競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS エルムS追い切り。

<<   作成日時 : 2012/08/24 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

例年ならエニフSと同日施行で、新聞を買い間違う恐怖に毎年襲われているんだけど(笑)、今年は安心。


サイオン<87>
四位(函館ダ) 54.5−39.5−12.5 末仕掛け
500万レオプレシャスを追走し内へ。お互いユッタリ流して直線へ向き、残り1Fぐらいから相手が仕掛け気味になっても余力タップリに併走し、ゴール前で軽く仕掛けるとスッと抜け出して先着。軽い内容なので良く見えるのも当然だが、掻き込みのシッカリした力強いフットワークで躍動感に溢れており、仕掛けての反応も良かった。OPでは若干力不足の印象はあるが、このメンバーなら上位食い込みも。

ローマンレジェンド<86>
千葉(函館ダ) 83.0−68.4−54.5−40.1−12.4 末一杯
500万ミッキーバルーンを追走し内へ。ムキになってと言うほどではなかったが、抑えきれないぐらいの追いかけっぷりで直線入り口並びかけると、終い1Fビシッと追って大きく先着。相手も目一杯ではなかったが、行きっぷりの良さと動きの軽快さは評価できる。もう少し体が収縮すれば言うことないが、ダート馬なのでこの程度で十分。時計も大外を回ったことを考えれば水準以上で、能力は発揮できそう。

エスポワールシチー<86>
助手(札幌ダ) 81.3−66.0−51.8−38.8−12.1 末一杯
単走だが外ラチ一杯のところを回ってくる。4角までは鞍上が立ち上がり気味になるほど引っ張りきりの手応えでも軽快な行きっぷりを見せ、直線で追ってからもビュッと加速するところはなかったが集中して鋭い動きだった。コースは違うが栗東坂路では最近終いヨレるようなところを見せる馬が、最後までシッカリ動けていた点にも好感持てる。小回り1700mの経験は少ないが、距離短縮は間違いなくプラスなので要は59kgだけ。

グランドシチー<86>
助手(函館W) 68.1−53.1−39.2−13.2 馬なり
未勝利サードシアターの内に併せる。グッとハミを噛んでジワッとした気合乗りで併走し、直線は馬なりのまま徐々に抜け出し先着した。とくにシャキシャキ前向きさを見せたわけではないが、最後までキビキビと集中した走りで動きに力強さも目立つ。

クリールパッション<85↑>
助手(函館W) 65.7−51.3−37.8−13.2 末強め
1000万ラヴィアンクレールと併せる。少し太めに見えたが体型もあるのだろう。首を前に突き出して前向きさを見せ、最後まで集中力ある走り。馬なりの格下に手応えで見劣った点は不満だが、相手は稽古掛けするので許容範囲か。明らかにここを狙った臨戦過程で、それに見合う上積みはありそう。あとは力関係。

サイレントメロディ<85>
助手(札幌ダ) 67.1−52.5−39.0−12.3 馬なり
未勝利ライズアゲインの内に併せる。一杯に追われる格下に合わせるように馬なりで流していたが、最後はそのまま貫禄の先着。少し重心が高い気もしたが、抑え気味だったことを踏まえて問題なし。前向きさはあって追えばもっと離していただろう。パワーに乏しいような走りだが、前走で小回りの良馬場を克服したように充実ぶりでカバーできる。ただ前走は展開が味方した感もあり、同じ競馬がまたできるかは疑問も。

エーシンモアオバー<85>
助手(函館W) 66.8−51.8−39.3−13.3 一杯
馬任せに行かせて終いはシッカリ追ってきた。道中から前向きさを見せて自分からグイグイ行っていたので、直線での伸び脚はもうひとつだったが、最後はバテ気味になりながらも重心は浮かずに我慢したと思う。大幅な上積みは疑問だが、平行線と見たい。苦手の最内枠を前々走で克服したと思ったら、前走は得意の外枠で凡走。展開次第の面が濃くなった印象。

ヤマニンキングリー<85>
助手(札幌ダ) 67.2−52.7−38.5−11.9 末一杯
少し頭が高くて突っ立ち気味の走りだが、軽快な行きっぷりで直線もシッカリ追われていた。もともとが稽古駆けするタイプだが、高いなりに安定した重心でフットワークも力強い。使い込むよりフレッシュな状態の時のほうが走る印象からして今回は怖いところなんだけど、何しろこのヤネ。

パワーストラグル<85↑>
池添(札幌ダ) 84.9−69.0−54.1−39.7−12.5 馬なり
1000万ダノンボルケーノと併せる。美浦の坂路では未勝利馬と併せて遅れるような馬だが、今回は相手も馬なりだったとは言え、追走して直線は徐々に加速し同入。このひと追いだけで判断するのは危険だが、軽快なフットワークと最後まで前向きさや集中力があった点を見ると、上積みは見込めそう。

セイリオス<85>
三浦(函館W) 65.2−52.0−38.9−13.2 馬なり
未勝利エムオーキャプテンの内に併せる。直線までも、やや頭を上げて気の悪そうなところは見せていたが、直線はかなり口向きの悪さを見せていた。デキ云々とは関係なさそうだが、印象としては悪い。とは言え前走からデキ落ちというわけではないだろう。相手強化にどこまで対応するかだけ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エルムS追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる