競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS NZT追い切り。

<<   作成日時 : 2012/04/06 23:14   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先週は失礼しました。

「2場開催2重賞だもん♪更新楽勝やん♪」と思ってたのが甘かった。

金曜から猛烈な体調悪化で土日ともに高熱でうなされてました。

まぁ、うなされながら(うなされてたから?)ネコパンチを買ってたり、ネオサクセス流しを買ってたりしたんですが(笑)

ん?うなされてたほうがいいのか?


カレンブラックヒル<87>
秋山(CW) 85.7−68.5−53.5−40.0−12.8 末強め
未勝利リアルクラシックを追走。相手がバテバテになったこともあり、内からズバッと抜き去って先着。追ってから頭を突き出しグイグイ伸びていた。平坦のほうが良さそうな走りではあるが、道悪で連勝したように掻き込みがシッカリしてパワーもそれなりに備えているようなので急坂も対応可能と見たい。初輸送や揉まれる競馬など課題は多いが、デキの良さや潜在能力でクリアするかも。

オリービン<86>
助手(P) 78.5−61.7−48.7−36.7−11.9 馬なり
単走でサーっと流して速い時計をマーク。身のこなしに柔軟さが窺えない点が残念だが、フットワークは軽快だった。行きっぷり良く折り合いもついていたし、好調の範疇と捉えて良いだろう。掻き込まず手先だけで走るので馬場悪化は割引だろうが、幸いにして今週は好天でレースを迎えられそう。問題はやはり大外枠か。

セイクリットレーヴ<86>
助手(坂路) 50.4−37.1−24.9−12.9 末強め
500万マイネルアウストロと併せる。追走して外を回り、手応えで上回って好時計マークし先着。徐々に重心が高くなった点は不満だが、ひと息入ったにしては動きは軽い。決して走りやすそうにも見えなかった馬場を考えれば、悪くない動きと言える。

ホーカーテンペスト<85>
助手(W) 68.3−53.3−39.2−12.9 末仕掛け
馬場の外めを回って終い少し気合をつける。道悪巧者らしいシッカリした掻き込みだし、それでいて重苦しさが無く折り合いもスムーズ。好調持続。ただ前走は平凡なレベルで道悪適性がモノを言った感も。

フェスティヴタロー<85>
助手(W) 67.1−51.9−37.7−12.8 馬なり
未勝利シムーンを追走し内へ。格下相手に内を回ったものだが、追走し4角で並びかけるとオイデオイデの手応えで先着。少しムキになっているようにも見えたが、もともとクビを使って頭を上下させる走りのようなので問題なしと考えて良さそう。前脚の掻き込みが推進力を生んでいるようなフットワークで、道悪適性も感じさせる。状態は良さそうなので時計勝負に対応できれば。

レオンビスティー<85↑>
国分優(P) 80.0−65.6−51.8−37.8−11.5 末一杯
未勝利ブルースイショウの内に併せる。相手が追い出すのを待って残り1Fから叩き出すと、一気に抜け出して独走。まだ少し体を持て余し気味の動きだが、キビキビとメリハリの利いたフットワーク。もう少し力強さがあれば良いのだが、休み明けで動きひと息に見えた前走2着時よりもずっと動いている。ただマイルの距離が?

サドンストーム<85>
国分優(坂路) 56.2−40.8−26.6−13.5 一杯
頭を下げて力強い掻き込みの走り。前向きさも十分に窺えた。さすがに最後はお釣りもなく何とか我慢した程度だが、最後まで気力が衰えず自分から行こうとするところは見せていた。モタつき感も馬場を考えれば許容範囲。1F長い気もするが、最内枠を巧く捌けば。

バンザイ<85>
助手(P) 63.5−48.3−35.5−11.9 末一杯
500万アロハタワーと3歳500万タマモクララを追走し最内へ。直線入り口で並ぶと、外の2頭がモタつく間にスッと抜け出し一時は大きく差を広げたが、徐々に頭が高くなってもうひと伸びを欠き、ゴールでは大外タマモに差し込まれた。まぁ乗り手の違いや追走したことを考えると悪くは無いが、大きく変わってきた印象もなし。展開やペースに恵まれてスンナリ先行できれば別だが、現状では競り合って脆さが。

コスモルーシー<84>
助手(P) 80.2−65.5−51.0−37.6−11.7 末一杯
3歳500万ミサソレムニスの内に併せる。格下相手に遅れ、しかも相手は持ったっきり。頭を下げて集中できていたが、もうひとつ気迫に欠けるような走りでパッとせず。展開は向きそうだがムラっぽい印象は否めない。

ブライトライン<84>
助手(坂路) 56.7−42.5−29.0−14.7 末一杯
終い1Fビシッと追われたが、伸び上がるような走りで上体が起きてしまい、ノメるようなところもあった。パッとしない動きで時計も平凡だが、時計がかかって走りにくかった今週の坂路で馬場の荒れた時間帯だったことを考えると一概に割引とも言えない。最後まで前向きさや集中力はあったので、水準級としておく。今回は速い流れも予想されるので課題の折り合いはクリアできるかもしれないが、距離を縮めて良さを出した前走なので、1F延長して同じ脚が使えるかどうか。中山でアンカツってだけでもマイナスだし。

ヴィンテージイヤー<83>
助手(芝) 75.6−60.3−47.7−35.5−12.6 末一杯
3歳OPキズマの外に併せる。頭の高い走りで動きの伸びやかさに欠け、4角から追い出すもズルズルと遅れてしまった。前走で掲示板を確保したが、現状ではダートのほうが合っていそうな走りで印象イマイチ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NZT追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる