競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京阪杯追い切り。

<<   作成日時 : 2012/11/23 21:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

毎年意外と相性が良い京阪杯。今年も難しいメンバー構成でひと荒れありそう。


テイエムオオタカ<87>
助手(坂路) 51.7−37.3−23.9−11.6 馬なり
500万ナムラグーテンを追走し外へ。先週サンカルロを圧倒する走りを見せていたが、今週も相手が目一杯叩かれているのを、手綱をガッチリ抑えて引っ張りきりのまま先着。引っ張っていたこともあり頭が高くてフワフワした面は目立ったが、自分からグイグイ進む力強いところも目立った。もともと稽古駆けするタイプだが、時計もこの手応えでこれなら十分。好調。

エーシンホワイティ<87>
松山(坂路) 53.2−38.4−24.9−12.5 末一杯
キビキビした動きで力強い掻き込み。そのわりにスピード感がもうひとつだったが、馬場の影響もあるだろう。もう少し伸びやかさがあれば言うことないが、最後まで集中して脚色衰えず、稽古駆けタイプを踏まえても良い動きと言える。

サドンストーム<87>
国分優(坂路) 54.1−39.3−25.8−13.1 末一杯
OPホッコータルマエと併せる。頭から前に突っ込むような走りで何度もノメっていたが、それを跳ね返すような前向きさがある。終い1Fから一杯に叩かれるとジリジリ抜け出し先着した。ゴール前では重心が浮いてきて余力はなかったが、それでも最後まで大きな身のこなしでスピードを持続できており、状態はさらに上向きと見たい。

ビウイッチアス<86>
助手(W) 52.9−38.2−12.9 末強め
いつも坂路追いの馬だが、この中間はWコースに切り替え、直前も4Fとは言えWコースで追ってきた。この馬らしいキビキビしたスピード感ある動きで、前向きさや集中力も十分。デキは徐々に戻っている。

アドマイヤセプター<86>
ルメール(坂路) 54.7−39.6−25.3−12.7 末仕掛け
直線半ばで蛇行したし、少しリキみの見られる走り。気性面の危うさが出世を妨げてきた馬だけに心配なところだが、前走もこんな感じで当日は落ち着いていたので、活気の表れと捉えたい。力強い掻き込みで最後までしっかり動けており、当日テンションが上がっていなければ大丈夫そう。

グランプリエンゼル<86>
川須(坂路) 53.5−39.5−25.9−13.0 馬なり
OPダイワマッジョーレと併せる。先週グランプリボスを圧倒する動きを見せ、直前も同入ながら手応え十分の余裕残し。道悪巧者らしい手繰るようなフットワークで、今の馬場は魅力だろう。デキは良くなっているので一変も。

ケイアイアストン<86>
助手(W) 57.1−41.4−12.9 末強め
直線向くまでは長手綱をガッチリ抑えるほどユッタリ流し、一転して終い1Fだけは強めに追われた。メリハリを利かせた内容だが馬もそれにシッカリ反応し、終いは大きく伸びやかなフットワークで重心も安定しており、軽めだったとは言え悪くない動き。2年前には高配当の使者となってくれたように、もう少しやれていい馬だと思うが。

ジュエルオブナイル<85>
川島(坂路) 57.4−40.7−26.1−12.5 末強め
見るからに馬場が荒れた時間帯だったが掻き込みの力強い走りを見せ、上がり重点とは言え終いは手前を替えてもうひと伸びしようとしていた。それが左→右手前へ替えていたという点が気になる(余計に1回替えている?)が、まぁ水準級の動きはできている。いくらかスピード寄りの軽いレース向きだけに、馬場が問題。馬場発表が良か重かよりも、芝が荒れていることのほうが気がかり。

スギノエンデバー<85>
田中健(坂路) 58.0−42.4−27.7−13.5 馬なり
時計は参考外と言えるほどのものだが、馬には活気があって動きはキビキビしていた。中間は順調に乗られているようだし、確か直前軽めは最近のこの馬のパターンじゃなかったかと。

エーシンヴァーゴウ<85>
福永(坂路) 51.4−37.9−25.5−13.2 末一杯
重心高くて終いモタつき気味なのはいつものこと。時計もいつも通りだし、追っても追っても突っ立ち気味で推進力に欠けるのもいつものこと。良くも悪くも大きく変わった印象なし。馬場を考えるとむしろ動いているのかも。デキに関しては良い意味で平行線。馬場が合っているだけに食い込みあっておかしくないが、峠は越えた印象もある。

パドトロワ<85>
安藤勝(坂路) 52.7−38.9−26.3−13.6 末仕掛け
最近すっかり姿を見なくなったアンカツさん。仕事してます。新馬タガノトネールを追走し、相手が待っているところへ仕掛け気味に残り1Fで並ぶとそのまま抜き去り先着。相手も追っていなかったし、こちらもゴール前は抑え気味だったので、時計も含めて先着は参考にならないが、気分良さそうに走れていたし、多少モタモタしたように感じたのも、稽古駆けしないキャラとこの日の馬場なら問題なし。太め残りでなければ走れそうな印象。

オリービン<85>
武豊(坂路) 54.2−38.9−25.5−12.9 末仕掛け
あまり脚を前に伸ばさず小じんまりしたフットワークだが掻き込みはシッカリ。ゴール前でちょっとヨレ気味だったが、今週の坂路は馬場が重かったので他馬もそんな感じが多く、問題ではなかろう。特に良かったというわけではないが、この馬なりに順調。馬場も合っていそうだが、問題は1200mに対応できるか。

ハナズゴール<85>
助手(坂路) 54.3−39.2−26.0−13.0 末一杯
マイルCS除外で栗東居残り。時計は平凡だが馬場を考えると仕方ないし、見た目の動きは少し重心が高いながらも活気は戻ってきた印象。体も細くは見えなかったが、やはり春からの成長度には疑問が残る。大外枠を引いたので末脚に賭けやすくなったが、1200mの流れで脚を溜められるかどうか。

シュプリームギフト<85>
秋山(坂路) 54.1−39.9−25.8−13.0 末一杯
2歳OPローブティサージュと併せる。抑えて終い1Fだけビシッと追われたが、ゴール前の脚色には余裕がなかった。重たい馬場に負けた印象はあり、自身は最後まで前向きさを見せていたのでデキ落ちはないと思う。ただ夏馬の印象はあるし、この時期でこの馬場はどうか。

ウインドジャズ<85>
助手(坂路) 55.1−39.9−25.9−12.8 末一杯
最後まで前向きさや集中力はあったが、他馬に比べると上がり重点だけに、動きに少し素軽さが足りないようには思う。ただもともとこういう走りの馬。大きなデキ落ちは無いだろう。夏場に良績が集中しており、この時期がどうかの懸念はあるが、馬場は苦にしない。

マコトナワラタナ<85>
佐藤哲(坂路) 54.1−38.9−25.7−13.3 馬なり
外ラチ沿いを単走で抑え気味。そのため時計は平凡でも仕方ないが、バタバタしたフットワークで脚が前に出ず、それでいて掻き込みも目立たないので力強さには乏しい。あまり良く見えない動きだが、こんな追い切りでもレースでは問題なく走る。活気はあったので、要はハマるかどうかだけ。これも外枠はプラスだと思う。とにかくこの馬とは相性が悪いんだよ。

ハクサンムーン<84>
助手(坂路) 55.4−40.0−26.1−13.0 末一杯
レースの印象からもっとガツンと行って最後バタバタみたいな追い切りなのかと思ったら、前向きさを見せながらも意外と折り合って終い一杯に追われる。ただ馬場の影響もあるだろうが、直線半ばからはヨレヨレになり、最後は何とかゴールになだれ込んだ印象。まぁ手前も替えていなかったし、こんなもんなのかも。とにかく行ってナンボだが、今の馬場は厳しそうな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>お疲れ様です!

1200bでも差しの届くレースと見ます!

マコトナワラタナ<85>名前:9つの宝石をほどこしたスリランカの御守とか
逃げ馬が多いここは53`の軽量を活かしての一発に期待します!
この斤量ならエーシンホワイテイ<87>サドンストーム<87>にもヒケを取らないと確信に至った次第でござる〜
マコト、笑ったな?
うっかりかさご
2012/11/24 10:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
京阪杯追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる