プリンシパルS追い切り。

まともに当たった記憶なし。


ジューヴルエール<87>
助手(栗坂) 52.6-38.5-24.9-12.4 末一杯
3歳OPリグヴェーダと併せる。相手が上々の動きだったのは別項で書いたとおりだが、それに一歩も引かず、むしろ安定した重心と力強いフットワークは目を見張るものがあった。ゴール前で一瞬諦めかけて頭を上げそうになったが、再度グッとハミを噛んでもうひと伸びするところも見せ、素質ありそう。デニムアンドルビーに勝ってる馬ですから。

サムソンズプライド<87>
調教師(P) 67.5-51.8-37.4-12.5 馬なり
500万クラーロデルナの外に併せる。Pコースなのでもう少し上がりを詰めてほしかったが、相手に合わせるようにガッチリ抑えて流していたのでまぁいいだろう。収縮の利いた柔らかいフットワークで重心も安定しており、Pコースと言うことを踏まえてもデビュー当時の重苦しさが抜けてきた印象。

ミエノワンダー<86>
北村宏(美坂) 50.1-37.2-24.9-12.8 馬なり
1000万サトノロックの内に併せる。少し手応えで見劣ったが、おそらく追走したもので許容範囲と言える程度。時計はアテにならない馬場状態だが、軽快な動きで水準レベルのデキにあると思う。

マジェスティハーツ<86>
助手(CW) 80.5-65.2-50.9-37.9-12.7 末強め
3歳500万オースミナインと1600万エーシンリボルバーの外に併せる。3頭並んで直線へ向いたが、この馬だけが抑え気味でもグングン加速。残り1Fから追い出すとスッと抜け出した。最後は遊ぶようにして余力残しだったが、全体時計も上々。重心の高さは目立ったが仕掛けて一瞬伸びた際には沈んでおり問題ないだろう。まだ気性面で子供っぽい印象があり、安定して走れるタイプではないだろうが、素質はありそうな。

ガチバトル<85>
助手(W) 83.5-67.5-51.8-37.8-12.6 馬なり
1000万ブロックコードを追走し内へ。気負い気味の走りで距離延長に対する折り合いの不安を感じるが、伸びやかなフットワークで力強い動きをしており、デキは良いんだと思う。瞬発力は無さそうなので行ってどこまでだろうが、リキんで走ると終いの踏ん張りを欠きそう。

サーストンニュース<85>
助手(P) 67.8-50.9-36.9-12.7 馬なり
3~4角からゴールを過ぎてしばらく行くまでずっと左手前で走っていたので口向きの悪さも少し見られたが、集中力はあって最後までマズマズの伸び。ただPコースだからか力強さに欠け、動きにももう一歩鋭さが欲しかった。マイルC◎候補でしたが、ぶっちゃけこの動きならこちらに回ってきてくれて評価を下げられて良かった印象(笑)相手なりキャラだと思うが、2000mでいきなり好勝負までいかないと思う。

アルバタックス<85>
浜中(栗坂) 52.1-38.4-25.4-12.9 末一杯
OPドナウブルーと併せる。やや相手が口向きの悪さを見せたりと本来の動きでは無かった印象もあるが、稽古駆けして安田記念を狙える位置にいる古馬相手に追い比べで1度も前に出さずに先着した。この内容は評価できるが、見た目の動きは頭が高くて何度も伸び上がるなど、時計や字面の印象ほど良いものではない。馬柱を見ている時にはマイルCに出てきても面白いと思っていたが(だから非抽選で除外だって)、この動きを見るとあまり魅力を感じず。

トルークマクト<84>
武士沢(W) 71.0-55.3-40.1-13.1 末強め
3歳500万ナスノニシキと未勝利サクラジュレップの間で3頭併せ。道中の位置関係がわからないが、直線は外の格下に手応えで見劣っての同入。それよりも、少し気負い気味の行きっぷりや直線で見せた口向きの悪さ、仕掛けての頭の高さが気になった。ゴール前では集中力が出て伸びていたが、全般にスムーズさを欠く動き。前走でマイル戦3着しているが、基本的には短めの距離でスピードを活かすキャラではないかと。

この記事へのコメント

うっかりかさご
2014年05月03日 17:03
ブログ閉鎖からちょうど一年が過ぎたんですね!しみじみ・・・
またいつか再開することをきぼんぬです