競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神牝馬S追い切り。

<<   作成日時 : 2012/04/07 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

このレース相性が良い気がする〜♪終わってから「フケでした」とか言われなければ。まぁ最近寒いから大丈夫でしょ。

フミノイマージン<87>
助手(P) 79.3−62.4−48.5−35.9−11.5 馬なり
ラチに接触するかと思うほど外めを回ったが、ハミを掛け直す程度で水準級の時計を楽々とマーク。行きっぷり軽快で、最後まで集中した走りだった。前走は進路を探しながらの4着で、さらに距離短縮の今回は前半置かれそうだが、流れさえ向けば突っ込んで来そうな充実ぶり。

マルセリーナ<87>
助手(CW) 90.1−73.3−57.1−42.1−12.8 末一杯
1000万ベストクルーズと1600万タガノジンガロの最内に併せる。馬場の悪い中での上がり偏重の追い切りなので、ゴール前の動きだけで判断するのは危険だが、仕掛けると反応良く抜け出して最先着。四肢がよく動いて体も良い意味でフックラ見せる。完調と言えるほど鋭い動きではなかったが、休み明けの仕上がりとしては評価できる。

スプリングサンダー<87>
四位(坂路) 55.7−40.7−エラー−13.9 馬なり
時計平凡だが馬場の影響。この馬らしい重心の低い走りができており、最後までシッカリした掻き込みで力強さを感じさせ、前向きさや集中力も十分。デキに関しては何ら心配なし。内枠を捌ければ大崩れはしない。

エーシンハーバー<86>
助手(P) 67.4−51.1−37.2−11.2 末一杯
1600万エーシンヒットマンを追走し内へ。直線入り口で並びかけ残り1Fで仕掛けると、相手が追わなかったこともあり抜け出して先着。少し伸びやかさには欠けたが、仕掛けての反応が良くキレのある動きだった。仕上がり上々。

カトルズリップス<86>
調教師(P) 67.2−51.5−37.0−12.0 馬なり
1000万アカリの外に併せる。直線入り口で相手に追いつかせてゴールでは同入だが、一杯に追われる格下に対して持ったまま。先行したこともあるが、動きの良さは認められる。キビキビ感、集中力、力強さと今期の好調さを示すような内容だった。ただ今回は展開面が。

レディアルバローザ<86↑>
浜中(P) 82.1−65.9−51.7−37.8−11.8 馬なり
前走は復調と言うよりも、全てが逃げ切り勝ちだった日にハナへ行った鞍上の好判断と道悪適性がモノを言った勝利。ただ今回の追い切りでは最近にない活気を感じさせ、徐々に上向いてきた感はある。動きの硬さは若い頃からのもので心配なし。ただこの硬さゆえに短めの距離向きと見てきたが、中距離で流れに乗った競馬がベストなのかなぁって気もしてきている。

アンシェルブルー<86>
助手(坂路) 49.9−36.1−23.7−12.0 末強め
やや頭は高いが前脚の力強い掻き込みで推進力を生みだし力強い走りで好時計マーク。前向きさや集中力が窺えるし、叩いてシャキッとして活気が出てきた。昨年2着時ほどの勢いはないが復調気配。

フォーエバーマーク<86>
助手(坂路) 53.2−38.3−25.0−12.1 馬なり
力強い掻き込みで重心も安定しており、軽く気合をつけての反応も良く、終いは数字以上のスピード感があった。動きに何らケチをつけるところなし。それでこの成績は成長力とか能力的な問題としか思えない。よほど巧く逃げられれば別だが、同型もいる今回は厳しそう。

クィーンズバーン<85>
助手(坂路) 61.3−44.5−29.1−14.1 末仕掛け
淡々と流してゴール前で少し仕掛ける程度。内容が軽めなので時計は参考にならないし、数字以上に素軽さや活気はあった。日曜にビシッと追って直前軽めはこの馬のパターンなので、能力は出せる仕上がりと見たい。格下だがそんなに見劣り感はない。

チャームポット<85>
古川(坂路) 57.4−42.1−27.4−13.5 末一杯
OPセブンシークィーンと併せる。先に追い出した相手に一旦は置かれかけたが、ノメりながらも脚を大きく前に伸ばすフットワークで渋太く盛り返して先着。この日の馬場で鋭い上がりを期待するのは酷なので、これだけ動いて差し返していれば好調なのだろう。活気ある動きがそれを示す。

セブンシークィーン<85>
和田(坂路) 57.5−42.3−27.5−13.6 末一杯
OPチャームポットと併せる。先に仕掛けて一旦前に出たが、好調な相手に差し返された。この馬自身も大きなアクションで最後まで前向きさを見せていたので相手を褒めるべきだろうが、ガラッと変わった印象無く、距離コースともに不安を抱える今回は厳しい。

キョウワジャンヌ<84>
飯田(坂路) 60.0−43.3−28.5−14.4 馬なり
軽めの内容で時計は参考外。馬場を考えるとフットワークも素軽く仕上がっているのかもしれないが、休み明けにもかかわらず馬なり中心で本数も少なめなうえに、この最終調整。距離短縮はプラスでむしろこのぐらいの距離でこそだと思うが、息持ちが心配。

サワヤカラスカル<84>
助手(坂路) 59.5−42.6−27.9−14.0 末一杯
前向きさはあるしシッカリ掻き込んでフットワークも力強いが、もうひとつメリハリに欠ける動き。特に悪いと言うところはないが、良くなってきた印象もない。舞台はベストで展開も向きそうだが、このクラスではそれでも結果が出ていないのが辛いところ。

オウケンサクラ<84>
助手(坂路) 55.4−40.8−27.4−14.0 末一杯
終いはバテ気味だったが、この日の馬場ではほとんどの馬がこんな感じ。道中はマズマズの力強さで大きなフットワークだったし、極端に悪いデキとは思えない。それで近況サッパリなうえ、もともとが叩き良化型。常識的には手を出しにくい。

アパパネ<84>
岩田(CW) 87.1−70.5−54.8−40.8−13.4 末一杯
500万ロードランパートと1000万アルジェンタムの最内に併せる。頭を前に突き出し力強い走りだが、見た目に丸いし稽古駆けすることを考えると、馬場を差し引いてもモタモタした印象がある。実績を考えれば56kgは有利だが、もともと成長力に欠ける血統だし、この仕上がりで走られたらお手上げ。以前は87〜88点ぐらいを連発していたことを踏まえれば、この点数の意味は...

エーシンリターンズ<83>
西谷(CW) 86.0−69.6−54.3−40.5−13.6 末強め
そんなに稽古で目立つほうではないし、今週のCWは時計がかかる走りにくい馬場状態だったとは言え、覇気に乏しい印象で見た目に動きが小さく硬い。心身ともにまだ態勢が整ってない印象が強い。ただこの馬とは相性悪くて、買うと来ないし評価を下げると割り込まれる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりにコメントさせて頂きます。
ここは千四ならバツグンの四位サンダーで!
あとはマルセリーナの2頭軸で総流しッス。
MUT
2012/04/07 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神牝馬S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる