競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏競馬最終週の新馬追い切り。

<<   作成日時 : 2011/09/03 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

夏競馬最終週。日曜の東西メインも2歳Sだし、新馬追い切り特集も今週が最後とあって大量大放出。60分の番組中55分ぐらいワケのわからん2歳馬の追い切りを見続けて疲れました。


【新潟7日目 芝1400m】
ジュエリスト<87>
石橋脩(P) 69.9−53.4−38.6−12.6 馬なり
500万アソルータを追走し内へ。直線入り口で並びかけた後もガッチリ抑えたままで、一旦は外の相手が抜け出す勢いだったが、残り1Fから相手の鞍上が手を動かしていたのに対し、こちらは軽くGoサインを出しただけでスッと反応しギアチェンジ。少し前に出たまま先着した。集中力があって仕掛けての反応も良く常識にかかった走り。上がり重点で終いも平凡な時計だが、追えばもっと時計は詰まったと思う。

アストロフォンテン<85>
助手(P) 67.5−52.4−38.5−12.3 末強め
未勝利アサクサアクセルの内に併せる。ユッタリ気分良さそうに先行し、コーナーリングで少しフラフラする面を見せながらも追い比べで並ばせずに先着。直線で追い出してからも頭の高さが目立った点が不満だが、フットワークが力強く渋太い印象。気性面にも課題がありそうな走りで半信半疑だが、道悪はこなせそう。

コスモライデイン<85>
助手(坂路) 12.6−12.5−12.9−エラー 馬なり
サーっと流しただけなのであまりパッとしない動きだが、それなりに前向きさを見せていたし、フットワークも軽快かつシッカリしたもの。特に減点材料も見当たらない。先週Wコースで一杯に追って先着しており、仕上がったという判断か。

キズマ<84>
田中健(CW) 80.0−65.2−51.6−38.6−13.2 末強め
新馬ヴィンテージイヤーの外に併せる。道中は追走したようだが4角では既に外に並んでおり、直線半ばまでお互い馬なりで並走だったが、相手がやや抑え気味だったのに対しこちらは鞍上が重心を前にかけての馬なり。終いも目一杯では無かったが、持ったままの相手に徐々に遅れた。ワンペースの走りで力強さも足りない。追走しての遅れなので見た目ほど割引ではなさそうだが、あまり良い動きとも言えず。


【新潟8日目 芝1800m】
ハードロッカー<86>
田面木(坂路) 52.4−38.1−24.8−12.1 末強め
OPダンスファンタジアを追走し内へ。相手もほとんど馬なりだったが、直線向いてすぐ仕掛けるとスピードに乗って内から交わし去り、最後までその勢いを持続して先着。キビキビした面と前向きさを見せており、初戦から動けそう。ただし、あくまでもダンスファンタジアは余力残しだったので、コレに先着したからと言って人気するようなら危ない気も。

オーブルチェフ<85>
中舘(坂路) 53.3−39.5−26.0−12.4 抑え
新馬クラウドチェンバの内に併せる。少し口向きが悪そうに見えたのは抑えていたからで問題なく、緩慢に見えるほどユッタリした動きも同様。むしろ抑えっぱなしでもガーッと行きたがらず程よい前向きさに留まっていた点は評価できる。確かに手先の軽いタイプではなさそうなので新潟の芝がどうかだが、雨が降って重くなりそうなのはプラスだろう。掻き込みがシッカリしていてパワーもありそう。

ドリームリーグ<85>
柴田大(W) 83.9−67.9−52.8−39.1−13.3 馬なり
2歳未勝利ハタノアブソルートの外に併せる。4角でジワッと外から並びかけ、直線半ばでムチを抜かれたものの結局使わなくても同入。ほぼ馬なりなので時計は平凡だが、脚を伸ばした大きなフットワークで重心も比較的安定した走り。時計以上の評価はできる。

ボールドマックス<85>
助手(CW) 85.4−68.1−52.8−38.7−12.2 末一杯
新馬サプライズとタガノボックスの最内に併せる。内から追走する形で直線へ向くところで追いつき、中のサプライズが仕掛けて抜け出しかけるのを持ったままついていき、残り1Fで仕掛けると反応鋭く伸びて最先着した。追ってもクビが使えず頭の高いままだった点が割引だが、それを補うように四肢が伸びていた。良化の余地が大きそうな走りだが、初戦でもソコソコやれるのでは。

オメガハートランド<85>
助手(P) 67.3−51.9−36.9−12.8 末強め
500万カールファンターレと併せる。かなり先行して外を回り、直線に入っても相手が並ぶのを待って残り1F仕掛ける。軽快さはあってほぼ水準級の動きだが、追ってからの反応が少し鈍かったのと、もう少し動きに伸びやかさや力強さが欲しい印象もした。

ガーネットカラー<84>
助手(CW) 84.5−66.8−51.8−39.0−13.5 末一杯
新馬トニフィカーレの外に併せる。弾むような走りは活気がありそうとも言えるが、終い追っても13秒台だったように重心が不安定で伸びがイマイチ。手前の替え方に不器用さも窺え、初戦いきなりは厳しそう。


【小倉12日目 芝1800m】
ダンツフォワード<85>
太宰(CW) 82.3−66.0−51.8−38.5−12.6 末一杯
新馬フミノボールスターとラブトゥオールを追走し大外へ。外へ膨れ気味に4角を回り直線へ向いても追いかける形だったが、ハミを掛け直して直線半ばで追いつくと、一杯に追ってジリジリとした伸び。まだ少し跳ねるような走りで脚力を推進力に活かせていないが新馬としては許容範囲だし、時計面からも水準レベルと見たい。

キリシマトリオ<85>
北村友(坂路) 53.9−40.2−26.1−12.7 末一杯
500万エーティーガンダムと併せ馬。お互い抑え気味に残り1Fを迎え、先にこちらが仕掛けて抜け出した後に相手が追い出す。先に仕掛けたので先着したとも言えるが、ゴール前では少し差を広げて流しており、一緒に追い出しても先着できたように思う。特に目立った動きではないが水準レベルにはある。

ナンヨーウゼン<84>
助手(P) 70.9−55.1−40.9−12.3 一杯
新馬ヤマノスプリングの内に併せる。4角で既に鞍上の手が動いており、直線早々にムチを派手に入れられていた。そんな手応えながらも渋太さを見せて一応同入だが、相手は最後まで持ったまま。時計面もそれほど評価できずズブさが目立つばかりだったが、目一杯に叩かれていたとは言えゴール前の動きは重心も低くて負けん気も見られ、印象ほど悪い動きじゃないのかも。

サプライズ<84>
助手(CW) 86.3−68.5−53.2−39.3−12.4 末一杯
新馬ボールドマックスとタガノボックスの間で3頭併せ。ハミを取って頭をグッと下げ前向きなところを見せて併せ馬を先導し、直線半ばでGoサインを出すとマズマズの伸び。ただし内のボールドマックスにはキレイに差されたし、ゴール前ではいくらか伸びが鈍って力強さに欠けた。内から交わされた後も頭を突き出して食い下がろうとするところを見せて精神的には好感持てるが、動きとしてはやや物足りない。



【札幌7日目 ダ1700m】
アズマリュウセイ<86>
吉田隼(札幌ダ) 67.5−51.7−38.5−12.9 末一杯
新馬シャインディライトとスフィンクスの最内に併せる。と言うか、追走し4角で追いつくと、コーナーワークで前に出てそのまま突き離して最先着し、馬体を併せるような場面はなかった。掻き込み鋭いシッカリしたフットワークで気持ちも前向きだし、手前の替え方もスムーズ。追ってからの鋭さに欠けワンペースの走りだが、ダート戦出走なら問題なし。確実に勝ち負けとは言えないが、水準以上の評価はできると思う。

ゼロワンシンジロー<85>
上野(札幌ダ) 71.9−55.3−40.0−12.4 末仕掛け
2歳未勝利ドリームバラードと新馬カイシュウタビビトの間で3頭併せ。自分からハミを取って前向きなところを見せ、併せ馬をリードする形で直線へ向く。残り1Fあたりでドリームバラードが脱落し外のカイシュウタビビトと追い比べになったが、仕掛けると強烈に内にササって鞍上が後ろを振り返るほど。結局追えないままのゴールとなってしまった。ササッただけじゃなくちゃんとギアチェンジもしており、そういう面での反応も良かったので、癖じゃなくたまたま内へ行っただけなら見限れないけど、横にすっ飛んでいったからなぁ。

シルクメガスター<85>
助手(函館W) 67.8−52.3−38.3−12.7 末強め
日曜出走のアドマイヤトライの内に併せる。評判馬相手に一歩も引かず、むしろ直線の手応えは上回っていた。4角のコーナーリングにスムーズさを欠いていた点は気になるが、脚も良く動いて並ばれると前に出ようとする面も見られ、水準級かと。ただダート馬にしては力強さに欠ける印象も。雨の影響で軽いダートなら。

サンマルデューク<84>
助手(函館W) 68.1−53.4−39.0−13.2 末一杯
馬任せに外ラチ沿いを流して直線は目一杯に追われる。頭が高くてフワフワした走りは追ってからも変わらず、ダラダラした印象は拭えないが、それでもマズマズの時計が出たように脚力はありそう。ダート戦なら一概に消しとも言えないが、それでももう少しメリハリが欲しかった。

プライドキングダム<84>
津村(函館W) 69.5−54.1−40.2−12.9  末一杯
新馬ベルウッドブレットの外に併せる。自分から行こうとする面は十分窺えるのだが、引っ張りきりの相手に一杯に追って遅れたように、頭が高くてスピードに乗りかけると重心が浮いて伸び上がり気味になり、伸びきれない面が目立った。


【札幌8日目 芝1800m】
カイシュウタビビト<86>
丸山(札幌ダ) 71.1−54.3−39.4−12.2 末一杯
2歳未勝利ドリームバラードと新馬ゼロワンシンジローの外に併せる。ジワッと直線入り口で内の2頭に並びかけると、直線は口向きの悪さを覗かせてモタモタしながらもゴール前で鋭い伸びを見せて最先着。仕掛けての反応が少し悪い印象もしたが、走りのバランスは良く、活気があってフットワークも素軽い。水準以上の評価はしたい。

クロンヌドール<85>
横山典(札幌ダ) 67.5−52.3−39.0−12.7 馬なり
2歳未勝利ラウレアの外に併せる。ユッタリ先行しているところに4角で相手が内から並んできたが、直線は一杯に追う既走馬相手に持ったまま抜け出し先着。先行していたこともあるだろうが、終始素軽い走りで動きとしても圧倒していた。キョトンとしたような優しい目つきのままだったし、少し前向きさに欠ける印象もしたが、距離を考えるとこのぐらいゆとりがあってもよい。

アドマイヤトライ<85>
助手(函館W) 67.8−52.3−38.3−12.7 末一杯
土曜出走の新馬シルクメガスターの外に併せる。道中は並んで走っていたが、4角で外へ膨れ気味になって遅れ、直線は追いかける形。追い出して並んだままゴールとなったが、手応えでは見劣った。何やら評判の高い馬(と思ってから血統見たらそりゃ注目集めるわな)のようなのでアレ?って感じもしたが、冷静に見てみるとスピードに乗ってからの動きは迫力があり、重心が沈まない面はあるが体の使い方も柔らかい。過剰人気になるとどうかと思うが、「仕上がってない良血馬」と切り捨てるわけにもいかない動き。

ディアコンコルド<84>
助手(函館W) 68.5−53.7−39.6−13.1 末一杯
新馬アサクサニッポンの外に併せる。ガッチリ抑えつつ並んで直線へ向き、先に相手の手が動きだしたところでこちらも追い出すと、最後は追い比べで少し前に出た。抑えていたこともあり何度か口向きが悪いところも見せたが、活気や前向きさの表れと見ても良い程度。そのわりに仕掛けてからの伸びや力強さはもう一歩だし、ゴール前ではフッと気を抜くようなところもあって安定感に欠ける。動きそのものは悪くないのだが。

スフィンクス<84>
助手(札幌ダ) 67.4−52.1−38.9−13.3 末一杯
新馬アズマリュウセイとシャインディライトの外に併せる。抑え気味に先行し、直線入り口で内から2頭が並んでくるのを待っていたが、スッと最内のアズマリュウセイに抜け出されると結局追いつくことはできず。追って頭が下がらずスピードのノリが悪い印象は否めない。

カムイビスティー<84>
助手(函館芝) 66.6−51.3−38.5−13.5 強め
未勝利ラベンダーベルが大きく先行するところを、内の新馬ヴィレビスティーと一緒に追いかけて直線入り口で3頭併せに。終始仕掛け気味だったが内の新馬は競り落とした。気持ちの前向きさも窺える走りだが、フットワークに力強さが足りず伸び脚ももうひとつ。初戦からはどうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
で、どれ買えばいいの?
貧乏なわしに教えて欲しい、、、。
どうせわしは他力本願だよ。
はずれっち
2011/09/03 01:14
>はずれっちさん
【新潟5R 芝1400m】
キズマ<84>
あまり良い動きとも言えず。Orz

能ある鷹は爪を隠す・・・コレダ!
(キズマ=アラビア語デ運命)→他の3頭へ流しソーメンで!
ジャジャジャジャーン♪これはドイツの運命〜
外れても知らない〜っと!

他力本願寺のうっかり和尚
2011/09/03 09:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏競馬最終週の新馬追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる