競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の新馬追い切り。

<<   作成日時 : 2011/07/28 23:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

小倉スタートで九州産限定戦も始まる。今回見た九州産馬は意外と稽古で動けていて、例年よりレベル高いのかな。

【新潟5日目 ダ1200m】
シルクブルックリン<87>
助手(W) 55.8−40.2−12.9 抑え
新馬トップスカーレットとアドマイヤリーフの間で3頭併せ。直線入り口で3頭並んだが、ひと際大きく見せる迫力ある馬体でグイグイと自分からハミを取り、鞍上が完全に持って行かれ気味。まだ太く見える馬体だし、1200mという距離がどうなのかな?と思わせる面はあるが、これだけパワフルな動きを見せられると評価せざるを得ない。流れに乗れれば勝ち負けまで。

ノボピュアリティ<87>
助手(W) 69.1−53.5−39.3−13.2 末強め
500万ノボクンの内に併せる。時計は平凡だが、古馬を追走し直線入り口で並びかけると、軽く仕掛けてグッと重心が下がって抜け出し、最後は手応えで圧倒したまま先着。伸びやかさに欠けるフットワークだが、ダート戦なのでそう心配ないだろう。フットワークも素軽く、仕上がっていると見たい。シルクと異なり、先々よりもまずはここ。

カシノベイブレード<86>
二本柳(W) 51.3−37.7−13.3 末仕掛け
日曜出走の新馬カシノアゲートの内に併せる。前向きで行きっぷり良く、直線入り口では既に馬なりで内から抜け出し態勢。仕掛けた相手が一旦は差し返そうとするも、こちらが仕掛けると再びスッと抜け出して先着した。前向きで集中した走りは好感が持てる。



【新潟5日目 芝1600m】
マイネルディーン<86>
助手(W) 53.7−39.6−13.1 末一杯
1000万セイリオスの内に併せる。さすがにこの相手だと手応えで見劣るのは仕方ない。直線入り口で並んでからは、相手が馬なりで流すのを必死に叩いての同入だが、仕掛けての反応が良く数字以上の素軽さ。まだ後脚の蹴りに力強さが欠けるなど成長してほしい面はあるが、マズマズのスピードはありそうな。

イーサンジョーカー<86>
柴田善(W) 83.0−66.8−53.0−39.4−13.6 末仕掛け
新馬ブライアンズオーラとサウスパシフィックの間で3頭併せ。直線入り口で一旦は3頭並んだが、すぐに内のブライアンズオーラが脱落し、最後は先に抜け出したサウスパシフィックに並びかけての同入。ただ外のサウスパシフィックが一杯に追っているのに対し、ほぼ馬なりで軽く仕掛けただけ。素軽さは雲泥の差だった。力強さはもうひとつだが、時計以上の評価はできる。

レッドロブレス<85>
助手(W) 68.6−53.0−39.6−13.3 末仕掛け
500万ニシノツィンクルと未勝利エムオーファミリーの間で3頭併せ。引っ張りきりのニシノ、抑え気味のエムオーに対して、この馬だけが手を動かしての同入。頭は高いが特にモタモタした感じもなく集中力は見せていたので動きは悪くないものの、藤澤・古賀・鹿戸といったラインの厩舎は基本的に早い時期の新馬は大幅割引で構わない。


ドラゴンフラッシュ<86>
田辺(P) 67.8−51.9−37.7−12.2 末一杯
マロノヴィーナスとファストカラーの間で3頭併せ。先行した外のファストカラーが良い手応えで直線へ向きながら追って伸びを欠き脱落、代わって内からマロノが口向きの悪さを見せながらも併せてくるという2段構えの内容だが、怯むことなく負けん気や集中力を見せて最先着した。追って重心が下がり、頭を前に突き出して伸びようとする姿には好感が持てるし、フットワークも力強い。
⇒登録すらなし。ガセか?



【新潟6日目 芝1400m】
ロベルクランツ<86>
蛯名(P) 70.5−54.9−40.4−12.8 馬なり
2歳OPスマイルゲートの外に併せる。上がり重点を先行してのものだが、既に勝っている馬を相手に手応えで上回っての同入。やや華奢に見える馬体だが、そのぶん素軽さは十分で、仕掛けなくても内から並びかけられただけでグッと自分から加速し、キレのある動きを見せた。

トップスカーレット<−>
北村宏(W) 55.4−40.0−12.9 末強め
新馬シルクブルックリンとアドマイヤリーフの最内で3頭併せ。外の2頭に比べてかなり小柄に映り、実際直線では馬の陰に隠れて全く見えず。直線へ入るまでの重心の低さや、同入した外の馬スピード感を考えると、この馬もピリッとした脚で追走同入したんだと思うが、さすがにこれだけでは何とも言えない。

クラウンプリズム<85>
山本(W) 69.7−54.8−40.3−13.4 末一杯
500万ラヴセンスの内に併せる。前向きさを見せた軽快な走りで、直線入り口では一旦内から抜け出す。そこから相手がスッと加速し並びかけると、最後は手応えで見劣って何とか同入だが、並ばれてからも負けん気を見せて食い下がろうとしていた。時計からもそんなに高い評価はできないが、初戦としてはマズマズの仕上がりではないか。



【小倉1日目 芝1200m九州産】
カシノエルフ<86>
助手(坂路) 54.2−39.4−25.8−13.0 末強め
新馬クラウンエンビーを残り1Fでも追走する形だったが、少し仕掛け気味にジワジワ追いつくと、最後は手応えで上回って先着。相手が並ぶまで追い出しを待っていたので、こういうシーンもよく目にするパターンだが、今回の場合は追い比べで明らかにこちらの手応えのほうに余裕があったので素直に先着を評価できる。まだ頼りなさは残るが九州産としては上々の動き。

ミスマルシゲ<85>
助手(P) 84.0−66.1−51.2−37.5−12.7 末強め
新馬メイショウノーベルとメモリーフェミナとの3頭併せ。4角で外の2頭が大回りしたこともあり、直線へ向く際には大きく抜け出していたのだが、小柄で動きの伸びやかさにも欠けており、仕掛けてからあまり伸びは見られず。終い12秒7も含めてイマイチの印象だが、九州産限定戦出走ならマズマズか。あまり追って味は無さそうなので行ってどこまで。

クラウンエンビー<84>
助手(坂路) 54.8−39.8−26.3−13.2 末一杯
新馬カシノエルフと併せる。カシノの項の通りだが、先行して相手が並んでくるのを待っていたものの、そこからは一杯に追って僅かに遅れる。先行して待った馬が遅れるケースはよくあるものの、これだけ手応えが違うと単純に瞬発力の差とも言い難い。その相手が同じレースに出走となれば常識的には割引。これがレースで逆転したりするから競馬はわからんのだが。



【小倉1日目 芝1200m】
アンビータブル<86>
北村友(坂路) 55.6−40.4−25.5−12.1 末一杯
完全に上がり重点の内容なので終いの動きを鵜呑みにするわけにもいかないが、いくらか重心が高いながらもキビキビとした軽快なフットワークで、追ってからの反応も良くマズマズの伸び。もう少しビュッと伸びて欲しかった面もあるが、まぁ水準以上の評価はできる。

テイエムキュウベエ<85>
田嶋翔(坂路) 54.3−39.4−25.9−13.2 末一杯
1000万シゲルリジチョウと併せ馬。5R除外の再投票だけに一般馬相手でどうかだが、稽古の動きは口向きの悪さ全開で子供っぽさを見せながらも、最後まで活気十分の走りで古馬1000万に先着。おそらく先行してのものなのでゴールの映像だけで買い被るのは危険だが、九州産としては動けている。ってか5Rだったら上位候補だったのかも。ここでも「九州産だから」という理由で割り引く必要はない。

タイセイシュバリエ<84>
助手(坂路) 54.3−39.8−エラー−13.0 末一杯
単走で外ラチ沿いを走っていたが、残り1Fから追い出されてムチを外から入れられると、過敏に反応して大きく内へヨレ、最後は頭が高くなって伸びやかさも失った。追われるまではキビキビして素軽さもあったが、終いの動きには物足りなさ一杯。

ミスコクラ<83>
中村(坂路) 57.6−42.1−27.1−13.0 末一杯
新馬ヤマカツティラノと併せたが、追い比べで遅れる。頭の高さが目立ちフワフワした走りだったし、追ってからも頼りない。助手が乗った相手に遅れ、ジョッキー騎乗の上がり重点で終いの動きがこれでも5Rの九州産限定なら悩むところだが、ここでは話にもならん。



【小倉2日目 芝1200m】
ネオヴァンクル<84>
助手(坂路) 53.6−39.3−26.1−13.2 末一杯
新馬チュウキチと併せ馬。先行して相手が勢いつけて並んでくるのを待つ。こういう場合、往々にして並んできた馬の勢いが勝って、先行していた馬が手応えを残していたのに遅れるケースも目立つが、今回はこちらが追い比べで先着。相手の動きも悪くは見えなかった中での先着で評価したいところだが、追ってから頭が高くて伸び上がり気味になっていた点は不満。そのぶんパワーはありそうだが。

クイーンローズ<84>
助手(P) 68.3−53.8−40.2−12.3 末一杯
新馬テイエムキモシタの内に併せる。結果は同入だが、相手にはジョッキーが乗っていたとは言え、直線は馬なりで流す相手に対して一杯に追っての話。フワフワした走りでPコースなのにスピード感に乏しく、物足りない動き。相手が外から馬なりで並んできても前に出ようとするところが見られず、前向きさにも欠ける。



【函館6日目 芝1800m】
アズマターフィー<87>
助手(函館W) 66.6−52.0−38.6−12.8 末一杯
新馬セイクレットレーヴの外に併せる。低い重心と上々の行きっぷりを見せ、キツい函館Wのコーナーリングもスムーズ。ただ直線では徐々に頭が高くなり、4角までの行きっぷりに比べると弾け方は物足りない。とは言えドッシリ安定した重心で四肢もよく伸びており、時計も水準以上。馬券候補としては十分挙げられる1頭。

アーデント<87>
横山典(函館芝) 69.9−54.2−39.0−12.0 馬なり
新馬マスターズキングの外に併せる。行きっぷりが良いのを何とか宥め、直線も鞍上が重心を前にかけただけで手綱は動かず。相手も馬なりで流しての同入だが、フットワークもシッカリ掻き込んで素軽さは目立つ。大トビでダイナミックな走りをしているので小回りがどうかだが、距離は合っていそう。ただ抑えていたにしても気性の幼さが目立った。

アドマイヤシャドウ<85>
津村(函館W) 68.7−53.2−39.2−13.3 末一杯
未勝利アドマイヤジャコモの外に併せる。並んで直線へ入ると実戦並みの追い比べ。体がまだ太く見えるが、道中の行きっぷりや活気の良さは目立つ。ただ馬体のわりにフットワークが小さめで、体を持て余しているような印象も。そのあたりが追って伸びきれなかった要因かも。何度か使って締まってくれば。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です!
【新潟5日目 ダ1200m】
Fタマモオンゾウシ(雲上人Orz)が気になるのですが、追い切りはどうだったのでしょう、マジで怖くない"悪い入れ歯の噛み合わせ"ですが!笑)
Nノボピュアリティ<87>
@シルクブルックリン<87>
Bカシノベイブレード<86>
この3頭へ流してみたいと思います!
うっかりかさご(夏風邪気味)
2011/07/29 17:47
どうだったと聞かれても、映像がなかったので答えられませんが、新聞の調教欄からは88点ぐらいでしょうか。ってか◎候補。他ではチャンピオンヤマトも良さそう。全部人気馬ですが。
hiro
2011/07/30 08:47
>hiroさん
ウマニ拝見しました!
新馬戦とはいえ好調そうな馬のオンパレードですね

あの人にも印が 笑)・・・メモメモ〆(゚_゚*)フムフム
うっかりかさご
2011/07/30 09:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の新馬追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる