競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ラジオNIKKEI杯追い切り。

<<   作成日時 : 2011/12/23 13:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

このレースに参加することは絶望的。まして知らん馬が多い2歳S。初めて稽古を見る馬がほとんどで、評価には信頼度ゼロ。


トリップ<88>
岩田(CW) 83.0−67.6−53.2−39.0−11.6 末一杯
未勝利ストレートラブと未勝利プレレフアを追走し外へ。クロフネ産駒らしくユッタリ大きなフットワークで流し、残り1Fで並びかけるとスイッチが入って頭がグッと下がる。そこで仕掛けるといい反応を見せて力強い伸び脚で先着。真面目で集中力があるし、走る姿も体が収縮して伸びやかさに溢れる。一瞬のキレを求められるとまだ対応できないような印象はあるが、スムーズな競馬ができて助走区間を取ることができれば必ず最後は伸びてくるタイプに思える。もちろん素材としてはかなり高そう。

エタンダール<88>
川田(CW) 86.9−69.9−54.2−39.1−11.2 末一杯
新馬ブランクヴァーズの内に併せる。直線に向いてすぐに並びかけると、持ったままで抜き去って終い1Fビシッと追って突き離す。抑えている時に何度も頭を上げたり口向きの悪さを見せたり、舌も越していたりと若さ全開の動きで、まだまだ常識にかからず不安定さは否めないが、薄手で華奢な馬体ながらトビが大きく、シッカリ掻き込んでパワフルさもある。父の名前を確認しなくてもディープ産駒なんだろうなと思わせるバネがあり、先週エイシンフラッシュと併せた際に注目と書いたように、ハマれば一発の期待は持てる。上がり重点とは言えCWで終い11秒2は2歳馬としては破格。イメージとしては厩舎の先輩トーセンラーとそっくり。おそらく今回は最内枠で揉まれて撃沈すると思うが、外めをノビノビと走れたり、内で上手く脚が溜まって直線前が開いたりすると突き抜けるだけの魅力がある。

エアネド<88>
調教師(W) 70.7−54.3−39.7−12.3 馬なり
1600万ミヤビベガを追走し外へ。大きく外を回ったので相手が見切れてしまうほど差が開いたが、キビキビした動きで差を詰めて最後は手応えで上回っての同入。5F70秒台の上がり重点だが、Wコースで大外回って馬なりなのにこの時計は正直計時を間違えたのかと思えるほど速い。実際の動きも前向きさを見せて活気十分、最後まで四肢を柔らかく使ってよく動いていた。関東馬らしく迫力とか力強さには欠けるが、除外待機の影響もなさそう。ただこの後に長距離輸送があり、テンションの変化には注意。大外枠でもあり折り合い欠いて惨敗も。

サンライズマヌー<87>
デムーロ(坂路) 50.2−37.3−25.1−12.8 末一杯
未勝利ダノングーグーと併せ馬。頭を前に突き出し重心の低い集中力を感じさせる走り。掻き込んではいるが少し力強さに欠けるものの、フットワークの柔らかさが目立つ。ゴール前で少し甘くなった点を除けば、時計動きとも好感が持てるし、50秒台が出ていれば最後に甘くなっても許容範囲。新馬戦がハイレベルな1戦ようだが、そこを勝つのも頷ける素質を感じさせる。

ブライトライン<86>
佐藤哲(CW) 79.8−64.2−50.2−37.1−12.1 馬なり
新馬ユウウインと新馬ウインバトルシップを先に行かせて、自身は外ラチ沿いを大回り。直線へ向く際もかなり追いかける形だったが、アッサリ抜け出すと最後は大差先着。まぁ実質単走みたいなもんだったが、外ラチ沿いを回って馬なりのままこの時計は十分合格点。少し頭が高くて伸びやかさに欠ける走りが減点としたが、それでいてこの時計は、見た目以上に脚力があるんでしょう。強いて言えば若干メリハリに欠ける動きなので、緩急が利いたペースの決め手比べになった場合がどうか。

フレージャパン<86>
助手(坂路) 54.9−39.8−25.4−12.4 末一杯
未勝利リアライズナマステと併せ馬。前向きでキビキビした動きは目を惹き、追ってからフラつく場面はあったが最後まで重心が浮かずシッカリした走り。相手関係云々はわからんが、この馬自身は好調と見て良さそう。

ハタノヴァンクール<85>
四位(CW) 82.1−65.9−51.3−37.3−12.1 末一杯
新馬ミヤトーレルを追走し外へ。馬なりで流す相手に直線向くと仕掛けられ、残り1F手前でムチが入る。先に仕掛けたこともあり一旦は抜け出す勢いだったが、相手も追い出すと盛り返されて最後は追い比べで同入。ハードにやられたことでスピード感はあったし、新馬相手に見劣り感のある直線だったが追いかけてのもの。自身の動きとしては集中力があり、スピードに乗ると徐々に頭の位置も下がってそんなに悪くない。芝云々は何とも言えないが、2走前はデビュー戦で道悪馬場。12月の阪神芝に異様に強いキンカメ産駒だけに、走られても不思議ではない。

グランデッツァ<85>
秋山(CW) 80.1−64.4−50.6−37.7−12.6 末仕掛け
未勝利メトロファルコンを追走し外へ。かなり外を大回りして意図的に相手を前にやっていたが、馬なりのまま接近。最後は遅れたが、一杯に追われる格下に対してゴール前で何度か手を動かした程度なので遅れそのものは問題ない。ただここまで3戦のレースぶりもそうだが、体が伸びきったような状態で走っているので収縮力に欠け、動きにメリハリがない。流れに乗ってダラッと押し切りような競馬はできるが、緩急ついて決め手を要求されると案外脆いんじゃないかと思うんだけど。まぁこの馬自身もまだ全能力を出し切っていないとは思うので、ここで違った面を見せられてもおかしくないが。2戦目大差勝ち、3戦目で重賞勝ちよりも初戦2着を重視したい。

ゴールドシップ<85>
助手(坂路) 53.3−38.8−25.4−12.6 末一杯
1600万シルクシュナイダーと併せ馬。相手は最後まで馬なりで流したが、こちらは残り100mぐらい追っての同入。見劣り感はあるが、相手にはジョッキー騎乗だったし、走るピッチがかなり違ってこちらはユッタリしたフットワークでズブい印象。手応えの違いはそれもあると思う。頭も高くて動きが緩慢な印象は否めないが、最後まで前向きで活気はあった。マズマズの仕上がりじゃないの。

ハッピーウィーク<85>
小牧(坂路) 52.8−39.2−26.1−13.1 末仕掛け
500万アフロディシアスと併せ馬。馬なりで流し、残り1Fからもお互い軽く促す程度。少し手応えで見劣ったが、余力は十分残っていた。最後まで集中しており及第点の動きだが、ちょっとまだ動きが緩慢。スパッとしたキレ味は無さそう。流れに乗ってなだれ込むタイプのように見える。

アダムスピーク<85>
助手(坂路) 52.1−38.4−25.7−12.9 末一杯
2歳500万レッドクラウディアと併せ馬。お互い抑え気味の併走から残り1Fでこちらだけが仕掛け始める。手綱をピクリとも動かさない相手に対してシッカリ追っての同入と見劣りしたが、素軽さがあって仕掛けての反応も鋭い。ゴール前で少しジリっぽくなっったが、まぁギリギリ及第点の動き。

シンゼンレンジャー<85>
助手(坂路) 57.4−41.1−26.4−12.9 馬なり
一応500万マスターチアフルとの併せ馬だが、少し馬体を離してのもの。素軽い動きで先行先着し馬体が合うことはなかった。先週坂路でビシッとやったのが本追い切りのようだが、叩き4戦目で大きな上積みは?

メイショウデビッド<85>
池添(坂路) 53.9−39.7−26.0−12.8 末一杯
外ラチ沿いを単走で、終い1F手前からビシッと追われる。動きに力強さがあり時計も及第点だが、頭が高くて追ってからも走りが変わらずワンペース。ん〜キャリアも1戦だしまだようわからんな。

マイネルエクレウス<85>
キャンター
使い込んでの連闘になるが、疲れや硬さも見られず平行線って感じ。ここ2戦の内容はなかなかのものだと思うが、強行軍だけにねぇ。

エーシングングン<84>
助手(CW) 84.8−68.3−53.2−39.3−12.1 末仕掛け
先週Pコースで単走一杯に追われており、今週は軽め。手前を替えられず少しモタレ気味の走り。そのため時計のわりにスピード感がなく、頭を上げて少し気難しいのかなとも思わせる。逃げて新馬勝ち、追い込んで昇級2着もそのためか。フットワークそのものは素軽いのだが、まだ常識にかかった評価はできないような印象。とは言え前走の脚はハマった時にはあれぐらいやれることを示している。おそらく実戦タイプなんでしょう。

タガノグーフォ<84>
ウィリアムズ(CW) 66.5−50.9−37.7−12.2 末一杯
2歳500万ダイワテッセーと未勝利ダノンキセキを追走し外へ。直線へ向いてもガッチリ抑えたままでなかなか追いついて来ず、相手の鞍上のほうがこちらを何度も見ていたが、残り1F手前からようやくスイッチが入って集中し並びかける。ただ追ってからも動きに余力はあったとは言えもうひとつグッと伸びるところがなく、内の2頭に抜け出されてしまった。追走してのものなので遅れはあまり関係ないが、この馬自身に抜き去ろうと言う意欲が見られなかった点が割引。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時


うっかりかさご(サンタが来た)
2011/12/24 16:11
>うっかりかさご(サンタが来た)さん
おめでとうございます!
よかったねぇ
はずれっち
2011/12/24 17:50
>はずれっちさん
ありがとうございます ペコッ
明日は有馬でがんばりましょう

有馬のプレゼンターは片瀬那奈ちゃんのようですが・・・
勝たせFでツゥザグローリーが急浮上?
うっかりかさご(サンタが来た)
2011/12/24 17:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラジオNIKKEI杯追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる