京都牝馬S予想。

シルクロードSの結果をどう見るか。

京都11R 京都牝馬S
まさかの出負けをしたジョーカプチーノが直線外から豪快に伸びて突き抜け、2着も外からアーバニティ。見ていておわかりの通り、決して前がガンガン飛ばしてHペースだったわけじゃない。新聞各紙が騒ぎ立てるようなイン&先行有利なんてことは全くなく、決め手さえあれば十分差せる馬場。もともと先行有利なコース形態なので先行馬にアドバンテージはあるが、それ以上の馬場バイアスはないと声を大にして言いたい。

さてこのレース。逃げるのはアグネスワルツ。前走2着で復調を示し、中間の動きにも良化が見て取れる。だが前走は中山開幕週の単騎スロー逃げ。斤量面で有利だし上がりもシッカリした脚を使えるので有力な1頭ではあるが、前述の通り逃げるが勝ちの馬場じゃないという想定なら、そんなに信用できる馬でもない。この馬の前残りは押さえつつ、決め手を優先して考えてみたい。

◎11.リビアーモ
皇成ならそんなに高い評価もできないが、デムーロが乗るなら話は別。中山の急坂を苦にせず追い込めるパワーがあるので、直線平坦な京都よりも坂のあるコースのほうがベターだとは思うが、逆に直線でバラけやすい京都外回りでスムーズな競馬ができそうな外めの枠。ジックリ構えて直線外へ持ち出し、デムーロの剛腕で追いまくれば、圏内まで突っ込んでくる期待は持てる。これで53~54kgなら本気買いしたいところなんだけど。
○8.ヒカルアマランサス
デキ絶好。むしろ追い切り時点でピークを迎えちゃったんじゃないかと心配になるぐらい。1800m以上でもソコソコ走っているが、やはりこの馬はマイルで決め手を活かす競馬がベストっぽく、前走から2kg減で◎▲より斤量有利なら。
▲13.ブロードストリート
復帰当初はイマイチな成績だったが、仕上がりももうひとつだった。叩きつつ確実に良化し、前走も4角での不利がなければ勝てていた。今回の追い切りの動きも合わせ復調なったと見たい。ベストは1800mって印象だが、昨春の阪神牝馬Sでは状態ひと息の中、1400mで56kgという不利な条件でも4着。マイル戦で55kgなら能力は出せる。
△7.アグネスワルツ
断然有利な馬場状態とは言わないが、コース自体が先行有利。加えて53kgの恵量、ガリガリ競ってくるような相手もいないとなれば、当然押し切りがあってもおかしくはない。
△3.レディアルバローザ
前走は距離も長かったし不利も受けて参考外。追い切りの動きが悪くはないものの絶好調時から少し落ちる印象がしたのが割引も、ソコソコ前に行けてロスの小さい競馬ができそうなので押さえには。
△5.ショウリュウムーン
前走がモタレて競馬になってなかったので、馬具でどこまで矯正できるか。まともに走ればまだ見限れないと思うが、稽古の動きが一時の迫力が薄れてきた点を考えると、このあたりが無難な評価か。究極の決め手勝負になった場合もちょっと苦しい。
▽12.アプリコットフィズ
実績面ではここでも上位。能力を存分に発揮できれば勝ち負けに加わると思う。が、気性的に不安が残るし、桜花賞で関西遠征した際にはガリガリに馬体が減った。当時ほど輸送減りはしないと思うが、追い切りでも気合が乗ってテンションの高い走りをしていただけに、また体調を崩す危険もある。パワータイプでもないので今の馬場への対応力もカギ。
消9.コスモネモシン
引き続きデキは良いと思うが、時計の速い決着、上がりの速い決着、どちらにも不安がある。あと、基本的に速めの流れをマクッて良さが出ると思うので、直線での決め手勝負がどうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント