競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スプリンターズS追い切り。

<<   作成日時 : 2011/09/30 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

お告げをそのまま転送します(原文ママ)

「らっきーないん ロケット万 サトウさーんいいから。」


こんなメールが仕事中に来て、スプリンターズSのお告げと判るのに5分かかりますた。


ビービーガルダン<89↑>
佐藤哲(CW) 78.2−63.2−49.6−37.2−12.3 馬なり
この日の馬場状態がどうだったのか知らないが、多少内めを回ったとは言えCWでこんな時計久々に見た。さすがに余力十分の馬なりとは言わないが、最後も脚色が鈍ってはいない。気難しそうな面を見せていたので信頼は行けないが、一時の不振からは立ち直っている。それでも峠は越えており一昨年を望むのは酷だが、なんたって「サトウさーん」ですから!

フィフスペトル<88>
助手(W) 69.0−52.8−38.6−13.0 末仕掛け
前走後の調整がちょっと緩いのが気になるが、前脚がよく出て滞空時間の長い弾むようなフットワーク。躍動感に溢れる動きでデキは絶好調じゃないかと思う。3歳時から強調しているように、この馬は使える脚が短く(実際の脚も短めだけど)、スローの上がり勝負かスプリント戦でピリッとした差し脚を使う競馬がベスト。ここは待望の大舞台。

サンカルロ<87>
吉田豊(坂路) 53.3−36.0−23.5−11.7 馬なり
OPトウショウウェイヴを追走し外へ。以前のようにヨレたりムキになったりすることなく、折り合いついてスムーズな走り。前向きさも窺え力強さもあった。好調キープと見て良さそう。末脚勝負なのでどうしても不利に泣く危険はあるが、前走も窮屈なところを良く伸びており、最近は1200mでもシッカリ脚を使えるようになった。外国勢は強力だが、展開次第では馬券圏内はもちろん、昨年の雪辱まで。

パドトロワ<87↑>
安藤勝(坂路) 52.2−37.3−24.2−11.8 末一杯
ユッタリしたフットワークながら集中力ある走りで勢いを感じさせる。追って最後は頭が上がりかけたがスピードは持続し上々の時計をマーク。函館初戦は体調面の不安で凡走したが、その後立て直して状態は安定している。と言うより、ハロー明けの馬場とは言え、上がりがかかり気味のこの馬にして11秒台ならかなり好調と見ることすら可能。あとは時計勝負や長距離輸送に対応できるか。函館へ持って行った時も輸送熱が出たし、関東遠征2戦で結果が出ていない。アクアマリンSは速い時計に対応できておらず、今回はデキ云々とは別に割引が必要かも。

アーバニティ<87>
北村宏(W) 66.3−51.4−37.7−12.9 末強め
頭を前に突き出し脚もよく出ていて、精神的な前向きさを窺わせる。そのわりに推進力がもうひとつの印象も受けたが、時計は十分評価できるもの。取り消し明けになるし、年齢的な上積みとか相手関係から大きく狙えないが、自身のデキは最近の中でも一番ではないか。ただ高松宮記念より相手は強力。

ヘッドライナー<86>
助手(坂路) 54.5−39.1−24.7−11.8 末一杯
やれば時計は出るタイプだが、今回は序盤控えて上がり重点。抑えていた時の頭の高さは前向きさの現れだが、追ってからゴール前での頭の高さは割引。とは言え仕掛けての反応も良く、頭は高いなりに脚は前に出て数字通りの鋭さは感じさせる。デキは決して悪くないのだが、再三書いているようにこの馬はダッシュ鋭い逃げ馬ではないため、いかに楽にハナを奪えるかに尽きる。もともとが平坦向きだし、ここは行けても後続のプレッシャーは厳しそう。そういう時に走る大駆けタイプなんだけど。

ロケットマン<86>
コーツィー(中山芝) 51.3−35.6−11.8 馬なり
坂を上る際に少し仕掛けていたが、ほぼ馬なりで流す。一見すると香港馬のようなゴツさはないが、坂を駆け上がってくる姿は迫力があるし、それでいて手先の軽いフットワークでスピードも感じさせる。やや頭が高いのは気になるが、シャドーロール着用なのを見ると、たぶん普段からこんな走りなんでしょ。惜敗続きの昨年から一転、押しも押されもせぬ短距離王者としての来日。普通に走られれば。舞台が中山なので普通に走れるかだけ。

ダッシャーゴーゴー<86>
助手(坂路) 51.8−37.8−24.1−11.7 末一杯
ピッチ走法で動きに余裕がなさそうに見えるのはいつものことだが、どうも最近はレースでも稽古でも左へ行こうとするような仕草が目立つ。前走も行きたがったのが終いひと伸びを欠いた原因だろうが、直線で少し外へ行き加減だったようにも見えた。デキに関しては不安は無いが、毎回一生懸命走る馬で能力の頭打ちラインもハッキリしていそう。叶わない相手を火事場の何とかで負かすようなタイプには思えない。堅実だが強力外国勢相手のGTでどうか。WIN5を買う人で削るならコレじゃないかな。

サンダルフォン<86↑>
助手(CW) 82.2−65.9−51.0−37.3−11.9 末一杯
大トビでスピード感に欠けるのはこの馬の特徴。水準の時計は出ているし、大トビらしい動きの伸びやかさは十分。今回は行きっぷりも良かったし終いも集中していた。発汗が目立つ点は気になるが、自身の状態はアップしているはず。大外ブン回ししかできないので、むしろこの枠は大歓迎でしょう。それでも遠征&急坂の中山では?

カレンチャン<85.5>
助手(坂路) 52.8−37.9−24.0−11.9 馬なり
OPトウカイミステリーを追走し残り1Fで並びかけると、そのまま余力十分に少し前に出て先着。目を見張るほど素晴らしいとは言えないが、疲れも見せずキビキビしたフットワークで重心も低く、動きは上々。今回改めて調べるまで知らんかったけど、フィリーズレビュー以外は(7,2,1,0)ってスゴイじゃん。名前でバカにしてたらアカンのかな。

グリーンバーディー<85>
攻馬手(中山芝) 66.2−50.4−37.4−12.5 馬なり
右手前のままだったので少し口向きの悪さを覗かせたが気にするほどでもない。これも坂を上る際に仕掛けていたが、その前後は馬任せに流していた。ガラッと変わった印象もないが、伸びやかさには欠けるものの重心の低いドッシリした走りで、軽めでも5Fからシッカリ時計を出した点は評価できる。今年はもうひとつの成績が続いていたようだが、前走を見ての通り日本のスプリンター陣が相手なら十分戦える。大外枠は歓迎ではないが、ゴチャつかないだけ良いという見方もできる。絞れていれば。

ラッキーナイン<85>
攻馬手(中山芝) 41.3−13.1 馬なり
ちょっと軽めだしフットワークもバタバタとした伸びやかさに欠けるものだが、前走時の追い切りでも同じような印象を抱いていたのに関係なかった。決して良い動きには見えないんだが、こういう馬なんでしょう。大した雨は降らないようなので参考にならんが、膝を上げずに手繰るようにして掻き込むフットワークなので、道悪はメチャクチャ巧いんじゃないかと思う。ただし、中山の重賞なのに内枠がダメなのがこのレース。

ケイアイアストン<85>
後藤(W) 84.3−68.6−54.0−39.6−13.4 末一杯
単走ながら6Fから。外ラチ沿いを回って直線は一杯に追われる意欲的な内容。さすがに終い1Fは時計を要したが、走りの勢いは持続していたし、フットワークの軽さや気持ちの前向きさ、集中力なども維持していた。時計以上の評価は可能。順調に使っており上がり目は疑問だが、自身のデキはキープ。一連の成績からここで大仕事をする爆発力は感じないが。

トウカイミステリー<85>
北村友(坂路) 53.2−38.0−24.2−12.0 末仕掛け
OPカレンチャンと併せる。先行していながら手応えで見劣り先着を許したが、こちらにもまだ余力はあった。キビキビしたピッチ走法で活気があり、手先も軽い。状態は悪くないと思うが相手強化に急坂克服など課題も多い。

エーシンヴァーゴウ<85>
福永(坂路) 49.9−36.8−24.8−12.6 末強め
口向きが悪く少し外へモタレ気味ながらも、夏の疲れも見せず活気ある動き。時計ほどのスピード感や鋭さはなかったが、まぁこの時計は評価しとかないといけないだろう。逆に、夏から使ってきて激戦続きの上に直前も猛稽古。この後に輸送してドッと疲れが出ないかのほうが心配。前走は流れに恵まれたしねぇ。

エーシンリジル<84>
助手(坂路) 51.8−37.3−24.4−12.7 一杯
馬任せに行って直線はビッシリ追われる。最後は上体が起きて脚色が鈍ったが、行きっぷりの良さや活気は十分。この馬自身としては状態は変わらず良いんだろう。ただここは相手が強力って気がする。内めで好位を取れそうな枠だが、それでもここまで順番が回ってくる望みは低そうで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
もう一つの神お告げ。
俗に言う「唸っている」状態のお馬さんはいましたでしょうか?
kenken
2011/09/30 23:41
今回はいませんでした。
hiro
2011/10/01 00:41
お疲れ様です!
これでオッズが下がらなければいいが!
分かりましたので・・・
お告げの部分は速攻で削除願います
うっかり蜘蛛の糸
2011/10/01 05:20
へ〜、こんな感じでお告げが下るんだ。
ふ〜ん、師匠と巫女さんって、いきなりこの文言が飛んで来て、それを理解出来ちゃう程の仲なんだ、、、。
はずれっち
2011/10/01 08:11
お告げ確認しました
わお
2011/10/01 16:48
1-5-13 これ本線!
フィフスとカレンチャンでOK?
あきボン
2011/10/01 17:25

時事ネタでアメリカのユアーズが墜落してロケット万が沈没すれば・・・
あれとあれの1点勝負でいいじゃん!?
うっかり蜘蛛の糸
2011/10/01 22:33
ここは素直に追い切り評価が良いさとうさんからいってみよw
師匠、信じてまっせ!

はずれっち
2011/10/02 08:49
「誰が3頭で決まると書いたよ!アッホやなぁ。競馬はそんな単純なモンと違うやろっ!」

お告げには続きがあった....

相手候補として、
フィフスペトル
ダッシャーゴーゴー
カレンチャン
の3頭を追加されました。

以下、断片的なコメント。
「ロケット万が負けることも十分ありうる」
「サトウくん1着は厳しいかなー」
「あとは巧く組み合わせて考えてちょ。アタシはもう決めてるけど。ムフフ」

だそうです。
hiro
2011/10/02 09:11
ロケット万は多頭数の競馬は未知数&終始日本馬に突っつかれての2着敗退をキボンぬ!

○馬投票権は、サトウさーん、ヨシダさん→ロケット万→その他・・・の3連単で逝ってみるとです。
信じてまっせ!巫女様〜
うっかり中山の坂の上の蜘蛛
2011/10/02 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
スプリンターズS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる