競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニコーンS追い切り。

<<   作成日時 : 2012/06/01 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

兵庫CS組以外はよくわからん。雨予報で時計が速くなりそうなので、素軽いタイプ狙いがベターなのかな。追い切りを初めて見る馬も多いしねぇ。


メイスンキャプテン<87>
武士沢(P) 65.7−51.0−37.7−12.5 馬なり
500万ドラゴンハンターの外に併せる。直線向いたところからの映像だったが、楽々と並びかけて手応え優勢に同入。頭を前に突き出し重心が低く安定した動きで、前脚もよく出てシッカリ掻き込んでいる。過去の追い切りを見ていないので何とも言えないが、近2走の大敗は度外視して相性の良い府中マイルで狙いたくなる動きだった。軽いダートをこなせば。

アンアヴェンジド<86>
五十嵐(坂路) 52.5−38.6−25.0−12.6 馬なり
未勝利レッドルイーザの内に併せる。格下相手にジョッキー騎乗だが、お互い余力残しで同入。少し重心の高い走りで身のこなしにも伸びやかさは欠けるが、シッカリ掻き込んで力強さはマズマズ。初ダートを好時計勝ちした前走は一定の評価が必要だが、51kgだったから。

シンボリエンパイア<86>
北村宏(芝) 65.1−50.8−37.5−11.6 末仕掛け
OPペルーサと併せる。先行していたとは言え、手応えで上回って先着した点は好感が持てるし、道中はフワフワした感じだったが、残り1Fで仕掛けるとサッと反応して抜かせなかった点は評価できる。スピードに乗ってからも頭の高さがあるし、「ペルーサに先着」が過大評価されるとむしろ嫌いたいクチだが、この舞台でしか走れていない現状からも人気次第では面白いかも。

メジャーアスリート<85>
助手(坂路) 53.5−38.3−24.3−12.0 末一杯
1000万メジロマリアンを追走し内へ。直線向いてかなり追いかける形だったが、結局追ってもモタモタして追いつけず。最後まで頭を下げて前向きさや集中力はあり、時計も何とか及第点なので割り引くほどでもないが、インパクトとしてはもうひとつ。まぁダート馬なのでメリハリに欠けても問題ないが、デキとしては変わり映えしない。

レッドクラウディア<85>
助手(坂路) 53.8−38.9−25.4−12.8 末強め
中1週なのでサラッと。ややフットワークが小さい点は気になるが、疲れも見られずキビキビとした動きだった。ただ伸びやかさに欠けるので、距離延びてプラスかは微妙だと思う。

タイセイシュバリエ<85>
助手(坂路) 53.6−39.1−25.8−12.9 馬なり
抑えていたのでゴール前は頭の高さが目立ったが、それだけ行きっぷりが良くて活気十分。フットワークも素軽く、好調持続と見る。オースミに完敗した前走は目の前で見たが、道中自分で動いたものなので着差ほどの開きはないはず。距離短縮が味方になると思うので、オースミは逆転できても不思議無い。ただ他にもメンバーが揃っており、有力候補の1頭か。

ネオヴァンクル<85>
北村友(坂路) 53.3−38.9−25.6−12.9 一杯
最後まで力強い動きだが、頭が高くてフワフワした感じ。追ってからますます伸び上がるような走りになったが、それでも時計をまとめたのは脚力の証でしょう。ただこういう走りなので走りの安定感に欠けるし、ダートが向くとも思えず。パサパサなら消しだったが、馬場が軽くなるとこういう馬でも来ちゃうのかな。

サンマルデューク<85>
助手(坂路) 52.4−38.3−24.9−12.4 末仕掛け
馬場の中ほどを単走で。直線向くところからずっと促し気味にゴールまで来たが、強く追うところはなかった。素軽さはあるが伸び上がり気味の走りで推進力はもうひとつ。あんまりパッとしない動きだが、オレこの馬を青葉賞で◎にしてたような(汗)

ドリームコンサート<85>
見習(CW) 88.0−70.6−54.3−39.5−12.1 馬なり
500万イデアの内に併せる。乗り手の体重差もあると思うし、イデアがかなりモタモタしていたので、直線向くと馬なりで抜け出しかける。残り1Fでようやく相手も走りに集中したので最後は煽られ気味になったが、こちらもシッカリ掻き込むフットワークで気持ちの前向きさも見せて食い下がった。ただ6F88秒を踏まえると終いの鋭さがもうひとつ。

ストローハット<85>
助手(W) 54.2−39.2−13.0 末強め
1000万ピサノカルティエの内に併せる。残り100mぐらいの映像なので評価が難しいが、もうひとつピリッとしない印象がした。まぁ4F追い中心の堀厩舎はあまり目立つ動きをしなくてもレースで走っちゃうんだが。ただこの馬、前走は苦肉の策でダートを使ったけど、やっぱり芝馬じゃないかねぇ。まぁ今回も脚抜きが良くなりそうなので、芝向きの素軽さでこなしてしまうかもしれないが。

キングブレイク<85>
調教師(坂路) 54.6−40.3−26.4−12.5 末強め
軽く流して終い1Fだけ強めに追われる。仕掛けての反応は良かったが、追われてから少しフラフラして真っ直ぐ走れていなかった。重いとかじゃなく力強さに欠けるような印象。休み明けでまだスイッチが入っていないのかな。ダートで底を見せていない点は怖いが、距離短縮でスンナリ行けずに揉まれるようだと?

オースミイチバン<85>
川島(坂路) 54.3−38.8−25.1−12.6 末一杯
3歳500万シンボリエクレールと併せる。追走してきて残り1F手前で並びかけ、最後はシッカリ追って遅れる。行きっぷり良くて活気もあるが、追ってからも重心が高くてフラフラし、伸びはイマイチ。時計が速いわけでもないので動きとしては物足りないが、たぶんこのぐらいの動きでいつも走っているんじゃないだろうか。むしろ距離短縮で流れが変わる点がどうか。

ヒシワイルド<85>
石橋守(CW) 82.2−65.6−52.1−39.7−13.6 末仕掛け
未勝利アルズを追走し外へ。直線へ向いてしばらく内へモタレるのを矯正しているようにも見えたが、立て直してからはスッと追いついて最後は軽く促して先着。少しリキみ気味で行きっぷりが良かったので、ゴール前で余力があったとも言い難いが、上がり13秒6よりはシッカリ動けていた印象。もう少しメリハリが欲しいのは否めないが、ダート自体は案外向くかも。

ネクタル<85>
助手(CW) 82.6−66.4−51.7−38.4−13.0 末一杯
未勝利ケントリューズの外に併せる。残り1F手前で先に手が動きだし、最後は馬なりで流す格下にシッカリ追われての同入。時計はマズマズだが追っての反応が鈍くスピード感も乏しかった。前脚に比べて後脚の推進力がまだ足りない感じで、トモがついてこないような印象を受けた。イメージとしては中距離の平均ペースに向きそうな感じで、マイルへ短縮してスピード比べになるとどうでしょう。

ヴェルティゴ<84>
勝浦(W) 86.4−69.7−54.4−40.0−13.7 末強め
500万レッドシュナイトの外に併せる。抑え気味だったことを踏まえても頭の高さが異様に目立ったが、何かクビが長い感じ(笑)。頭が高くて手脚も長いので500kg前後の体重よりももっと大型馬に見えるのに、実際の活躍がここまで短距離だけ。関西遠征とは言え1F延びた前走で惨敗しており、多頭数のマイル戦は不安。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_^;)ありがとう。。。
http://www.fetang.co...
2013/08/04 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニコーンS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる