競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海S追い切り。

<<   作成日時 : 2009/05/21 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

東海Sがあることを認識していながら、今週から中京だと言うことを忘れていた。しかも「じゃぁ今週から2場開催だ!」と思ったら新潟残ってるのね。


アドマイヤスワット<87>
藤岡佑(坂路) 52.4−38.2−25.2−12.8 強め
頭は高いが活気を感じさせる動き。終いはシッカリ追われていたが、馬にはまだ余力があった。フットワークも地面をシッカリ捉えてのもので推進力を感じさせる。底知れぬ魅力はあるが、初の57kgでこの距離。陣営も心配するように折り合い面の課題を克服することができるかどうか。あと、去年のあおぎりSで人気を裏切った際に「中京みたいなコースは合わない」って言い訳してた気がするんだが。

アロンダイト<86>
和田(坂路) 53.2−38.6−25.6−12.7 末一杯
やや馬体を離して未勝利サンライズビーチと併せ馬。残り1Fからはお互いが寄って追い比べとなり、ゴールでは僅かに先着。未勝利馬相手だけに何じゃこりゃってところだが、稽古では動かない馬だし、懸命に鞍上が追っていたわりに馬にはまだ余裕があった。他馬との横の比較ではあまり目立つ動きではないが、この馬自身の縦の比較で言えば良化している。叩かれつつ機敏さを増して来たのは間違いないところだし、前走のレースぶりにそういうところも見られた。左回りの長めの距離はベストで、心配は大型大トビなので中京の小回り。直線グイグイ伸びてくるタイプでも無いので、コーナーコーナーでスムーズさを欠くようだと凡走も。

ヤマニンリュバン<86>
酒井(坂路) 50.9−37.4−25.0−12.8 一杯
1600万シルポートを追走。残り1F手前から追い出して追撃を開始したが、相手も残り1Fからシッカリ追われたため並ぶのには苦労した。ただ勢いそのままに抜け出して先着。多少力強さに物足りないところはあるものの、これだけの時計で走れば終いは重心が浮いて甘くなっても許容範囲。距離は未知数だが、ソコソコの位置につけてくれれば中京コースは合っていると思う。どうせ差す脚はないんだから昇竜Sみたいな消極的な競馬は止めてくれ。

スターシップ<85>
助手(D) 81.6−66.4−52.3−38.8−13.3 馬なり
外の1600万ワインアドバイザーと併せているところに内からOPユビキタスが追いついてきて3頭併せ。ちょっと直線でモタつくようなところもあったが、ゴール前ではスムーズに伸びていた。使い込まれておりさすがに上積みは見込めないが、平行線は維持している。

ピサノエミレーツ<85>
青木(P) 83.8−68.5−54.8−41.3−13.8 馬なり
芝でも走っていた馬だが、力強さはあるものの伸びやかさに欠ける身のこなしで、ダートのほうが向いているのかなと思わせる。馬なりだったにしても終い13秒8はかかりすぎの印象はあるが、余力も十分だったので問題ないんだろう。もうひと絞り欲しい気はするが。

ウォータクティクス<85>
川田(坂路) 53.4−39.1−26.1−13.5 末強め
500万アイソトープと併せ馬。直線半ばから手応えが怪しくなり、最後は引っ張りきりの相手に追って同入。集中力があって動きも力強く、手応え見劣ったのは割引では無いが、稽古の動きから強く推せるほどでもない。ムキになる面を見せなかったのは距離を考えると好材料だが、稽古とレースはまだ別だからねぇ。雨が降って軽いダートになり、スピードが活きる可能性はあるので消しとまでは言えないが、何もこの馬から買う必要はない。

マコトスパルビエロ<85>
助手(坂路) 52.9−38.7−25.9−13.2 末一杯
力強い掻き込みで前向きさを見せていたが、序盤から張り切りすぎたか叩かれてからの反応なし。一応最後までバッタリ来ず集中した走りをしていたので割引では無いが、あまり大きな上積みも感じられない。ゲートが五分なら抜群の安定感を誇るが、逆に重賞ではどうしてもあと一歩足りない。そのあたりを距離延長とコース替わり、手替わりで新味が出せれば。

ワンダースピード<85>
助手(DW) 84.5−69.0−54.7−41.0−12.8 末強め
未勝利キクノアキレスと併せ馬。今回も馬なりで軽快な走りを見せる格下の外で仕掛けて何とか同入と、動きとしては見劣るものだったが、この馬らしい大きな動きで今回は最後まで集中力もあった。稽古と実戦が直結しないタイプではあるが、特に割り引きたくなるような材料は見当たらない。今回も体重を維持してイレ込みなどが無ければ、普通に上位争いしてくるものと思う。

クリーン<85>
生野(坂路) 55.3−40.9−27.0−13.2 末一杯
1600万ヴィヴィットカラーを追走。馬なりの相手に押して叩いて何とか同入だが、大型でズブい馬なのでこんなもんだろう。最後までワンペースの走りながらこの馬なりの力強い動きをしており、デキにどうこう言うところはない。動きや馬格からは不器用なイメージだが、意外と小回りは小回り用のレース運びができる。それをOPクラスでもできるかどうか。

エスケーカントリー<84>
助手(W) 69.0−53.7−39.8−12.7 末仕掛け
外ラチ沿いを抑えきれない手応えで自分からグイグイ進む。と言ってもテンションが高くて折り合いを欠いてのものではなく、前向きさの現れ。そのわりにゴール前で仕掛けても走りが変わらなかったが、これはいつものこと。まずまずの内容だが、力強さに欠ける印象も残った。左回りは得意だが、中京のコースがどうかなぁ。

メイショウトウコン<84>
助手(坂路) 55.4−41.1−27.5−14.1 末仕掛け
道中から舌を越し、最後は上体も起きあがってバッタリ。お世辞にも良い動きとは言えないが、この馬はBコースだと軽快な走りを見せる反面、坂路やチップコースでは全く動かない。以前もバタバタの追い切りでレースを勝ったりしているので今回の動きは全く参考外。もちろん一時の勢いに陰りが見られる点で一昨年の再現に疑問はあるが、道悪で軽いダートになれば警戒はしておきたい。△決定ってことで。

ボランタス<84>
池添(CW) 67.1−52.4−38.9−12.4 末強め
ロールオブザダイス<84>
熊沢(CW) 67.8−52.9−39.5−12.3 末一杯
ロールオブザダイスとシャインウェーヴの併せ馬に内からボランタスが追いついてきての3頭併せ。ロールオブザダイスは前走時と同じように3頭併せの真ん中で併せ馬をリードするように引っ張り、今回は終い一杯に追われながら脱落することなく同入。活気があって素軽い反面、両脇の馬が大型だけに馬体・動きとも迫力には欠ける。
最内のボランタスは手応えで一番見劣り、直線半ばから何度か内にモタレるのを矯正されていた。走り自体は軽快さもあって悪くないので大きな心配では無いが、良い動きとも言えない。前走で道悪のスピードレースへ対応するなど成長著しいが、大型馬だけにコーナー6回の小回りコースがどうか。地方交流で名古屋・川崎の同じようなコース形態を経験しているが、それとは頭数も相手も違ってくるからねぇ。

ネイキッド<84>
赤木(坂路) 51.3−37.9−エラー−13.0 一杯
頭が高くて上体が起き気味ながら、前向きさ全開の行きっぷり。そのぶん当然のように終いは甘くなった。活気ある動きを評価するか、距離を考えると折り合い面の不安を懸念すべきか、判断に迷うところ。一応最後もバッタリ止まったわけでは無いので前者としておくが、何とも言えないところ。人気薄で2着2回と相性の良い赤木の腕頼み。

エプソムアーロン<83>
助手(CW) 80.5−66.2−53.1−40.0−12.8 馬なり
弾むような走りで馬の活気や前向きさは伝わってくるが、力強さとかスピード感がもうひとつ。勢いに乗って一気にOPまで上り詰めたが、そこでひと息入れて削がれた勢いがまだ戻ってない印象。休み明けを短い間隔で2度使われたが、まだ体も太い気がする。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もうね、一体どのウマがいいんだか?・・・♪o(`・ω・´)o♪
うっかりかさご
2009/05/22 20:43
どれも五十歩百歩でしたなぁ。
良化が窺えたのは、ワンダースピード、アロンダイト。
良くも悪くもちょっと気になる動きだったのはウォータクティクス、エスケーカントリーです。
hiro
2009/05/24 00:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
東海S追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる