競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小倉2歳S追い切り。

<<   作成日時 : 2011/09/03 08:48   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

例年以上に上位と下位でスピード差がありそうなメンバー。小倉はあまり雨量が多くなさそうで、極悪馬場にもならないみたいだし。


アイラブリリ<89>
田中克(小倉ダ) 70.6−53.9−39.0−11.8 末強め
2歳未勝利シゲルアンズの外に併せる。滞在効果で元気一杯。四肢を一杯に伸ばし、小柄な牝馬とは思えないほど大きなフットワークで推進力も感じさせる。力強さも抜群で世間の評価通り最有力候補だが、これだけ大きなフットワークだとノメル馬場になってスピードよりもパワーを求められると半信半疑な面も。乾いて良馬場なら。

メイショウダビンチ<86>
北村友(坂路) 53.0−39.0−25.5−12.8 末仕掛け
500万ローレルジャブラニと併せる。馬体を離しており競り合う場面もなく、道中はフワフワした走りだったが終い1Fは追われる相手に軽く仕掛けただけで先着。直線半ばで「真面目に走らんかいっ!」とばかりに気合をつけられるとスッと走りが変わり、いくぶんフラつきながらも力強く躍動感ある動きで掻き込みもシッカリしている。

マコトリヴァーサル<86>
見習(坂路) 53.0−38.4−24.9−12.5 末一杯
新潟2歳S大本命が予想されるジャスタウェイと併せる。持ったままスイスイ先行する相手を懸命に手を動かして追いかけたが、結局並ぶところまではいかなかった。ただ相手が走り過ぎただけで、この馬も渋太くジリジリ伸びていた。少し重心が高く鋭さはひと息だが、脚はよく動いて掻き込みも力強い。前向きさや集中力という点もマズマズで、最終日のパワー馬場にも対応できそう。

ハギノコメント<85>
小牧(CW) 79.5−64.4−51.4−39.1−13.1 末強め
500万サーランスロットの内に併せる。直線へ向く際には既に内から抜け出しかけており、その時点で相手は懸命に鞍上が追っていた。直線へ入ってもその構図は変わらず、叩いてもダラダラした走りが変わらない相手に合わせるようにこちらは馬なりでユッタリ流し、終い100mで仕掛けられるとスッと突き離して最後はまた流し気味に。終い13秒台はそういった内容を考えると気にならないし、6F79秒台なら上々。重心が高い点が割引だが、フットワークは芝でも走れそうな軽さや柔らかさがある。

ゴーイングパワー<85>
和田(CW) 85.3−68.8−53.7−39.9−12.5 末仕掛け
2歳未勝利ボストンストロングを追走し内に併せる。直線半ばで軽く仕掛けただけでほぼ馬なり。仕掛けた際に少し内へ行くところを見せたが、立て直した後は素軽い走りで最後は流していた。相手も馬なりのため先着云々は参考外だが、スピードがあるところは見せていた。ただ馬格のわりに力強さがイマイチで掻き込みももうひとつ。前開催京都の最終日に勝っており今回と似通った馬場をこなした点は注目したいが、前3F35秒台半ばでの逃げ切りで恵まれた印象も少し。少頭数なのであまり激しい先行争いにならなければよいが、小回り1200mのガチャガチャした競馬が向かない気もする。

エピセアローム<85>
助手(坂路) 52.2−38.4−25.3−12.7 末一杯
新馬レッドメデューサと併せる。集中力を見せて時計もマズマズだが新馬に食い下がられ、終いも鋭さは見られなかった。出走他馬に比べるとユッタリしたフットワークで、やはり1200mへの対応が課題になりそう。前走勝ちが良かったので、最終的にナゼ小倉を選択したのか。

シゲルスダチ<85>
助手(坂路) 54.1−39.0−25.6−エラー 末一杯
追われると一応反応はしていたが、重心の高いままの走りで推進力はイマイチ。失速したわけではないが、ギアが替わって加速したわけでもない。素軽さはあったのでデキ落ちはなさそうだが、既に5戦目で上がり目も乏しい。

オウケンハナミズキ<85>
川須(坂路) 52.4−38.6−25.7−13.1 末一杯
2歳OPプレタノートと併せる。残り1Fまでお互い鞍上はガッチリ抑えていたが、馬は2頭とも戦闘モードでスピード感あり。こちらにジョッキーが乗っていたこともありその後は手応えに差が出始め、最後は追い比べを制して先着した。キビキビした走りで活気はあるが、追われてからの伸びはもうひとつ。一応合格点の範囲だが、最内枠で内を回ると終い厳しいかも。

キンシツーストン<85>
田中健(坂路) 54.5−39.0−25.1−12.5 末強め
馬場の内めを単走追い。特に抑えることもせず最後も気を抜かせず走らせたわりに時計が平凡なのが不満だが、馬には前向きさがありフットワークも素軽い。芝もこなせそうな走りだが、迫力不足の感は否めず。

ヴェアデイロス<84>
助手(坂路) 55.4−40.2−25.8−12.6 末一杯
500万ウインベルカントと併せる。上がり重点で終い1Fをビッシリ追い比べ。キビキビした走りで最後は抜け出し先着したが、終始重心が高く頼りない印象も受ける。この馬なりに走れるデキだろうが、強調材料に乏しい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>お疲れ様です!
>フットワークは芝でも走れそうな軽さや柔らかさが

ダートデビューながら外枠Lハギノコメントの一発に期待します!
馬場が渋れば尚更グフフ・・・神様仏様〜
前売り単勝=61.5倍ならウマーーー
うっかりかさご
2011/09/03 11:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
小倉2歳S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる