不満だが、最後までキビキビした動きを維持していた。最近毎回書いているが、3歳春当時の馬格に不釣り合いなほど大きくてパワフルなフットワークは影を潜め、なんか常識にかかって小さくまとまっちゃってる感じ。そんな中でも京都牝馬Sを圧勝しているし、今回にしても掻き込みの鋭さは見せていたので一概に悪いほうに変わったとは言えないものの、スケール感は萎んだなぁ。この時点で少し脚長に見えたので、輸送も心配。オークスでガタッと体を減らした前科アリ。

グランプリエンゼル<86>
ウィリアムズ(坂路) 52.1−38.6−25.4−12.9 馬なり
馬なりだがキビキビしたピッチ走法で重心も低いため、活気があるように見える。手繰るような掻き込みのフットワークで道悪上手も頷ける。ただNHKマイルでマイル戦3着の好走例はあるが、動きからしても本質はスプリンター。良馬場での瞬発力勝負にも不安が残る。

アンシェルブルー<85>
田中勝(坂路) 51.5−37.5−24.6−12.2 末仕掛け
外ラチ沿いを単走で。自分からガンガン行くところを見せ、最後まで活気溢れる動きだったことは評価できる。反面、少し前が浮きあがるような走りで時計ほどの素軽さは感じられない。体調は良さそうだし気力も充実しているが、成績が示す通り前向きすぎてマイルだとちょっと甘くなりそう。幸いにして内めの枠を引けたので、どこまで脚を溜められるか。

レディアルバローザ<85>
福永(P) 78.9−63.4−49.7−36.8−11.6 馬なり
馬場の外ラチ沿いを単走で流す。まだ硬さは残っているが、これでも3歳時に比べるとかなり体全体を使って走れるようになっている。力強さに欠ける点は否めないが、良い意味で平行線を保っていると見たい。決して長い直線が向くタイプとも思えないが、前走のように差しに回って脚を溜めることができればソコソコやれるのかも。

ワイルドラズベリー<85>
助手(CW) 79.4−64.3−51.3−38.1−13.1 強め
行きっぷりが良い反面、フットワークが小さくて硬いのが特徴。今回もそんなところはよく出ていた。ピッチ走法なので活気があるようにも見えてしまう。概ね普段通りの動きだが、本当に良かった頃は序盤から行きたがっても最後までキビキビしたフットワークで伸びを見せていたことを考えると、ちょっとゴール前で甘くなって自分から止めようとしていたあたりに、完調一歩手前の印象が。万全なら府中の直線も克服可能だが、このデキだと脚が続かない懸念も残る。最内枠利して脚が溜められれば弾けそうだが、逆に前が詰まる怖れも。

ブラボーデイジー<85>
北村友(坂路) 53.6−39.7−26.3−13.0 末一杯
ユッタリして掻き込みが力強いフットワーク。これがこの馬の武器だし、追ってからも反応するところを見せており、最後まで活気ある走りはできていた。ただ見るからにパワータイプ。2年前はこのレースで離されたとは言え2着に好走し32秒台で走ってはいるが、当時よりもかなりパワー寄りにシフトしている印象は否めない。もはや芝ではスピード不足では?

アニメイトバイオ<85>
後藤(W) 66.2−51.7−38.5−13.1 末強め
500万シンボリアニマートと1000万ヤマノベガの間で3頭併せ。直線へ向いたあたりから完全に外のヤマノベガに隠れてしまい、肝心の馬体や動きが見えなかった。4角までの行きっぷりは悪くなかったし、最後まで集中力を切らすこともなかったが、ちょっと手先が重たいような印象も。まぁ一部分だけしか見えていないところから全体の動きを推測しての話だし、昨秋は木馬のような動きを散々バカにしていたのに連続して走られた。当時より動きに柔らかさがあるし、体もフックラしてそう。8〜9分ぐらいのデキか。

カウアイレーン<85>
助手(W) 82.2−68.2−53.7−39.5−13.7 末一杯
未勝利ベルモントスコッチの内に併せる。4角まで追走している時は抑えるのに苦労するほどだったが、そこまで我慢させたのに直線では、馬なりでも気持ち良〜く軽快な伸び脚を見せる相手に対し、目一杯に追っても差が詰まるどころか引き離され気味。ちょっと伸び脚が物足りない印象はあるが、特に動きが緩慢になったとか気を抜いたってこともなく、この馬の動きだけを見ていると終い13秒7もかかっているようには思えなかった。若干物足りなさを覚えつつもまぁ許容範囲。むしろベルモントスコッチが抜群の動きでした。土曜新潟4Rに注目。

ブロードストリート<84>
鮫島(坂路) 58.0−41.5−26.3−12.6 末一杯
1000万ピサライコネンと併せ馬。抑え気味だったこともあって頭が高くフワフワとした走り。一転して終いはビシッと追われたが、序盤のフワフワ感が残ってしまい、極端な上がり重点だったにしては伸びの鋭さはもうひとつだった。掻き込みはこの馬としては力強く、フットワークもかなり大きくて元気の良さは窺えるが、どうも一時の充実ぶりが見られない。稽古イマイチでもローズSを勝った実績はあるが。

ブエナビスタ<84>
助手(CW) 83.9−67.5−52.0−38.0−12.8 末一杯
3歳時は稽古でも地味でとてもGTをポンポン勝っているような馬には見えなかったが、昨秋はだいぶ稽古でも素軽さや力強さを見せるようになっていた。今回の動きも、直線へ向くあたりまではビックリするほど前向きで行きっぷりが良く、遠征疲れは無いのかなと思わせた。ただねぇ。直線へ向いてからは脚が前に出ず、小さくまとまった頼りないフットワークでパッとしない動き。3歳時は地味とは言えフットワークの伸びやかさはあって、これが強さの源かと思わせていたのだが、今回はそれすら見られなかった。動かなかったこと自体よりも、動きが小さかったことのほうが物足りない。年齢を重ねて馬も変わっていること、もともと稽古では目立たない馬であること、精神的な面では活気を感じられたことなどから、喜んで「消し!」なんてよう言わんが、最低のデキだった昨年のこのレース時よりは上、昨秋よりは下ぐらいの評価。正直言ってアパパネごときと一騎討ちなんて彼女に失礼だと思ってましたが、他陣営のみなさん、走る前から白旗挙げるほどじゃないですよ。

オウケンサクラ<84>
助手(坂路) 52.1−38.3−25.5−12.9 末一杯
ブリンカー効果で集中していたが、ガッチリ抑えて終い1Fをビシッと追ったものの、馬場を考えても伸びがもうひとつ。もともと稽古は淡々とワンペースで走るタイプだが、ゴール前は明らかに脚色が鈍って外へヨレ気味になり、なかなか前に進んで行かない感じ。とても12秒台で我慢したとは思えないほど。馬場に脚を取られていた面はあるが、あまり良化してきていないのかも。先行して粘り込む秋天のような競馬ができれば面白い存在なのだが、やっぱりキレ負けするかなぁ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>hiroさん
深夜の追い切り評価、お疲れ様です!

メモメモ・・・φ(・_・")
カウアイレーン:土曜新潟4Rに注目。

<ヴィクトリアM>
アパパネ:各紙が絶好調と煽るほど目立つ動きではないと断言しておく
ブエナ:アパパネごとき?と一騎討ちなんて失礼だと

↑ふむふむ、我が意を得たり!これで2頭ともアウトオブ眼中でOK〜
でも一発ありそうなウマーがいないじゃん!
ショウリュウムーン:「スケール感は萎んだなぁ」ショボーン

うっかりかさご
2011/05/14 05:20

メモメモ・・・φ(・_・")
土曜新潟4Rに注目
×カウアイレーン
○ベルモントスコッチ 
ついうっかり・・・
2011/05/14 06:36
読んでるうちにだんだん両方共消したくなってきた。
いっそ○だったアンシェルちゃんを◎にしちまうか?
はずれっち
2011/05/14 09:51
ベルモントスコッチ 
キタ---(0c_0*(・д・`●(´_`●)---!!
あきボン
2011/05/14 11:26
ベルモント!マジっすか?(T_T) ヴィクトリアは浜中=福永−蛯名の3着付けはいかがでせう〜(^O^)キャイン、キャイン
かさご
2011/05/14 11:47
新潟  4R 当りました
ミキ
2011/05/14 12:33
ベルモントきた!が、13とのワイドはこれしかつかないのか
単が正解でしたね。
さすがhiroさん!
ぶるん
2011/05/14 12:36
いつもこっそり覗かせていただいております。

新潟4Rありがとうございました^^
やま
2011/05/14 12:41
偉い浜中!
はすれっち
2011/05/14 17:14
みなさん、おはよーございます
1号機に続いて2号機、3号機もメルトダウンした可能性が高いとか・・・一体日本はどうなるのでしょう

>hiroさん
>気力があれば今回は予想をアップしようと思ってますが...

日曜出勤なんでしょうか?
3着までに来るウマを教えてほすい
*昇竜月の複勝に逝っちゃおうかな〜
4着馬ははずれっちさんに聞くとしても 汗)


うっかりかさご
2011/05/15 08:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィクトリアマイル追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる