競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 武蔵野S追い切り。

<<   作成日時 : 2011/11/11 01:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

このレースって1週遅くなりました?GTのウラだけど、こういうレースが結構荒れたりするよねぇ。


アドマイヤロイヤル<87>
北沢(坂路) 51.6−38.5−25.3−12.7 末仕掛け
OPアドマイヤコマンドと併せる。追走したこともあって遅れたが、キビキビしたピッチ走法で活気溢れる動き。少し体が起き気味で伸びやかさに欠けるのが気に入らないが、レースでもこういう走りの馬。上がり馬らしい勢いは十分感じさせる。府中マイルはベストの舞台で、この舞台なら昇級で重賞挑戦でも警戒はしておきたい。

アドバンスウェイ<86>
助手(P) 65.8−50.6−37.6−12.3 抑え
500万ニシノゲイナーを追走し外へ。道中の折り合いはついていたが、直線へ向くと先行するニシノゲイナーを追いかけようと自分からギアチェンジして持って行かれ気味になるほどの前向きさがある。途中でこれだと心配だが、直線での話なのでむしろ良いほうに捉えたい。最近はダート転向直後ほどの勢いがなくなっているが、デキは悪くないはず。距離延長でスンナリ先行できるようなら変わり身があってよい。もともとがスピードを活かすタイプで、脚抜きの良い馬場になればさらに。

ヒラボクワイルド<86>
幸(P) 76.2−61.0−47.5−35.2−11.9 末一杯
ゴールドサクセスを追走し外へ。少し頭を上げていたが折り合いはついていた。直線でも頭は高かったがシッカリ伸び、余力残しで好時計マーク。距離短縮で見直し。

ナムラタイタン<86>
熊沢(P) 79.7−63.3−49.0−35.7−11.3 一杯
500万ゲティスバーグを追走し外へ。直線向くとすぐ仕掛けて最後に何とか捩じ伏せたって感じ。Pコースと言うこともあってスピード感はあったし、最後まで活気ある動きを見せた。下級条件を連戦連勝で上り詰めてきた際にも稽古は時計のわりにあまり見栄えしなかった馬で、今回程度の動きと時計なら十分でしょう。

オオトリオウジャ<86>
メンディザバル(坂路) 57.5−エラー−26.3−12.2 馬なり
ガッチリ抑えて終い1F手綱を緩めた程度。時計が遅いのは心配ない。弾むような走りで脚もよく動いており、好調と見て良いだろう。喉が鳴るので天候も向くかも。前走は展開ハマりすぎだが、スムーズなレースができればあのぐらいの脚は使える。ただし1F延長がカギ。こなせない距離ではないが、前述のように喉に不安を抱えているので信頼度は高くない。軸より一発系。

ダノンカモン<86>
助手(CW) 81.0−65.0−50.2−37.0−11.8 末一杯
500万ロイヤルインパクトとミッキーリヒトの内に併せる。おそらく大きく追走したんだと思うが、相手にジョッキー騎乗だったとは言え、格下ロイヤルインパクトに抵抗されての同入で、仕掛けの反応もかなり鈍かった。時計は悪くないしゴール前では頭を前に突き出して重心も下がっていたので大丈夫だとは思うが、もともとが相手なりのタイプで前走が厳しい競馬での2着。前走の価値は高いが、だからここは確勝とも言い難いキャラと動きではある。

タイセイレジェンド<85>
助手(坂路) 52.1−38.2−25.2−12.8 末一杯
OPマカニビスティーと併せる。残り1F手前でお互い仕掛け始め、相手が一杯に追い始めたのを待ってこちらもムチを使って最後は叩き合いで同入。瞬発力はもうひとつだが、力強さや推進力があって最後まで渋太さ目立つ。さらなる上積みは疑問も好調キープ。あとは展開。

ダイショウジェット<85>
助手(CW) 82.3−66.2−52.1−38.3−12.6 末一杯
南部杯ではこの馬ばかり見てました(笑)。展開が向いたとは言え、あのメンバーで掲示板なら大健闘。できれば馬券圏内に届いて欲しかったけど(泣)今回の追い切りもいつも通り。重心は高いがこの馬にしては素軽さや集中力があり、好調キープ。

コンティネント<85>
北村友(坂路) 51.5−エラー−25.4−12.9 末一杯
残り1Fまでガッチリ抑えていたが、馬は頭を下げて前向きさ十分。追ってから反応鈍く重苦しい動きだったが、時計面では及第点。そもそもあまり稽古と実戦は繋がらないタイプだったと思う。芝では3勝しているベストのマイル戦だがダートでは初めて。そりゃ府中にしかない距離だから経験が少なくて当然だが、集中力に難がありそうなので距離延長をどう克服するか。

シルクフォーチュン<85>
鷹野(CW) 78.8−63.2−49.4−36.9−12.9 末一杯
上々の行きっぷりを見せて勢いに乗ったまま直線へ向く。ただ直線では徐々にフットワークが小さくなって重心が浮き、最後は気持ちの面でも前向きさが薄れて失速気味にゴール。それでも12秒台にまとめており6F78秒台も含めて好時計と言えるものだが、ちょっとバランスの悪い追い切りになってしまった。前走は展開が味方した面も大きく、あれだけでマイルもOKとは言えない。

テスタマッタ<85>
難波(CW) 82.4−67.1−52.6−39.3−12.8 末一杯
未勝利ダノンクリエーターの内に併せる。直線へ向いたところでは余力十分でこのまま貫禄を見せるのかと思ったが、残り1Fを切って追い出しても走りが変わらず、逆にゴール前では煽られるようになってしまった。気性面の課題があって追い切りの動きとレースが直結しない馬。このぐらいの距離でタメが利けば弾ける期待は持てるのだが、さすがに2歳未勝利馬に遅れているようでは不安のほうが先立つ。

ロールオブザダイス<85>
助手(坂路) 54.6−40.5−26.9−13.5 馬なり
未勝利フクノハツヒメと併せる。軽く流しただけで時計は平凡。フットワークは軽快だったが、中距離でも中央の軽いダートでは追走に汲々とする時がある馬で、この距離へ対応するようなスピードや変わり身は窺えない。

クリールパッション<84>
津村(W) 68.2−52.9−38.8−13.4 末一杯
1000万ハイタッチクイーンと500万アプローズミーの内へ。今夏の復帰当初に比べれば素軽さや推進力は戻りつつあるが、今回も最内を回ったのに、馬なりの格下相手に残り1Fからズルズル遅れた。良化スロー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
で、肝心のお告げ、、、じゃねえや、エリ女の追い切りはどうなってるの?
はずれっち
2011/11/12 19:15
エリ女と言えば「2番じゃだめなんですか!」の民主の仕分けエリマキ女を想像するのは私だけ〜

スノーフェアリーは虫刺されで痒〜いの!
アパパネは前走でジ・エンド!

ここは大荒れの予感がしますんで、追い切り&お告げの方も宜しくお願いします!シャキーン
うっかりかさご
2011/11/12 19:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
武蔵野S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる