競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌記念追い切り。

<<   作成日時 : 2012/08/17 01:25   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

ご無沙汰です。一部の方にはいろんな意味でご心配をおかけしております。

とりあえずS社のパソコンには見切りをつけ、お盆休みに世界のHP社さんのPCへ乗り換えました。(あ、見切りをつけたのはパソコンに対してですから誤解のないように)。今週は世間並みにお盆休みでしたが、来週以降は相変わらず週末に向けて時間のとれない状況は続くと思われますので更新は不安定かも。まぁボチボチやっていきますので。逆に頻繁に更新されるようになったら一身上の変化があったと思ってください(嘲笑)

何せ1ヶ月ぶりですから、目が曇っていることも自認しつつ、それでは追い切り評価を。

ダークシャドウ<87>
助手(函館ダ) 83.9−67.9−53.1−38.3−12.4 馬なり
OPアリゼオの外に併せる。内を追走していたが4角でスイッチして外へ持ち出すと、仕掛け気味の相手を長手綱のまま捉えてゴールでは少し先着した。リキむでもなくそれでいて集中力や気迫を感じさせる走りで、重心が安定してフットワークが力強い。休み明けでもキッチリ仕上がって出てくると思う。

ハナズゴール<86>
田辺(函館W) 68.8−52.9−38.9−12.5 末一杯
新馬クレバーシャインを追走し内へ。最後は強く追われての先着だが、追い出したのは抑えきれない感じで持ったまま抜け出した後のゴール前だけ。何しろ相手が新馬なので買い被りは危険だが、とにかく動きに活気があって気持ちも程よく前向き。キレのあるフットワークで体も春先よりフックラ見せる。札幌滞在ではないのであまり大きく減ったりしなければ善戦以上の期待も。距離的にも今後を占う意味で注目だろう。

フミノイマージン<85>
助手(函館ダ) 68.2−54.1−40.7−12.8 馬なり
外めを単走で終いだけ少し気合をつけられる。折り合いついてゆったり流し、最後まで軽快なフットワークで駆け抜けた。強いて言えばもう少しメリハリが欲しかったが、十分合格点は与えられる動き。

マイネルスターリー<85>
柴田大(札幌ダ) 82.7−67.1−51.19−38.2−12.1 末一杯
単走だがキビキビとした動きで行きっぷりもよく、直線もマズマズの素軽さ。この馬は不調になると動きが硬くなってギクシャクし活気も乏しくなるのだが、夏場に良いタイプらしく覇気ある動きを見せており、好調持続と見て良い。

ミッキーパンプキン<85>
池添(札幌ダ) 84.1−68.8−53.6−39.7−12.2 馬なり
使い込んでいることもあるガッチリ抑えて最後まで流す。自分からグイグイ引っ張る行きっぷりの良さを見せて、最後まで気合十分。頭が高かったのは元からだし抑えていたこともある。自身のデキはキープだろう。

ヒルノダムール<85>
武英(札幌ダ) 80.3−66.0−51.7−38.8−12.3 馬なり
未勝利トライチャンスを追走し外へ。持って行かれ気味なぐらいガッチリ抑えて追走させ、直線も手綱を引っ張ったまま徐々に並びかけてきたまでは良かったが、いざ最後に促されても抜き去ろうという気迫が馬から感じなかったのは気のせいか。実際ゴールすぎて1角へ流している際にも気合ムチを入れられていたし。稽古でメチャメチャ動くタイプじゃないのでこの程度で十分だとは思うが、どうも掴みどころがないなぁ。札幌2000mで57kgなら舞台は向いていると思うが。

ネオヴァンドーム<85>
千葉(函館ダ) 84.6−67.7−52.5−39.8−12.3 末一杯
ゆったり流して直線はビシッと追われる。行きっぷりはマズマズで追ってからも軽快さが目立って悪くはない。少し硬めの動きは以前からのもので、ひと叩きの上積みは見込んで良いだろう。ただ少し体が立派に見えたのと、絶好調と言うほど大きな変わり身があるとも思えない。

レジェンドブルー<85>
助手(札幌芝) 69.2−53.6−39.0−12.0 馬なり
500万マイネアロマと1000万グッドカレラの外に併せる。雨が降りしきる不良馬場でもあり、4角まではダラダラと流す感じだったが、直線入り口で少し気合をつけると、外からグイグイと力強い伸び脚を見せて一旦抜け出しかけ、最後は再び抑えての同入。軽めの内容なので直線の動きが良く見えても当然だが、状態面は決して悪くないんだと思う。それでいてOP入り後3戦の結果が結果だけに、得意の洋芝でもどうか。

ヒットザターゲット<85>
古川吉(函館W) 68.9−52.4−38.0−12.7 末一杯
今年に入っての充実ぶりを示すようにキビキビとした走り。直線へ向いて追ってからは少し頭が高くて伸びやかさに欠ける印象は否めず、物足りなさを感じるところもあったが、それでも掻き込み鋭く力強いフットワークで何とか及第点をつけてもよいぐらいの内容。前走はさすがに相手が強かったが、小回り2000mのGUでどんなレースができるかは注目したい。

アリゼオ<85>
助手(函館ダ) 84.8−68.2−53.4−38.7−12.4 末強め
OPダークシャドウの内に併せる。先導する形で直線へ向いたが、持ったままの相手に外から煽られて僅かに遅れた。行きっぷりは良いし仕掛けての反応も悪くないが、徐々に頭が高くなってひと伸びを欠いたし、体もまだ太く見える。併せた相手を考えるとよく食い下がっているので、展開次第では可能性ゼロとまで言い切れないが、まぁひと叩きしてからかな。

ネヴァブション<85↑>
横山和(札幌芝) 62.0−48.4−35.8−12.6 末強め
終い強めに追われての伸び脚はもうひとつだったが、5F62秒が示すように行きっぷりは良化。直線も気持ちの前向きさは十分窺え、最近では一番マシな動きだった。それでも激変はどうかと思うが、ここ数走よりは着順を上げてきてもおかしくない。

フジマサエンペラー<84>
勝浦(札幌ダ) 78.7−63.8−49.8−37.3−12.4 末一杯
内の1600万サトノエンペラーと並んだ併せ馬に外からOPロジユニヴァースが迫ってきて3頭併せ...のはずが外のロジが脱落し2頭併せに。結局この馬も手応えで見劣って遅れた。時計は十分すぎるほどのものなので相手が走りすぎただけかもしれないが、叩かれてももうひとつ前向きさに欠けて食い下がる気迫が見られなかった点は割り引きたい。

ロジユニヴァース<83>
横山典(札幌ダ) 79.1−64.2−50.4−37.9−13.0 一杯
1600万サトノタイガーと1600万フジマサエンペラーの外に併せる。追走して4角で外から並びかけたが、そこから格下2頭が仕掛けると離される一方。もともと動きの硬い馬だが、弾力とか推進力が全く感じられず、体も細いわけではないがこの馬本来のガッチリした四角い体型には見えず。陣営の言う通りまずは使って様子を見るといったところだろう。たぶんレースでいいところまでいっても、本気で最後まで追うことはないと思う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時

キタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!
ケアレス ロックフィッシュ
2012/08/17 15:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
札幌記念追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる