毎日王冠&京都大賞典予想。

予想の前にまずお詫び。

「今の栗東坂路は夏に比べて1秒半ぐらい時計が速い」と追い切りエントリで書きました。実際そういう馬場なんだと思うが、馬場が荒れるのも早く、特に今週に関しては早い時間帯に追い切った馬と遅い時間に追い切った馬ではかなり時計の出方が異なる。後者の場合にはほぼ夏場と同じで、4F53秒台→1F13秒台なら上々。実はこの傾向にはすぐ気がついていて、途中のどこかで言及しようと思ってたんだけど、結局放置しちゃいました。

ただねぇ、これすごく厄介なんだよねぇ。追い切りエントリを書くにあたっては、実際に映像を見ながらなので問題ないんだけど、通常のレースで新聞の調教時計しかわからない場合、どの時間帯に追い切ったのかは書いてない。速い時計だからと言って評価を上げたり、時計が物足りんと言って評価を下げたりしても、実は時間帯の影響が大きくて間抜けなことをしてる可能性大。困ったもんだ...

東京11R 毎日王冠
さて毎日王冠。毎年このレースの際には89年の伝説のレースについて感慨に耽っていたが、今年は時間もないので止めとこう(笑)
少頭数のうえ逃げ馬不在。今年もウオッカが逃げるハメになりそうだが、彼女が逃げるにせよ他が逃げるにせよ、速い流れは考えにくく、ヨーイドンの上がりの競馬を想定する。

◎6.ウオッカ
唯一のGⅠ馬であり今年も牡馬相手に57kg。実は昨年の例も示す通り、この馬は休み明けで勝ったことが無い。なので100%勝てるとまでは言わないが、この1年で特に2000m以下のレースでは自滅するようなハイテンションになることもなく、レースぶりが常識にかかってきた。昨年と同じパターンになったとしてもスーパーホーネット級の瞬発力タイプはいないわけだし、この馬自身も昨年より最後まで踏ん張れるだけの落ち着きはあるはず。どっちにしても四本足でゴールする限り、馬券圏外は考えられない。何かにやられても3着すら考えにくく、逆に崩れるなら勝手に自滅するケースなので、その場合はどこまで凡走するかわからん。このあたりが馬券戦略のヒントになる。
○4.カンパニー
昨年のこの時期は調整に苦労し、何とか出走する状態だった。それに比べれば今年の仕上がりは雲泥の差。58kgにも慣れ、堅実なレースを続けている。府中に良績は無いものの、秋天や安田記念が示す通りスムーズな競馬ができれば決して向かないコースではない。今回は少頭数でもあり、先行してジックリ脚を溜める競馬ができるはず。鞍上としてもここで大物食いを狙っているだろうし、◎をガッチリマークしてどこまで食い下がるか。こちらが完璧な競馬をし、女王が少しでも隙を見せれば逆転もある。
▲1.マッハヴェロシティ
あまり変わり映えしなかった追い切りを見ているぶんには全くノーマークだった。が、今回は前走から激変するファクターが出現。枠である。この馬自身は大型大トビで内枠が得意と言うわけではないが、何しろ白い帽子のヨシトミに近年何度泣かされたことか。いつものように不利を喰らって不完全燃焼の可能性もあるが、タケミカヅチのようにロスなくコソコソとラチ沿いを抜けてくるシーンは十分ありうる。ただし出し抜けを喰らわすほどの瞬発力は無いので、あくまでウオッカが抜け出してしまったあとの2着争い。▲だが逆転の可能性は薄い。
△10.サンライズマックス
もう少しピリッとした動きをしていればもっと評価を上げたいところだったが、ベストの府中1800mで岩田様なら圏内には残しておきたい。瞬発力はあるほうだが、あまりスローで極端なヨーイドンになるよりも、少し流れてくれたほうがこの馬自身の末脚は活かせると思う。あとは輸送で体が減ったりしないこと。ドンピシャでハマれば逆転の可能性ゼロではないが、確実に34秒台を使えていても33秒台で上がったことの無い馬。まぁ2,3着争いと見るのが賢明だろう。
△9.ダイシンプラン
ハマった時の末脚は迫力十分だが、ムラっぽさは否めず情けないほどの凡走も多い。後者の可能性は高いが、前日売りで9人気とあっちゃハマった時のことをケアしたほうが面白い。今年も勝ったらウオッカキラーと呼んであげよう藤岡兄やん。でもこの人はイケてる時とそうでない時の落差が激しい人。今がイケてるかどうかは...土曜の後半見てりゃわかるよなぁ...
▽5.ヤマニンキングリー
前走の大金星はロスなく完璧な競馬をしたぶん、小回りの大外ブン回しの大本命を負かしただけで、時計面でも評価できないが、とにかくレースが上手で崩れない。着実に力もつけているのだろう。ただGⅡ勝ちによって今回は58kg。この馬自身速い上がりも使えるが「他より鋭い末脚」じゃないし、小回りコースでジッと脚を溜められるからこそ速い上がりを使えている印象。広いコースで直線が長くなることがプラスになるとは人馬ともに思えない。掲示板あたりは確保しそうだし、ここで勝ってしまうようなら一躍本番でも注目の存在になるが。
▽7.スマイルジャック
折り合っているように見えて実はちょっとずつ”脚が漏れている”ために末が甘かった馬が、前走では直線の長いコースで後方から32秒台の末脚で差し切り勝ち。イメージを一新するような走りだった。その後も好調をキープしておりここは試金石の一戦だが、あの鮮やかな末脚が続けてハマるか半信半疑だし、前走は折り合ったものの、あまりスローになるとまた”脚が漏れる”ようなレースぶりにならないとも限らない。あと前走で折り合って末が伸びたのは、やや重でちょっと緩んだ馬場だったからかも。1800mは1F長い印象も少し。
▽2.アドマイヤフジ
ん~微妙な人気なので取捨に迷う。最初はこの馬の3着固定はまず買って...の意識だったが、正直スローのヨーイドンは厳しいよなぁ。内枠を引いたので昨年のように2,3番手から粘りこみを図る舞台は整ったものの、昨年よりもっとメリハリついて上がりが速くなりそうな気がする。むしろ思い切って逃げて途中から徐々にペースアップし持久力勝負に持ち込んだほうが怖いのでは?

馬券を買うとすれば、
6→4,1,10,9→4,1,10,9,2,5,7
あとは馬単で6→1,4,9,10
ウラは4,9→6を少しってとこかな。


京都11R 京都大賞典
京都の開幕週と言えば、20世紀のうちはとにかく前が止まらない超高速馬場だった。それが今世紀に入ると少し様相が変わり、特に4~5年前からは意図的に開幕週は芝を長めに設定するようになった。それでも京都だから前有利には変わりないが、流れや馬の決め脚によっては差しも開幕週から届く。ま、今年のこのレースは馬場云々よりもペースなんだけど。

さて、逃げ牝馬3頭が揃って非常に興味深いメンバーとなった今年の京都大賞典。3頭の逃げ意識で言えば、コスモ=クィーン>プリキュアと言ったところか。コスモは一時控える競馬もしていたが、開き直って逃げに拘るようになって本格化。一方クィーンは陣営からも「逃げなきゃ話にならん」宣言。で、プリキュアちゃんはと言うと、日経新春杯の逃げ切りが印象に強いが、実はハナに拘っているのではなく、”ペースを落とさず一貫した流れにしたい”だけであり、理想としては自身が逃げるよりも何かに引っ張ってもらい、さらにそれを3角あたりから交わしにかかって大逃げに持ち込むのが本音だろうと思う。さすがに距離を考えるとコスモとクィーンが競るように飛ばすことは考えにくく、どちらかが行ってどちらかが2番手、少し離れてプリキュアちゃん、さらに離れて集団という形で淡々と進むはず。で、坂の頂上あたりで逃げ2頭がバテ始めたところでプリキュアちゃんがバトンを受け取りペースを維持して直線へ...という展開を想定。要は前へ行った馬が直線向く時にどれだけ差を保てているか。

◎8.ジャガーメイル
若い頃は頼りない面もあったのだが、着実に成長を遂げ、この路線では主力を成すまでに至った。GⅠどころか重賞勝ちすらないが、OP入り後の成績は重賞勝ちに匹敵するぐらいのものはある。天皇賞はアンカツにありがちな「下げすぎて届かず」の面もあるし、前走は泥んこ馬場で道悪の鬼に屈しただけ。パンパンの硬い馬場より少し緩めの馬場のほうが安心感はあるが、前が引っ張ってくれるので直線だけの瞬発力勝負が避けられそうなのはプラス。問題は京都での騎乗経験に乏しい石橋脩が特殊な展開が見込まれる中で落ち着いて乗れるかにかかっている。
○14.トーホウアラン
思ったより走った前走と、思ったより上積みに乏しそうな追い切り内容で評価が難しいところだが、使った反動が見られるわけではないので昨年ぐらいは走れると見たい。昨年は20万プラスをもたらす殊勲の走りだったが、今年は58kg。大トビな馬のわりにどちらかと言うと緩い流れで瞬発力勝負になったほうが安定して走る。縦長の展開になった場合、自身が好位あたりで脚を溜められれば問題ないが、昨年のように中団とかに控えるようだと上がっていく際に脚を使っちゃうかも。
▲3.スマートギア
なんでも土曜の自己条件を止めて乗り替わりまでしての参戦だそうな。準OP降級して2度勝ち損ねた馬が何を...という意見はごもっともだが、流れの異なる2戦でともに追いこんで来た点を評価したい。以前はスローのほうがむしろキレ爆発のイメージだったが、今年に入ってはソコソコ流れたレースでも追走に脚を使い切らずにシッカリ末は伸びる。こういうジックリ脚を溜めて直線勝負の馬は武さんがお得意だが、ペース判断に長けたユーイチへの乗り替わりならマイナスではないはず。ただ菊花賞が示す通り、距離がちょっと長いのと直線一気が決まりにくい外回りが割り引き。
△2.オウケンブルースリ
菊花賞馬には敬意を表さないとアカンやろ。ソコソコ流れて末脚勝負は菊花賞馬にはふさわしいレース展開。アッサリ勝って貫禄を見せられても納得できる。けど正直言って本当に強いのかどうかまだわからんのよねぇ。今年に入って巻き返しを見せている4歳馬だが、ダービー馬の抜けた昨秋の菊花賞段階ではかなりレベルの低い争いだった可能性も高く、菊花賞馬の称号がどこまで通用するかは疑問。この馬自身成長を認められる動きをしているが、スマートギアと違って59kgを背負うのも割り引き。

上記4頭もそんなに抜けた存在とは思えないが、他は他でまたどれか拾うとなると難しい。

1.トーセンキャプテン
まずレースぶりが安定しないのが買いにくい。最内枠を引いたので、引っ張る馬を見る形で集団の前めラチ沿いをジッと進めば、直線平坦な京都なのでなだれ込みもあるかなと思うが、それでも距離が長いか。
4.コスモプラチナ
状態は悪くなさそうだが、クィーンスプマンテ陣営がかなり行きたそうなだけに、兼ね合いが問題。よほど相手が出遅れない限り、こちらが引くことになりそうだが、ここのところずっと逃げてきただけに前に馬を置いて落ち着いて走れるかどうか。後ろにプリキュアちゃんも控える状態で、自分のペースで競馬をするのは難しいのではないか。
5.クィーンスプマンテ
出負けするとか鞍上が遠慮するとかなければ、こちらがハナを切るんじゃないかな。超軽量とは言え札幌2600mを逃げ切っており距離へは対応できそうだが、55kgで厳しい展開となれば場内を沸かせてもどこかで捕まるのでは?
6.キングトップガン
これは無いだろ。
7.モンテクリスエス
前が引っ張ってスタミナに比重がかかるのは歓迎材料だが、ダイヤモンドSレコード勝ちはあるものの、春天でレースにならなかったように、この馬自身は時計の速いレースは向かない。よほど各馬が勝ち気に逸ってバテ比べになれば、馬キャラと鞍上の腕っぷしが活きても驚けないが。
9.ハギノジョイフル
京都2400mは向かない条件ではないが、高速決着に別定戦では厳しいか。それよりこの人が無謀にも逃げ争いに参戦しないかのほうが不安だ(笑)
10.マイネルキッツ
57kgならともかく、一世一代の大駆けで59kgを背負うとなれば評価のしようがない。当時に比べればデキも程遠いし、あの乗り方をもう1度やれってのが無理な話の気がする。
11.メイショウクオリア
前を見ながらダラダラと先行し、直線入り口でスタミナにモノを言わせてポーンと先頭に躍り出ることはあるかもしれない。でも基本的に時計の速い決着が得意じゃないので、そこまでのムリが祟りそう。もちろん控えて差すような脚は無いし、そもそも先行できるだけの素軽さがあるかも疑問。
12.テイエムプリキュア
冒頭で書いたとおり。序盤はハナに拘らず3番手ではないか。で、坂の下りで先頭に立ってスパートし、直線入り口で後続に差をつける...が理想。ただ京都外回りの長距離戦が得意と言っても、好走はすべて49~50kg。やはり56kgは不安。ちなみにコスモ、クィーンを含めた牝馬3頭の逃げ切り勝ちは全てハンデ戦。
13.アルコセニョーラ
時計の速い馬場、広いコース、55kgの別定戦、2400mの距離。推す材料がありません。

◎○▲△もアテにならず、このレースは見て楽しむレースかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

はずれっち
2009年10月11日 08:13
待ってました!
師匠の言いたいことがよ~くわかります。
毎日王冠
・ナムラはいらん。
・ウオッカは連対できなきゃ騎手辞めろ。
京都大賞典
・牝馬3騎はどれもいらん。
・買わずに見て楽しむなんて出来るわけがねえ。
ってとこですなw
hiro
2009年10月11日 14:48
あ、そうなっちゃいますぅ~?
毎日王冠はナムラが来るってことですね。
京都大賞典は買いたい気持ちはあるんだけど、買える馬がいないんですよ...
はずれっち
2009年10月11日 14:56
いえいえ、わしもナムラは買いまへん。
師匠の予想丸乗りだす!
京都はモンテなんてどないだす?

安いけど今日の勝負レース獲ったんで、ビール飲みながらノンビリ観戦しよw
はずれっち
2009年10月11日 14:58
ぷしゅ!、、ごくごく、、ぷは~、、ごろごろ

ながせ
2009年10月11日 16:04
毎日王冠、3着ナムラを持っていたので声が出る出る(苦笑
最初少し掛かった分が最後に響きましたかね。それにしても、またわけ判らん馬に割って入られてしまった。ハイアーなんて馬、いましたっけ(爆
はずれっち
2009年10月11日 16:19
師匠のコメしてない馬は要注意です(笑)
ハイアーは府中走りますよん。
うっかりかさご
2009年10月12日 20:28
お茶いただきまふよ
(/◎\)ゴクゴクッ・・・ ←お茶
レース直前に神の啓示があり友人に、カンパニー⇒ウオッカの馬単一点勝負の指示メールを!!!当の自分は・・・買い損ない!OTL