競馬反省日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 7/11、12新馬追い切り。

<<   作成日時 : 2009/07/10 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福島のレースはともかく、阪神とか札幌とか各レース1頭や2頭しか見てないので参考になりません。


【福島8日目 芝1200m】
クロフォード<87>
鷹野(D) 79.0−65.0−50.8−37.1−12.2 末仕掛け
500万ローテプリジャールの外に併せる。大きく先行していたようなので先着もあまり評価はできないが、道中から気を抜かせず馬任せに走らせていって最後も軽く仕掛けるだけでスッと伸びた。若干重心の高さは気になるものの、馬場の外めを通って余力残しながら好時計マーク。初戦へ向けて万全の仕上がりとは言い難いが、能力的なものでカバーできそうな動きだし、奥もありそう。

エーシンマーキュリ<86>
蛯名(P) 66.2−51.1−38.2−13.2 馬なり
1000万ソブリンブライトの内に併せる。先週ビシッと追って仕上がったのか、加減しながらの微調整と言った感じ。内めを通ったにしては物足りない時計だが、そういう内容なので割引でもない。適度な前向きさと素軽いフットワークで、集中力もある。体もスッキリしており初戦から動ける仕上がりにはある。

セイコーライコウ<86>
助手(W) 68.4−53.5−39.5−13.1 馬なり
新馬ウエスタンブラボーの外に併せる。直線入り口で少し気合いをつける場面はあったが、直線は追われる相手に並べることを重視したように手綱を抑え気味に同入。特に目立つ動きではないが、活気があって体の張りも良い。

ニーマルオトメ<85>
助手(P) 66.7−52.1−38.2−12.8 末仕掛け
新馬トーセンマイスターの外に併せる。いくらか手を動かし見せムチも使いつつで行きっぷりには不満が残るが、モタモタした動きと言うより前向きさに欠ける感。ただし直線へ向いてからもマイペースながらクビを使ってリズムをとり、軽快な走りは見せた。先着は相手が動かなさすぎの点もあるが、まぁ水準級の動きではないかと。集中力はあるので、レースへ行ってもう少し負けん気みたいなものが出れば勝ち負けまで。

シーラブズテーラー<82>
助手(坂路) 51.8−39.0−26.6−13.7 叩一杯
未勝利カペルマイスターを追走し外へ。4角手前から仕掛けて直線へ入るとすぐムチを入れて一杯に追われる。が、残り1F過ぎからは内の馬が外へ、この馬自身が内へモタレ気味だったこともあってスムーズに追えず。それ以前の伸び脚も無かった。重心の高い走りで気性面の幼さも否めず、中間の時計も全く詰まってこない。初戦からはどうかなぁ。


【阪神8日目 芝1800m】
サンライズモール<87>
助手(坂路) 53.7−39.3−25.8−12.8 末一杯
2歳未勝利クレスコサンデーと併せる。テンション高めにピッチ走法で走る相手に対し、ユッタリした大きなフットワークで余裕を持って併走し、残り1Fから追い出すと一気に突き離して大差先着。相手も動かなかった印象だが、この馬の前向きで重心の低い走りが目についた。序盤ユッタリ走れていたのも距離を考えると好感持てる。

ダノンアンチョ<85>
川田(CW) 67.6−52.9−38.9−11.9 馬なり
未勝利ダノンプログラマー、500万マゼランの間に入った3頭併せ。やや頭が高くて両脇の先輩たちに比べると精神面の幼さは窺わせるが、先輩たちがスピードアップすると負けじとついていくところを見せる。ゴール寸前から1角までは一杯に追われ、そのわりに伸びはもうひとつだったが、全般の動きには及第点は与えても良い。特に強調できるほどでもないが...

ラプリマステラ<84>
上村(CW) 81.6−65.6−51.4−37.9−12.3 仕掛け
未勝利フローズンダイキリの内に併せる。直線手前からは抜きつ抜かれつになり、そのたびに遅れたほうの鞍上が仕掛ける形だったが、残り1Fからは相手が追いことが多くなり、最後は軽く促しつつで同入。まだ少し口向きの悪さや重心がフワフワする面は見せているが、前向きさや負けん気みたいなものも窺わせる。初戦へ向けて仕上がったとは言い難いが、マズマズの能力はありそう。


【阪神7日目 芝1400m】
ヴェラブランカ<85>
助手(CW) 81.8−65.6−51.8−37.7−12.6 末一杯
1000万ポーラライツとウインヴェロシティの最内に入り、直線は抜け出して大きく先着。外の2頭が直線半ばから見切れてしまい、どの程度追われていたのか確認できないが、この馬自身の動きはキビキビ感に欠けるもののシッカリした脚色で最後まで力強く伸びており、差を広げての先着は素直に評価して良いのではないか。走りに落ち着きがあるのも好感。逆に言うと前向きさや素軽さにちょっと欠ける印象もあるので、あまりボーっとしているようだと心配だが。

ラブソネット<84>
助手(CW) 69.2−53.7−39.4−12.1 末強め
500万ナイトフッド、未勝利リバティーフローの最内に入る。4角のコーナーワークで内から抜け出したが、外から2頭がジワジワ迫ってくるのを何とか封じて先着。キビキビした前向きな走りだが、頭が高くて伸びあがり気味。体も少し余裕があるような。まぁ行きっぷりは良いので前で流れに乗れれば、この距離なら押し切れるかもしれないが。


【札幌7日目 芝1200m】
タイキブルース<87>
助手(札幌芝) 52.5−36.4−11.2 末一杯
日曜出走のシーキングカフェを追走し内へ。ガッチリ抑えて直線入り口で並びかけると、仕掛けに反応して一気にギアチェンジ。力強いフットワークでグイグイ伸びて先着した。ややリキみの感じられる動きに不安はあるが、動きとしては上々。先週同じように芝で伸びたシルクファルシオンが惨敗したので自信はないが、シルクよりは初戦から走れると思うんだけど。

ゴールドマッシモ<85>
横山典(札幌ダ) 68.5−53.9−39.9−13.3 馬なり
未勝利ブロスオブアボーイの内に併せる。スピードに乗って4角手前で交わし去ると、直線は一杯に追われる相手を軽く促しつつ程度でちぎって先着。ちょっとフットワークが硬い印象もしたが、素軽さ十分で集中力や落ち着きがある走りは好感持てる。初戦から力を出せる仕上がり。


【札幌8日目 芝1500m】
サヤンクー<86>
横山典(札幌芝) 85.0−67.7−52.8−37.8−11.8 馬なり
1000万レンディルを追走し内へ。直線半ばから多少口向きの悪いところを見せたが、鞍上が引っ張り気味だったこともある。手前を何度も替えたりしてまだ走り方を知らない面は強いが、好調格上馬と互角に近い動きを見せたのだから能力はあるんじゃないの?

シーキングカフェ<84>
助手(札幌芝) 53.5−37.2−11.6 末一杯
土曜出走のタイキブルースの外に併せる。先行して4角では相手を待つ形。直線向いて追い比べになるかと思われたが、スッと反応して鋭く伸びた相手に対し、外へヨレ気味になってエンジンのかかりが遅くドンドン差を広げられる。残り1Fを過ぎたあたりからようやくエンジンかかって伸びかけたが、今度は口向きの悪さを見せる。能力うんぬんよりも精神的な幼さ目立つ。まともに走ればソコソコやれそうな印象はあるが...


この後は先に土曜の予想をアップ予定。日曜の2重賞追い切りは明日になります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7/11、12新馬追い切り。 競馬反省日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる