競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キーンランドC追い切り。

<<   作成日時 : 2012/08/25 00:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

このレースがまたサッパリ当たらない。当てた記憶がない。


シュプリームギフト<87>
助手(函館W) 54.4−39.4−12.3 馬なり
500万ショウナンカミングの外に併せる。中1週で函館→札幌の再輸送があるため引っ張りきりで留めたが、唸るような行きっぷりで格下を一蹴。既に今夏4走目で上積みはどうかと思うが、体が減ったりイレ込んだりしなければ。

キングレオポルド<87>
助手(函館ダ) 69.7−54.3−39.4−12.5 馬なり
終始馬なりで流したってところだが、道中は控えめにして直線はスーッと伸ばすスムーズな追い切りができた。ゴール前の動きの伸びやかさは目立っており、ひと叩きで状態はかなりアップしているんじゃないだろうか。相手関係は何とも言えないが、人気が無いようならダメもとで1票。

ビウイッチアス<86>
宮崎(札幌ダ) 64.6−50.5−38.0−12.4 末仕掛け
未勝利タイセイスナイパーを追走し外へ。相手は格下でこちらは稽古駆けするとあって、4角手前で既に追い出した相手に持ったまま並びかけると、直線半ばから相手がバテて自然と抜け出し、最後は軽く仕掛けて先着。独走になってしまったことでゴール前の伸びはそれほど目立たなかったが、動きにケチをつけるところは何もない。基本的に内枠とか先行策とかで道中1度は脚を溜めるところがあって終いもうひと伸びするキャラ。前走の直千競馬には全く適性がなかったということだろう。今回は得意の小回り1200mで巻き返したいが、大外枠で脚を溜められるかどうか。

グランプリエンゼル<86>
藤岡佑(札幌ダ) 68.0−53.0−39.6−12.3 馬なり
未勝利べラルーサを追走し外へ。気負うことなくリラックスした走りで、直線もジワッと加速し同入。小さなフットワークだがピッチが効いてリズミカル。体の張りも良く見え、北海道の滞在競馬がよほど合うんだろう。ムラッっぽい印象はあるが、ここ1年は良馬場の1200mなら大崩れせず。

ドリームバレンチノ<86>
川島信(札幌ダ) 82.0−65.7−52.1−38.5−11.9 強め
時計を見ると上々の内容だと思うのだが、映像から受ける印象は数字ほどのスピード感がなく、推進力にも乏しいように思えた。ただカメラがかなりブレブレだったのも印象を悪くしてるんだろうなぁ。直線半ばからの伸びは悪くなかったし、重心が低く安定して最後まで前向きさや集中力を見せており、素直に時計を評価すべきなんだろう。積極的に推したくないが買わなきゃしゃーないだろって評価。

パドトロワ<85>
安藤勝(函館W) 66.7−51.4−38.2−12.9 末一杯
キビキビと軽快な行きっぷりで、直線残り1Fまでは好印象。そこから追い出したが、ゴール前は少し気を抜くような感じ。もともと体型がコロンとした馬だが、今回もやけに丸く見える。体重には気をつけたいのと、前走で直線競馬を勝ったことが逆に今回への不安を覚える。ま、動きは悪くないので走っちゃいそうだが。

ダッシャーゴーゴー<85>
助手(函館W) 64.5−51.0−37.9−12.4 末強め
相変わらず硬めのちょこまかしたフットワークで、体の使い方にも伸びやかさが足りない。ただこれはいつものことで、前向きさや時計の速さを踏まえれば割り引く材料ではない。少し余裕がある体つきに見えたので、このひと追いと輸送で絞れれば。

ダイメイサクラ<85>
助手(札幌ダ) 53.1−38.9−13.1 馬なり
これでもかと言うぐらい使い込まれているので、ぶっちゃけもう追い切りは必要ない。そんな感じで軽めに留めようとしているのだが、馬は良くも悪くも走る気マンマンといった感じで道中はグッと頭を下げて抑えるのに苦労するぐらい。直線はようやく少し落ち着いていたが、それでも少し気負ったような印象は否めない。動きにも伸びやかさがなく、心身共にギリギリ当日まで辛抱できるかって感じ。パドックでやる気を見せつつ暴れていなければ今回までは大丈夫だと思うが。

アポロフェニックス<85>
勝浦(札幌ダ) 84.5−68.6−53.5−39.1−11.8 末一杯
長めを抑え気味に行って直線はビシッと追われる。チークピーシーズ着用でもフワフワと集中していないようなところはあったし、体も太くはないが緩い印象だったが、直線では脚がよく動いて軽快な伸び。叩き3走目で徐々に良化している。

スプラッシュエンド<85>
助手(坂路) 54.5−39.2−24.9−12.1 抑え
1600万レッドヴァンクールと併せる。この後に長距離輸送を控えており、当然ながら軽めに留めようと最後まで引っ張りきりだったが、直線へ向くと自分からハミをとって力強く伸びた。先行していたが手応えでも圧倒しており、馬は元気。動きは悪くないがこういう臨戦過程自体が嫌なので買いません。

レオンビスティー<85>
小林慎(札幌ダ) 82.5−66.5−52.1−38.9−12.5 末一杯
併せ馬ではなかったようだが、前を走る馬を目標にするような形で直線へ向く。そこでさらに前を行っていた馬が邪魔になったのか強引に外ラチ沿いへ持ち出すロスはあったが、馬は集中力を切らさず最後まで脚がシッカリ動いていた。ややフットワークが重苦しいような印象も受けたが、直線ではいくらか解消されてマズマズの伸び脚。前々走はガッカリの内容だったが、懲りずに狙った前走は少し絞れて人気に反発するような健闘。まだムラッぽい面はあるが、立ち回り次第では斤量を活かした紛れ込みも。

テイエムオオタカ<85>
助手(函館芝) 67.3−51.4−37.7−11.7 末一杯
馬なりで行かせて直線はハミを掛け直してビシッと追われ、ゴール前は抑えに入っていた。やや余力残しとは言え、やればいくらでも時計が出るタイプにしては物足りない時計だし、体も太めで重苦しい動きの印象もしたのだが、最近こういう馬にやられっぱなしだからなぁ。個人的にはあまり積極的に買いたくない。

スプリングサンダー<84>
四位(函館W) 66.3−51.3−37.5−13.1 馬なり
未勝利ヒルノアロマムを追走し内へ。遅れは最後まで追うところなしってこともあるとは思うが、相手も持ったまま。どのぐらい追走したのか知らんが、4角でもかなり内を回っていたし、舌も越していて印象としてはひと息。1週前も2歳未勝利馬に遅れており、どうなんやろね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キーンランドC追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる