競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神JF追い切り。

<<   作成日時 : 2011/12/10 16:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

レースぶりも調教でもキャラが固まっていない2歳馬たち。夏の新馬戦は仕上がり最優先なので逆に開き直って調教だけで買えたりするけど、この時期ともなると「仕上がり<素質」という結果も珍しくない。ましてここは勝ったことがある馬たちで、どうしても戦績と照らし合わせちゃうからなぁ。


アンチェラス<88>
助手(CW) 84.6−67.5−52.7−38.9−11.9 末仕掛け
先週準OP馬と併せて先着。直前は外めを回ってゴール前だけ仕掛ける微調整。クビを使わない走りだが重心がドッシリ安定し、フットワークも素軽くかつシッカリ掻き込んで力強い。好調間違いなし。ファンタジーS組、最内枠とも鬼門だが、状態の良さには太鼓判を押せます。

アイムユアーズ<88>
助手(坂路) 52.3−エラー−25.8−13.1 末仕掛け
中間も栗東に居残っての調整。コースで長めから併せ馬を消化するなど順調に調整され、直前は坂路で終いだけ。それでも道中から軽快さが目立ち、軽く仕掛けてからもキビキビした面を見せつつ落ち着いて走れていた。状態は万全。

イチオクノホシ<88>
助手(P) 67.5−50.2−36.7−11.9 末仕掛け
早めの栗東入り。1000万フィールマイハートを追走し外へ。直線へ向いても追いかける形だったが、軽く仕掛けると一気に加速し、あとは相手に合わせて軽く流しての同入。Pコースということもあるが、手先の軽い走りで動きも伸びやか。名前と初戦の大穴演出から人気になりにくいタイプだが、実は能力はかなりありそうに思う。当日落ち着きがあって体が減ってなければ。

ガーネットチャーム<86>
北村宏(芝) 67.3−51.8−38.0−12.1 馬なり
1000万ブルームーンピサを追走し内へ。相手も引っ張りきりだったが、こちらも馬なりで余力十分に同入。少し状態が起き気味だが前脚がよく伸びてリズミカルな走りをしており、デビュー戦が示すようにタメが利けば弾けそうな印象を受ける。ただキャリア1戦でこの追い切りでも少し集中力に欠けるような面もあり、信頼感はいまひとつ。フットワークからも外回りコースの外枠は歓迎じゃないかも。

ラシンティタンテ<86>
藤岡佑(坂路) 53.9−38.9−25.8−12.8 末強め
未勝利サクラエミネントと併せ馬。相手が抑えきれずにガンガン行っていたので終始追いかける形だったが、ゴール前で捕えて先着。もちろん相手が抑えっぱなしで「先着させてもらった」のだが、中1週で併せ馬を消化し馬に活気がある点が好材料。鮮やか過ぎる前走の勝ちっぷりは罠くさいが、あれぐらい走れる能力を窺わせる動きだった。

ファインチョイス<86>
岩田(CW) 83.7−68.0−52.9−38.4−11.7 末一杯
500万フリーアズアバードを追走し外へ併せる。激しい追い比べを制し上がり11秒台をマーク。1秒以上追走しての先着でよく動いていると言えるが、追ってからも頭の高い走りで数字ほどの鋭さは感じられなかった。口向きの悪さを見せなかった点はプラス材料だが、まだ信頼するのは怖い。能力はあるので勝ち切ってもおかしくないが、何か懸念材料を見せて凡走も。

エイシンキンチェム<86>
和田(坂路) 52.8−38.0−24.7−12.2 末一杯
内めを回ったこともあるが好時計。追われてスパッとキレる感じは無かったが、行きっぷりよく最後もシッカリした動きで活気を感じさせる。前走がだらしない負け方で半信半疑だが、連勝当時のように器用に立ち回れば一応圏内の警戒は必要かも。

アナスタシアブルー<86>
藤岡康(CW) 81.8−65.5−50.4−37.5−12.6 馬なり
500万ハギノハートフルとクリスタルクールの外に併せる。4角で外からスーッと並びかけ、直線へ向いて内の2頭が一杯に追われるところを、持ったまま抜け出してきた。動きは悪くないが、終始顔を外へ向けて口向きの悪さを見せていた。手応えからして終い仕掛けていればもっと速い上がり時計になっていたと思われ、そういった意味で能力はありそうだが、追わなかったのはムリをしなかった面と口向きが悪くて追えなかった面もある。一発タイプで中心視するのは危険。

トーセンベニザクラ<85>
竹ノ下(CW) 82.0−67.1−53.4−39.4−12.3 末一杯
早めに栗東入り。キビキビした動きで行きっぷりも良かったが、追ってから何度もノメッたり頭を上げるようなところがあってスムーズさを欠いた。それでも手先の軽い走りでマズマズのスピード感はあったし、一歩一歩に推進力があるのか大トビでもないのに滞空時間が長い印象を受ける。前走はそれまでの戦績からなんであんなに人気が無かったのか不思議で仕方ないが、逆に出世レースを勝ったからって今回は人気しすぎな印象も。

ジョワドヴィーヴル<85>
助手(CW) 98.2−81.3−66.5−52.9−39.2−12.7 末一杯
未勝利タガノキャンドルの内に併せる。先に追い出して残り1Fすぎからジリジリと抜け出し先着。頭の低い走りで身のこなしも柔らかく、さすが良血と思わせる。正直言って体は華奢で力強さには欠けるが、姉も同じようなタイプ。姉よりも稽古で真面目に走っている点は好感が持てる。ただここはキャリア2戦目。2歳時の姉に比べると体力面でまだ見劣る印象も強く、いきなりGT制覇するほどの完成度はなさそう。

サウンドオブハート<85>
助手(W) 71.9−55.5−41.0−13.5 馬なり
先週武豊が美浦までやってきて追い切っており、直前は輸送も考慮し抑え気味。そのため時計は参考外。馬には自分から行こうとする前向きさがあり、仕上がりは悪くはない。2歳牝馬で仕方ない面はあるものの、脚を伸ばした大きなフットワークのわりに力強さが物足りず、体もこの時点でスッキリしているように見える。連勝したように能力はあるが、大外枠で前に壁が作れなかった場合の折り合いが心配。今のこのヤネに馬を抑える力はない。前日1人気にはかなりビックリ。

エピセアローム<85>
助手(坂路) 52.2−38.1−25.1−12.7 末一杯
未勝利ジェンティルドンナと併せ馬。ゴール前では手応えでも見劣って遅れてしまった。ちょっとモタモタした感じが強く不満の残る動きだが、大トビであまり坂路では動くタイプでは無いと思う。こういうタイプなので前走小倉1200mは明らかに不適な舞台で、それを外マクリで突き抜けるんだから能力はある。1200mを1200mっぽくないレースぶりで勝った点も評価できる。仕上がり面での不安は残るが、スケール感ではメンバー中1,2位。ノビノビ走れる外枠もむしろ歓迎。

レディーメグネイト<85>
助手(坂路) 51.4−38.4−26.2−13.5 末強め
1000万メイショウウズシオと併せ馬。それほどムキにならず折り合いついた走りで、仕掛けるまでの動きは良かった。ただ仕掛けてからも走りが変わらず、若干フラフラするところも見られる。概ね安定した重心で掻き込み鋭い力強さを見せていたのでよしとするが、もともと稽古で良く見せる馬だけに大幅な良化は疑問。

ナオミノユメ<85>
助手(CW) 85.5−68.7−53.1−38.6−11.7 末一杯
軽快なフットワークで行きっぷりが良いところをジックリ溜めて直線へ向く。上がり重点にしては追ってから徐々に重心が浮いて鋭さひと息だが、フットワークが力強いので重心が浮いていても推進力を感じさせる。上がりの脚に限界があるようにも思え、スパっとしたキレよりも長くジワジワ伸びそうな印象。そういった展開になったとしてもどうかな。

プレタノート<85>
佐藤哲(坂路) 55.6−40.0−26.2−13.1 馬なり
馬任せに流す感じ。気合乗りも上々で集中力もあり、軽めの内容を考えると十分合格点だが、真面目にシッカリ走っているのに推進力というかグッと伸びるところがなかった。手先は軽いが伸びやかさにも欠け、印象としては地味。揉まれずに運んでどこまでって感じがする。

マイネボヌール<84>
助手(坂路) 54.1−39.5−26.0−12.9 末一杯
デビューから4戦連続で最速上がりをマークしているが、追い切りの印象はそんなに弾けず地味。馬には活気があるが、仕掛けてからもフラついたり重心が浮いたりと、戦績のような末の鋭さは微塵も窺えなかった。ただ走りからは坂路じゃ動かないタイプのようにも見えたので、レースでは変わり身が見られる可能性はある。まぁ阪神にも坂はあるし、渋った馬場で経験豊富なほうに良馬場の決め手となるとまた話は別かも。

アラフネ<83>
助手(W) 67.6−52.8−39.2−14.5 一杯
道中から抑えたりせず気持ち良く行かせたこともあるのだろうが、直線は時計が示す通り伸びを欠いた。最後まで手先はよく動いていて決してバテバテになった印象はなく、稽古駆けしないことを考えるとこんなもんでよいのかもしれないが、お世辞にも水準レベルの動きとは言い難い。この馬も連勝中だけに、実戦タイプだとしたら割引もできないが、まぁ初距離と長距離輸送で静観が妥当か。

スイートスズラン<83>
川島(坂路) 55.1−40.2−26.7−13.5 末一杯
2歳500万カネトシカトリーヌと併せる。半馬身ほど追走していたが、残り1F手前から手が動きだし、最後は目一杯に追われるも引き離されていった。最後まで真面目に走っていたが、手先の重苦しい緩慢な動きで印象はイマイチ。陣営としても併せた相手のほうに抽選通って欲しかったんじゃないかなぁ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>お疲れ様です

以前に巫女さんが「近々、豊がやるよ」と仰っていたような気がしますが・・・それが今回ではないかと勝手に妄想してます!
その豊が言うには・・・Dファインチョイス<86> Jアイアムユアーズ<88> Kラシンティタンテ<86> Oエピセアローム<85>が怖いと言ったかどうだか!?
だったら豊の Qサウンドオブハート<85>を加えた5頭のボックス馬券で大当たりじゃん!
うっかりかさご(干物状態でつ)
2011/12/10 17:11
豊さんは今のところ朝日杯も有馬も騎乗依頼無いみたい(T_T)
なのでここで勝って24年連続中央G1優勝・・・っていう筋書きはちょっとなぁ(人気馬じゃなかったら応援できるけど馬券的には)
ここは関東馬のアラフネあたりから(一応新馬戦から負け無しの2連勝。それにクロフネ産駒だからマイルまでなら期待出来るはず)
MUT
2011/12/11 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神JF追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる