競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新馬戦追い切りとダービー回顧。

<<   作成日時 : 2012/06/01 20:34   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

ダービーの顛末は最後にちょこっと。


個人的には今年のJRA2大看板だと思っている新馬戦の前倒し(もうひとつの看板は中京リニューアル)。この時期に府中で新馬戦をやって、どういう傾向が出るのかは非常に楽しみにしている。まぁ馬券的には面白くなさそうな方向に転がりそうだけど、仕上がり途上の良血馬がコースのタフさを味方に台頭するのか、時期が早まったことでローカル小回り向きで早熟血統が府中でもこなしてしまうのか、注目したい。阪神から始まる関西は例年通りだが、それでもこの時期の2歳馬にとって2週間という前倒し期間は決して短いものではないはず。



【阪神1日目 芝1600m】
トーセンパワフル<87>
福永(CW) 87.2−70.1−54.5−40.1−12.6 馬なり 
500万サトノサミットと未勝利タニノアペトゥラの外に併せる。ユッタリ流しただけだが、一杯に追われる先輩2頭を軽くあしらう感じで余裕綽々で先着。当然まだまだ体は仕上がっていないのでつけいる隙もありそうだが、雄大なフットワークと柔らかな走りは、さすが血統馬って感じ。全兄ロジユニよりも動きに弾力がある点も好感が持てる。

ラウンドワールド<86>
岩田(CW) 90.3−72.4−55.4−40.5−12.4 末一杯
新馬タガノラルフの外に併せる。残り1Fから追い比べになったが、ジョッキー騎乗でもあり手応えで上回って先着した。まだ追ってすぐにビュッと伸びる反応の良さは見られないが、それでも力強い脚色でジリジリ差を広げた点は評価できる。上がり偏重の内容ではあるが、阪神マイルに使うことを考えればこれでよい。1週前には水準レベルの時計をマークしており、直前がこの動きなら。

マイネヴァイザー<85>
和田(坂路) 52.9−38.7−25.2−12.3 末一杯
新馬エーシントップと併せる。まだフットワークがバラつくところがあり、力強さには欠けるものの、終始頭の低い走りで脚がよく前に出ている。マズマズといったところ。



【阪神2日目 芝1200m】
ウイングリート<86>
川須(P) 88.6−72.0−56.0−40.8−12.4 馬なり
未勝利オーバルライトの外に併せる。Pコースでこれだけ上がり重点だと終いの素軽さも信用できないが、抑える鞍上に反抗することも無く折り合い、四肢がよく伸びた大きな走りは印象としては良い。ただ逆にこの距離を使うにしてはおとなしすぎる印象も。

エーシンセノーテ<83>
助手(CW) 83.3−67.2−53.5−40.8−14.1 末一杯
新馬エイティグローリーの内に併せる。一応先着したが時計を見ての通り相手が動かなさすぎただけ。この馬も気持ちは前向きで集中していたが、お世辞にも動きに鋭さがあったとは言い難い。フットワークも前に伸びない感じで印象はイマイチ。”非力”という印象がピッタリ。中間は坂路での調整だが、そこでも目立つ時計がなく、初戦からはどうか。ちなみに併せたエイティグローリーは初日のマイル戦に出走。言わずもがな。


【東京2日目 芝1600m】
ドラゴンレジェンド<85>
福永(W) 52.6−38.4−13.1 末一杯
500万クールヴェントを追走し内へ。頭を前に突き出す前向きな走りで、直線は内に入ってほとんど見えなかったが、キレるというより渋太い脚を使って同入。手応えで見劣ったが、追ってからも重心が浮かない走りは好感。ただデビュー戦を踏まえてもまだ太めに見える。アニメイトバイオの弟で期待馬だと思うが、初戦は素質に頼ることになりそう。

ダイワブレーブ<84>
助手(坂路) 52.3−38.3−25.3−12.7 仕掛け
500万ネオブラックダイヤと併せる。追っているというほどではないが、直線半ばから終始促しつつで同入。掻き込むフットワークは見せているが、まだ走るリズムが一定ではなく、重心も安定しない。前向きさや集中力が足りない感じ。

ゴールドマグナム<84>
助手(W) 69.7−54.2−40.4−14.2 末強め
3歳1000万ワイルドロジャーの内に併せる。追われると頭を上げるようなところがあり、前向きさに欠ける。口向きも悪そうで動きはピリッとしなかった。


【東京1日目 芝1400m】
スワンソング<87>
見習(坂路) 52.4−37.5−24.6−12.2 末一杯
500万デラモーレの内に併せる。馬場の中ほどを通ったので時計はあまり評価できないが、終い1F一杯に追ってなかなか軽快な伸び脚。コーナーリングで口向きの悪さを見せていたし、乗っていたのが見習いクンということで素軽さも鵜呑みにはできないが、気性的にも初戦向きの印象。

マイネチリペッパー<85>
柴田大(坂路) 52.2−38.1−25.2−12.8 馬なり
未勝利ラムシーダと併せる。ゴール前で何度かハミを掛け直す程度で流した。少し追い不足なのかなと思うが、動きはキビキビして素軽い。ただゴール前でも右へ左へフラフラするところがあり、まだ精神的に幼い。

ディアグリスター<85>
簑島(坂路) 52.2−37.5−24.6−12.3 末一杯
未勝利ブルーセブンと併せる。道中の位置関係がわからないが、直線残り100mあたりまでは、先に仕掛けた先輩を持ったままで煽り、ラストだけ叩かれての同入。前脚を高く上げてシッカリ掻き込んでいるが、父のイメージで見るからか少し伸びやかさには欠ける感じ。手応えでは上回って同入だが、追ってひと伸びできなかったようにパワーが物足りない気もする。


で?何だっけ?あぁダービーね。行ってきましたよ現地。

ウマニティのとおり、ここは早くから◎トーセンホマレボシ○フェノーメノと決めていた。あんな特殊な皐月賞アテにならんし、道悪の一冠目から一転しての高速馬場。素直に前走内容で評価した。

とは言いながら、フェノーメノは青葉賞勝ち馬なので2着っぽく、トーセンは1F長そうだし積極策のウィリアムスで3着っぽい。錦糸町で前夜に飲んでた時は「2着フェノーメノ、3着トーセン固定でアタマに人気どころを!」と息まいていた。

どーです。この素晴らしい予想!


が、そこは悲しいかな酔っ払い予想。翌朝起きた時はスッカリ忘れてた^^;

それでも◎○の狙いは不変だったし、無印予定だったディープブリランテもパドックの良さで馬券には拾った。

ええ。「拾った」んですよ。なのでアタマ付けの3連単は無し。

しかも、トーセン流しの馬単には相手に入れてるのに、フェノーメノからの流しには入ってない(泣)

いやぁ、万馬券なら言ってくれよ。フェノーメノ⇔ディープなんて押さえても焼け石に水だと思ってたよ。
フェノーメノの単1000円持ってたんだけど。

さらに痛いことに、久々に大入りだったおかげでレースは人混みで見ることができず。たぶん見てたらかなり熱いゴール前で絶叫しまくり(1,2着も僅差、3,4着も僅差)だったんだろうけど、私が目にしたのはウィリアムスが早々と先頭に立って手応え怪しくなったところまで。「あぁこりゃ沈むわ」と思って、あとは覗き込もうとすらしませんでしたよ。


というわけで、消化不良な感じで3連複400円だけ的中。他のレースは結構叫べて楽しめたけど、結局獲ったり獲られたりでチョイ負け。特に面白い出来事もなくソコソコ楽しんだ1日でしたとさ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも、回顧お疲れ様でした。
まぁ酔っ払い予想は仕方ないですな〜(笑)
結構楽しめたのなら上出来ですか。
面白エピソードは必須なんやけどな・・
あきボン
2012/06/01 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
新馬戦追い切りとダービー回顧。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる