競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アイビスサマーダッシュ追い切り。

<<   作成日時 : 2009/07/18 12:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

なんかこのレースって、いつも雨だと思いません?


アルティマトゥーレ<88>
高橋智(P) 66.4−51.3−37.9−12.2 馬なり
ゴール前でちょっと促した程度で、ほぼ馬なりのまま流す。軽めの内容なので特別目立つわけではないが、終始軽快な動きでスピード感がある。前向きさや集中力も程よい感じ。人気必至だが状態はそれに見合ったものだと思われる。

ゴスホークケン<87>
石橋脩(P) 68.1−53.5−39.5−12.3 末強め
線香花火血統らしいので4歳になっての成長力は心配だが、昨夏は短距離に照準を合わせてスピードは通用するところを見せていた。転厩して出直しとなる今回だが、以前のようなムキになるところも見せず、序盤は折り合いついて末を伸ばす追い切りを消化。やや内にモタレて矯正されていた点は気になるが、動き全般は柔らかく、直線半ばでスイッチが入ってからの反応も良かった。落ち着きが出たことでむしろ1000mのダッシュ力が鈍くなる可能性もあるが、ポンと行けて気分良く先行できるようなら。

エイシンタイガー<86>
酒井(坂路) 50.4−36.4−24.3−12.3 末一杯
1600万タムロスターディーと併せ馬。残り1Fあたりから一杯に追われる相手に対し持ったまま引き離しにかかると、そこから追われて一気に差を広げた。こちらも追われてから頭が高くてピュッと伸びた印象は受けず、レースでの詰めの甘さを思わせるが、それで12秒3なら脚力の証明。活気や前向きさも十分で好調持続と言える。

コウエイハート<85>
助手(坂路) 54.4−39.1−24.7−12.0 末一杯
今週の坂路は時計が出やすかったみたいなので、その馬場状態で終い一杯に追っての時計としては物足りないが、馬にはまだ余力があって弾むような動きだった。中間も質量ともに順調な乗り込みを示しており、仕上がりはマズマズではないか。頭が高くてフワフワした走りは直千競馬が向くとも思えないが、とりあえず3歳牝馬51kgは黙って買っておかないと(笑)

シャウトライン<85>
助手(B) 81.3−64.7−50.7−37.5−12.4 馬なり
頭が高くて上体が起き気味の走り。そのため推進力や伸びやかさは物足りないものだが、Bコースということもあって素軽さはマズマズ。自分から行くところも見せており良い意味の平行線ぐらいか。コンスタントに使われており追い切りはこんなもんで大丈夫だと思うが、重賞挑戦へ向けさらに上昇とまでは言えない。

クールシャローン<85>
助手(B) 72.8−54.9−39.6−12.2 抑え
前走時と同じく、1週前にサッとやって直前は軽め。迫力に欠ける動きだが前回が同じパターンで好走しており、この調整で良いのだろう。フットワークは軽快だし集中力もマズマズ。直千向きのスピードタイプとも思えないのだが。

ウインレックス<85>
助手(P) 67.6−51.8−37.7−12.1 末仕掛け
先行して大外を回るところに、内からカレイジャスミンが追いかけてくる併せ馬。ゴールでは同入だったが、キビキビした軽快な動きで手応えも上回り、相手に合わせた感じ。近走不振もデキ云々では無いと思われる。ってことは単純に能力の問題?

アポロドルチェ<85>
勝浦(W) 68.2−53.6−39.7−12.5 馬なり
大外を500万ドリームシャドウが先行し、それを未勝利マルターズデライトと一緒に追いかける形。直線へ向くと持ったまま加速し、最後は抜け出しかけて最先着。頭を前に突き出してグイグイ伸びる力強い面が見られたし、フットワークに素軽さも増してきた印象はあるが、相手は格下だけにそう過大評価もできない。前向きさはあるが1000mだと昨年が精一杯かも。大外枠はテンに行けなかった場合、むしろ致命的。

シンボリグラン<85>
柴田未(坂路) エラー−36.7−エラー−12.0 末仕掛け
抑えきれないぐらいの行きっぷりで活気ある動き。ゴール前で仕掛けても変わり映えしなかったが、久々で1000m戦ということを考えれば、このぐらい前向きさがあってよい。ただお世辞にも素軽いとは言えず、体も少し緩い感じは残る。

エムオーウイナー<−>
助手(坂路) 59.0−43.8−29.4−14.9 軽め
輸送を挟んでキツいローテになっているので、追い切りはこうなるでしょう。馬には疲れも見られず、むしろ落ち着いて抑えの利いた、それでいて弾むような軽やかさもあり、むしろ徐々に良くなっているような印象を受ける。前走は出遅れで参考外。CBC賞を見る限りテンの速さはまだ通用しそうだが、末の粘りは薄れたよなぁ。

カノヤザクラ<84>
小牧(坂路) 51.0−37.7−25.3−13.1 末一杯
馬場状態や馬キャラを考えると時計は水準レベル。相変わらず重心の高いフワフワした走りで、時計のわりに動きはイマイチに見えてしまう。叩いたぶんの上積みはあると思うが、あまり大きく変わった印象はない。ただこんな動きでもレースでは走ってしまう馬でもある。外枠なので序盤あまり行けないようだと前が詰まる恐れも。

サチノスイーティー<84>
助手(坂路) 49.2−36.8−24.9−12.8 末仕掛け
馬なりでサッと流し終いだけ軽く促して49秒台。すごく動いたようなLAPだが、もともと時計はいくらでも出るタイプ。ピッチ走法でマズマズの活気はあるが、直線へ向いてからの前向きさと言うか推進力がもうひとつ。いくらか上積みは感じるが、ガラッと変わった印象は無い。

ウエスタンビーナス<84>
助手(坂路) 52.8−37.3−24.4−12.1 末強め
舌を振り回して動きは緩慢。最後まで一応真面目に走っていたものの、重心も高めで何となく流している感じ。気性的な問題だと思うのでデキ云々では無いのだろうが、良くて平行線ぐらいか。

マルブツイースター<84>
助手(坂路) エラー−37.6−25.5−13.2 馬なり
500万マイウエイと併せ馬。格下相手と言うこともあって持ったまま相手を置き去りにし先着。着差は0.3秒差だが相手が一杯に追ってこちらは手綱を絞ってのもの。素軽さという点ではいまひとつだが、近走からは上積みありそう。

キルシュブリューテ<84>
助手(坂路) 51.3−37.6−24.9−12.3 末仕掛け
ガンガン行く前向きさでは無いが、最後までマジメに集中して走っていた。動き全般にもう少しメリハリがあって鋭さとか力強さがあると良いのだが、まぁこの馬なりのデキってとこか。重賞で好走するにはちょっと物足りない動き。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
アルティマの馬体は風格あり。
スリープレスに続く1200の女王か。
映像にはなかったが、これとコスモで勝負すます。
カノヤは今回は取捨が難しい。
イエローゴッド
2009/07/18 19:26
アイビスサマーダッシュ!と聞けば個人的には「朱鷺を駆ける少女〜♪」・・・薬師丸ひろ子を妄想します!
エイシン→シャウト、アルティマ、ドルチェ→コスモの3連単でがっつり・・・こじんまりと勝負だ!!!
うっかりかさご
2009/07/19 08:41
>イエローゴッドさん
カノヤはホント今回扱いが難しかったですねぇ。強引に押して出たことと、意外に各馬が外へ寄って来なかったことが勝因でしょうか。コスモは予想エントリに書いたとおりです。休み明けじゃなければもう少し頑張れたと思うんですが。

>うっかりかさごさん
エイシンはパドックで煩かったですね。あんな馬だったかなぁ..(._.?)
hiro
2009/07/19 16:28
アルティマは、スピード性能が高い馬だと思っていたのですが・・・、新潟の1000とは、何か特有のパワーというか加速力のような要素が必要な気もして、ヒト陸上の100m見たいな・・・でも、良馬場だったら違ってたかも・・・アルティマは、父同のキンシャサをおんなのこにしたような・・・・平坦の1200、例えば高松宮勝てるような感じも捨てていない・・・といった、悩みの今年のアイビスでした。
イエローゴッド
2009/07/22 20:45
新潟の直線競馬は明らかに「他場の1200m戦から1F短縮版」では無いですね。コーナーが無いというのは求められるモノが全く違うんじゃないかと感じています。
hiro
2009/07/22 22:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイビスサマーダッシュ追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる