競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 菊花賞追い切り。

<<   作成日時 : 2012/10/20 16:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 7

「ゴールドシップ回避したらワケわからんくなってオモロイな」なんて週半ばに話してたら、お客さんだったダービー馬のほうが回避してしまってガッカリ。しかもヒネッたつもりで狙った馬がみんな穴人気。淀まで行く目的は志村けんを見に行くことになりそうだ。だいたい重賞勝ち馬が2頭しかいない菊花賞って記憶にないぞ。


フェデラルホール<87>
吉田隼(W) 84.7−68.0−53.0−38.9−12.8 末強め
1600万ドレミファドンを追走し内へ。直線へ向いてからジワジワと差を詰め、ゴール前で強めに追われるとビュッと鋭さはなかったが、力強く抜け出し先着。スパッとした脚には欠けそうだが、リキまずスムーズな走りができていることに好感が持てるし、極端な瞬発力勝負にならなければ。

ユウキソルジャー<87>
秋山(CW) 81.5−66.1−51.9−38.8−12.6 末一杯
頭は高く重心も高めだが安定しており、良く言えば軽快、悪く言えば力強さに欠ける走り。ただ四肢を伸ばして大きなフットワークをしているので、体調は良いんだと思う。走りからも実績からも、坂のあるコースよりも平坦コースのほうが向きそうな印象。神戸新聞杯は勝ち馬には離されたが、坂コースと内でゴチャつき気味だったことを踏まえると悪くない。

ニューダイナスティ<86>
浜中(坂路) 53.2−39.0−25.5−12.5 末一杯
OPウインペンタゴンと併せる。残り1Fから追い比べになると相手がモタついたこともあるが、力強く抜け出し先着した。大トビで頭も高いためスピード感には欠けるが、活気があって動きの良さは目立つ。こういう走りをする馬は坂のない京都の直線では止まりにくく、この馬の京都実績も頷けるところ。逆に急坂のセントライトで大敗したことで意外なほど人気暴落しており、ここは狙いたくなる。京都外回り長距離戦の先行馬はナメたらアカンぜよ。

ミルドリーム<86>
助手(CW) 85.5−69.1−53.7−38.9−12.2 馬なり
未勝利リジェネレーションと1000万ロケットダイヴの内に併せる。直線入り口で追いつくと、引っ張りきりなのにスッと抜け出し、最後は一杯に追われるロケットダイヴが迫ったものの余力十分に先着。仕掛けなかったのでビュッと伸びるところはなかったが、自分でスイッチを入れてギアを替え、重心の低い走りで抜け出した点は評価できる。春先はフワフワして頼りなさがあったことを考えると夏場の成長と見たい。阪神よりは京都のほうが合っていると思うし、デキも上向き。

エタンダール<86>
松岡(CW) 85.1−69.2−54.4−39.5−11.6 末仕掛け
500万ネオザイオンの内に併せる。直線入り口で一旦並びかけたが、敢えて相手を先に行かせて再び追走する形をとり、残り1Fで軽く仕掛けるとスッと反応して掻き込みの鋭いフットワークで最後は抑えて先着した。手前を替えてから若干走りがバラバラになりかけたのが不満だが、動きはキビキビして活気十分。11秒6ほどの鋭さは感じなかったが、この馬らしいキレのある動きだったと思う。ただ3000m走るには少し非力な印象。緩めの流れになって瞬発力勝負になれば、京都の軽い馬場を味方に紛れ込むかも。

マウントシャスタ<86>
川田(CW) 84.6−68.4−53.3−39.7−12.2 末一杯
新馬フューチャステップと500万ロードガルーダの内に併せる。4角で並びかけ、一旦遅れかけたものの残り1Fから追い出して何とか最先着。外のロードには手応えで大きく見劣ったが、まぁ追走したことを考えれば悪くない。最後まで頭を突き出して集中力があったし、折り合いに不安があるタイプにしては道中もスムーズに見えた。ただ追い出してからの鋭さはひと息だったし、動きにまだリキみがあって収縮性に乏しい。仮に折り合って運べたとしても、知らず知らずのうちに疲労が蓄積して最後にひと伸びを欠くケースがありそう。前走を見ても、やはり長い距離では良さが出ないように思う。相手が弱いので能力差でカバーすることを警戒しても押さえ程度で。

トリップ<86>
小牧(CW) 83.2−66.9−52.0−37.8−12.3 末一杯
500万アドマイヤカーリンの内に併せる。追走して直線入り口で並び、さぁ抜け出すというところで大きく内へモタレる。立て直してからは大トビなのでスピード感には欠けるがマズマズの伸びだった。重心も浮かず力強い面はあるが、だからこそ京都外回りで決め手を求められると辛そう。メンバーがメンバーだけど「JDD→菊花賞」なんてローテは無しでしょう。あ、CMは「タブーは人間が作るもの」「才能は非常識だ」でしたっけ?

タガノビッグバン<86>
太宰(CW) 81.9−66.0−51.7−38.4−12.9 末一杯
OPバトルドンジョンとダンツホウテイの間で3頭併せ。3頭並んで直線へ向き、バテた馬から力尽きていく中で最先着。大トビで頭も高く、直線でも何度かフワッとする面を見せながらも、そのたびに気合をつけられてゴールまで1頭だけ力強く伸びていた。まだ粗削りで走りの安定感を欠く印象で、普通の長距離なら適性十分だが京都の菊花賞となると疑問はある反面、意外と崩れないタイプのような印象。ってかホソジュンがやたらと持ち上げたせいか中途半端に人気しちゃってますね。

ラニカイツヨシ<85>
助手(坂路) 53.6−39.2−25.1−12.5 末一杯
1600万ユジェニックブルーと併せる。一応先着したが手応えは相手のほうが良かった。まぁ追走したものだし、前3週はPコースで速い時計をマークできており、今週も前向きさと渋太さは窺える動きだった。春後半からの上がり馬だが、現状ではペースや展開の助けが欲しい感じ。少し上がりのかかる形で掲示板の真ん中あたりまでか。

ベールドインパクト<85>
助手(CW) 83.0−66.6−51.8−38.8−12.3 馬なり
1600万ダノンエクスプレスを追走し内へ。1秒以上追走したそうだが、直線半ばで追い出した相手を手綱を絞ったままアッサリ抜き去り、最後はハミを掛け直す程度で余力十分に先着。頭や重心の高さは気になるものの、前向きさや活気も感じられる動きで体調は良さそう。ただ伸びやかさに欠ける印象で先行流れ込みがベストか。京都なら一概にそれができないとも言えないのだが。

コスモオオゾラ<85>
柴田大(坂路) 51.1−36.9−24.0−11.8 馬なり
内にモタレるのを矯正しながらだったが、キビキビとした軽快な行きっぷりでスピード感ある走り。故障休養明けでいきなり菊花賞では正直厳しいが、馬自身は活気があって何とか間に合った感じ。「精一杯頑張って乗ります!」と清々しく語っていた鞍上のほうが無念のリタイアで、見物だったはずの岩田に騎乗馬が転がり込むあたり、今年のサルは運があるなぁと思うけど、さすがに今回はどうか。ただ成績的にはここでは大威張り。

アーデント<85>
助手(W) 83.3−67.4−53.1−39.3−13.0 馬なり
新馬ホアビリの外に併せる。新馬相手に先行したので長手綱のまま先着は当然だが、前向きさを見せてフットワークも大きい。何度も言っているが春先に比べると動きに推進力が出ており、ひと叩きの効果はありそう。頭の高さは気になるが、もともとそういう走りだし引っ張っていたこともあるだろう。ところで併せた新馬だが、モタモタした動きでイマイチに見えたのにナゼか土曜の新馬で1倍台の人気。おいしいレースだったのになぁ。

フジマサエンペラー<85>
助手(W) 69.6−53.4−39.3−13.3 末強め
稽古はわりと動くタイプにしては時計平凡だが、中1週を考慮すると許容範囲。除外になっても当初から東京への出走を考えていたそうで、この内容なら京都へ行っても問題ないだろう。身のこなしは大きく、行きっぷりや活気も十分で動きそのものは良好。強運は怖いが時計が速いとどうかなぁ。

ロードアクレイム<85↓>
福永(坂路) 53.1−39.2−25.7−12.8 末一杯
OPネオヴァンドームと併せる。古馬OP相手に一応追走先着となったが、こちらにジョッキーが乗り相手は余力残しだったことを踏まえると額面通りにも受け取れない。キビキビして活気はあるが、逆に少し気持ちが前向きすぎる印象で、それが終いの伸びひと息につながっていると思う。前走時はCW追いで直接比較はできないが、もう少しスムーズに終い伸ばす走りができていたように思う。前走2着で急に評価が上がっているが、血統背景はともかく気性や走りから距離不安と見なされていたはず。稽古の動きからは今回その不安が出るような気もする。

ゴールドシップ<85>
助手(坂路) 54.7−39.0−24.5−12.2 末一杯
1000万クリーンエコロジーと併せる。先行して一旦相手を待ち、並ばれた残り1Fから追い出すと一応先着した。先週も同じような内容で先着している。ただ見た目には、重心が高くてアゴも上がり気味の走りのため、お世辞にも力強いとは言い難く、動きだけを言えばとても皐月賞馬でここも断然人気に推されている馬とは思えない。まぁいつもこういう走りで結果を残しているので順当に叩いて良化していると考えればよい。ここまで相手が弱くなると負けられない存在だが、長距離も問題ないタイプの反面、京都の外回りで決め手勝負になった場合には取りこぼす危険も普通にあると思う。3連複とか3連単マルチの軸って感じ。

ビービージャパン<85>
武幸(坂路) 55.1−40.4−25.5−12.7 馬なり 
500万エルダリオンと併せる。少し遅れたが全くの馬なりで、たまたまゴール時点で相手が出ていただけ。程よい前向きさで決してリキみは見られないし、柔らかくシッカリ掻き込むフットワークで動きは水準レベル。ただひと息入ったわりにビシッと追われておらず、少し体は緩く見えた。

ダノンジェラート<85>
三浦(CW) 83.9−68.8−54.2−40.3−12.6 馬なり
早めの栗東入り。先週も美浦Wコースで長めを追い切り、直前は馬なりで流しただけ。軽快な走りで体の柔らかさもあるが、何度も手前を替えていたし、抑えていたにしても頭の高さが目立ち、集中力に欠けているような印象は否めない。折り合いに不安のないタイプで能力も高いが、現状では力強さや信頼感はもうひとつ。

スカイディグニティ<85↓>
助手(CW) 82.8−67.0−52.2−38.7−12.2 末一杯
1600万ダノンフィーバーの内に併せる。攻め駆けする相手を追走したので仕方ない面はあるが、引っ張りきりで併せるのに苦労している相手に懸命に叩かれて何とか同入。最後まで渋太い面を見せたあたりにステイヤー資質を窺わせるが、何度もノメってバランスを崩していたし、フットワークも小さく映る。中間長めを何本も乗られていて順調に調整できたと思うが、もしかしたら疲れが溜まってきているのかも。当初は相手候補で有力だったが、この動きと人気なら押さえに回す手も。


室町S、3着3頭同着やって。初めて見た。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
>お疲れ様です!

菊花賞は神戸新聞杯の惨敗組を狙えの鉄則(自説)どおり、ユウキソルジャー<87>、ミルドリーム<86>、ベールドインパクト<85>から狙い撃ち〜♪相手もゴールド、フェデラル、エタンダール、ラニカイツヨシ・・・
馬連:ユウキソルジャーVSゴルドシップの一点勝負!(\100)

これできっと大丈夫だあ〜
うっかり油たぬき
2012/10/21 09:29
みなさんお久しぶりです!

例年、楽しみな菊花賞ですが、今年は1強ムード。推理する面白さはいくらか物足りませんが、私もユウキソルジャーに1票。
相手はゴールドでしょうがないですが、3頭目にベールド、ニューダイナスティあたりも加えてみま〜す。
優一郎
2012/10/21 15:23
>お久しぶりです!

ゴールド→スカイ→ユウキ
ゴールドがシンガリからの競馬になった時点で馬券外かと思ったら、3コーナーから捲り気味にスルスルと・・・おめでd

大丈夫じゃなかったあ〜
 
うっかり油たぬき
2012/10/21 16:27
>うっかり油たぬきさん
おしい! でもはずれ、、、

>優一郎さん
おひさ〜♪
はずれっち
2012/10/22 16:17
かさごさん、はずれっちさん お久しぶり。
秋の軍資金は稼いだけど・・・
今年は大幅マイナスっす^^;

ゴールドシップにはホクトスルちゃんの分まで走って欲しい。マックの再来って感じがする。
優一郎
2012/10/22 17:14
虚しい
調教ちゃんと見てます?
にわか雨
2012/10/22 23:11
よっしゃー
JRA−VANの鉄人予想コンテストが始まりましたぜ
もう受付は済ませましたか?

よし、今週から本気出す!
うっかりかさご
2012/10/26 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
菊花賞追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる