競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS チューリップ賞追い切り。

<<   作成日時 : 2007/03/02 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

余計なこと書く気力なし。

アロープラネット
助手(坂路) 24.8−12.6 馬なり
ピッチ走法で素軽い動きと気合乗りは問題ないと思うが、キチッと間隔を開けているのにこの軽めなのは気になる。先週日曜にビシッとやった話も聞かないし。カイ食いが細くて華奢という陣営のコメントからも不安は残る。あとスピードはあると思うが、初戦のレースぶりからもマイルへ距離が伸びるのもどうかなぁ。

ウオッカ
四位(CW) 67.0−51.6−37.6−12.2 馬なり
頭を上げて行きたがっているのは気になるところだが、折り合いを欠くほどでもなかったし、最後に手綱を緩められると抜群の反応でスッと前に出る。当日極端なイレ込みさえなければ順当に力は発揮しそうだ。

クロコレーヌ
高橋智(坂路) エラー−37.4−24.2−11.9 馬なり
ガッチリ抑えて終いだけサッと伸ばす。素軽い動きだし馬の活気もある。動きとしては良い感じ。溜めれば結構キレそうな気がするのだが。

ザリーン
助手(坂路) 55.2−40.6−26.6−13.3 馬なり
全くの軽めだが最後は右へ左へフラフラ。まだパワーがついていない印象は強く受けるが、馬の気持ちは前向きでフットワークもそんなに重苦しさは無い。

ダイワスカーレット
安藤勝(坂路) 52.0−38.5−25.5−13.0 馬なり
最後若干アンカツの手は動いていたが、ほぼ馬任せ。集中力もあるし動きも大きい。体の太め感も無く、仕上がりはまずまず。稽古を見ても兄同様キレには欠ける印象はするが、反面牝馬とは思えない力強さはある。相手が脚色に余裕がなくなってるのに交わそうとしなかったところにちょっと不満は残るが。

タガノグラマラス
岩田(DW) 80.4−65.7−51.4−37.9−11.8 終い一杯
直線まではガッチリ抑えられて何とか折り合いもついていた。残り1Fムチを入れてビッシリ追われると重心が低くてキレのあるフットワーク。これだけの動きをするのだから能力非凡だと思うが、テンションが高そうなのは気になるし、後脚の推進力がやや甘く感じた。阪神に良績はあるが、重賞になってさてどうか。

バクシンヒロイン
藤岡(B) 81.8−65.6−51.0−37.6−11.5 馬なり
軽いBコースであること、終始持ったままだったことを考慮しても、素軽くキレのある動き。状態は変わらず好調キープと見るが、馬体の維持と坂の克服が課題。

ミルクトーレル
松田(坂路) 53.6−39.2−26.0−13.4 一杯
大きなトビで力強い印象はあるが、追い比べで脱落。まだ全般に動きが重く、いかにも休み明けっぽい。このひと追いでガラッと変わられたら..知らん。

レインダンス
助手(坂路) 53.5−38.9−25.5−13.0 終い強め
終いの時計は要したが、フットワークはキビキビしていて仕掛けられての反応も良い。馬のテンションも程よく上がっていてまずまず良い感じ。2強を打ち負かす迫力は感じないが、この馬なりに好調なのでは?

ローブデコルテ
助手(坂路) 54.9−エラー−25.4−12.6 馬なり
最後まで抑えたままの軽いものだったが、馬には活気があってフットワークも弾むようにキビキビ。妙なテンションの上がり方もしておらず、一息入ったが使っている頃と状態は変わらないと見ても良いのではないか。鞍上のタメ殺しに遭わなければ順当に圏内を争うでしょ。

ウォーターポピンズ
助手(坂路) 53.5−39.3−エラー−13.1 馬なり
気合乗り良く馬場の真ん中を駆け上がる。直線向いて若干ヨレるようなところはあったが、その後は力強いフットワークでシッカリ駆けた。パワーが勝った印象はあるが、フットワークの素軽さもまずまずある。ただこの相手で芝でも好走..とは言い難い。

競馬ブログランキング参加中です!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チューリップ賞追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる