競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 金鯱賞追い切り。

<<   作成日時 : 2009/05/29 00:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

土曜の東海地方は雨予報になってますが、気象庁さんどうなんですか?

ベッラレイア<88>
荻野(坂路) 52.6−エラー−25.4−12.5 末強め
いつものパートナーを背に、いつものように頭の位置が低い走り。休み明けで極悪馬場を走った疲れも見せず、むしろ陣営のレース選択ミスのおかげでヴィクトリアマイルを除外になったことで間隔が開き、馬の活気すら感じる。力強さとまでは言えないが、ちゃんと地面を捉えて走っているし、フットワークそのものが素軽いのに推進力は感じさせる。上積みはあるのであとはコース適性と馬場適性。また雨が降りそうとはホント運の無い馬だ。

サクラメガワンダー<87>
福永(坂路) 54.3−39.6−25.9−12.7 馬なり
軽い内容と言うこともあるが、ひと息入れて立て直された効果か、この馬らしい掻き込みの鋭いフットワークで活気溢れる動き。休み明けでもソコソコ動けるタイプだけに、この動きなら今回も見苦しいレースにはならないはず。極端な道悪になるとノメる恐れはあるが、昨年の宝塚で一応そういった馬場もこなしており、馬体減さえなければ圏内の警戒は必要。これが勝ってアンライバルドが凡走?

シャドウゲイト<86>
助手(W) 82.9−67.9−53.4−39.4−13.1 末仕掛け
3歳500万ジョウノボヘミアンを追走し外へ。持ったまま直線入り口で交わすと、最後はちょっと促された程度で先着。時計通り鋭さは窺えないが、素軽く最後まで集中した走り。欲を言えば馬なりでも終い13秒を切って欲しかったところだが、重心も安定しており最近見た中では一番良い動きに映る。時計勝負は疑問だが雨で少し時計がかかるようなら久々にイイとこあるかも。

スマートギア<86>
助手(坂路) 54.1−39.0−25.3−12.5 馬なり
少し内目を回ったにしては時計が地味だが、中1週で最後までガッチリ抑えてのものだったため。馬はリズムよくクビを使って活気ある動きをしており、力強さには欠けても素軽さは十分。いかにも軽い馬場でキレそうなタイプで、直線が短ければ短いなりに凝縮した末脚が使える。ただそういったキレ者なので道悪では苦しい。

サクラオリオン<86>
助手(CW) 79.9−64.9−50.4−37.4−12.3 末一杯
ニルヴァーナ<85>
助手(CW) 79.9−64.9−50.4−37.4−12.3 末一杯
内にニルヴァーナ、外にサクラオリオンで終い1Fはビッシリ追い比べ。ガッチリ抑えて追い出しを我慢したぶん先着したニルヴァーナの動きも悪くないが、むしろビックリさせたのはサクラのほう。いつもと相手は違うが、稽古では一旦並びかけても突き離されることが多い馬が、今回は遅れかけたところから再度もうひと踏ん張りして抵抗するところを見せた。馬場状態もあるが動き自体もいつもより素軽さがあり、頭の高い走りながら活気あるところを見せている。中京記念とは相手も斤量も違うが、現実に重馬場で重賞勝ちした舞台だけに、このデキなら穴を開けるかも。

インティライミ<85>
佐藤哲(DW) 78.2−64.1−51.3−38.2−12.3 一杯
この馬らしい重心が前懸かりの走りで好時計をマークしたが、この馬、稽古をビシッとやって好時計をマークした時ってあんまりレースでは走れてないからねぇ。変にリキんだところが無いのは良いが、キビキビしたフットワークのわりにあまり前へ進んでいないような動きで力強さに欠けるし、いきなり万全の状態とは言えない。

ホワイトピルグリム<85>
川田(坂路) 15.8−14.2−13.3−エラー 末一杯
時計はエラーだが、計時されている部分だけでも43秒3なので、55〜56秒台で上がり重点。そう考えると終いの動きが特別良かったとも言えない。弾むようなフットワークで活気を感じさせるだけに状態は良いと思うが、重賞だともうひとつ決め手不足。苦手だと思っていた道悪を最速上がりで差し切ってのOP入りだけに力もつけているんだと思うが、さてどうか。

マンハッタンスカイ<85>
助手(坂路) 54.3−39.8−26.0−12.8 末強め
これでもかと言うぐらい使い倒されているので、直線半ばまでは引っ張って抑えていたが、終い1Fはシッカリ気合いをつけて追われた。疲れも見せずキビキビしたフットワークで、最後も伸びてはいないが止まってもいない。タフさには頭が下がる思い。昨年2着した実績は侮れないが、とにかく道悪がカラっ下手。雨自体が嫌いなそうなので、今週の天気予報だと厳しいだろうなぁ。

カネトシツヨシオー<85>
助手(B) 85.7−67.9−53.0−38.8−11.6 馬なり
Bコースの上がり重点で終いキレるのは当然だが、ようやく動きに良かった頃の鋭さが戻ってきた。デキに関しては上向いている。ただデキの問題もあろうと思うが、復帰後は上がりに物足りなさを感じさせるだけに、今回も上がりで見劣るようだと能力的な限界も考えられる。道悪もあんまり良くないし。

ヴィクトリー<84>
北村友(坂路) 52.9−39.2−エラー−12.4 末一杯
OPカンパニーと併せる。残り1Fでカンパニーが並びかけてきての追い比べとなったが、先行していたこともあってゴール前では突き離すように先着。最近稽古で動かなくなってきているカンパニー相手とは言え、一応評価はできる内容。ただこの馬自身の走りはそれほど変わった印象なし。ムキにならない程度の前向きさはあって活気を感じさせるものはあったが。道悪はあまり苦にしないと思うので、他が苦にするようなら逃げて残り目も。

ミストラルクルーズ<84>
中館(W) 81.6−65.7−51.0−37.6−12.7 末仕掛け
1600万テイクザホークを追走し外へ。行きっぷり上々で直線の動きも鋭さこそ無いが、この馬らしい力強いフットワークで極端な太め感も無い。ほぼ仕上がっての出走になると思うが、常識的にはここを使ってサマー2000シリーズ狙いと見るべきでしょう。

アグネスアーク<83>
助手(坂路) 52.1−38.2−26.1−13.8 一杯
以前の動きをもう忘れてしまったが、終いは頭を上げて重心も浮き、突っ張ったような走りになって失速。太め感なく道中の行きっぷりも良かったが、まぁこれだけ休んでた馬がこの動きだと、まずは様子見が賢明か。

ワンモアチャッター<83>
助手(坂路) 51.5−38.7−26.3−13.6 馬なり
そー言えば知らないうちに関東へ転厩したんだよね。馬なりでも終い13秒6はかかりすぎだが、栗東では一杯に追われても舌をブルンブルン振り回して終いバッタリだった馬。今回も舌を越してゴール前ではフラフラした重心の高い走り。見栄えはしないし年齢的に上がり目はあり得ないが、直線半ばまでは行きっぷり良く活気ある動きをしていた。中京2000mだけ走る馬なので、真ん中あたりの着順に収まる可能性はある。馬券には全然関係ないけど。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
>ベッラレイア<88>
>また雨が降りそうとはホント運の無い馬だ。

運のない師匠に言われるとは、ホント運の無い馬だ。
(師匠、m(_)m)



はずれっち
2009/05/29 23:46
しかも雨降らないし。
hiro
2009/05/29 23:51
>サクラメガワンダー<87>
>これが勝ってアンライバルドが凡走?
お食事中、申し訳ありませんが・・・勉強不足で、そのわけを <(__)>
うっかりかさご
2009/05/30 06:14
あ、すいません。別に深い理由があるわけじゃなくて、2頭出しは人気薄の応用編で、同一週の重賞に有力馬を送り込んでいる場合、本当に勝負懸かっている馬じゃないほうが勝って、大舞台で人気を集めたほうがコケることもあるんじゃないかと...(汗)
hiro
2009/05/30 09:44
なるほど!三ツ矢インサイダー情報なのかとワクワク(ぬか喜び)させていただきました <(__)>
うっかりかさご
2009/05/30 18:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
金鯱賞追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる