ほんでもってお約束の新馬戦。

本人的にはこちらも自分用メモをアップしておきたいために、今週の追い切りを書いてます(汗)


【新潟5日目 芝1400m】
セルメール<86>
中舘(W) 68.3-52.5-38.5-12.4 一杯
3歳未勝利マイベストフェローの外を先行。直線向くと早々に追い出されていたが、そこから渋太さを見せてゴールまで踏ん張った。重心の低い走りでフットワークに力強さがあり、前向きさや集中力も十分見せていた。時計面も悪くなく、自身の仕上がりとしては上々だと思う。

ティア<85>
二本柳(W) 54.1-38.5-13.6 末強め
500万ワンツーステップの内に併せる。前向きなところは見せていたが、直線入り口では内へ行こうとして矯正される。立て直されてからはピッチ走法気味にキビキビした走りを見せて手応え優勢に同入。格上相手でもあり水準レベルの動きと言えるが、もう少し仕掛けてからピリッとした面を見せてほしかった。

ダイワエキスパート<85>
助手(美坂) 58.0-41.8-26.4-12.9 末仕掛け
3歳未勝利アンクトと500万ホワイトマニキュアを追いかけ、直線では内からスルスル抜け出しかける。中のアンクトは遅れても追わず、外のホワイトマニキュアとは同入だが手応えで圧倒。フットワークが力強く、集中力もあった。


【小倉5日目 ダ1000m】
サウスリバティー<85>
酒井(CW) 73.9-56.5-40.9-12.3 
新馬タガノディナーとステルスの内に併せる。デビュー前3頭の併せ馬らしく各馬真っ直ぐ走れないようなところも見られたが、その中ではこの馬は前向きさを見せて最後はグンと抜け出してきた。力強い掻き込みで推進力はあるが、まだ気性面でのコントロールができていないような面も見受けられる。1000m戦を使うのでそのあたりはごまかしが利きそうだが、トビが大きめなのでスピードに乗れるかどうかが不安。

ワールドカップ<84>
佐久間(栗坂) 53.6-39.7-26.7-13.9 一杯
2歳未勝利クリノアワオドリ相手に大差先着。既走馬相手のぶっち切りは見た目にインパクトはあるが、相手が情けなさすぎただけで、こちらも終い13秒9が示すように最後は伸びていなかった。1000m戦なので序盤の行きっぷりを素直に評価する手はあるが、何だか馬名的に人気しそうな気もする。

シゲルオキヨマツリ<83>
助手(栗坂) 57.2-42.1-27.2-13.7 末一杯
流している時から重心の高さが目立ったが、終い追われると一段と頭が高くなり、せっかく脚が出ているのに推進力に活かせていない。この動きではちょっと。


【札幌7日目 芝1800m】
ルーチェスプマンテ<85>
田中博(函館W) 72.1-55.9-40.5-13.1 末一杯
併せ馬で渋太く踏ん張り先着。これを書いてる時点では併せた相手が不明だが、先着と言ってもこちらは目一杯、相手は馬なりで、先着させてもらったのは確か。それでも力強いフットワークには一定の評価は必要だろう。反面、まだ重心がフワフワしてせっかくの力強いフットワークも宙を空回りしているような印象もあり、消しとは言わないが人気なら一枚割り引いても面白い。

ワールドリースター<85>
福永(札幌ダ) 70.0-53.7-39.1-12.3 末一杯
前を行く2頭の併せ馬に外を回して追いすがったものの、結局最後まで並ぶことはできなかった。ただビシッと追われて最後まで諦めずに頭を前に突き出していた。まだまだフットワークにバラつきがあるし、若干身のこなしが硬い印象も受けるが、水準レベルの内容はこなしていると思う。


【新潟6日目 芝1800m】
ポトマックリバー<85>
助手(W) 83.4-67.7-53.5-39.9-13.6 一杯
3歳未勝利ルシランセドールの内に併せる。直線向くとすぐに一杯に追われていたが、馬なりで流す相手を何とか封じるのがやっと。伸びやかなフットワークで決して悪くない動きだと思うのだが、いくらか緩慢だった気がしないでもない。柔らかい身のこなしで素質はありそうだが、1度使ったほうが良いのかも。

ミッキーユニバース<85>
杉原(美坂) 56.3-40.0-26.1-13.2 馬なり
OPサトノギャラントと1600万プランスデトワールの内に併せる。外のプランスデトワールはいくらか手応え劣勢だったが、内の2頭は引っ張りきり。最後はもともとの馬力のぶん格上サトノギャラントが先着する形だったが、こちらも必死に抑えたものであり遅れは何ら問題なし。むしろ古馬OPを相手に気後れすることなく抜かせまいとする面を見せた点は評価したい。あとは実戦で折り合いがつくかと、フットワークからキレ味を要求されると初戦からは厳しそうな印象を受けたので、ダラダラと長く速い脚を使う展開になれば。

ワンパクチョウサン<85>
助手(W) 54.8-39.9-13.9 末強め
直前は4F追いだがこれまで乗り込んであるようなのでその点は心配なし。直線へ向いてからかなり促されていたにしては終い1Fの時計は物足りないが、見た目は四肢がシッカリ伸びたフットワークでスピード感もそれなりにあった。ただまだちょっと太いかもなぁ。

ラインレジェンド<84>
助手(W) 53.0-38.5-13.3 末仕掛け
500万モリトリュウコの内に併せる。相手の古馬も4角逆手前で外へ膨れていくなど物足りない動きだったが、こちらも直線で外を向くような口向きの悪さを見せ、頭の高さも目立つ。前向きさがあって動きに勢いも感じるが、新潟の長い直線を考えると今回の動きでは不安も。

マイネルフレッチャ<83>
柴田大(芝) 70.2-53.8-39.4-12.4 馬なり
新馬スマイルミーティアの内に併せる。お互い馬なりで流して同入だが、こちらのほうはおそらく内にモタレていたんだと思う。鞍上が矯正しつつといった感じで、素軽さという点で見劣った。フットワークに推進力もなく、まだ手先だけでチョコチョコ走っている印象が否めず。長い直線で良い脚を使うタイプには見えなかった。


【小倉6日目 芝1200m】
クリノスーアンコー<86> 
酒井(P) 78.3-63.4-50.1-37.1-11.5 末仕掛け
500万ヴァルナビットの外に併せる。懸命に叩かれる古馬を尻目に、軽く気合をつけただけでスッと抜け出し先着。時計もPコースとは言え水準以上だし、動きもシッカリしていた。もう少し仕掛けて前向きさや鋭さがあれば良かったが、初戦としては上々の動きと言える。

メイショウカンベエ<85>
和田(栗坂) 56.2-41.3-26.4-12.9 馬なり
新馬クリノチーホーを追走。かなり差を開けての追走だったが、キビキビとリズミカルな走りで差を詰め、最後は手応えでも圧倒して先着。外ラチ沿いを走ったことでフラフラしなかったことも先着の要因だが、抑え気味だったにしても少し動きが硬い印象。

この記事へのコメント

かず
2014年08月23日 21:48
大雨により、一週遅れのコメです。
師匠の診断は大変参考になります。
また、時間があれば、書き込んでください。
かず
2014年10月12日 21:04
師匠お久し振りです。
来週からG1weekですね。
N丼
2015年04月30日 08:43
突然の連絡申し訳ございません。T木さんが貴殿からの連絡をお待ちしております。もしもご覧になられたら、お手数ですが連絡してみていただきますよう、お願い申し上げます。
hiro
2015年05月01日 12:26
携帯変えた連絡忘れてた😱
3日から東京行き可能ですので、連絡乞う
かず
2015年05月01日 22:40
師匠、半年振りのご無沙汰です。師匠のお手を煩わせますが鋭い判断お願いいたします。
かず
2015年08月09日 15:06
今年もお盆は師匠の書き込みを見ることが出来るのでしょうか。
hiro
2015年08月13日 17:01
いろいろ時間を作ろうとしてますが、今年は難しいかも。今朝書き始める予定が、早実の試合見ちゃって(汗)
最後までトライしてみます。
かず
2015年08月13日 21:53
師匠お久し振りです。無理せず、お盆を筒がなく過ごして下さい。