競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島牝馬S追い切り。

<<   作成日時 : 2012/04/20 21:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

今年の福島の馬場は要注意やね。


コスモネモシン<88>
助手(C) 66.8−52.4−38.2−12.1 馬なり
追い切りではホレボレするような動きを連発する稽古駆けタイプ。脚抜きの良い馬場だったとは言え、今回も適度な行きっぷりで直線へ向くと、自分からギアを替えてグイグイ伸びた。少し内へモタレていたような印象もあるが気になるほどではなく、低く安定した重心と力強い掻き込みでパワフルさもある。前走後に短期放牧に出たそうで、そのわりにビシッと1本も追っていない点がどうかだが、この動きなら問題なさそうだし、むしろ放牧のリフレッシュ効果が窺える。良い枠を引いたし、ヤネがちゃんと乗れれば何とかなるんだよ。

オールザットジャズ<87>
助手(CW) 87.1−69.8−54.5−40.6−12.4 馬なり
3歳OPエキストラエンドと3歳500万メイショウブシドウの外に併せる。角居厩舎としては珍しく格上が大外に併せる形。折り合いついてリラックスした道中から、終い1Fでグッと気合を見せてゴール前軽く促される程度で先着した。少し軽めの印象は否めないが、この厩舎はあまりビシビシ追わないし、動きそのものはフットワークが柔らかく弾むようなところを見せつつもシッカリした掻き込みで力強さもある。馬体を見ても、期待馬に実が入ってパンとしてきた印象が強く、ここ数戦の内容はフロックではない。前付けもできるが前走のようにゲートで安めを売って後方からになることも多いので、明日は位置取り次第だろう。ポンと出て中団で脚を溜めるような形になれば、終いの弾けっぷりはここでは違うはず。

マイネイサベル<86>
調教師(W) 83.7−68.0−53.3−39.2−13.1 馬なり
やはり右回りだとコーナーワークがぎこちない印象をうけなくもないが、以前に比べれば極端なサウスポーっぷりでもなくなってきた。直線向いてからは大きなフットワークと力強い掻き込みで推進力を感じさせる動きを見せており、前向きさもあって良いとは思うんだが、少し体が淋しく見えた点がどうか。気のせいだとは思うが、一応体重には注意したいところ。

メーヴェ<86>
宮崎(P) 68.6−52.9−37.9−12.6 馬なり
3歳OPヘレナモルフォを追走し内へ。相手が待ってくれたこともあり馬なりのまま直線手前で並ぶと、そのまま流して同入。馬体を併せて集中力を見せ、数字以上に素軽さを感じさせた。福島が合わない気はするが、デキは良さそう。

ラブフール<85>
助手(坂路) 57.5−41.8−26.9−12.8 末強め
輸送を考慮したんだと思うが、馬なりで軽めに流して終い1Fだけ仕掛ける。仕掛けるまでの重心の高さやフワフワした感じは流していたからで気にならないが、仕掛けてグッとスピードに乗ってから外へヨレていったのは不満。とは言えフットワークはシッカリしており、馬力負けしてヨレたわけでもないだろう。脚質的に最内枠が歓迎とは言えないが、平坦小回り巧者でスローの瞬発力勝負にも対応可能なタイプ。ハマれば怖い。

アカンサス<85>
柴田大(坂路) 51.9−37.3−24.7−12.4 馬なり
重心が高くて力強さに欠けるが、この馬はこういう走り方。シッカリ脚は動いており、前向きさもあって悪くは無い。道悪だと割り引きたくなる走りだが、今週は馬場が悪くなる心配もなさそう。距離はベストだしスパッとキレる脚を持っているのでペースと展開次第では上位を賑わす可能性もあると思う。心配はやっぱりヤネ?

アスカトップレディ<85>
川須(坂路) 51.1−37.8−25.0−12.6 末一杯
それほど良さそうな馬場状態には見えなかったが、最近の坂路ではなかなかお目にかかれない時計をマーク。もともとやれば時計が出るタイプなのでそう評価もできないが、最後まで集中していて一応態勢は整ったと見たい。ただし最近の極悪馬場でムリをしなかったのかもしれないが、休み明けなのにビシッと速い時計で追ったのが今週だけ。条件級の頃は小回り巧者で福島で好時計勝ちもあるが、クラスが上がるにつれてエンジンのかかりの遅さが目立ち、最後までジリジリ伸びるキャラになってきただけに、今のこの馬にコーナー4回の小回りが向くかどうか。

ビッグスマイル<85>
助手(坂路) 53.8−39.2−25.5−12.9 末一杯
馬場が荒れていたわりに時計はまとめた印象だが、映像に映る姿は終い1F追われて重心が浮き、伸び上がるような面が目立った。それでも脚はシッカリ出ていたからこその時計だと思うのでそんなに心配しなくてよいのかもしれないが、印象の良い動きとは言えない。どんな相手と走っても堅実と言える戦績だが、終い一辺倒で不器用なキャラが災いしているともとれる。福島1800mは微妙なところ。

アニメイトバイオ<85>
後藤(W) 69.0−53.2−39.2−13.1 一杯
未勝利ザッツフォエヴァーとサラガドゥーラを追走し大外へ。1秒以上追走して4角でも外を大回りしたため、直線も追いかける形が続いたが、ゴールで捕まえての同入。追ってから頭は高いが気持ちの前向きさは見せていたし、少し体が伸びきったような動きで収縮力に欠けるのは今回に限った事ではなく、まぁ及第点の動きと言えるだろう。前走は仕上がり途上だったが、今回はゴールを過ぎてもビシッと追われて絞ってくるものと思われる。ハードな追い切りの反動が出なければ。

トウカイライフ<85>
助手(坂路) 50.9−37.4−25.0−13.1 末強め
終いは若干一杯一杯でお釣りなく13秒台。その点は残念だが、道中から上々の行きっぷりを見せて外めを回って50秒台なら許容範囲。普段がどんな馬だか知らんが、この馬なりの状態は維持していると思う。格上挑戦、芝替わり、斤量増を克服するほどの材料は見出せない。

ニシノステディー<84>
助手(坂路) 54.5−38.5−24.9−12.6 末一杯
道中は内めを回り、直線だけ外へ。そのわりに正直言って時計は物足りない。直線半ばからは少し伸び上がるような感じで推進力を欠いているような面もあった。モタモタした印象は否めず。

カルマート<84>
助手(W) 84.3−67.8−53.5−39.9−13.6 末一杯
1000万アサクサマリンバを追走し内へ。それほど大きく追いかけたわけでもないのに馬なりの格下に一杯に追って遅れた。最後までシッカリ動けてはいたが、時計も物足りないし全般に動きが緩慢な印象。まだ昨年良かった頃の活気に乏しい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>お疲れ様です

格下ながら似たようなキャラのラブフールが鬼脚オールザッツジャズを終始マークしてのまさかまさかのゴール前での差し切り!
無謀にも馬単1点でこじんまりと\500勝負ですわん
うっかりかさご(頑張ろう福島)
2012/04/21 07:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島牝馬S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる