競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏至S追い切り。

<<   作成日時 : 2011/06/24 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

特別レース出走馬で映像があった馬は多かったんだけど、今週はモヤの影響で判断不能な馬も多いので、結局夏至Sだけにしました。


【夏至S】
オペラブラーボ<87↑>
助手(坂路) 51.6−37.8−24.9−エラー 強め
モヤの中でゴール前だけの映像。単走でシッカリ追われ、動きはキビキビ感が戻ってきた印象。51秒台なら及第点だし、エラーになった終い1Fも極端にかかったようには見えず、むしろ素軽さが目についた。叩いて3着と好走した前走のデキ以上ではないか。

フィフスペトル<86>
蛯名(坂路) 50.5−36.4−23.7−11.6 馬なり
馬なりでサッと流した程度だが、キビキビして活気ある軽快な走り。少し脚が短い体型もあって重心が低いピッチ走法が特徴の馬なので、稽古は良く見せるタイプ。それを考慮しても動きは良いと思う。あとは距離への対応。緩く流れて瞬発力勝負なら。

イコピコ<86↑>
酒井学(坂路) 51.7−37.6−24.6−12.4 末一杯
500万タムロスカイと併せ馬。残り1Fからの追い比べで終いグイッと出て先着した。もう少しスパッと伸びて格下を突き離して欲しかったところだが、時計面では合格。ジワッと良化中。

ムラマサノヨートー<85>
石橋脩(P) 66.0−51.4−38.0−12.1 末強め
単走で直線は仕掛け気味に。大きなフットワークで力強さはあるが、少し手先に重苦しさを感じるような動き。Pコースにしては少しスピード感に欠ける印象は否めない。一歩一歩の推進力は見られたのでギリギリ合格点か。

ホワイトピルグリム<85>
助手(坂路) 53.6−39.3−26.0−13.1 一杯
頭を前に突き出して、淡々と集中して走っており、最後もマズマズのスピードを保ってゴール。一応及第点は与えられる動きだが、何かこう前向きさと言うか活気に乏しいような印象も受けた。近2走は善戦しているように、一時に比べると安定してきたが、勝ち切るだけの爆発力に欠ける面も。

デストラメンテ<85>
助手(坂路) 52.5−37.3−24.1−12.1 一杯
こちらもモヤの中。未勝利コスモセンシティブと併せたが、姿が見えた時には既に抜け出していた。と言っても未勝利馬相手に一杯に追ってのものであり、時計もそれほど強調できない。活気があってこの馬なりに夏場に向けて体調アップが窺えるが、ガラリ一変はどうか。

ダイシンプラン<84>
助手(CW) 82.7−67.3−52.5−39.4−13.2 一杯
終い1Fはムチを入れてビシッと追われたが、歩いているようなフットワークでスピード感はゼロ。それでいて極端に上がりを要していないのが脚力の証明なのだろうが、この馬らしい豪快な掻き込みが見られずちょっと物足りない動きと言わざるを得ない。小倉あたりで復調か。

ロードキャニオン<83>
助手(W) 53.9−39.5−13.7 末一杯
未勝利リワードシオンの外に併せる。こちらが先行し大きく外を回す間に相手が内から追いついて、逆に直線入り口では追いかける形に。コーナーを回っている時は力強い掻き込みで勢いを感じさせる走りだったが、直線へ向いてからは重心が高くなり伸びはひと息。近走からの変わり身は見られない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏至S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる