競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS WIN5第3回実験。

<<   作成日時 : 2011/06/05 13:54   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

クラス再編成前ということからか、今週から各場ともに少頭数レースが目立つ。

WIN5も対象5レースのうち3レースが13頭以下。配当はともかく、「こりゃついに的中を本気で狙える週なのかっ!」と色めきだって、給料残してボーナス前の状況から久々に馬券を買ってみようと思った。

でもこれが難しい....

少頭数ではあるものの、上位は拮抗して狙いにくいレースが多く、多頭数の2戦は言わずもがな。先週までとは違った意味で馬券が買いにくい。こんなことばっかり言ってるといつ買うんだよっ!って話なんだが。


阪神10R 安芸S
最初にしてかなりの難問。勝てそうな馬はゴロゴロいるが、どれも信用して任せられるほどじゃない。このレース、主戦場が1400m、1600mの有力馬が多い。つまり芝スタートに慣れた馬たち。1200mからの転戦組でも中山や新潟は芝スタートであり、京都阪神の1200mや府中の1400mに慣れた馬が少ないのがポイントか。「芝スタートでトモを滑らし出遅れ」というケースはよく聞くが、ダートからのスタートでパワー不足から出脚がつかないケースがないのかな。

4.メイショウヤワラ
ここ3戦は馬が変わったのか安定した内容。距離短縮で先行できるかだが、自身のLAP的には1200mの流れにも対応できそう。それよりもダートスタートが心配。ここで出脚がつかないようだと揉まれて惨敗も。
9.カフェマーシャル
2走前が強い競馬。前走も昇級戦とすれば上々だし、パワータイプで本質的に前走のような馬場は苦手。スンナリ行ければチャンスだが、中枠で揉まれるようだと不安も。ヤネもまだ信用できない。
7.ノルマンディー
スタート地点云々にかかわらずゲートが不安定。ちゃんと出て先行できれば。
13.メイショウトリノ
前走は速かったが、終い13秒4で何とか残った格好で、準OPでも逃げ切れるほどの時計とは言えない。後述トーセンクロスやギンザナイトとは悩みどころ。

挙げなかった馬にもこそばゆい馬はたくさんいる。

2.コンティネント
府中1400mが得意でダートスタートは慣れている。ただ左回り向きのうえ今回は仕上がってない。
3.ギンザナイト
これもダートスタートは問題ないが、先週大きく体を減らしての連闘。一応金曜に時計が出ており、地元のレースで体が回復してれば少し怖い。
8.トウショウブリッツ
実績上位でこの条件得意だが、さすがに2年ぶり。追い切り動いており仕上がっているかもしれないが、ビシッと追われていないぶん最後に力尽きそう。
10.トーセンクロス
前々走で関西遠征と良馬場を克服しているが、基本的には脚抜きの良い軽い馬場で揉まれない競馬でこそ。稽古も動いており、挙げなかった馬の中では一番怖いが。
15.ナムラカクレイ
府中のマイルが得意なのね。前走は1200mで差す競馬をして2着とレースぶりの幅を広げたが、そもそもダートのスタートで出遅れたのは心配。斤量増で幸→デムーロもエエことないし、太め残りも懸念。

ここで終了する可能性大。


東京10R 香港JCT
3匹目のドジョウやいかに。


7.ショウナンアクロス
単独レースとしてはコレからの単、馬単、3連複、3着固定で決めている。ただ追い込み一辺倒でスロー濃厚な流れ。WIN5で心中できる状況ではない。
9.ヒシカツジェームス
当然有力だが、前走から中3週にもかかわらずプール調整とPコース4F追い1本だけという調整過程が明らかにおかしい。
1.ヒカルアカツキ
デキ良さそうだが、府中では2着が1度あるだけで人気ほど府中が向いているイメージがゼロ。内はそれほど悪くなさそうなのでジッと我慢して脚を溜めればだが、勝ち切るほどの弾けっぷりは?
6.マイネルモデルノ
3.インザブラック

前へ行けて展開は有利。ただスローから上がり勝負に持ち込むと自らの瞬発力不足で墓穴を掘りそう。地方出身の2人なので、少し上がりがかかるような展開になったほうが。
2.フェイマステイル
前走でソコソコの競馬をしたけど、ここで飛びつくのもどうかなぁ。

少頭数なのに全く絞れず。

7.ショウナンアクロス
9.ヒシカツジェームス
1.ヒカルアカツキ

わからんから人気3頭で。最初のレースでコケてるだろうし。


新潟11R 上越S
東京最終にも同クラスのダート戦があって、ここは少頭数。ここぐらいは絞りたいところだが。

3.エイシンダッシュ
普通に馬の能力だけを言えばこれで安泰っぽい。乗り間違わなければアタマで信用したいが、内田博→岩田→アンカツと来ての川須クン。極端にズブいタイプでもなさそうなので腕力が心配ってわけでもないが、今年ブレイクしている中身が小倉1000m中心であり、中距離で流れに乗る競馬だとまだ不安。連闘明けや左回りということも考えると1頭固定で大丈夫!なのか?とも思いたくなる。
5.サイモントルナーレ
上総Sまでは惨敗続きだし、好走はレースの質が下がった時がほとんどだった。だが前へ行けるようになったここ2戦で急上昇。動きも目立っておりホンモノと見たい。エイシンが自分の競馬をして先行してくれるなら、目標としてもレースをしやすい。
4.ドットコム
このレース、上に挙げた2頭も先行タイプだし、下に挙げるトーセンアドミラルも前へ行くタイプ。人気薄だがコウジンアルスも行きたいクチで、直線はバテ比べになる可能性もある。そうなればこの馬の差し脚がハマっても。
6.トーセンアドミラル
実質この馬までの4頭立てなんだと思う。ここ2戦が鮮やかな勝ちっぷりで、ペースも全く違う内容だけに価値も高いが、ここは前述の通り展開としては厳しい。前走がHペースを押し切っただけにここも凌ぎきる可能性はあるが、その前走の時計はそんなに速くない。普通の馬券ならともかく、アタマを狙うWIN5としては後続に捕まると見る。

3.エイシンダッシュ
5.サイモントルナーレ
4.ドットコム

このレースをどう扱うかで、その人の性格が出ます(笑)。


阪神11R 垂水S
これも少頭数だが、半数ぐらいの馬にチャンスがあってかなり難解。土曜の競馬を見ていると、阪神の芝がかなり良い状態で、簡単に前が止まらないっぽい。

3.トモロポケット
そういう意味では逃げそうなこの馬に味方する馬場と言えるが、決してスピードタイプじゃなく速い決着は歓迎とは言えない。かと言ってスローの瞬発力勝負に対応できるほどの決め手もなく、好走確率は高そうだがアタマとなると。
9.バアゼルリバー
馬場が不向きなのは心配だが、ここ2戦がひと皮剥けたレースぶり。今週の動きも良く、阪神内回りでモタモタしなければ差し切りまで。
6.トップゾーン
阪神はもうひとつだが最近の上昇度が魅力。時計が速くなるのも心配でトモロポケットと似たような評価だが、追えるジョッキーでひと踏ん張りも。
8.ダノンスパシーバ
前走でコーナー4つの2000mを好走したが、今回は坂も加わり斤量増。基本的にはコーナー2つで長い直線の1800mを決め手勝負で勝ち切るタイプ。ハマれば突き抜けだが、最後に坂や斤量が響いて捕まえ切れないシーンも想像がつく。
5.ロイヤルネックレス
前走が不満だが、デキも本当ではなかったようだ。デキさえ戻れば巻き返せるが、上昇度はイマイチっぽい。近走を見ていると、後ろから差し込むほどの脚は実はなさそうで、先行できれば。阪神の2000m〜2200mが最も得意だが、道悪巧者で時計の速い決着がどうか。

ここも少頭数で思案のしどころ。

3.トモロポケット
9.バアゼルリバー
6.トップゾーン
8.ダノンスパシーバ

さすがに4頭は買い過ぎなので、6と8はもう少し悩んでみます。


東京11R 安田記念

8.アパパネ
4.クレバートウショウ
6.サムザップ
1.ストロングリターン
13.ダノンヨーヨー

◎のダノンヨーヨー、実は突き抜けるほどの魅力がなく(笑)

ってか、今日の状況だと北村宏の1頭固定でいいのか?



最終結論に入る前に断っておきますが、検討してきた結果、今週は馬券回避します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WIN5第3回実験。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる