競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS プリンシパルS追い切り。

<<   作成日時 : 2012/05/04 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初見の馬が多くオマケです。


フジマサエンペラー<87>
田中勝(W) 82.5−66.4−52.1−38.2−12.8 末仕掛け
1000万シンボリマルセイユを追走し外へ。逃げ込みを図って4角手前から気合をつけられる古馬を持ったまま追いかけ、直線へ向いて一旦スッと引き離されたところで仕掛けるとジリジリ差を詰めて同入。最後は相手も流したための同入って面はあるが、終始頭を前に突き出して重心が低く安定し、フットワークの伸びやかさとか掻き込みも十分合格点。皐月賞の馬券的本命馬(爆)という贔屓目は絶対にありますが(笑)、それでも良い動きだと言いたい。

スピルバーグ<86>
杉原(坂路) 52.3−38.6−25.7−13.1 馬なり
3歳500万スーパームーンと併せ、馬なりでサッと流して同入。前走時も確かそんな印象だったと思うが、軽い内容ということもあって重心が高くてフワフワしたところが目立つ。集中力ももうひとつの感じ。当然ながら素質はあるんだろうしデキ云々ではないだろうが、この厩舎だけにまだ馬が完成されておらず能力を常に発揮できる信頼感に乏しい。

クリールカイザー<85>
助手(W) 80.5−65.3−50.7−37.7−13.3 馬なり
3歳500万アメリカンダイナーと1000万ハリマノワタリドリの外に併せる。抑えきれない行きっぷりながら何とか我慢させ、直線入り口で軽く仕掛けると後は流して僅かに遅れる。内の2頭が一杯に追っていたので遅れは気にならないし、リキみ気味の道中だったわりに最後まで素軽く伸びやかな走りだった。初めて見るので何とも言えないが、印象は悪くない。

タイセイグルーヴィ<85>
柴山(P) 51.3−37.3−12.5 馬なり
3歳500万コスモアネクドートと未勝利ワイルドアプローズの内に併せる。未勝利馬を大きく先へ行かせ、コスモと一緒に追いつく形だったが、外の2頭が一杯に追われるのに合わせるように馬なりでもスンナリ加速し同入。4F追いなので終い伸びて当然だが、軽快さは目立った。反面、まだキャンキャン飛び跳ねるような面もあるし、フットワークに掻き込みの力強さが足りない。まだ成長途上と言った印象も。

アルキメデス<85>
助手(坂路) 64.5−46.7−30.4−14.9 軽め
使い込んでの中1週で輸送もあるためこの内容になったんでしょう。馬にはジワッとした気合乗りがあり、硬さも見られないので問題ないと思うが、ちょっと調整内容としては疑問。上積みは求めにくく、道中リキんで走るので折り合いがカギとなり、この距離への対応が不安。

マイネルカーミン<85>
助手(W) 83.7−67.8−53.5−40.3−13.6 馬なり
1600万カゼノグッドボーイの外に併せる。ゴール前で少し手綱を緩めた程度でほぼ馬なり。前向きさはあり、抑え気味だったにしては集中力もあったが、印象としては地味。調整が軽すぎるような気がするのに体をスッキリ見せているのが良いのかどうなんか。

マイネルアトラクト<85>
助手(坂路) 53.2−39.1−25.4−12.6 末一杯
ユッタリ流して終い1Fだけ追われる。軽快さは見られたが、少し体が起き気味で推進力に欠ける走り。追ってからもフラフラするところが何度かあり、最後に叩かれてからも走りは変わらなかった。順調だが上積みも疑問。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プリンシパルS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる