競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オークス追い切り。

<<   作成日時 : 2011/05/20 12:21   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

今回は3時間かけて盛りだくさんのカラフル長編大作です。過去、こういう時はハズレます(笑)。


ホエールキャプチャ<88>
池添(坂路) 51.6−37.3−23.8−11.7 末強め【前回】
池添(芝) 63.3−47.4−34.7−12.0 末仕掛け【1週前】
ミラクルレインボーの外に併せる。道中から程よい行きっぷりで併走するのに苦労するほどのスピードを見せ、直線向くと自然に相手を置き去りにし単走追いのような形。軽く仕掛けただけの余力タップリの内容ながら、大きなフットワークでグングン伸びていた。芝コースなので時計で評価はできないが、余力残しでこの動きなら何ら不安点はない。
助手(坂路) 50.1−36.5−23.8−11.8 末仕掛け【今回】
1週前にジョッキーが乗って併せ馬をやっているので、直前は坂路で軽め。終い少し仕掛けた程度だが馬場を考えると上々の時計をマークした。体もフックラ見せるし、何より稽古でこれだけ前向きさを見せるのに、普段は精神的にカリカリするところが全く見られないのが良い。クロフネ産駒でちょっと寸詰まりの体型だけが気がかりだが、この精神的なゆとりでカバーできそう。高いレベルで安定している。

バウンシーチューン<88>
助手(坂路) 54.6−39.1−25.3−12.4 末仕掛け【前回】
三浦(坂路) 52.1−38.4−25.2−12.2 馬なり【1週前】
2頭をユッタリ行かせて追走し、直線で外へ持ち出す。少し一生懸命前向きすぎる気はするが折り合いはついており、外へ出してからは軽くGoサインを出しただけで弾けるように伸びて最先着。馬場を考えれば終い12秒2は合格点と言える。細身の馬だがフットワークが力強く、ただの軽いキレ者ではない。
助手(坂路) 53.9−38.8−25.0−12.2 強め【今回】
前回と同じく直前は外ラチ沿いを単走で。400kgソコソコの馬とはとても思えないほど掻き込みのシッカリした大きなフットワークで、弾むような動き。普通こういう動きだと道悪でどうかと思うが、前走は1頭だけ違う脚で突っ込んできたように道悪もこなせそう。細身の馬の激走後で反動が気になったが、先週今週とこれだけ活気溢れる動きをしていればそんな心配は皆無。折り合いが心配でヤネは大幅割引だが道悪になれば大きく浮上。

マイネイサベル<87↑>
調教師(W) 89.9−73.9−58.2−42.8−13.7 馬なり【前回】
調教師(W) 82.1−66.6−52.5−39.1−12.2 末一杯【1週前】
イキナヤツを大きく追走し外へ。直線へ入る時も同じ画面に収めるのに引き画になるほど離れていたが、残り1F手前でムチが一発入ると物凄い加速で一気に抜き去り先着。相手が動かなかったこともあるのだろうが、迫力のある動きだった。追ってから頭が前に突っ込むような姿勢で重心が低くて安定しており、そのためフットワークも安定していて推進力を感じさせる。体の張りも上々。この状態を維持できれば。
調教師(W) 84.8−69.2−53.8−39.6−12.9 馬なり【今回】
癖なのか右回りだからなのか、4角のコーナーワークにスムーズさを欠くが、前回や1週前に比べるとマシ。終始馬なりで目立つ動きではなかったが、右手前のままでも伸びやかで力強いフットワークを見せており、好感持てた1週前の状態を維持できており、状態アップを見込みたい。

マルセリーナ<86>
助手(CW) 81.6−66.0−51.9−38.4−11.7 末一杯【前回】
助手(CW) 89.4−72.8−57.3−42.7−13.2 馬なり【1週前】
ダラッと流して終いだけがマツパク流だが、今回は最後まで超軽めに流す。追い切りとは言えないような内容でアレ?って懸念も多少あるが、馬は細くなっていないし最後まで気持ちよさそうに流していたので、直前普通に追い切りしてくれば勘繰る必要もないだろう。
助手(坂路) 81.8−66.5−52.3−39.1−12.4 末一杯【今回】
1600万ベストクルーズを追走したが、ベストクルーズはとにかく追い切りでは動かない馬なので相手にならず、最後はベストクルーズと併せて抜け出した外の馬を目標にグイグイ迫る。終いの伸びも上々で特に不安な点はないが、
柔らかさが最大の武器である馬にしては少し動きに伸びやかさが欠けた点気もするし、前回はもっと全身を使えていて前脚をシッカリ掻き込み力強さがあった気はする。いずれも重箱の隅程度の話で、全体としては好調キープと捉えて問題ない。最近毎週のように顔を見るマツパク先生だけど、昔は有力馬でもほとんどインタビュー受けてなかったような気がするなぁ。注目されることに快感を覚えたんでしょうか(笑)

ハブルバブル<86>
助手(坂路) 51.7−38.2−25.5−13.0 末強め【前回】
ウィリアムズ(坂路) 52.4−38.6−エラー−13.6 末一杯【1週前】
未勝利オーシャンブルーと併せ馬。過酷なローテで挑んだ桜花賞時も稽古では疲れなど全く見せなかったが、短期放牧を挟んだこともあり今回も活気溢れる動き。前半から一生懸命走ったこともあり終い少し物足りない伸びだったが、馬場もかなり重くて荒れていたし、ゴールまで決して重心が浮くことなく前向きなところを見せていて印象は悪くない。むしろ一生懸命すぎる点が心配。
ウィリアムズ(坂路) 53.8−39.7−26.2−13.0 末強め【今回】
未勝利マスターオブライトと併せ馬。格下相手に追い比べで僅かに先着はちょっと物足りなさも残るが、安定した重心と集中力ある動きで、ウィリアムズも必要以上に離す気はなかったんだと思う。桜花賞時も元気はあったが、最終追い切りで遅れて行くのに叩いて追いかけられなかったように、やはり人間のほうが気を遣いながらの仕上げだったように思う。それを考えればジックリ本番に待機し思うように仕上げられた点は間違いなくプラス。上述したように前向きすぎるところがどうかだが、この人なら折り合いを欠くようなことはないはず。

メデタシ<86>
浜中(坂路) 49.7−36.5−24.3−12.3 馬なり【前回】
浜中(坂路) 53.3−39.1−25.4−12.7 末強め【1週前】
桜花賞時が49秒台という破格の時計ながら、映像がゴール前だけで内めを回っていたため半信半疑だった。改めて今回の動きを見ていると、かなり稽古駆けするタイプのよう。馬なりで終い強めに仕掛けた程度だが、道中からキビキビと集中した走りで、最後までそれが衰えない。馬場に何度か脚をとられかけるのだが、重心が低くて安定しているのと掻き込みが力強いので大きくバランスを崩すこともなく、精神的にもそれにめげずに走りきるタフさがある。常に自分の能力は出し切るタイプ。この距離で自分の集中力が途切れないことが前提だが、キレ不足や精神面を考えると道悪になった時のほうが渋太さを発揮できそうで怖い。
助手(坂路) 54.6−39.9−26.6−13.2 末仕掛け【今回】
終い1Fは少し促しながら。それにしては時計も動きも平凡すぎるが、促したと言ってもほとんど馬なりだったし、馬場が荒れていたこともあろうだろう。さすがに前走ほどではないが、前回が速い時計を出し過ぎて心配だったと浜中がコメントしており、内容としては予定通りなんでしょう。過去2回の追い切り映像に比べると少し重心が高めで馬の活気にも欠ける印象がしたので、体重やパドックには注意したい。

デルマドゥルガー<86↑>
助手(W) 67.9−52.4−38.0−11.9 末一杯【前回】
ピンナ(W) 80.9−64.6−50.2−37.4−13.7 末仕掛け【1週前】
1000万ビコーペグーと3歳500万アポロノカンザシを追走し大外へ。ゴール前で少し仕掛けながらも遅れたが、あまり先着する意志もなかったよう。時計も平凡だが直線へ向いて自分から加速するところも見せており、そう悪い印象は受けない。相変わらず体は細身だが、1週前にこうした併せ馬を消化したと言うことは体調面で回復しているのだろう。直前追いに注目。
中谷(W) 70.2−55.0−40.2−13.2 強め【今回】
前走時よりも時計が遅いのは、内ラチ沿いを回った前回とは違い、今回は馬場の外めを回ったためで心配なし。改めて前回の追い切り映像を見ると高い点をつけといて何だが(汗)、終いの反応や伸びを評価していたがやっぱり道中から馬の覇気が少し欠け、乗っている側も気を遣いながらだったような印象。特に体は細かった。今から言えばだけど。相変わらず今回もフックラとは言えないが、前回に比べるとかなりマシだし、前回と大きく違うのはフットワークの力強さと伸びやかさ。前回は脚が前に出ずフットワークが小さめでギクシャクした動きを力任せで進んでいる印象だったが、今回は脚を一杯に伸ばして推進力溢れる動きだった。完調時と比べてどうかと言われると難しいが、前回とは違う馬ってことは言える。

スピードリッパー<85>
助手(坂路) 53.2−38.8−エラー−12.7 馬なり【前回】
伊藤工(芝) 69.8−54.2−39.6−12.1 馬なり【1週前】

エムオーハンズを追走し内へ。2頭とも引っ張りきりでの同入。外の馬に隠れて動き全体を見ることはできなかったが、極端に行きたがったりすることもなく落ち着いて集中力ある走りを見せていた。順調といったところか。
蛯名(坂路) 54.2−39.4−25.4−エラー 馬なり【今回】
500万ミエノグレース、未勝利マイネローレライと3頭併せの真ん中。3頭とも余力残しだが、特にこの馬はガッチリ抑えたまま最後に抜け出し最先着。前回も直前は坂路3頭併せの真ん中だったが、前回よりも落ち着いて集中力があったように思う。良い意味で平行線を保っていると思われ、血統背景や決め手不足のキャラからも距離延長はプラスと捉えたいが、藤沢門下の鹿戸厩舎だけあって中間も含めて馬なり調整中心でまだ攻めていないため、現時点での馬の完成度が他より劣る可能性があるかも。

マイネソルシエール<85>
嶋田(P) 84.9−68.9−54.3−39.3−12.1 馬なり【前回】
嶋田(W) 70.2−55.3−40.5−13.3 末強め【1週前】
3歳500万エチゴイチエを追走し内へ。直線入り口で並びかけると、残り1Fで先に仕掛けてスッと伸びて先着。相手が最後まで馬なりだったので先着は評価の対象外だし、馬場を考えても時計はちょっと物足りないが、仕掛けてからの反応や集中力が目立ち、フットワークも力強くてゴール直前で手前を替えるともうひと伸びするところを見せていた。時計以上の評価はできる。トビは大きめだが掻き込みがシッカリしておりパワーもありそう。
柴田大(P) 65.7−50.6−37.2−12.1 末仕掛け【今回】
今回は併せる相手も替え1000万ゴールドスパークルを追走し内へ。相手の格が上がったことで前回ほど楽な手応えではなかったが、逆にスピード感はあった。動きや精神面も特にケチをつけるところはなく、いくらか動きに力強さも出てきたように思う。取り立てて強調する材料はないが、力は出せそうな仕上がり。

ライステラス<85>
助手(坂路) 54.0−37.8−24.5−12.1 末強め【前回】
丸田(P) 66.5−51.0−36.6−12.4 馬なり【1週前】
テリールを追走し外へ。直線向いても少し追いかける形だったが、残り1Fからは馬なりのままグンと加速し一気に捕えて突き離してきた。Pコースなので時計はアテにならないが、折り合いついて終いの伸びや動きもスムーズ。前走大敗したがデキ落ちは無さそう。
丸田(P) 68.8−53.7−40.0−12.8 馬なり【今回】
日が昇った一番最後の時間帯の追い切り。馬場も少し荒れていたようだし、馬の気持ちに任せて流しただけなので時計は参考外。行きたがるでもなく前向きさは見せての走りで、先週の好調さをキープしていると思う。キャラや走りからは距離延長がプラスとも思えないが、精神面でゆとりがあるので克服も可能かと。

エリンコート<85>
助手(坂路) 53.5−39.3−26.1−13.2 末一杯【1週前】
500万セレスブレイクと併せ馬。追走し残り1Fで追いついたところから追い比べ。最後は手応え見劣って同入だが、追走したこともあるだろうし、少し重心の高い走りだったが馬は最後まで集中していた。平凡な時計も馬場を考えれば許容範囲で、まぁ及第点レベルの動き。ビシッとやったので直前は軽めで臨むはず。
助手(坂路) 54.0−39.4−25.5−12.7 馬なり【今回】
先週併せ馬でビシッとやったので、予想通り今回は馬なりで地味に。馬に活気はあるし集中した走りだった。上積みとか強調点には欠けるが、デキ落ちも見られない。動きが柔らかく、気性的にも折り合えるとのことで、案外この時期の牝馬同士なら距離不安もなさそう。

カルマート<85>
助手(W) 69.5−54.0−40.1−13.2 末仕掛け【今回】
未勝利ミヤビアルカディアを追走し内へ。折り合いつけてソロっと追走し、直線半ばで並びかけて終い1F仕掛けて先着。時計はともかく内容としては優等生のスムーズなものだった。追ってからの動きに少し緩慢さが残るし、そのためか前向きさにも欠ける印象はあるものの、距離を考えれば一概に悪いこととも言えない程度。戸田厩舎の馬何でたぶん最後は体力負けするんじゃないかと。それを回避するにはスローな展開を先行して上がり勝負になってほしいが、この馬自身がスパッと伸びる決め手に欠ける。

グルヴェイグ<85>
四位(坂路) 56.5−41.4−27.3−13.1 馬なり【今回】
未勝利ロードエスティームと併せて同入。相手は終い仕掛けていただけに内容としては上回る。使って間もないだけに軽めも仕方なく、まだ動きの安定感と言う面でも成長余地は大きそう。完成度という点で見劣る印象は否めないが、柔らかい走りが最大の武器の馬で、父母の名前に恥じないぐらいの能力を持っていると思う。柔らかさゆえにトビが大きく、雨が降った場合にはかなり割引。良馬場で折り合いつけば。

シシリアンブリーズ<85>
助手(坂路) 55.3−39.6−エラー−13.0 馬なり【今回】
軽めは予定通り。先週末にも時計を出しており、ローテを考えると順調と言って良いだろう。陣営が再度輸送となる点をかなり気にしていたんで体重には気をつけたい。そもそも「前走で権利と取ってしまったので再輸送で臨むことに...」みたいなニュアンスが出てたけど(笑)。言い方の問題やろね。出る気なければトライアル使わないと思いたい。

アカンサス<85>
助手(坂路) 51.1−37.3−24.8−12.4 馬なり【前回】
北村宏(坂路) 52.8−エラー−24.4−12.1 馬なり【今回】

前走時に続いて今回も単走馬なりでサッと流す。頭の高さが目立つがこれは前回も同様。大きく変わった印象はないが、前走時と同じように素軽さはあり状態維持と見たい。ちょっとキレ者すぎる印象はあるし、オークスを勝つには体力不足の気はするが。

ピュアブリーゼ<85>
助手(坂路) 52.1−37.6−24.8−12.4 馬なり【前回】
助手(坂路) 51.6−37.6−24.7−12.5 馬なり【1週前】

少し荒れた馬場状態だったが、程よい前向きさを見せつつ淡々と馬なりで流す。力強さには欠けるが、テンション上がらず落ち着いてた点には好感が持てる。状態維持に努めているって感じ。
助手(坂路) 50.2−37.0−24.8−12.7 馬なり【今回】
追い切りを3本見たわけだが、どれも馬場の真ん中を通って馬なり単走。追っていないこともあるがゴール前では少し気を抜くと言うかスピードが鈍るのも3回とも同じ。良く言えば普段通りの調整ができているということだが、藤沢門下の古賀先生だけあってまだ馬を攻めていない感じ。道悪がヘタとも思えないだけに、フローラSで2頭に先着された内容から2F延びて好転する材料が乏しい。

ハッピーグラス<84>
松田(坂路) 54.0−39.1−25.9−13.2 末一杯【今回】
ここのところ使い込んでいるのだが、今回も終い重点とは言えシッカリ追われた。少しモタモタした感じでゴール前は失速気味だったように、さすがに上がり目を求めるのはかわいそう。気持ちの前向きさはあったので何とか状態維持と見たいが、一発大駆けを期待するにはかなり他要素の助けが欲しい。トライアル4着の1勝馬ながら大舞台に出走できた運というのが一番怖かったりして。

サイレントソニック<84>
田中勝(W) 71.5−56.3−41.3−13.1 抑え【今回】
ムリヤリ引っ張っていたので頭を上げて行きたがる。直線は少し緩めたのでいくらかマシになったが、それでも頭が高いままの走り。素軽さとか前向きさと言う点では合格点だが、気性的にアテにならない面が解消されていないような印象。使い込んでいるので軽めは仕方ないが、そういう臨戦過程も大仕事への期待感を与えない要因か。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おっ、わしの◎がめずらしく高い評価受けとるw
師匠、大作お疲れさま。
これ、本にすれば売れるんちゃうか?
はずれっち
2011/05/20 21:43
>hiroさん
3時間にも及ぶ超大作、お疲れ様です

>はずれっちさん
我が意を得たりですね!笑)

昨今の扶桑国の暗い世相を吹き飛ばしてもらいたいとの願いを込めて・・・
マルセ&ホエールの人気2頭を纏めて負かすなら父はディープ、母父はクログネの良血◎メデタシに期待しますワ!
相手もマルセ一本で!◎メデタシ⇔○マルセ 100円勝負!
マルセと言えばマルセ太郎氏・・・サルの形態模写の大ファンでした!ウッキー
うっかりかさご
2011/05/21 08:06
はじめまして
小倉の馬券師(名前だけ)
と申します。

今までの記事も凄い量でしたが
今回はハンパじゃないですね。

3時間もかけて
ここまでやれる人ってそうはいません。
(複数の方でやってらっしゃるんですか?)

88点のバウンシーチューンは
自分も良く見えました。

確かに400キロソコソコの馬には
見えません。

デキは凄くよさそうですね。

ところで

今回は相互リンクのお願いで
コメントさせて頂きました。

貴サイト同様
真剣に競馬と向き合っているブログなので
どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

(こちらからのリンクは
勝手ながら張らせてもらいました。)

ブログURLです
http://keibacashflow.blog52.fc2.com/
小倉の馬券師T
2011/05/21 13:42
うしし、これは当たりレースで勘定出来るなw
勝負は東京・京都の12Rじゃ!
特に東京12Rなんて荒れそうじゃね?
はずrっち
2011/05/21 21:49
>皆さん、もはよーございます
ホエールキャプチャを無印にしてる時点で今年も負け組決定

先ほど、競馬の神様が降りて来ました! 
今年のトライアルレースは スイトピーS>フローラSだと囁くのですよ
大挙して出走するフローラ組よりも狙いは↑アカンサスだと!ポカーン

アカンサス<85>
オークスを勝つには体力不足の気はするが。

アカンサスよ!アカン娘と言われないようにガンガレ!



うっかりかsご
2011/05/22 08:27
>小倉の馬券師Tさん
リンクのお申し出ありがとうございます。そちらに貼って頂くのは一向に構いませんが、ご覧の通り当ブログにはブログ管理会社が勝手に張ってるリンク先以外は掲載していません。

リンクの貼り方知らないんです...

まぁ基本的に「リンクフリーだけど相互リンクはしない」のがポリシーですので。

それでも構わないようでしたらリンク継続頂いて結構ですし、納得いかないようでしたらリンク外してください。

もちろんそちらのブログはちょくちょく覗きに行かせて頂きます(笑)
hiro
2011/05/22 10:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
オークス追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる