競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 盛りだくさんな新馬戦追い切り。

<<   作成日時 : 2012/06/22 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「重馬場希望」が多い私ですが、新馬戦に関しては話が別。せっかく追い切りメインで予想しても、重馬場適性だけで結果がひっくり返るんじゃ意味が無い。ここ2週間は新馬戦全的中で大幅プラスとホクホクだったけど、今週は厳しそうだなぁ。


【福島3日目 芝1800m】
ザラストロ<88>
助手(P) 64.5−49.9−37.4−12.8 馬なり
新馬フェートグランドの外に併せる。直線向いて仕掛ける相手をガッチリ抑えたまま一蹴。流しただけなので終いビュッと伸びるところはなかったが、頭を前に突き出してフットワークも柔らかくかつ力強い。体に近いところに着地してシッカリ掻き込んでおり、道悪になっても対応できそうに思う。

マイネルホウオウ<87>
柴田大(P) 64.2−49.6−36.3−12.3 末強め
500万ブーケドロゼブルーを追走し外へ。4角でかなり外を回って直線へ向く際にも追いかける形だったが、キビキビした軽快なフットワークで並びかけると、最後までシッカリ伸びて先着。やや追いかけたものの強みで並びかける際の勢いの差で先着した面もあるが、脚を伸ばした大きめのフットワークで重心も安定。体の緩さも感じるものの、太めというわけじゃないし、気性も真面目そう。綺麗なトビなので馬場が悪くなった際は心配。

ベルウッドテラス<87>
助手(W) 64.5−50.3−37.0−13.2 末強め
新馬タイセイポラリスを追走し内へ。2頭が膨れ気味になるほどスピード感をもって4角を回り、直線向いて軽く仕掛けるとスッと前に出て、後は仕掛けつつで一杯に追っている相手に楽に先着。上がりは若干要したが、5F64秒台なら十分許容範囲だし、キビキビと活気ある動きで上々の仕上がり。まだ体の張りなどに上昇の余地は残すが、初戦から上位争いできる。

エッフェル<87>
柴田善(坂路) 53.8−38.9−25.0−12.2 末一杯
2歳未勝利ウインプライズを追走し外へ。ガッチリ抑える相手に4角から仕掛けて直線は一杯に追われる。相手が合わせてくれた面も大きいので同入そのものは評価しにくいが、集中力が途切れることなく長く脚を使えている印象を与えるし、フットワークがシッカリ掻き込んで力強く、重心も概ね低く安定。まだ良くなる余地がありそうな印象は強いものの、初戦からソコソコ動けそう。

クレバーユニバース<84>
助手(坂路) 52.1−38.3−25.4−13.1 末強め
未勝利スカッシュアゲンと新馬マイネルパントルの内に併せる。直線へ向くまでは、行きっぷりが良いのをガッチリ抑えて少し重心が浮くほど前向きだったが、その後が思ったほどグッと加速できず、最後は仕掛け気味ながら外の新馬に遅れた。活気はあるが上に飛び跳ねるような感じで、走りにメリハリがない。体もまだ華奢に映る。力の要る馬場になった場合には少し不安。


【福島3日目 ダ1000m】
カラダエーピー<85>
西村(坂路) 53.3−38.4−25.0−12.4 一杯
新馬エバーグレーズを追走し内へ。大きく見劣ったもののゴールでは同入。追走したことを考えると一応合格点だが、掻き込んでいるわりに力強さに欠け、短距離ダート戦でのダッシュ力などに不安。

スパイクラベンダー<83>
助手(坂路) 54.2−38.7−25.7−13.5 末一杯
未勝利クッキーチャンと併せる。追走したこともあり直線へ向くところで既に手が動いて一旦は並びかけたが、徐々に粘りがなくなって最後はフラつくところもあった。非力な印象は否めず。


【阪神7日目 芝1200m】
ティーハーフ<85>
武豊(坂路) 53.6−39.5−26.4−13.9 末仕掛け
未勝利アクアブルーウェイと併せる。この日の重たい馬場で終いは一杯一杯で、何とかゴールに辿り着くような感じ。ただ併せた3歳未勝利馬はもっと叩かれまくってもバタバタになる中、最後まで前向きさを見せて大きく先着したことで、一応水準レベルと見たい。頭は高めだったが前向きさは短距離向きかと。

カノヤベンチャー<84>
助手(CW) 83.5−67.6−52.9−39.4−13.6 一杯
映像があったのがゴール前1F程度で、シッカリ追われてはいたものの、最後の100mぐらいで急激にスピードや集中力が落ち失速。最後は自分で止めているような感じだった。フットワークに力強さも感じられず、評価は低め。


【函館5日目 芝1000m】
ディアセルヴィス<84>
助手(函館W) 70.9−55.9−41.5−13.6 末一杯
ディアマンボウの内に併せる。直線向くまでは引っ張り気味で流していたが、直線一杯に追われると激しく内へモタれて見るからに追い辛そう。仕掛けての反応は悪くなかったし、動きは力強さ十分なのだが、何しろこれだけ真っ直ぐ走れていないと好評価なんてできず。気性面が不安だし、走りの大きさから小回りの1000mってのもどうかと思う。


【福島4日目 芝1200m】
マイネルパントル<86>
助手(坂路) 51.4−37.6−24.9−12.8 馬なり
新馬クレバーユニバースと未勝利スカッシュアゲンの外に併せる。外を回ったこともあり早めに手は動き始めたが、直線半ばからは逆に内の2頭を煽るような走りで持ったまま。結局最後まで集中力ある走りで最先着した。前向きさや活気も見せ、フットワークもなかなか力強い。

チャッピー<85>
助手(坂路) 51.9−38.4−25.6−13.2 馬なり
500万オメガフレグランスの内に併せる。内容としては馬なりで流した感じだが、直線はずっと内にモタレるのを矯正していた。フットワークはキビキビして力強さもあるが、ゴール前での動きには気性面の不安が。真面目に走れば相手次第でってところか。

ラノララク<85>
中谷(W) 69.3−54.3−39.5−13.6 末仕掛け 
新馬ウインノーヴァの外に併せる。映像が直線半ばからなので道中の位置関係がわからんが、一杯に追われる相手を軽く仕掛けただけで煽る。乗り手の違いはあるが動きでは圧倒していた。まだ体が太めに映るし、馬格のわりにフットワークが小さめで力強さにも欠けるが、時計は地味ながら推進力を感じさせる走りで及第点ぐらいの評価はできる。


【阪神8日目 芝1800m】
ウェーブオーキッド<85>
藤岡康(坂路) 55.4−40.2−25.8−12.9 末一杯 
未勝利トーアルイと併せる。キビキビしたフットワークで前向きさを見せる相手が先に仕掛けて抜け出しを図るところ、残り1Fから追い出すとキチッと捕えて先着。まだ掻き込みに物足りなさはあるが、上がり重点とは言えこの日の馬場でこの終いの動きなら及第点の評価はできる。中間も先着続きだがいずれも時計が平凡で、そのあたりがどうか。最終日で馬場も荒れて時計勝負にはならないと思うが。

ブライダルドレス<85>
岩田(栗東芝) 88.4−71.6−56.0−40.2−12.2 末一杯
新馬ディパッションの内に併せる。内ラチピッタリを回り、残り1Fあたりまでは楽走でタラタラ流し、終い1Fだけ強く追われた。ムキになるところなく折り合って走れていたのは距離を考えると良いことだし、仕掛けてからは集中力が増して前向きなところも見せ、動きもグイグイと力強いものだったが、強いて言えばスパッと伸びる瞬発力がもう少し欲しい。一応相手次第で勝ち負けできる程度のレベル。


【函館6日目 芝1200m】
ハヤブサペコチャン<85>
吉田隼(函館芝) 69.2−52.7−39.2−12.8 末一杯
未勝利ハヤブサフィーバーの内に併せる。不良馬場に何度かノメるようなシーンはあったが、概ね重心が低くてシッカリした掻き込み。走りは悪くないのだが、相手が引っ張りきりなのに対して叩き通しで同入。相手は未勝利脱出目前で仕方ない面はあるが、動きにメリハリがない点が気にかかる。体に太め感もなく、相手次第では連下ぐらいか。

ロゴタイプ<85>
村田(函館芝) 55.4−41.1−12.6 末強め
新馬グラマラスグロウの外に併せる。4F追いで時計も目立たず内容は軽め。終い1Fで仕掛けての反応や伸びはマズマズ。これだけの内容で良い悪いを評価するのは危険だが、一応ギアが替わってからは掻き込みもシッカリしており、追い不足でなければソコソコやれそう。ただこういう調整をした馬は、初戦の短距離って意外と動けていない印象がある。

マイネルハイネス<85>
丹内(函館芝) 70.8−54.3−40.5−12.7 末強め
新馬フューリアイズとマイネシャッツの外に併せる。4角でコーナーワークがぎこちなく外へ膨れたため、鞍上の手が早々に動き始めたが、直線へ向いて再び横並びになると、残り1Fで脱落していくフューリアイズを尻目に、マイネシャッツと2頭併せで最後は先着。追い比べというほどではないが、お互い仕掛け気味となる中、ノビノビと大きなフットワークで先着したことは一応評価できるが、手応えでやや見劣ったし重心の不安定さや集中力散漫なところが窺え、時計も上がり重点にしては平凡。距離ももっとあったほうが良いと思う。併せたマイネシャッツも土曜に出走だが、こちらは手応えこそマシだったものの太めの印象。動きも五十歩百歩。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
盛りだくさんな新馬戦追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる