競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 高松宮記念追い切り。

<<   作成日時 : 2012/03/24 07:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

新装なった中京で行われるGT。

スピードや素軽さ優先から、スタミナやパワーが求められるコースになったとは実感しているし、特に今年は改修直後で芝の根付きが怪しいうえに芝丈も長く、おまけに雨競馬続きで馬場も荒れ気味。これまでとは違った高松宮記念になりそう。もう1つポイントは、坂が新設されてゴール前の逆転劇が増えた印象は間違いないが、坂のある位置が他の競馬場と異なり、坂を上がってからの距離がある点。平坦巧者でも末脚がシッカリしていればカバーできるのか、やはりパワー最優先なのか、非常に興味がある(改修前から高松宮記念って他の中京1200m戦と全然傾向が違う面があったので)。いろんな面の見物がてら現地行こうかな。

マジンプロスパー<89>
助手(CW) 80.4−64.9−50.5−37.5−11.8 末一杯
終い一杯に追われてのものだが、上がり11秒台は全体時計を考えると好感が持てるし、何より重心が低く前向きさに溢れる走りや、掻き込みのシッカリしたフットワークからは、いかにも絶好調ですというのが伝わってくる。デキの良さではこのメンバーでも際立つ。あとはコースや馬場への適応力だけ。

ロードカナロア<88>
助手(坂路) 50.6−37.4−24.4−12.4 末一杯
OPオーセロワと併せ、終い一杯に追われてグイッと出て先着。おそらくこの日は雪解け馬場で、遅い時間帯は時計が出にくい状態だったのではないかと思うのだが、そんな中での一番時計は状態の良さを物語ると見て良いだろう。先週も好時計で動いており、状態に関しては問題なしと見る。あとは馬場が荒れているだろう最内を通されそうな点、フットワークが綺麗なので極悪パワー馬場をこなせるかに尽きる。

サンカルロ<88>
吉田豊(坂路) 54.3−36.6−23.5−11.6 馬なり
500万メジロサンノウを追走し外へ。2秒ぐらい追走したそうだが、直線向いて一杯に追われる格下を持ったまま捕えて先着。この厩舎はこういう上がり偏重の追いきりしかしないが、Goサインを出さなくても加速し上がり2F23秒台は優秀。中間も順調に好時計を出しており、活気の良さからもデキは合格点だと思う。

エーシンリジル<87>
和田(坂路) 50.9−37.8−25.3−13.0 末一杯
雪解けのぬかるんだ馬場の外ラチ沿いを、大トビで豪快なフットワークで駆け抜ける。さすがにゴール前は余力もなかったが、バタッと止まることなく最後までクビを使ってシッカリした足どり。この時計と動きなら上々と見て良いだろう。

サクラゴスペル<87>
助手(W) 81.7−65.5−50.6−36.7−12.3 末一杯
未勝利サクラオードシエルと3歳500万ヴェルティゴを大きく追走していたが、勢いある走りで4角で追いつき内へ入ると、直線は一杯に追われて大きく先着。もともと頭の高い走りな上、抜け出すと遊ぶ面があるそうなので、ゴール前は手応え悪そうに見えたが、大きなフットワークで迫力はあった。時計もWコースでは破格と言えるほどのもので、デキに関しては問題なしと見るが、勝ち星のある新潟ならともかく、新装中京のようなタフなコースの道悪に適性があるとは思えない。

カレンチャン<86↑>
助手(坂路) 54.4−39.2−25.1−12.1 馬なり
OPトウカイミステリーと併せ馬。雪が積もって走りにくそうな馬場のため少し馬自身もセーブしているような走りだったが、ゴール前で仕掛けられる相手に持ったままで先着。フットワークが軽快でひと叩きの効果は窺える。もともとあまり調教でガンガン動くタイプではないので状態の見極めが難しいが、まぁ順当に良化しているんだろう。

タマモナイスプレイ<86↑>
渡辺(坂路) 53.3−38.8−25.3−12.6 末強め
1000万セトノハリケーンと併せる。相手が仕掛け始めた残り1Fでもガッチリ抑えたままで、ゴール前100mで仕掛けられるとスッと抜け出し先着した。動きに活気も出てきて状態上向き。脚を大きく伸ばして走るので道悪疑問だがデキは良さそう。

ツルマルレオン<86>
小牧(坂路) 53.8−39.1−26.0−13.4 末一杯
OPリーチザクラウンと併せる。稽古駆けする相手に素軽さでは見劣ったが、重心が低くて掻き込みのシッカリした動きはパワフルさ十分。ゴール前は若干脚色鈍って時計を要したが、ゴール寸前まで手前を替えなかった点もあると思う。短距離GT出走なのでもう少しスピード感は欲しいが、逆に今回の中京にはこういうタイプが合うのかも。

レジェトウショウ<85>
助手(坂路) 55.8−39.9−25.3−11.9 末強め
外ラチ沿いを流して終い1Fだけ気合をつけられる。頭が高く重心が浮き気味のフワフワした走りだが、これがこの馬の走り。仕掛けての反応良く、キレが感じられた。好調と見て良いだろう。

グランプリエンゼル<85>
藤岡佑(坂路) 52.4−37.8−24.7−12.6 末一杯
OPオセアニアボスと併せる。相手が稽古駆けするので手応えで見劣っていたが、この馬自身は活気があって最後まで前向きさや集中力を保った走りができていた。パワータイプとは言えないが、中山でも結果が出せるようになってきているし、言うまでもなく道悪は大歓迎。左回りさえ克服すれば突っ込みも。

トウカイミステリー<85>
調教師(坂路) 55.4−40.1−25.3−12.2 末仕掛け
OPカレンチャンと併せる。馬なりの相手に遅れることになったが、こちらも軽く仕掛けた程度。安田先生が愛娘の脚色を確認するために意図的にハードな内容にはしなかったように見えた。この馬自身も走りにくい馬場状態の中、キビキビと活気ある動きをしており、水準レベルにはあると思う。平坦向きなので坂は割引だが、外差しがハマりそうな今年の展開で直線勝負に賭ければ。

アグネスウイッシュ<85>
助手(CW) 82.7−65.2−50.8−37.5−12.3 末一杯
カメラがブレまくりでようわからん。フットワークが柔らかく動きにマズマズ活気もあるが、もうひとつ前向きさに欠けるような印象も受けた。水準レベルにはあるがもうひと押し強調材料には乏しい。3走続けて最速上がりをマークしての好走と上がり馬の魅力タップリだが、坂にほとんど良績がなく、今の勢いでどこまで克服できるか。

ベイリングボーイ<85>
助手(CW) 67.7−53.1−38.7−12.2 末一杯
淡々と流して終い1Fビシッと追われたが、重心が高く体もスッキリしすぎているようで迫力に欠ける走り。レースではグッと重心が下がって目立つ伸び脚を見せる馬なので印象が違うが、馬場を気にしていたようにも見えた。この日のように滑る馬場は疑問だが、本来は道悪でパワーを求められてこそ出番の回ってくる馬。どうせ今回も直線勝負だろうし、ハマればもう一発の可能性も。

ダッシャーゴーゴー<85>
助手(坂路) 54.0−39.5−25.0−12.0 末一杯
重心が高い点や動きが硬い点はいつものこと。特にこの日のように、雪が積もって下が滑りやすい状態ではそれが目立っても仕方ない。本来もっと時計が出るタイプにしては平凡な時計も、そうした馬場状態で人馬が気を遣った影響もあると見る。パワータイプではないので新中京コースへの適性がどうかって気はする。

アポロフェニックス<85>
助手(坂路) 49.8−36.8−24.7−12.7 末強め
キビキビと軽快な走り。最後まで前向きさや集中力はあったが、ゴール前は若干脚色が鈍っていた。時計もこの馬としては水準級で良くも悪くも平行線。道悪はこなしそうだが。

サンダルフォン<85>
助手(CW) 84.5−68.2−52.7−38.5−12.1 一杯
大トビでメリハリに欠ける動きだが、だいたいいつもこんな感じ。活気や前向きさはあったので極端にデキ落ち云々とかは無さそう。ただ上積みもどうかと思う。末脚は魅力だが、左回りとか急坂とかほとんど走れてないからねぇ。

ジョーカプチーノ<84>
助手(坂路) エラー−38.8−26.8−14.1 末一杯
大トビでパワフルなフットワークは好感だが、内めを回ったにもかかわらず終いはモタモタ。一応最後まで動けていたが、道中はガンガン行っていたのにゴール前では何かもうひとつ前向きさが欠けているようにも見えた。先週好時計で動けているし、稽古でこんな感じでもレースでは押し切ってしまうことも多いので何とも言えないが、現状は1200mのスピード競馬に対応できるかは疑問。その点、今回のコース改修と馬場状態は好材料だと思う。評価は辛めだが、レースでの印は別に考えたい。

エーシンダックマン<84>
助手(坂路) 52.7−38.8−26.5−13.9 末一杯
今回も軽快に飛ばして終いはバタバタの内容だが、極悪馬場を差し引いても目を覆いたくなるような止まりっぷりだった前回とは雲泥の差。馬場状態の違いによるところが大きいとは言え、多少なりとも上積みは考えられる。ただキャラ的に今回のコースと馬場が味方するとは思えない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
中京は差し&追い込み天国キボンぬ(勝手に荒れ馬場と想定)
◎サンカルロ、○トウカイミステリー、▲グランプリエンゼル、△サクラゴスペル、△エーシンリジル・・・でこじんまりと!

ロードカナリアは距離短縮&最内枠が災いしてOrz,カレンチャンは下降線↓気味?でぶった斬ります
うっかりかさご(遠い眼で・・・)
2012/03/25 10:31
IMNP
@はうっかりさんも言っているように内枠引いたんで消す。
しかもこの馬平坦ばかりじゃねえか?
今の中京には坂があるんやで〜w
はずれっち
2012/03/25 10:50
『トウカイミステリー』何気に名前が気に・・・
サクラゴスペルは岩田騎手に断られてピンナ騎乗が決定!
格下ながら男の意地を見せてくれ〜
うっかりかさご
2012/03/25 12:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
高松宮記念追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる